流れる川の底の砂

駄文ブログです。ネトゲ/UO、漫画・雑誌の感想、日々の雑感などなど。 日記と呼べるほど更新されない可能性大。

感想:少年サンデー 26号

・イフリート
あれ? 咎人会は自分から売り込んじゃダメなんじゃなかったっけ?
いいのか、支部長。

有能な刑事対咎人会、で盛り上がってきたと思ったら、次回でこのシリーズは終わりっすか。
あと、3回は引っ張るのかと思ってたのに。やっぱり、このマンガ、いろいろシンプルすぎるよ。

・結界師
閃が転校生! しかも、いきなり休みで出番を引っ張るだとっ。
これは、あれか、ついに閃女の子説が……と胸を膨らませて読んでたら、あっさり詰め襟で登場かよっ。
しかも、誰も突っ込まないということは男で確定かー。しょんぼり。

・ガッシュ
パピプリオのステージに笑った。この作者の描く変な動きは、独特のセンスがあるなー。

・ダレンシャン
自然に厳しい試練だな。
石筍って大きくなるのに、すんごい時間がかかるらしいよ?

・メテオド
なんとなく面白くなってきたかも。
まだなんとなく、っすががが。

タロウ、ずいぶんおとなしいな。そして、伸びる上に柔らかいな。


【“感想:少年サンデー 26号”の続きを読む】
スポンサーサイト

テーマ:週刊少年サンデー感想 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2007/05/31(木) 21:43:09|
  2. 雑誌感想(2009年以前分)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

感想:少年ジャンプ 26号

自分の病気が治ったと思ったら、今度は車が壊れた!
2ヶ月くらい前、エンジンから異常音がでるようになって、一度整備屋に見てもらったんです。
結果、本格修理すると16万くらいかかるってんで、暫定的に補修して様子見してたんすが……。そうですか、だめですか。

16万円つらいなー。もう8年くらい乗ってるから、これを直してもまた別のところが壊れるだろうし。
しかも、秋から車通勤できなくなるかもしれないし、そうなるとあんまり車に乗らなくなるし。
車がもっと新しくて、必需品であり続けるなら、迷わず修理を選択するんすががが。

当面の通勤手段は絶対必要だから、原付買おうかなぁ……。

今日はちょっとJAFにレッカーしてもらって整備屋に車を預けてきたり、慣れない代車を運転して疲れたんで、感想はショートバージョンでお送りします。あしからずご了承下さい。
つーか、ショックで感想が浮かばないっす。


・ワンピース
シンドリーは中身と体が一致してるのか。
いったい何があったんだ。
記憶を消されてないってことは、皿の話は真実なのか?

・銀魂
「いずれ殺してやる だから… こんなところで死ぬな」
あかん、こういうセリフに弱いっす。じんと来ました。

しかし、まだ続くのか>真選組動乱編

・瞳のカトブレパス
食いしん坊ヒロインってのはいいかも。
ネウロの弥子はすでに人間の域を越えてるから、被ってないということでひとつ。

・ムヒョ
えらく短い永遠だな>ブープの命
具体的にコルトロウ家の過去を語る気はないのか。あくまで裁判官が裁判官のやり方で、禁魔法律家を倒すのがメインと。

面白かったけど、アイビーとミックの反応もみたかったな。

・エム×ゼロ
扉に柊父登場。出番が貰えてよかったね。
九澄のサポート役はルーシーに取られたし、もうあと出られるポジションは愛花の父親としてくらい?
しかし、愛花も出番少なめと。

あー、普通に教師として出られるか?
これも女教師に出番を取られ気味だけどっ。

テーマ:週刊少年ジャンプ感想 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2007/05/29(火) 23:15:35|
  2. 雑誌感想(2009年以前分)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雑記:オーディンスフィア プレイ日記 Aランクを目指す日々(微妙に志しが低い)

平熱に戻りましたー。
これで大手を振って『オーディンスフィア』ができる。
病気中にゲームすると家族の目が厳しくて。別に仕事休んでるわけでもないんすが。

というわけで、めでたくゲーム再開。前回のセーブ日時は5/23日でした。そうそう、24日の仕事中に熱が出始めたんだった。

いまだ操作キャラはグウェンドリンです。つーか、まだ序盤かせいぜい中盤の頭くらいだと思われます。
だいぶ高ランクをとるコツがわかってきました。
やはり重要なのは被ダメみたいっす。

雑魚敵がわらわら現れたら、むやみに攻撃せずまず間合いを取る。
相手のモーションを観察して、敵の攻撃のタイミングを知る。
敵の攻撃モーションの隙を突いて攻撃を叩き込む!

