流れる川の底の砂

駄文ブログです。ネトゲ/UO、漫画・雑誌の感想、日々の雑感などなど。 日記と呼べるほど更新されない可能性大。

感想:少年ジャンプ 26号

今日は忙しかった。
残業がやっと終わって帰路についたら、家に帰り着くまえに呼び出し対応でUターン。家についてから呼び出されるよりマシか。おお、ポジティブ・シンキング。


・表紙
見るたびに先週から続く下ネタ、もといトイレネタを思い出す。昼飯時の休憩室で、夕食前の自室で。
こんな回に表紙にするとは、なにこの嫌がらせ。

・銀魂
トイレでの攻防に笑った。度を過ぎてる感もある下ネタに受けてしまうとは、なんかちょっと悔しい。

・ワンピース
カリファの石鹸羊、もこもこの体部分はもちろん泡だとして、黒い角部分は何でできてるんだろ。
手か、手なのか?
今回のタイトルが『好機は終わった』だから、ナミが負けるのかと思ったら、わりとあっさり撃破してしまった。もしかしてカリファ、弱い?
そげキング、すごい洞察力だ。サンジとなかなかいいコンビだったのに、コンビ解消っすか。ちょっと残念。最後のコマで密かにかっこよく立ってるそげキングが笑える。そのコマだけみるとなんかかっこいいぞ。

・アイシールド21
蓋を開ければ天才VS天才になってる。モン太には才能以外の何かで、がんばって欲しいなぁ。

・To LOVEる
やっぱり黒いぞ、ララ。「え? お断り」「勝負? 別にいいよ 負けないし」
おお、姫っぽい。高飛車タイプの。
あれー、ザスティン、この前の犬はぁ? お巡りさんと顔見知りになってるザスティンに笑った。宇宙から日本にはこれても、同じ町内から目的地には行けないのね。
最後の佐清先生、顔に違和感ありまくり。一人だけ違うマンガみたいだ。

・エム×ゼロ
柊先生、そこは「おれを踏み台にした?!」って言わないと。

・ムヒョ
今井さんの<刀が得意>って設定は後付け感がバリバリと。今井さんはすっかりレギュラー化したなぁ。
エビスの顔が人間離れしてるのは、マンガ内でもそういう認識なのね。マンガ的表現なのではなく、マンガ内でもああなのね。エビスの目の構造を知りたい。

・みえるひと
むー。敵幹部に魅力を感じないっす。しかも、最初の幹部がパワータイプて、すごくやられ役くさい。

・タカヤ
だめでしたか。今回が最終回。おつかれさまでした。
スポンサーサイト
  1. 2006/05/31(水) 00:05:09|
  2. 雑誌感想(2009年以前分)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FF11 ウェルカムバック・キャンペーン

以前、ファイナルファンタジー11をやってました。スクウェアエニックスのMMORPGっす。
発売日当日からジラートの幻影あたりまでやってました。
そのFF11がいまウェルカムバック・キャンペーンをやってるんですよ。通常FF11のキャラは課金停止後3ヶ月で削除されてしまうのですが、このキャンペーンでは削除されたキャラを復活させられるんです。

ううっ、惹かれる。惹かれるよ。最近、UOもだれ気味でやることがなく、続々と新しい遊びが追加されていくFF11に惹かれてます。引退してからほどよく時間もたって、FF11の嫌なところも忘れてますしね~。

惹かれるものの、復帰に踏み切れないのは今更戻ったところで、所属していたLS(いわゆるギルド)も解散してしまってるし、また1からフレンドを作って新しいLSに所属して、と考えると正直、しんどいからっす。
しかし、惹かれるんですよ。ソロでできるジョブや遊びもあるだろうし、いあいあ、それじゃあパーティ重視のFF11をやる意味がないし、野良パーティでいけるところまでってその方がしんどいし。

と、うだうだ考えたいところなんですが、時間がない。
私に考える暇がないんじゃなくて、キャンペーンの期間が5月末までなんです。
ぶっちゃけキャンペーンに今日気づいた……。今年もこのキャンペーンがあることは知ってたし、ちょっと待ってた気持ちもあった。先月も公式サイトを覗いたはずなのに、まったく気づかなかったよ!
これが運命なのか。やめておけと誰かがささやいているのか。それを言うならキャンペーンが終わる前に気づけたのも運命なのではないのか。

と、うだうだ考えたいが以下ループ。
まぁ、結論は出ました。復帰は止めときます。お前、そんなことしてる場合ちゃうやろと。ゲームに浸ってるような年齢でもないやろと。心の中で誰かがささやくので止めておきます。
実際、いまでさえ時間が足りてない毎日です。FF11に復帰したら、ますます時間が足りなくなること必至です。FF11が私の知っているままのゲームなら、いったんパーティを組んでのレベル上げを始めれば最低3時間は必要なはずですし。

毎日3時間のネトゲーを諦めたところで、コンシューマゲームでも始めましょうかね。ユグドラ・ユニオン以来、何もやってないし、ライドウやFF12も値が落ちてきたし。
問題はいざ始めると優に毎日3時間以上はやってしまうことですかね…………いあ、まじで。
  1. 2006/05/30(火) 00:40:09|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ポストウォーター そして伝説へ

昨日は回らなかった近所の自販機に、ポストウォーターが売ってた。
さっそく購入、その場で飲む。
ほのかにレモン味のついた水道水って感じ?
昔の味とは違うと思う。いたって普通のお味でした。
あまり甘くないし500mlと飲みごたえもあるので、スポーツ後にはいいかもしれない。
スポーツどころか慢性運動不足な私には、500mlは多すぎです。ありがとう新ポストウォーター、懐かしかったよ。フラスコ瓶が復活したらまた会おう。
  1. 2006/05/25(木) 23:36:47|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

感想:少年サンデー 25号

・メル
表紙+巻頭カラー+宿命の対決でもこの早さ! これがメルだ。
ケルベロス1コマで倒されてるし。
クイーンもすごい早さで野望を諦めちゃってるし、すごい早さで事切れてるし。
ディアナの「でもね ドロシー。あなたの事はずっと愛していたわ」にぐっときかけたが、やっぱ取って付けてるだろ、これと踏みとどまりました。姉妹の絆、いままで特になかったやん。

・メジャー
寿也はトラウマになってよし。倒れて良し。
自分を残して両親と妹が夜逃げしたら、そらトラウマにもなるって。

・ワイルドライフ
『なんだってー』のセリフがびっくりするほど、しっくりくるな、このマンガ。第2のMMRになれるかもしれない。
な、なんだってー。

いまさらレッサーパンダが立っても、集客効果は薄いんじゃない。ブームは追いかけるものじゃない、作り出すものだ、って誰かが言ってたよ。

・結界師
そういえばいたなぁ、この子>神田
久しぶりに登場したかと思えば、なんか可愛くなってない? 恋愛フラグでも立って、三角関係でもしてくれないかな。神田に出番を。

キヨコちゃん笑った。『今週のトレンドは七三』って。トレンドと七三は死語っぽいぞ。そこらへんが妖っぽくていいのか。
いいのか?

・妖逆門
サトシに読ませてやりたい、今回のお話。ピ、ピカー。

・ハヤテのごとく!
作中はまだ冬なんやね。
うーん。今回はいまいち。ヒナギクの誤解が解けたってだけで、特に話らしい話もなく。
さらに誤解を重ねて畳みかけて欲しかった。次回の西沢さんに期待。


■長くなりすぎたので、後半は格納します。 【“感想:少年サンデー 25号”の続きを読む】
  1. 2006/05/25(木) 23:34:46|
  2. 雑誌感想(2009年以前分)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

さがしものはなんですか

いつも昼飯と雑誌を買ってるコンビニに、ポストウォーター売ってなかった。
近くのKIRINの自販機にもなかった。
テレビでCMやってるのに、置かれていないとは早くも不評なのかしらん。

明日は別のコンビニに行ってみるかな。
  1. 2006/05/24(水) 23:59:22|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

時には昔の話をしよう

何の気なしにテレビを見てたら、ポッ、ポポ、ポストウォーターのCMやってるぅぅぅぅ。
最初そのCMをみたとき、爽やか爽快とかそんなイメージをアピールしてるっぽかったし、KIRINだったから新しいビールのCMかと思ったよ。
そしたら、タレントのセリフが『ファイバー&ダイエット』。
新しいスポーツドリンクかと思って、ボトルのラベルを見てみたら、見慣れないロゴで『POST WATER』。
って、昔あったポストウォーターやないですか!
懐かしすぎる。いまから約15年前、スポーツドリンクと言えばポカリスウェットだった頃、「いやこれからはコレだ」とポストウォーターを飲んでたよ。味がアレだったので、周囲には不評だったけどねっ。
それでも私は、ポストウォーターが好きだったよ。瓶のデザインもフラスコみたいでかっこよかったし。

これは買ってこなければなるまい。昔のポストウォーターはグレープフルーツの皮みたいな味(あくまで皮)だったと記憶してるけど、今回のはレモン味。うーん、時代が変わって味も変わったのか、それとも私の記憶が間違っているのか。
とにもかくにも買ってくるか。フラスコ瓶復活しないかな。
  1. 2006/05/24(水) 00:25:47|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

感想:少年ジャンプ 25号

・アイシールド21
まだ半分も点を返してないんやね。
アメフトのルールが分からないので、あとどれくらいの時間とかチャンスが残されてるのかがわからない。野球ならいま何回の裏で2アウトで、とかでわかるんだけど。むぅ、コミックス含めて1巻から読んでるのに、いまだルールを理解してないのってどうなんだ>自分

スポーツで素行が悪いのはダメなんじゃないか。チームプレイのスポーツならなおのこと。
雲水は自分のコンプレックスで、弟を歪めてしまったんじゃないかなぁ。回想の中の阿含はちょっとイイ奴っぽいところもあったし、真っ当な人格に育つ可能性もあったんじゃないかなぁ。
マイク・タイソンの人生を鑑みるに、才能だけではいかん気がするよ。

・ブリーチ
緩急自在のノリが素敵。冒頭みたいなノリで修行も……、それは無理か。
松本たちは修行しないんだろうか。

・ワンピース
チョッパーの暴走状態もそろそろ時間切れか。
ナミ強いね。前のカブキ男戦では、なんであんなに弱かったんだ、特に相性とかなさそうなのに。

・エム×ゼロ
柊先生若けぇー。愛花は一年生だから15とか16歳くらい? 20代初っぱなの子供っすか。
愛花、イスに座ったまま手を伸ばして床の物が拾えたら、それ怪物くんだから。
怪物くんを知らないとか言うなー。
擬人化マンドレイク、昔なんかのマンガでこういう、頭に草が生えた小人ライクなマンドレイクが出てたなぁ。登場一発目でプリンの材料にされてたけど……。マンドレイクは所詮そういう運命なのか。
このマンガの擬人化マンドレイクが辿る運命も非常にアレで。微妙にグロい。確かにあれをすりつぶすなんて、まともな神経の人間がすることじゃないな。
それはさておき、今回も面白かったっす。しかも次回が気になる終わり方。上手いわ。

・リボーン
方向性が間違ってる気もしないでもないが、やっと派手になってきた。
いままで疑問に思わなかったけど、ランボって何歳なんだ? 10年たっただけでめさめさ大人だから幼稚園児程度でもないのか?
“10年バズーカ喰らった状態で、さらに10年バズーカ”、いいっすね。そういう裏技っぽいの好きです。

・To LOVEる
露骨なエロ路線が爆発ですなー。そして早くも春菜と相思相愛?
いあいあ、これからのすれ違いに向けた下準備か。
ララの恋愛フラグも立ってるし、三角関係でドタバタやるのは多いに楽しみな一方、新たな宇宙人とかの新キャラが女の子キャラでどんどんフラグが立っていったらイヤだなぁ。
なるべくキャラは増やさずに、ドタバタして欲しいっす。

・みえるひと
志村、うしろー。
新キャラはツンデレさんでしたか。思えば長かった。初登場から今回までどれくらいかかったんだろ。
なんだかんだで続いてるなぁ、このマンガ。
これからの展開もなかなか面白そう。期待していい、よね?

・ツギハギ漂流作家
冒険ものでもライバル揃い踏みの天下一武道会ですか……。正直、ジャンプ式ストーリー・マニュアルでもあるのか? ってなくらいお約束な展開でがっかりっす。

・べしゃり暮らし
面白いマンガだとは思う。思うんだけど、この真相はどうなのか。
お笑いのネタにされたからって、そんなに客足が減るかなぁ? ギャグやコメディマンガじゃない現代ものなだけに、そういうリアリティが気になります。

・タカヤ
次号から修行編が始まるのかと思ったら。あら、もう一ヶ月たってる。
これはいよいよ終わりが見えてきたってこと? 柱にも次号最高潮って書かれてるし。
  1. 2006/05/23(火) 20:42:55|
  2. 雑誌感想(2009年以前分)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

感想:真・女神転生3 TRPGリプレイ

ブックオフで『真・女神転生3 NOCTURNE TRPGリプレイ 再会―See you again next world 』を買ってきた。100円でした。
PS2のゲーム『真・女神転生3 ノクターン』のTRPGルールのリプレイです。
ってPS2もTRPGも知らない人には、もはやなにかの呪文くさい説明ですな。えーとまぁなんだ、分かる人と分からなくても興味がある人だけ続きを読んで下さい。投げやがった!

以下、感想なぞ。ネタバレ含むので続きは畳んでおきます。
【“感想:真・女神転生3 TRPGリプレイ”の続きを読む】
  1. 2006/05/20(土) 15:53:09|
  2. 本の感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

読みやすい文章

日本語的に、ではなくレイアウト的に読みやすい文章について考えてみた。
というかですね。このブログはいままで行頭を1文字下げてきました。小説を始め書籍では一般的な書式ですね。

だがしかし、もしかして読みづらいのでは、と結構前に気づいたわけですよ。ええ、結構前に。
以前、間違って1文字下げずに書いた文章をUPしたことがありまして、そのとき「あれ? 読みやすいよ?」と目覚めたのです。
そのとき、何事もなかったかのようにそのまま1文字下げを止めようかという考えが脳裏をよぎったんですが、それもなんだかなと今日までずるずると1文字下げ続けてきました。
まぁ、今日から下げないぞと書くのが面倒だったわけですが。書かずに変えるのも負けた気分だし。
そんなわけで今日から下げないぞ。なにこのぐだぐだ感。
  1. 2006/05/20(土) 00:59:20|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

感想:少年サンデー 24号

 あまりに仕事が暇だったため、1日にしてサンデーを読み込んでしまった。
 いつもは水・木と2日にかけて読んでます。だから感想のアップが発売日の翌日なのです。
 べ、べつに買った日に感想を書くのがだるいとか思ってるわけじゃないんだからねっ。
 ツンデレももはや時代遅れか……。

・あおい坂高校野球部
 敵チームの選手、なんか無理矢理、特徴をつけようとしてない?
 実際、毎回毎回チームごとに9人以上を描き分けるのは大変なんだろうなぁ。
 そういや、消える魔球もとい、すり抜ける魔球があったんだっけ。ここ何回か真面目な野球マンガすぎて、ちょっとだれてきた。私が。

・ガッシュ
 普通に考えれば、人数の多い方が有利のはずだけど……なんでこんなに押されてるんだ>ガッシュ側
 実力で敵のが上だからか。防御が得意なティオ・恵でさえ、敵の攻撃を防ぎきれてないし。
 このマンガはずっと戦ってても、飽きが来ないというか「早く戦闘シーン終わってくれ」とは思わないから不思議。ワンピースとかだと、早めに戦闘切り上げて話を進めてくれとか思うのに。
 王座を賭けた勝ち抜きバトルマンガって、最初から分かってるからなのかな。

 今回の後半、キャンチョメががんばってる間、ウマゴンは何をしてるんだろう。わりとキャンチョメ一人で敵二人の相手をしてるような。

・ワイルドライフ
 一発逆転を狙ってレッサーパンダを買い付けるなよ>じいさん
 そんな時事ネタくさい、一過性の動物を~。と思いました。

・メジャー
 あれ、吾郎の兄弟って二人くらいいなかったっけ? 幻覚?
 現実のWBCで日本が優勝してるから、マンガの方もやりやすそうっすね。現実で予選敗退なのに、マンガでは優勝とか痛々しい。

・結界師
 ふと思ったんだけど、閃の格好ってルイージっぽくない?
 どうでもよすぎる。
 おお、時音おいしいな。強気+涙ですよ。ヒロインの特権ですよ。
 兄貴はああいう顔もできるんですねえ。今回は崩れまくり。ディフォルメされっぱなし。
 でも、実家にまた「来る」発言に兄貴の孤独を垣間見た気分。父に「ここはお前の家なんだから」と言い返されての微笑みは何を意味するんだろう。父は空気を読めてないような。
 次号からは新展開だそうで、そろそろ墨村母が出てこないかな。

・ブリザードアクセル
 主人公がちゃんとヒロインの告白を理解して、受け止めるマンガは珍しいかも。普通は「友達として好き」と勘違いされるのがお約束だよね。しかも一回お約束通り勘違いされても、そのまま流さないヒロインが健気だ。
 んで、結局、ペアはお互いを信じ合うことで続けるとして、おつきあいはどうするの?

・妖逆門
 最後の「あ! 星になった」ってのに受けた。
 このマンガ、どうもひと味足りないような。なんだろう、キャラにしろストーリーにしろギミックにしろ、どうにも薄すぎるというかー。

・ジャぱん
 意外とあっさりマイスターのパンが完成。
『パンペルデュパスティス→パン食べてラスボス』
 あー、ファミ通にそんな読者コーナーあったね……。
 でも、最近、このなんでもありさが楽しくなってきた。

・ハヤテの如く!
 マリアさんまだ17歳だったのか。
 ツッコミシリーズ笑った。

・見上げてごらん
 挫折を知らないヒーロー。この作者の前作『ファンタジスタ』の主人公もそんな感じだったような。
 まだアメリカで何をするのかわからないけど、もうちょい日本で同年代の友人・ライバルとなんかして欲しかった気も。

・あいこら
 ハイジの尻、なんでブルマなんて穿いてるんだと思ったら、水泳部に体験入部したときの競泳水着か、あれ。

・絶対可憐チルドレン
 澪はライバルの座を射止めたようで。よかったよかった。
 薫の“翼”はちょっとひいた。唐突すぎると言うか。伏線や脈絡も無くその表現を出されて、ひいてしまいましたよっと。
  1. 2006/05/17(水) 21:23:10|
  2. 雑誌感想(2009年以前分)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

感想:少年ジャンプ 24号

・表紙
 ルフィ、悪人面だな……。

・ワンピース
 ルフィVSルッチ、寡黙な戦闘。技名叫ばなくても戦えたんやねえ、とか思ったり思わなかったり。
 ルフィの、目の前のルッチより扉の向こうのロビンな態度とルッチの戦いを楽しむ態度の対比がよいっす。
 カリファは天然すぎ。そして、チョッパーはいったいいつまでその状態なんだ。

・ブリーチ
 修行ひたすら修行。
 地味に雨竜の霊力復活。なんて脈絡のない方法なんだ。ツボを刺激するとか針治療とかそんな感覚?

・ナルト
 やたらキャラの顔アップな回。
 サクラは美人やなぁ。
 サスケは男前やなぁ。
 ナルトの頬の線はヒゲなのか傷なのか悩んでます。

・To LOVEる
 おお、素晴らしき勘違いの世界。勘違いはラブコメにつきものですね。
 ザスティンの天然ぷりに和む。足に喰らいついた犬は次号でも登場するんだろうか。今回、ザスティン登場から退場まで飛ぼうが跳ねようが、電車に跳ねられようが食らいついてたすごい犬だから、次に出てきたときはザスティンと友情が芽生えているというお約束を期待。
 どうでもいいけど、リトがタカヤに見えてきた。赤毛のツンツン頭なところがそっくりです。

・アイシールド21
 おっと、阿含敗北。相手はまさかの十文字。
 そもそも阿含じゃなきゃ、追いついてタックルできなかったんだろうけど、それができてなおタッチダウンを許したんだから、やっぱり阿含の敗北だよなと。
 よく見ると雪光、もうベンチに引っ込んでるし。いあ、攻撃の時にまた出てくるのか。スタミナないらしいし。
 次回は雲水の反撃? それともモン太ががんばるのか。次回も楽しみ。

・エム×ゼロ
 主人公入学。とりあえず、読み切り分は消化な感じ。
 あ、まだ魔法教師と主人公の魔法二人羽織をやってないか。うーん、でも、二人羽織はする必要がないのか? 絶対に魔法が使えないわけではないのだし、使えなくてもただのオチこぼれとみなされるだけだし。
 んだが、おちこぼれになるとあの騒ぎの真相がバレてしまい、柊の失態が明るみに出て、しかもそれをもみ消そうとした校長も同罪で……そこで魔法二人羽織ですよ! となるのかな。二人羽織で嘘を突き通すと。

・太臓もて王サーガ
 サザエさんネタ受ける。
 オタマジャクシは意外と良識派ですな。

・デスノート
 一応、コミックス派な人のために格納しときます。そんな人がこのブログを読んでるとも思えないが、まぁ一応。 【“感想:少年ジャンプ 24号”の続きを読む】
  1. 2006/05/17(水) 00:52:37|
  2. 雑誌感想(2009年以前分)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

訃報:中野豪さん50歳=イラストレーター

 ふらふらとネットを徘徊しながら、訃報サイトを見てました。
 80歳や90歳で亡くなってる人ばっかで、大往生だなーなんて眺めてたら、

 訃報:中野豪さん50歳=イラストレーター
http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/fu/news/20060512k0000m060095000c.html

 って、あの1コママンガの?

 やはり、TRPG世代には馴染みがあるであろう、あの中野豪氏でした。
 若い、若いなぁ、死ぬには早すぎですよ。

 中野氏のマンガで強烈に覚えているのは、コンプティークだったかな、PCゲームの裏技コーナーみたいなのがあって、そこに『三国志』の裏技が読者から投稿されてまして、それをネタに中野氏が描いた1コママンガ。
 裏技はアイテムだか物資だかを無限に増やす、というもの。

 軍師と武将が倉庫にいる。
軍師「確かに、物質的には豊かになったな」
大量の物資を背に、三角座りしてる武将「でも、なんか俺、虚しいっすよ」

 中野氏の1コママンガを数々みてきた自分ですが、このマンガが一番記憶に残っています。
 いまでもたまに思い出して、くすりと笑ってます。
 これからもたまに思い出して、くすりと笑おうと思います。

 中野豪氏の冥福を祈ります。
  1. 2006/05/13(土) 14:49:14|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

感想:少年サンデー 23号

・クロスゲーム
 タッチの姉妹が死ぬ版だよなー、ってのは禁句ですか。

・ガッシュ
 なんかファウードの回復液が、すごい便利アイテムになってる。
 もう心の力じゃなくて、MPでいいやんと思わなくもない。

・メジャー
 寿也にそんな鬱全開な過去があったとは。自分だけ残して家族が夜逃げって。夢に見るよ!

・メル
 もしかしたら今号でクィーン撃破とかやってくれるかと期待してたのに。
 もっと早くもっともっと早くー。いかん、楽しむポイントが違ってきてる。

・GOLDEN★AGE
 主人公が最初から天才、しかもジュニアユースにスカウトされたエリートでどうしようと前号で思った。
 ……んだけど、今回のお話で納得。ユースチームが消滅するのか。
 やはり主人公は成長してなんぼかと。
 頭身の低い絵柄がすごく小学生向けっぽく感じるのは仕様すか? 少年誌なんだから、低年齢向けのマンガがあっても文句は言えないか。

・ハヤテのごとく!
 ダジャレで無理矢理オトそうとするハヤテに笑った。

・結界師
 閃が女だったら、もうフラグ立ちまくりですよ。
 謝れと怒鳴られて、素直に謝る良守が微笑ましい。
 墨村じいさんがちょっとだけ活躍。というか、先達としていいことを言った。
 姫さんはもっと妖艶な女性にして欲しかった。性格的には素敵です。

・ネコなび
 迷走中。
  1. 2006/05/11(木) 23:55:29|
  2. 雑誌感想(2009年以前分)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

感想:少年ジャンプ 23号

・エム×ゼロ
 あんまり期待してなかったんだけど、あなどってました。面白いっす。
 読み切りとは設定やらなんやら、ずいぶん変わったっすね。ヒロインは性格が違うし、魔法の設定も学校敷地内なら誰でも使用可能らしいし。教師なんて容姿から変わってる。つーか、今回教師やってるキャラって読み切りでは不良の上級生だった奴?

 ところで、ちょっと気がかりなことが。
 どう考えても『To LOVEる』とかぶってる気ががが。エム×ゼロは、学園+お色気+コメディ+魔法。To LOVEるは、学園+お色気+コメディ+宇宙人。
 うーん。主人公のキャラは違うんだし、二つのマンガが潰し合いやチキンレースにならないことを祈っとこう。

・ワンピース
 ありえない展開。ここでバスターコールすか。しかも、うっかりってあんた。
 ある意味、いままでのスパンダムのキャラってこれの伏線なのか。すげー。
 こんな展開なのに、白けずに盛り上がってる気がしてくるのがすげー。
 というわけで、次回も期待。戦闘は少な目でお願いします。

・デスノート
 おつかれさま>ライト
 地獄行きよりはよっぽど、救いがあるかと>無
 ミサは結局、幸せにはなれなさげ。レムはミサの幸せのために、命を捧げたと言うのに。そもそも、ミサは2回も『目の取引』をして、寿命が本来の4分の1? いますぐ寿命が尽きても、おかしくないような気もしないでもない。
 次号で完結なのかな。どこにもそうだとは書いてないけど。後日談が5話くらい続いたら、ちょっと受ける。

・To LOVEる
 天然かと思いきや、意外と黒いぞ、ララ。
 表情に乏しいキャラかと思いきや、そんな顔もできるんだ、春菜。
 天然はこの人でした、ザスティン。
 あれ、主人公は?
 主人公はひたすら不幸でした。でも、目の保養だけはばっちりだ!

・ブリーチ
 うっかり見逃しかけたが表紙ページの柱文字、『すけとうだらの命がとても愛おしい』ってどんなギャグだ、それ。
 すけとうだらと言われると、ぷよぷよシリーズのアレしか浮かびません……。

・リボーン
 秘技・塩飛ばし。
 やっぱり、しょぼいかと。
 
・ムヒョ
 ロージー、あきらめよすぎ。

・ミスターフルスィング
 あら、今回で最終回なのか。ちょっと唐突な印象。
 あと1話くらい後日談があってもよかったような。

・ツギハギ漂流作家
 えーと、壁じゃなくて床を砕いてもよかったんでは。
 あと、溶けない石をゲタ代わりにするのはいいとして、足に縛りつけるための紐は普通に溶けるのでは。
 って、みんなに突っ込まれてそうだなー。

・太臓もて王サーガ
 今回ばかりはさっぱりついて行けなかった。
 パロディマンガは元ネタがわからないとキツイね。元ネタ、わかってるネタで笑えないのもキツイね……。
 
・タカヤ
 終わりそうで終わらない。
 そういう意味で、「この先どうなるんだろう」という面白さはある。って、ひどいこといってるな。反省。
  1. 2006/05/10(水) 00:05:55|
  2. 雑誌感想(2009年以前分)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

感想:月刊ブレード 6月号

 昨日、買ってきて今日読了。珍しい。
 発売日は先月の28日だけどね-。


・スティグマータ
 前に読みきりで掲載されてたのが本格連載と。
 読み切りはシスターの服装がエロカッコイイのと、悪役が悪をなすまで手を出せないっていうストレスのたまるお話だったことしか覚えてない。

 作者が韓国の方だと思って読むと、なんかこそばゆいですな。そこかしこに日本マンガテイストがあって。デフォルメ顔とか口から魂とか。
 反面、日本的すぎてちょっとがっかり。せっかく韓国の漫画家さんなんだから、やはり日本ではお目にかかれないテイストを読ませて欲しいなと。そう思うのは我が儘でしょうか。

・僕と彼女のXXX
 さまざまな動物と格闘する桃井さんに笑った。
 あきらの妄想とはいえ、どんなヒロインだよ。
 あと、おじいさんを甘やかしても、逆効果だと気づくんだ>あきら

・ももたま
 ソウルタイプってもしかして、犬・猿・キジの3種しかないのかな。
 うわー、どれもイヤだな。キジが一番マシっぽい。
 ゆいのの『特殊な制服』、微妙なデザインだ。少女漫画的SF風味というか。
 かっこよくもなく、かわいくもなく、エロくもない。びみょー。 

・ARIA
 ネコがネコがネコが猫に見えません。
 いままでも何度か思ったことだけど、今回ほど、このマンガのネコに違和感を持ったことはないっす。

・テイルズ オブ シンフォニア
 リーガルさん、あんたそれロリコ(略
 それが貴方の罪ですか。それは重罪ですなぁ。

・イレブンソウル
 そうか、このマンガそんなネタだったんだ。忘れてた。
 ただのSF調フルメタルジャケットとして楽しんでました。

・タケル
 実はシャレのわかる女だった、女皇さま。

・いぬロマン
 作者が犬好きだと言うのはよくわかった。
 若年寄り少女・つぐみのキャラが爆発するのかと思ったら、とくに何もなく。
 和菓子好きなこと以外、なにが若年寄りなのかわからない……。

・星のウィッチ
 マリーの少女らしくない口調がいい。
 ジェシカはいまいち人妻に見えないなぁ。大学生という感じ。
 主人公は主人公らしく、ヒロインはヒロインらしく、面白いです。
 ただ、背景がなんかやたら白いというか。よく見ればちゃんと描いてあるんだけど、やたら白く感じる。
 おかげで臨場感に欠ける気がします。
  1. 2006/05/07(日) 23:52:29|
  2. 雑誌感想(2009年以前分)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

不屈の心はいまどこに?

 GWですよ!
 だれきってます!

 もう、うたた寝→ネット巡回→うたた寝→テレビ見る→うたた(略)
 頭が痛くなって、寝られなくなるまでエンドレス。
 それでもまだ、頭痛に耐えつつネット巡回してみたり。
 気づけばGWも後半で、この休みの間にしたことと言えば1回飲みに行ったことと『魔法少女リリカルなのは』全13話を見たことくらい。
 このパターン、何かを思い出すとうたた寝しながら考えてたら、わかりました。
 夏休みです。中高生の頃の夏休み、こういう体たらくな日々を最終日まで繰り返してました、自分。
 あの頃はネットが無かったんで、その分テレビとかゲームで補ってたと思う。
 我ながら成長してないぜ。心はいつも十代のまま、ということにしとこう。


 せっかくなので『魔法少女リリカルなのは』無印/全13話の感想なんぞ。

 うーんうーんうーん。びみょ。
 面白いっちゃ面白いんだが、いかんせん13話じゃ短すぎる。
 ジュエルシード集めを基本に、毎話毎話、変身→決め台詞の黄金パターンをしつこいくらいにするのかと思ったら、あれよあれよの怒濤の展開。
 ジュエルシードは触れた者の願いを叶えるという設定も、序盤で意味を無くして早い段階で手こずることなく封印してるし。終盤ではジュエルシードを強制発動させてもはや、フェイトと戦うための理由にしかなってない。
 ぐっとくるシーンもあったものの、見るのを止めようかと思ったこともあり、本放送で毎週1話ずつ見てたら途中で見るのを止めてたかもしれない。
 なのはと友人二人の友情、なのはと家族の愛情、なのはとユーノの絆、なのはとフェイトの衝突と理解、それぞれ触れられているものの浅すぎて心を動かされるほどではなく。
 駆け足すぎて、置いていかれた感が否めないです。もっと話数を費やして、話を丁寧に掘り下げてくれたら心に響いた気がするだけに惜しいなぁと。
 ただ変身の呪文である『風は空に、星は天に、そして、不屈の心はこの胸に』は何故だか妙にぐっと来ました。いま口ずさんでもぐっときます。
 どうも私は不屈とか勇気とか言う言葉に弱いみたいです。怠惰な性格に屈しまくりですからね!
 うーん。ないものねだり。
  1. 2006/05/06(土) 03:33:18|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

貴方は神を信じますか

 知り合いが原付バイクを盗まれたんです。
 もう半年も前の話です。キーをつけたまま、うっかりバイクの元を離れた隙に乗り逃げされたそうです。
 そのバイクが昨日、見つかったそうです。壊された部分もなく、盗まれたときと変わらない状態だったそうです。
 知り合いはバイクが盗まれて以来、ずっと電車で通勤してたのですが、今日はバイクで通勤してきました。
 まだシートにビニールがかぶったままの、まっさら新品バイクで。



 実は注文してた新しいバイクを昨日、引き取ったばかりだったそうな。
 すさまじいタイミング! なにその嫌がらせ。
 本人曰く「もし新しいバイクを買ってなかったら、盗まれたバイクは出てこなかったに違いない」
 あーあーあー。うなずいてしまう自分がいる。
 ただの偶然と言ってしまえば、それまでなんだけど、そして実際ただの偶然なのだろうけど、でもやっぱり誰かの作為を感じませんか?
 こんな時、私はちょっと神の存在を信じたくなります。

 アナタは神を信じマスカ?

  1. 2006/05/03(水) 00:24:12|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad