流れる川の底の砂

駄文ブログです。ネトゲ/UO、漫画・雑誌の感想、日々の雑感などなど。 日記と呼べるほど更新されない可能性大。

感想:少年サンデー 51号


今日もまた『逆転イッパツマン』のOPが頭の中で鳴り響いてたっす……。

上書きか?
別の曲で上書きするしかないんか?

ってか、それ問題の解決になってないような。


・BE BLUES! ~青になれ~
表紙+巻頭カラー。


小学生みたいな嫌がらせしてしまった高虎と、イケメンすぎる対応を見せる龍っと。

さらにそこからまだ龍が活躍するとか、もうやめて! とっくに高虎のライフはゼロよ! とか言いたくなるレベルっすよ。

でも、ちょっと高虎のことが好きになってきたっす。

なんだろうなぁ、この気持ち。
甲子園で負けてる方を応援したくなるアレ?

【“感想:少年サンデー 51号”の続きを読む】
スポンサーサイト

テーマ:週刊少年サンデー感想 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2017/11/17(金) 02:03:26|
  2. 少年サンデー感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

感想:少年ジャンプ 50号


今日一日、ずっと『逆転イッパツマン!』のOPが頭の中で鳴り響いてたっす。

最初からテンション高く始まって、さらにボルテージを上げていく曲調が素晴らしいっすよ。


・ブラッククローバー
表紙+折り込みポスター。


ポスターのユノとアネゴレオンが悪役にしか見えねぇっ。
ヤミ団長はちゃんと味方のおっさんに見えるっす。むしろ本編よりまともに見える不思議。

アスタは安定の主人公らしさっすね。

【“感想:少年ジャンプ 50号”の続きを読む】

テーマ:週刊少年ジャンプ感想 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2017/11/15(水) 02:01:36|
  2. 少年ジャンプ感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

11/12のツイートまとめ

n_naseba

気楽に、穏やかに、ゆるゆると生きてぇなぁ。何かそれが実現できる仕事ってないものか。ないですかそうですか。
11-12 00:34

そういや、以前勤めてた職場に「楽するためなら苦労してもいい」って子がいたなぁ。「人生は暇つぶし。なら楽して生きたいじゃないですか」と彼はバイトしながら、地方公務員を目指してた。地方公務員って実は何回も挑戦してたら通るらしく、彼もやっとこさ内定もらったって言ってたっす。
11-12 00:42

そんな彼が無気力な人間かって言うとまったくそんなことはなく、「友達が多いのが自慢なんですよ」「毎晩のように呑みに行ってます」、さらに彼女もいるっぽい。なんつーか、目標を決めて努力できる人間って偉大だなって思いました。まじで。
11-12 00:48

唸るような額の大金が欲しい。
11-12 01:01

  1. 2017/11/13(月) 04:08:24|
  2. Twitter
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

感想:少年サンデー 50号


むう。慌ただしい日々。

もしかしてこの道の先には、自分の望むものはないんじゃないかって気がしてきたっすよ。


・表紙
今週の表紙+巻頭グラビアは『生田絵梨花』っした。


よく見るとめっさ夏っぽい格好してますな。

一年通して水着もあるグラビアに季節感求めるもんじゃないっすがが。

【“感想:少年サンデー 50号”の続きを読む】

テーマ:週刊少年サンデー感想 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2017/11/10(金) 01:51:31|
  2. 少年サンデー感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

感想:少年ジャンプ 49号


良い子は寝る時間だーっ。


違うな。
良い子は(とっくに)寝(て)る時間だーっ。

こうか。


・ぼくたちは勉強ができない
表紙+巻頭カラー。


おお、ついに表紙と巻頭カラーかぁ。
この人気は本物っすねぇ。


それはさておき、表紙も巻頭カラーもヒロインズ大集合と。
桐須先生もすっかりヒロインの1人っすね。

これでヒロインは同級生3人に先輩と先生か。
あと足りないのは後輩くらい?
ギャルゲーなら定番(?)そうな学校外のヒロイン枠は先輩が兼ねてるし。

まぁ、いま増やすのは違う気がしますがが。
現状、いろいろバランスいいと思うし。
みんながみんな成幸にホレてないのがええよねと。
それでいて、ちゃんと好感度は高いっていう。

【“感想:少年ジャンプ 49号”の続きを読む】

テーマ:週刊少年ジャンプ感想 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2017/11/08(水) 01:56:54|
  2. 少年ジャンプ感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

FC2Ad