まー、敵はわらわら出てくるので、1体目のモーションを見切って攻撃をしかけたら、ちょうど2体目が攻撃モーション取っててぶっ飛ばされた。なんてことも多々ありますががが。
被ダメ0の道は険しいっす。

ただ、被ダメがでかいとSランクはもちろんAランクも難しい感じなんで、初っぱなから大ダメージくらうとやる気がそげちゃったり。
たまに諦めて、ステージの頭からやり直すためにわざと殺されたりします。ごめんよ>グウェンドリン

リトライだとステージに入る前に戻ってしまうのが、微妙にうざったいんですよね。そもそも、リトライはHP残量わずか、かつHP回復アイテムなしで高い難易度のステージに入ってしまったとか、“ハマった”とき用の救済手段なのかも。
ステージクリアしてからだとリトライできませんしね。個人的にはランクが決まってからでも、リトライできるようにして欲しかったな。
ランクCやDとかだとやり直したいっす。いあ、そんなこだわるものでもないのかもしれませんが。

などと高ランクを目指しながら、マンドラゴラをせっせっと掘り出してはマテリアルの瓶に押し込んだり、売り飛ばして『大きな鞄』を買う資金にしたりしてる毎日です>うちのグウェンドリン


テーマ:オーディンスフィア - ジャンル:ゲーム

  1. 2007/05/28(月) 23:52:59|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

感想:少年サンデー 25号

むー。微熱がずっと下がりません。
37度前後を行ったり来たり。体調はほとんど問題ないんすが、微熱だけが下がらない。
謎だ。


・表紙
ハヤテのごとく! の1コママンガが表紙。
ミニスカ+絶対領域なナギがばばんと。

こりゃ、ほんとに気まずいわ。
私がよく寄るコンビニは週刊雑誌を足元に平積みするだけじゃなく、表紙が見える棚に5×5冊くらいずらぁーっと並べるんすが、そうか、ずらぁーっと並んだサンデーを見たときに感じた気まずさはこの表紙のせいか!
ナイス確信犯。

・ハヤテのごとく!
全編これ投げっぱなし小ネタ集。
笑った。上手いなぁ。
こういうの普通にオチをつけるより、難しそうだ。
個人的にはヒナギクのフツバナが聞きたかったな。
桂先生のフツバナはどんな話でも、オチは酔いつぶれて気がつくと朝だった、で終わりそうだ。

・ガッシュ
よし! ラストバトルはキャンチョメ対ガッシュに決定!
みんなでクリアを倒し、1対1の決闘でガッシュがブラゴを倒したとき、背後からぶっすぅぅぅっと小学生読者がトラウマになるような裏切りをキャンチョメが……したら、歴史に残るな。悪い意味で。

・結界師
お、正守のダークサイドが出てる?
とはいえ、いきなり殺しにかかってるわけでもないし、凄んでるだけとも言えるから、やっぱり根は善良なのか>正守

女の子説はどうなったー?>閃

【“感想:少年サンデー 25号”の続きを読む】

テーマ:週刊少年サンデー感想 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2007/05/27(日) 20:53:05|
  2. 雑誌感想(2009年以前分)
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

熱が出た

管理人急病のため、少年サンデー25号の感想は後日アップしますー。

まぁ、お腹壊して38度の熱が出てるだけなんすけどね。明日も仕事なんで、今晩は横になっときます。

はしか流行中ってことで、一応医者に行ったら「はしかでお腹は壊さない」と一刀両断された……。
はしかはインフルエンザみたく検査キットってないんすね。知らなかった。

お腹の薬と解熱剤、あと抗生物質をもらって帰ってきました。
では、横になるといたします。

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

  1. 2007/05/24(木) 20:04:10|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

感想:少年ジャンプ 25号

・瞳のカトブレパス
これの読み切りバージョンは記憶にあります。
上手いけど、ベタすぎて面白みがないマンガ、だったような。読み切りを読んだとき、これが連載になったらイヤだなーと思ったのも覚えています。

で、実際、連載が始まってみると。

えーと、こんなにジョジョっぽかったっけ?
このジョジョっぽさは、私の気のせいじゃないっすよね?
などと思っていたら、目次コメントを読んで納得。この作者、荒木飛呂彦のアシスタントだったのか。

閑話休題。
ヒロインの名前がミーコって、ちょっと昭和のかおりが。
他はまぁ、ベタの一言に尽きるかと。
どうなんだろう。続くんだろうか。『神力契約者 M&Y』が脳裏にちらついたのは秘密だ。
ベタさ加減が似てませんか?

・ワンピース
ゾンビに塩って斬新だなー。ありそうでなかった。

フランキーの質問が気になる。泣ける予感がするっすよ。
明かされるその時が楽しみです。

あと気になると言えば、三怪人(ホグバック・アブサロム・ペローナ)はゾンビじゃないんだろうか。
つーか、男2人はツギハギあるし、ゾンビっすよね。
ペローナだけツギハギないし、5年前のブルック来襲も知らないようだし、男2人とは成り立ちが違うんすかねー。
あー、ホグバックがゾンビなら、いま動いてるホグバックの体は誰がツキハギしたんだって問題もありますか。


【“感想:少年ジャンプ 25号”の続きを読む】

テーマ:週刊少年ジャンプ感想 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2007/05/22(火) 23:19:23|
  2. 雑誌感想(2009年以前分)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雑記:流血した

ベランダの洗濯物を取り込んでたら、天井の梁で頭を打って血が出たっす。

これだけだと謎シチュエーションつーか、意味不明っすが順序立てて説明すると以下の通り。

・うちのベランダは洋室の窓と和室のガラス戸に面している。
・物干し竿は洋室の前にある。
・ガラス戸からベランダに出るとスリッパを履かなくてはならない。窓からだと身を乗り出すだけでOK。
・洗濯物はでかいタオルケットとバスタオルが2枚だけ。

これはもう窓から取り込むしか!

さっそく窓を開けて取り込み開始。物干し竿は2本が平行に渡してあって、手前の竿にタオルケット、奥の竿にバスタオル2枚でした。
まずタオルケットを無事取り込み完了。続いて1枚目のバスタオルも取り込み完了。
最後の洗濯物にして、2枚目のバスタオルを取り込もうとしたとき、トラブルが発生。

バスタオルの端が物干し台に引っかかっている!
物干し竿を置くための、U字型のパーツに被さるように引っかかってるんです。
引っ張ったり、波うたせるように煽ったりしたんですが、これが外れない。あくまで外れない。
直接手を出そうにも、窓から身を乗り出すだけでは手が届かない。

なんかね。この時、すごーーくイヤな予感がしたんですよ。
普通にやれば1~2分で済む作業なのに、最後の獲物が物干し台に引っかかってるせいで、終わらないわけです。
しかも、ちょっと被さるように引っかかってるだけで、簡単に取れそうなんです。でも、取れないんです。

【“雑記:流血した”の続きを読む】

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

  1. 2007/05/22(火) 00:54:53|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雑記:オーディンスフィア プレイ日記 奴らは城の床にさえ潜んでいる!

引き続き、『オーディンスフィア』をプレイ中です。

中ボス戦やボス戦をしながら、ふと気だるさを感じてしまいました。

ダメージを喰らって、HP残量がやばくなったら距離を取って、肉を食いミルクをがぶ飲み!
そうやってHPを回復させて、ボスに接近してメッタ斬り、反撃を受けようと構わずに攻撃ボタンを連打連打連打。
HP残量がやばくなったら距離を取って……。

以下、ループってほどには回復アイテムが保たないんすが、スタート時で最大16個のアイテムを持てるんで、実のところ総HP量では我らがグウェンドリンはボスに引けを取らないのかもしれません。

画面に表示されてるHPバーは200とか300が1本だけですが、その裏には予備HPバーが複数控えているわけです。
それに気づいたとき、ふっと気だるさを感じてしまいました。

なんかもうこれから先、ずっとボタン連打の、ゴリ押しの繰り返しなんじゃないかって。
雑魚敵もボタン連打で片づけてきましたし。

でも、某ボスが巨体に似合わない軽快さでもって、ぴょんぴょん飛び跳ねて押しつぶし攻撃して来たときのことっす。
ぴょんぴょん飛び跳ねる、その股の下を走り抜けてかわし、また飛び跳ねてくるのをかいくぐってかわし、ノーダメージでそのぴょんぴょん攻撃を切り抜けたときに思いました。

かわすのって楽しいなと!

そうなんすよ。
回復アイテムをたくさん持てるからって、攻撃を喰らうままにしてちゃダメなんすよ。

落ち着いてよく見れば、ボスには攻撃モーションや攻撃パターンがあるんですよね。
それはつまり、パターンやモーションを覚えればボスの攻撃を見切れるってことで。
これからラウンドが進むごとに一撃一撃が重くなって、敵のパターンを見極め、攻撃を見切ることが大切になっていくのかもしれないっすね。
なんというか、忘れてました。アクションゲームの面白さ。
昔のゼルダやイースの時代から、ボスの攻撃は反射神経でよけるんじゃなく、パターンを見切ってよけてた気がします。
でもって、それが楽しかったんじゃないかと。

といいつつ、せっせっと羊を収穫したりナパームを作ったりしてたのは秘密です。

つーか、マンドラゴラ掘りがちょっと楽しすぎるんすがっ!
気づいたらカバンの中がマンドラゴラだらけになってて笑った。なにげに全種揃ってるし! カロッチォとか5本くらいあるし!
売っても売っても無くならない。この姫様、どんだけニンジン好きなんだって旅の商人に思われたに違いない。

ナパームやサイファースキルの重ね掛けもどうなんでしょうねー。
けっこうハメくさい気も……。
それだけで削り殺せたことはありませんががが。

そんなこんなで。
楽しんでます、『オーディンスフィア』


テーマ:オーディンスフィア - ジャンル:ゲーム

  1. 2007/05/22(火) 00:20:40|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雑記:ついにねんか゛んのオーテ゛ィンスフィアをてにいれたそ゛!!

今度こそ正真正銘、『オーディンスフィア』が届きました!

夕飯食って、さっそく開封。さっさとプレイすればいいのに、もったいぶって説明書を読んでしまうのはどうしてだろう。
予約特典のアートワークスはネタバレしてそうなので、もうちょっとゲームを進めてから読もうと本棚にしまっときました。

で、ざっとやってみての感想。
グラフィックいいっす。加えて、動きがまたいい。
特別滑らかな動きとはいえないし、派手なわけでもないんだけど、独特の動きと思い切ったキャラのデフォルメが相まって、いい雰囲気醸し出してます。一見の価値ありっすよ。
音楽はちょっと地味めな印象かな?

アクションゲームとしては今のところ、ボタン連打でなんとかなってます。いまの進行具合は、最初のボスを倒したところ。
チュートリアルが親切で、□ボタンで攻撃とか初歩の初歩から技の使い方まで教えてくれるので、説明書は読まずにゲームを始めても大丈夫だと思われます。

反面、ラウンドやらステージの概念がわかりにくかったっす。このゲームにはラウンドとステージって用語がありまして。
ワールドマップからラウンドを選んで、移動するとステージが始まります。
ステージは複数で構成されており、クリアするごとに次のステージに移動できるようになります。ステージはある程度、分岐していて、雑魚敵しかでないステージや中ボスのいるステージ、敵がいなくてショップ(店)があるステージなどがあります。
全てのステージをクリアする必要はなく、大ボスのいるステージをクリアすればそのラウンドは終了し、ストーリーが進んで新たなラウンドがワールドマップに出現します。

要するにラウンドとは、ストーリー上の舞台となる土地・場所のこと。
ステージは実際の戦いを繰り広げる場所のこと。横スクロールして、敵がでて、飛んだり跳ねたり斬ったり斬られたりしながら、クリアするもの。
1つのラウンドは複数のステージで構成されていて、1面1面ステージをクリアしつつ、大ボスのいるステージをクリアすればラウンドクリアということっす。

そういや、飛んだり跳ねたりと今書きましたが、最初に操作することになる主人公・グウェンドリンは本当に飛べたりします。
Xボタンでジャンプ、さらにXボタンで2段ジャンプして、左右いずれかの方向キーを押すとその方向に滑空するんです。
しかも、上を押すと速度が落ちるもののふわりと上昇したりして。なかなかの飛翔感です。
戦闘中は悠長に飛んでられないのが、玉にキズっすね。

そんなわけで、『オーディンスフィア』面白いです。


■以下、ネタバレを含むプレイ日記

【“雑記:ついにねんか゛んのオーテ゛ィンスフィアをてにいれたそ゛!!”の続きを読む】

テーマ:オーディンスフィア - ジャンル:ゲーム

  1. 2007/05/19(土) 01:07:18|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

感想:少年サンデー 24号

『オーディンスフィア』が我が家にやってきました!
が、その時間家に誰もいなかったので、実際手元にあるのは不在通知票のみという現実。
再配達は明日しか無理だそうな……。現実は厳しいね。


・ダレンシャン
『その頃の僕たちは、~~を知る由もなかった』的な言い回し好きだな、このマンガ。
もう3回くらい見た気がする。
そのわりに、大した事件は起きてないような。

試練編開始っすか。正直、盛り上がらないなー。
やはり目的が名誉のためってのがどうにも。クレプスリーの命のためでもあるけど、うーん。
なんかこう、別に入る必要もない危険地帯に自ら入って、さぁ命懸けで脱出だ! みたいな自演くささを感じてしまう。

この世界のバンパイアがストイックで、名誉を重んじる種族なのはよーくわかった。
そこまでオリジナル展開するなら、もう最初からオリジナル種族の方がよかったんじゃないかと。
既存のバンパイアとのギャップに新鮮さを感じるより、落胆を感じてしまう自分がいますよっと。

・結界師
淡幽様復活。部下たちも復活。よかったよかった。

今回の神佑地は、実際の土地じゃなく神社の方が本体なのか?
神佑地もいろいろ謎っすねー。

そして、久しぶりに鬼使いの春日夜未登場。連載初期以来?
鬼のヨキは元気なんだろうか。暴走したしたものの、正守が保護したんじゃなかったっけ。
それにしても、正守といい、夜未といい、なんで和服。喫茶店のシーンだけ大正時代みたいだ。
夜行の連中も大人は和服だけど、子供だけ洋服なのはなぜなんだ。


【“感想:少年サンデー 24号”の続きを読む】

テーマ:週刊少年サンデー感想 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2007/05/18(金) 00:58:12|
  2. 雑誌感想(2009年以前分)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雑記:オーディンスフィア[機種:PS2]発売目前

アマゾンから『オーディンスフィア』の発送メールが送られてきました!

もう明日なんですねー、オーディンスフィアの発売日。
5月17日なんてまだまだ先だと思ってたのに、月日の流れは早いっす。

あー、少年サンデーの感想、今日のうちに書き上げとけばよかったかもしれません。
いつも読み返しながら書くので、軽く2時間以上はかかってしまいます。
しかし、サンデーは職場のロッカーに置いてきてしまってたり。
しくじった!

配送状況を確認してみたら、まだアマゾンの配送センターを出ただけみたいです。
明日中に届くのはちょっと難しいかな?
でも一晩あれば届きそうな気もするし。
はたまたアマゾンは発売日に届かないことで有名だそうですし。
どうなるんだ!

ゲームは普通、発売日の前日にはお店に並んでるので、今ごろ遊んでる人も多いんでしょうね。
うらやましい!

などと叫びつつ。
なにはともあれ、届くのが楽しみっす。

テーマ:オーディンスフィア - ジャンル:ゲーム

  1. 2007/05/16(水) 23:55:06|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

感想:月刊ブレイド 6月号

むー。5月の頭には読了してたんだけど、なぜか感想UPが今ごろになってしまった。
やはり、読んだらすぐにパパッと書き上げないとダメっすね。


・アルトネリコ2
『アルトネリコ』のあやめぐむが帰ってきた。
前作は面白かったし、あやめぐむも絵がちょっと古い気がする以外は上手いマンガ家さんだと思います。が、よくよく考えればこれも他メディア作品のマンガ化なんですよねー。
面白ければ原作がゲームだろうとアニメだろうと、なんだって構わないはずっすが、どうにもメディアミックス(っていまでも言うのか?)にいいイメージをもてない自分がいるですよ。

新連載第1話にしてはページ数が控えめなような。今回の2倍とまでは言わないが、1.5倍くらいは読みたかったかも。

レーヴァテイルってなんだったっけ?
前作だと女性しかいなくて、妖精みたいな存在だった気がしますが、違ったっけ。
今作ではレーヴァテイルが妹だったり、奥さんだったりってことは詩魔法使いのことを称して、レーヴァテイルと呼んでるのか?

・神霊狩
ごめん、意味がわからない。
意味がわからないのは、まず謎を提示して読者を引き込もうという手法かもしれないが、引き込まれなかった場合どうすれば……。

たぶん、話はそれほど詰まらないわけじゃないと思う。ただ、マンガ的・作画的にアラが見えるのと所詮アニメの宣伝作品っていう(私個人の)先入観が詰まらなくみせてるんだろうなぁと。

というわけで、来月からは個人の先入観なんかぶっ飛ばすくらいの、有無を言わせぬ面白さが炸裂しますように。なむなむ。

・マザーキーパー
闇市場があって奴隷が売買されてて、マフィアがいて、EDENの偉いさんも闇市場の常連さんと。
だいぶ世界観が明らかになってきましたね。
こうやって見るとEDENの外も案外、活況に溢れてるっすね。もっと不毛の荒野と旧時代の廃墟ばかりが広がる、食うや食わずのカツカツの世界なのかと思ってました。

10年の歳月と国家予算規模(だっけ?)の資金を投入して作り上げたサイボーグが、マフィア相手にピンチになるってのも切ないな。
シャルは以前にも、レナと戦って腕を壊されてたっけ。
もしかしてサイボーグって対費用効果最悪なんじゃ。
【“感想:月刊ブレイド 6月号”の続きを読む】

テーマ:雑誌 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2007/05/16(水) 20:16:53|
  2. 雑誌感想(2009年以前分)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

感想:少年ジャンプ 24号

GWが終わって、ジャンプも平常通り刊行。
なんだか1ヶ月ぶりくらいな気がする。


・ぼくのわたしの勇者学
つまんなくはないんすが、笑わせ方の構造(?)が『バレーボール使い 郷田豪』と一緒じゃないっすか?
ボケ倒す奇人とツッコミ役の主人公、さらに学校が舞台。
加えて言うなら、『ピューと吹く! ジャガー』とも一緒っすよね。それを言うのは、いまさらすぎなのかもしれませんががが。

同じ雑誌に似たようなギャグマンガ3本はどうなんだろうと、思いました。

・ブリーチ
始まりました。メガネVSメガネ。

それはそれとして、織姫。自分をボコった女アランカルの傷を治しましたね。
それでこそ、織姫。
しかし、そうなると今度はまた別の疑問が沸いてきた。グリムジョーにぶっ殺された、前代第6十刃・ルピはなんで蘇生してあげなかったんだろう?
そんな雰囲気じゃなかったし、グリムジョーが止めたかもしれないけど、蘇生の意思があるなら試してみてもよかったんじゃないかな、と。
ぶっちゃけ、ルピを蘇生してやる義理はないけど、それは今回の二人も同じ。

誰も死なせたくない、傷ついてるのを見たくないと思ってるなら、常にそういう行動を取って欲しいなと思います。いあ、嫌味じゃなくって、常にそうあってこそキャラとして輝くんじゃないかと思うので。

どうでもいいっすが、グリムジョーの場合、ルピを蘇生させたらその場でまた殺しそうだなぁ……。

あと、石田と阿散井のタッグ見てて思った。
なんでお前ら、あの時バラバラで行動することにしたんだ?(この疑問何回目だ)

【“感想:少年ジャンプ 24号”の続きを読む】

テーマ:週刊少年ジャンプ感想 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2007/05/16(水) 00:25:04|
  2. 雑誌感想(2009年以前分)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雑記:世界樹の迷宮 プレイ日記 きみたちは冒険を続けてもいいし ここでやめることもできる

世界樹の迷宮、クリアしました。

と、それはひとまず置いといて。
ファミ通のクロスレビューに、『オーディンスフィア』が載ってました。
点数は9・9・7・7(10点満点、4人がレビュー)

平均8点で、傑作まではいかないが佳作か良作といったところ?

前作にあたる(?)『プリンセスクラウン』も、6点とか7点だったような。
実際の出来もそんな感じで、決して傑作ではなかったと思う。

んが、今でも思い出に残ってるゲームです。
『オーディンスフィア』もそんなゲームだといいすっね!


以下、『世界樹の迷宮』エンディングに触れるプレイ日記です。


■以下、重大なネタバレを含むセカキュー プレイ日記
【“雑記:世界樹の迷宮 プレイ日記 きみたちは冒険を続けてもいいし ここでやめることもできる”の続きを読む】

テーマ:世界樹の迷宮 - ジャンル:ゲーム

  1. 2007/05/13(日) 22:42:29|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

感想:少年サンデー 23号

GWの合併号刊行も終わって、今週からは平常通り。
私の生活も平日らしさが帰ってきました。やっぱ水曜日にはサンデーを買わないとね。
雑誌の刊行で時節を感じるのもどうなん? とか言わないっ。


・うえきの法則+
絵が荒れてる?
ミリーとか最後の森とか。ちょっと別人っぽい。
それとも、絵柄が変化しただけなのか。

・結界師
いつになくハイテンションだ>正守
正守、継承者になれなかったことでやっぱり歪んでるんだ。
でも、良守に言ったことは本心じゃない演技で、閉じた神佑地から(ほぼ)自力で脱出できる実力があって、部下に慕われていて。弟には憧れと慕情と反発を抱かれてる。
ある意味、完璧な人っすね。劣等感まで完備っすよ。

「あの神佑地のことは… 俺が何か考えるよ…」
無道の囁きに乗るか、良守の気遣いに応えるか。正守の今後が決まりそう。
ってか、力を求めるにせよ、あの神佑地を使ってどうこうはなさげっすね。
ああ、そこらへんが、
「そして少しは、正気になれるんだ」
の良守に関わることの効果なのか。

・ガッシュ
クリア、打たれ強いってもんじゃないな。胴体に大穴空いても死なないのか。
アシュロンも自分は首があれば生きていられるって言ってたし、さすが強大な魔物たちはひと味違うってことか。

ヴィノーも含めて完全体になる宣言。
えーと、ヴィノーが美少女になって再登場って解釈でよろしいか?
よくないか。

【“感想:少年サンデー 23号”の続きを読む】

テーマ:週刊少年サンデー感想 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2007/05/10(木) 23:32:58|
  2. 雑誌感想(2009年以前分)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雑記:世界樹の迷宮 プレイ日記 絶対押し花にしてやる

まだまだ『世界樹の迷宮』に挑む日々。

こりゃ5月17日発売の『オーディンスフィア』の前に、『ペルソナ3フェス』をクリアなんて、絶対無理だ。
17日までにセカキューを終わらせて、そのままオーディンスフィアが精一杯っぽいです。

などと言いつつ、最近、『ファイアーエムブレム 蒼炎の軌跡』→『ファイアーエムブレム 暁の女神』のコンボプレーをやりたくて仕方なかったり。
そのためには、まずWiiを買うところから始めなきゃいけないわけですががが。

■以下、ネタバレを含むセカキュー プレイ日記
【“雑記:世界樹の迷宮 プレイ日記 絶対押し花にしてやる”の続きを読む】

テーマ:世界樹の迷宮 - ジャンル:ゲーム

  1. 2007/05/09(水) 23:19:45|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雑記:世界樹の迷宮 プレイ日記 冒険者たちの休養

今日もせっせと『世界樹の迷宮』

他のメンバーよりレベルが1低かったダークハンターが、ふと気づけばみんなに追いついてた。
クラスごとにネクストレベルEXPって違うのか、と思ったら。

他のメンバーがMaxレベルに到達してただけでした。
そりゃ、レベルが頭打ちでそれ以上、上がらないんだから追いつきますわな。

レベル70で頭打ちとは思ってなかったっす。攻略サイトをちらりと見たときに、レベルは80までって書かれてた気がするんだけど、見間違いか。確かめるのはネタバレを踏んでしまいそうで怖い。
現に70以上上がらないんだから、70で終わりなんだろうと、無理矢理納得。

しかし、問題はいまだに迷宮の探索が終わってないことで。レベルが上がらない状態で戦闘を続けるのは、精神衛生上よろしくないっす。
というわけで、『休養』して見ました。『レベルが10下がる代わりに、スキルポイントの振り直しができる』ってやつです。

パーティ内でレベル差があっても全員同じEXPしかもらえないゲームなんで、主要メンバー全員を『休養』させました。
レベルが低いキャラはより多くEXPを貰えるんなら、何人かはレベル70のままおいとくんすが。

そして、お楽しみのスキルポイントの振り直し。
パラディンは挑発を捨てて、防御陣形をゲット。

メディックは戦後手当を捨てました。キュアとエリアキュア1も捨てようかと思ってたけど、医師防御2のために取らざるを得ず。結局、戦後手当に振っていた4ポイントばかしが浮いただけに。

アルケミストは氷の術式を10から3へ。氷結の術式があれば、同じ単体効果の攻撃呪文はいらないかなと。
浮いた7ポイントは特に使い道がなくて、博識と伐採に振っておきました。
他の攻撃系統を取るにはポイントが足りなさすぎる。

ダークハンターはシャドウエントリとジエンドを捨てて、捨てて……捨てて。捨てたけど、振るものがなくてスキルポイント余ってます。レベル63現在で12ポイントほど。

バードは聖なる守護の舞曲を捨てて、スキルポイント余り11。しかし、こちらは韋駄天の舞曲に振るかHPブーストに振るか、決めかねてるだけだったり。
強化効果が最大3つじゃなきゃ、韋駄天の舞曲を取るんすが、いまの仕様だと防御陣形・猛き戦いの舞曲・医師防御2でいっぱいいっぱいになってしまう。
あー、ボス戦だと防御陣形・安らぎの子守唄・医師防御2の方がいいのかな。

で、現在、全員レベル63です。そろそろマップが埋まってきた。
ラスボス戦までに、レベル70まで戻せないような気がしてきた。
『休養』したことに若干の後悔を覚えつつ、パーティは最深部を目指すのでした。

■以下、ネタバレを含むセカキュー プレイ日記
【“雑記:世界樹の迷宮 プレイ日記 冒険者たちの休養”の続きを読む】

テーマ:世界樹の迷宮 - ジャンル:ゲーム

  1. 2007/05/06(日) 17:51:45|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雑記:世界樹の迷宮 プレイ日記 そして、少女がしょんぼりした

ううむ。セカキューが終わらない。
終わらないから、ペルソナ3フェスが始められない。

と言いますか、セカキューを終わらせるのがちょっと惜しい気分だったりしてます。
まっすぐ本筋を進めれば、もうクリアできていてもおかしくないはずなんすが、なんとなーく寄り道したくなって、クエストをこなしてたりします。

ずっと、達成できていなかった『ミセス・メリルの奇妙な依頼1』をやっとこさクリア。
依頼内容は『蝶の目玉を持ってこい』というもの。
せっせっとB1F~B2Fの蝶を狩ったものの、『蝶の目玉』が1コも出ない。出るのは『複眼』ばっかり。
前はそこでやめたけど、今回は前回いなかった炎使いのアルケミストがいたため、狩りを続行。ちょいと攻略サイトでカンニングしたところ、蝶を『術』で倒すと出るらしいので。いつもの氷使いじゃダメなのかな、と。
『ジャクソン料理店の奇妙な依頼1』のためだけに作った、炎使いのアルケミストががんばった結果……複眼がたくさんでました。

がっくり来たのも束の間、
『依頼の品の複眼が5コ揃った』とかメッセージが。
蝶の目玉=複眼だったようで。ほんっとに、不親切なゲームだなと思いましたよっと。

いあ、考えようによっちゃ、『揃った』とメッセージが出るところはすごく親切なのか?
ううむ、依頼内容をもうちょっと詳しく読み返せたり、アイテム名を正確に教えてくれると嬉しかったっす。

そんな寄り道をしながらも、探索は進んでいます。
以下、世界樹の迷宮の重大なネタバレを含むプレイ日記が続きます。
現在プレイ中でまだクリアしていない方、いずれプレイしようと思ってる方は読まないことを勧めます!


■以下、セカキューの重大なネタバレを含むプレイ日記
【“雑記:世界樹の迷宮 プレイ日記 そして、少女がしょんぼりした”の続きを読む】

テーマ:世界樹の迷宮 - ジャンル:ゲーム

  1. 2007/05/03(木) 01:51:20|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad