流れる川の底の砂

駄文ブログです。ネトゲ/UO、漫画・雑誌の感想、日々の雑感などなど。 日記と呼べるほど更新されない可能性大。

感想:少年サンデー 39号

雨が降る降ると連日連呼しておきながら、まったく降らないどころかちょっと晴れてるくらいの勢いなのは何のイヤガラセなのか。
いあ、別に降って欲しいわけではないっすが、ここんところ晴れてる中を傘持参でなんか気まずいのです。


・結界師
ギャグ編も今回で終わりか。残念す。
飛丸はこれからも出番がありそうっすが、時音(と閃)以外に犠牲者になれそうなのって神田くらい?
良守のことが好きな同級生の。
女キャラの少ないマンガだなー。
あ、蝶の巫女もいたっけ。

閃は男決定と前に言いましたが、やっぱりきっぱり男みたいっすねー。
というか、金髪だったんだ、閃。
そのわりに学校では誰もそれに触れてなかったよーな。

・ハヤテのごとく!
伊澄のキャラが違ってるような気もしないでもない。
キラーン、にちょっと萌えたけど。
天然のくせして、的確にクリティカルな発言をするのは前からだから、これでいいのか>伊澄のキャラ

で、伊澄の咲夜へのプレゼントはなんだったんだろう。
あと、ナギのプレゼントの中身もちょっと気になる。

・ガッシュ
やっぱアンサートーカーの能力は微妙な気がするなぁ。
ルールが曖昧というか、ぶっちゃけその場の都合で答えがわかったりわからなかったりするし。
答えがわかったとしても、超能力以外の何ものでもないですし。
せめて呪文の一種で、唱えて発動してるときだけの能力だったらよかったのに。

【“感想:少年サンデー 39号”の続きを読む】
スポンサーサイト

テーマ:まんが - ジャンル:本・雑誌

  1. 2007/08/30(木) 23:42:49|
  2. 雑誌感想(2009年以前分)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

感想:少年ジャンプ 39号

夏休みも最終週。
みなさん、夏休みデビュー(二学期デビュー?)の準備は済みましたかー。


・リボーン
意外と優しいな>ラルミルチ
あの場にいた中でただ一人、ツナの修行をやめさせようとするとは。

でもって、ツナがボンゴレ10世を継承と。
ボンゴレ1世が出てきたとき、『ボンゴレI世(プリーモ)』の文字を見て誤植なのかと思ったのは秘密だ。ツナとそっくりすぎる。似たようなグローブしてるし。

ボンゴレ10世誕生と言えば、ザンザスは今ごろどこで何をしてるんだろう。あのボンゴレリング争奪戦で死んだ、なんてことないっすよね?
覚えてない自分がちょっと怖い。

あと、よくよく考えると戦闘人格のツナと普段のツナってまるっきり別人だよなーと、今更ながらに思ったっす。
「オレがボンゴレをぶっ壊してやる!!!」
のセリフも普段のツナなら言わなさそうだし。

・ワンピース
ゾンビの仕様がややこしいなぁ。
シンドリーは死後、死体を盗み出されてゾンビ化されたわけだから、中に入ってる影はまったくの別人なわけだ。
ホグバックも終盤に、「おめェはやられても次の影を入れてやる」って言ってるし。
でも、シンドリーとして扱われ、シンドリーとして活動していると。

で、ゾロのゾンビやブルックのゾンビも肉体の名前を名乗ってたから、ゾンビの人格=肉体の人格なんだろう。
しかし、ゾロ・ゾンビとサンジ・ゾンビはそれぞれの影の相性が悪いからケンカする……?

結局、ゾンビの人格は誰の人格なんだろう。
そういや、ブルック・ゾンビはブルックみたいな振る舞いをしてましたねー。
一方でサンジ・ゾンビは騎士道を失ってるし。
シンドリー・ゾンビは主人であるホグバックがシンドリーとして振る舞うことを命じてる、のか? そのわりに生前のシンドリーとは随分、性格が違うみたい。

結局、ゾンビの人格は誰のものでもない、のかなぁ。名前は肉体の名前、能力は入ってる影のもの。
人格は記憶を失ってる影のものって可能性もありますが、それだとサンジ・ゾンビは騎士道を保ってそうですし。
あー、主人の命令が騎士道を上回ってる可能性もあるか。
うー、謎だ。

閑話休題。
やっぱり、ワンピースの作者は泣かせ系が上手いなと。
チョッパーの一言一言が熱いっす。
次回、泣ける予感。

【“感想:少年ジャンプ 39号”の続きを読む】

テーマ:週刊少年ジャンプ感想 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2007/08/28(火) 23:10:47|
  2. 雑誌感想(2009年以前分)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雑記:夏休みは終わらない

数ヶ月に一回の定期検診を受けようと、病院に行ったらばっちり臨時休診だったよこんちくしょー。
なんとなく、イヤな予感はしてたんすよ。前にも一度、同じことがあったし。
電話で確認しようかとも思ったけど、先週はお盆でたっぷり休診だっただろうし、心配しすぎかとそのまま行ったら……。
こんなことに。

往復せいぜい30分だし、時間的ロスは大したことないけど、精神的にやられたっす。
どこにも寄らずにまっすぐ帰ってきたよ。
平日は夕方まで仕事な社会人にとって、土曜の診療がいかに貴重かわかって下さいよ。いあ、社会人の誰もが土曜日休みなわけじゃないけどさ。

いま試しに電話を掛けてみたら、家庭用の留守番電話に繋がったっす。
また微妙な。掛けた電話番号が間違いじゃないことと留守番電話なことから、休診なんだろうと察するしかないと。
ホームページもない病院だし、簡単なページでいいから診察スケジュールだけでも掲載して欲しいわぁー。

とネットの片隅で文句をまき散らす今日この頃です。

テーマ:薬・医者・病院等 - ジャンル:心と身体

  1. 2007/08/25(土) 11:53:17|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

感想:少年サンデー 38号

今日は仕事が長引いて9時近くまで会社にいました。
でも、残業内容が指示あるまで待機だったので、せっせっとサンデーの感想を書いてました。
残業代を貰いながら感想を書いてたようなもんだから、得したっちゃ得しました。残業がなかったら、家で同じことしてただけだしね。


・マリと子犬の物語
いあ、えっと、え、なんで?
なんで中越地震の実話をサンデーでマンガ化してるんすか。
しかも、読みきりじゃなくて連載なのかー。

よく見ると年末に映画化されるようで、その前宣伝すか。
うわー、およそ生きてる間に見ることのなさげな映画だー。
正直、感動の実話をマンガ化されても困る。
読んでて気恥ずかしいし、絶対脚色してるだろとかうさんくさいとか思ってしまう汚れた大人に一体どうしろと。

まー、正規の(?)読者である子供たちなら、楽しめるマンガなのかなぁ。

閑話休題。
この二人、小学生なのか。
普通に高校生くらいかと>冒頭のシーン
小学生には見えなかったなー。ちゃんとランドセルを背負ってるんですが、気づかなかったっす。
冒頭以外は頭身が下がって、子供らしいっちゃ子供らしい、のかな。

展開はわりとベタというか、むしろべったべたで、でも実話で……う、うーん。
あんま実話って感じがしない。

・結界師
今回も快調に(ギャグを)飛ばしてるなぁ。
笑わせてもらいました。
さすが紫堂、あの殿一番の側近だけあって、ツッコミが上手い。

殿が分裂したら、神祐地はどうなるんだろう。共同統治?
それぞれの心の状態が世界に反映されるなら、混沌としそうだなー。
殿、アレな性格だし。
でも、何気にこれぞ神様って感じっすね。神祐地の内部だけとはいえ、天地創造もお手のもの、世界に君臨して世界そのものな存在なわけですし。

【“感想:少年サンデー 38号”の続きを読む】

テーマ:雑誌 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2007/08/23(木) 23:45:38|
  2. 雑誌感想(2009年以前分)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

感想:少年ジャンプ 38号

2週間ぶりのジャンプっすね。1ヶ月ぶりくらいに感じる。
って以前の合併号でも同じ事を書いた気がするなー。


・ナルト
自来也・綱手・大蛇丸で木ノ葉の三忍と?
イタチとサスケが出会って、サスケが殺気だって……。

うーん、こりゃ既刊を読まないとだめな気がしてきた。
さっぱり背景がわからないっす。
前にたまたまテレビをつけたら、アニメ版のナルトがやっててその回がイタチとサスケの確執を描いた回っした。
なんで、おぼろげには事情はわかるんすが、こんなんでこの先このマンガを楽しめるのか自信がなくなってきた。

・ブリーチ
ものすごーく瞬殺されそうなキャラだな>ノイトラ
実際はグリムジョーより強いはずだし、当然一護よりもずっと強いはずなんだけど、なんだこの雑魚臭はっ。

・リボーン
修業が続いてます。
ヒバリの殺意はきっと本物なんでしょうが、ヒバリかツナのファンでもないと、あぁ修業してるなぁって感想しか……。

これで本当にツナが死んで、今度は今のツナよりさらに10年前のツナが現れて……とかだとすごいけどすごくないか。
『ドラえもん』の、獅子舞仮面が倒されて、弟が後を継ぎ、さらに彼も倒されてその遺志を継ぐ者が、って回を思い出したのは秘密だ。

閑話休題。
リボーンが本当の姿とか言ってます。
実は赤ん坊の姿をしているだけで、もう何十年も生きてるのか?
でも、ラルミルチは10年かけて今の姿になったみたいだし。
つーか、10年前赤ん坊でいまあの姿って、何歳なんだろう>ラルミルチ
せいぜい10代前半ってことになるけど、そうは見えない。
10年前の世界で、赤ん坊ラルミルチがどこで登場したのか思い出せないんで、もしかしたらあの時点で赤ん坊じゃなかったのかもしれませんが。
呪われた赤ん坊は謎だらけだ。

それにしても、本当の姿を晒す相手はツナじゃなくて、山本なんだ。
ちょっとさみしいな。いあ、晒すことの本質は秘密の暴露とその共有じゃなくて、修業の成果を上げることなんだろうから、これでいいんでしょうが。

でもって、最後クロームの足が。
次回やっと登場っすか。個人的には10年後のクロームが見たかったなぁ。

【“感想:少年ジャンプ 38号”の続きを読む】

テーマ:週刊少年ジャンプ感想 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2007/08/21(火) 23:30:50|
  2. 雑誌感想(2009年以前分)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雑記:ヨドバシに遠征したり、地平線に集ったり

ジャンプとサンデーが出ないとどうにも書くことがないっす。
などと言ってしまうのもなんだかなので、今日の出来事なんぞ。
ちなみに寝るまでが今日だ! って偉い人が言ってました。

今日は『Sound Horizon LiveTour2007 第二次領土拡大遠征』に行ってきました。
とりあえず、すごくよかったとだけ。後日、感想を書くかも。

ライブの前に梅田のヨドバシカメラにも行ってきました。梅田なんてもう5年ぶりくらいかも。
いつもは天王寺、もしくは日本橋止まりです。この2箇所でたいていの用は済んでしまう。
今回は以前の日本橋遠征で見つからなかった液晶モニタ、ナナオのL997を見に梅田まで足を伸ばしてみました。

で、ありましたよ! L997!
なかなか綺麗でした。つーても、並んでる他の液晶モニタもだいたい綺麗で、しかもL997以外は5万円以下とかそんな価格帯で正直、値段分の差はわかんなかったっす。
使い続けてわかる差、なんですかねぇ。
もちろん、L997以上の値段を誇るモニタもいくつかありました。が、やっぱり綺麗さの違いはわかんなかったっす。
それらは画面がでかい上にワイドだったり、最新だったりでなんとなく高そうではありましたがー。

NECのLCD2190UXiやLCD2490WUXiも見たかったけど、これらはなかったっす。
うーん、見比べたかったのに。
梅田ヨドバシクラスの大型電気店でも、液晶モニタが一堂会することはないんすね。難儀だなー。

改めて24インチワイドの液晶モニタを見ると、あれですね。でかいっすね。
目が悪くてモニタまでの距離が近い自分としては、24インチワイドはでかすぎるかもしれません。
日本橋に行って見てきたときは、22インチワイドがちょうどよさげだと思いました。しかし、あんまり聞かないっすね。22インチワイドって……。

というわけで、いまだ悩み中な日々でございます。
今使っているCRTモニタがいよいよ怪しくなってきたんで、とりあえず予備のCRTモニタと交換するかなぁ。

あと、足の痛みはだいぶ収まりました。ほぼ、治ったと言ってもよい状態です。
金曜の仕事中は太股の内側がつりそうになって、こりゃ仕事終わりにまた病院か、と思ったものです。結局、仕事が終わる頃には痛みもかなりマシになっていて、病院には行かなかったんすが。
ぶっちゃけ、行ってもまた「特に異常は見あたらない」と言われそうで行かなかったのでした。見た目、腫れてるとかなかったですしね。

原因不明の痛みは原因不明のまま去っていくようです。めでたしめでたし。
……たぶんね。


テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

  1. 2007/08/19(日) 01:09:42|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

感想:月刊ブレイド 9号

ブレイドに姉妹誌ができるようで。
ちょっと買う気だったんすが、キャッチコピーが、
『貪欲に求める全ての女性たちへ』
うーん。女性向け雑誌なのか。

ラインナップはMASAMUNEとZEBELの統合+ブレイドから『僕と彼女のXXX』って感じ?
というか、『僕と彼女のXXX』、移籍してしまうのか。移籍しても隔月なんだろうか。

別冊だか増刊だかのMASAMUNEとZEBELはほとんど読んでなかったから、このラインナップが女性向けなのかどうか判別つかないっす。

とりあえず、第1号は買ってみるかなー。


・エレメンタルジェレイド
巻頭見開きカラーは水着姿の……シスカ?
あれ、シスカってこんなに胸があ(略)

プロペラ飛行機に飛び移るクーとレン。
すごく怖い考えが浮かぶんすが……。プロペラがプロペラがー。
まあ、ジェット機でもエア吸入口に(略)

・虐殺魔法少女ベリアル☆ストロベリー
なんか面白くなってきたかも。
口は悪いけど、根は正義の味方なんすね>主人公
正義というか人間の味方、あ、猫も助けてるから、正確には悪魔の敵か?

断罪天使ミカエルを見て、主人公が一言、
「ヘンタイだ」

確かにヘンタイっぽい。上半身裸で、首と肩に黒いベルトみたいなの。
そのベルトはもしかして、背中の翼のベルトなのか?
リオのカーニバル状態なのか?

話は面白くなってきた反面、絵の雑さが気になるっす。へたというよりは雑という感じ。

・タビと道連れ
ひたすら、ポエマーだな>タビ

「だから わたしは毎日忘れられて 毎日哀しい」
おわー。心に痛いセリフだなぁ。
毎日がループするこの世界ならではだ。

航ちゃんに手形を与えて、ループから抜け出させる。ってのはやっぱ、だめなんでしょうね。
覚えていてもらえなかった事実は変わらないから。

クロネ少年が今までと打ってかわって至極まっとうなキャラになってて驚いた。
あと変わったといえば、巻末目次の作者コメント、
『航ちゃんの造形変えました。ごめんなさい』
あ、ありなのか、それ。
まだ前話に出ただけだし、単行本では修正されるんだろうけど、これにもびっくりしたっす。

【“感想:月刊ブレイド 9号”の続きを読む】

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2007/08/15(水) 21:38:12|
  2. 雑誌感想(2009年以前分)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雑記:体調トーク

金曜日の仕事帰りに病院へ行って来ました。診療科は形成外科。
木曜日に行こうとした病院では形成外科がなくて、整形外科がありました。
診療範囲は同じっぽいんすが、どう違うんすかね?

それはさておき。
足の痛みはだいぶマシになってて、ぶっちゃけ治りかけてました。
でも、いい加減痛みが長引いてるし、不安に負けて行ってきました。

結果は……特に異常なし。
レントゲンを正面からと横から撮って、骨には異常がないと。
痛み止めとビタミン剤をもらって、様子を見ようということになりました。あぁ、お約束。

レントゲンを撮るとき、ズボンを下げて、まー、パンツ丸出しで撮られるわけですがー、あれってどうなんでしょー?
自分は男だから別に問題ないし、病院によってはタオルをかけてくれたりしますが、女性はタオルじゃ問題解決になってないっすよね?
あらかじめ、パジャマのズボンでも貸してくれるんでしょーか。

レントゲンを横から撮るとき、ズボンを足首まで下げて、撮られる方の足はまっすぐ逆足を曲げて自ら手で抱え持たされたっす。
鏡なんかないから自分の姿は見えないけど、よく考えるとこれって間抜けなポーズだなと笑いそうになった。

で、明けて土曜日。また痛みがぶり返してきた。痛みの中心点がヒザに移ってきた模様。
ヒザの時代がやってきたぜっ。

ヒザ痛を堪えつつ、仕事に行くと午後には痛みが引いてきたっす。
どうも、足を使うと痛くなり、休ませると痛みが引くような……?
普通に座ってる分には痛みはまったくなく、足やヒザが痛むなんて忘れてます。
立ち上がるときにイヤでも思い出すわけですががが。

そんな不健康な今日この頃です。

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

  1. 2007/08/12(日) 21:57:02|
  2. 雑誌感想(2009年以前分)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

感想:少年サンデー 36・37合併号

引き続き、足の付け根が痛いっす。
仕事帰りに近所の病院へ行こうと思ったら、夕診をやってなかった。
なので、そのまま帰宅。

足の痛みはだいぶマシになったものの、痛み自体はずっと続いています。

さて、今日の行動がどう出るか。
数ヶ月後あのとき行っていればとなるのか、それとも数日後には痛みは治り、行かなくてよかったとなるのか。

楽しみ……でもないな。


・付録
『ハヤテのごとく!』のゲームカードを3種類のうちから1枚封入。

トレーディングカードゲーム化の是非はともかくとして、イラストがマンガ版でもなくアニメ版でもない、ぶっちぎりのオリジナルテイストなのはどーなのか。
というか、正直悪い意味で同人っぽい絵柄なのはどーなのか。
絵がヘタって言いたいわけではなく、これが電撃萌え王ならこの絵柄がしっくりくるんすが、『ハヤテのごとく!』は少年サンデーですぜ。
この似てなさはどーなのか。

・マリンハンター
新連載。短気集中連載を経て、正式連載スタート。

あら、いきなり3人揃ってる。
てっきり最初からやり直すのかと思ってた。
短気集中連載の続きからなんすね。

シャークの釣り針はあんな丸い形だったっけ? 前はもっと、釣り針然としてた気がする。
気のせい?

今回は世界観の説明と各キャラの顔見せって感じで、正直パッとしない話だった。
旅の目的とか釣り針の仕組み、フィッシュハーフがどうのと作品紹介色が強かったっす。

まぁ、始まったばかりだし、次回からの盛り上がりに期待してまっす。

【“感想:少年サンデー 36・37合併号”の続きを読む】

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2007/08/09(木) 23:43:52|
  2. 雑誌感想(2009年以前分)
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

雑記:痛いのはどこだ

先週末から右足の付け根が痛かったんすが、ようやく快方に向かってきた気がする。
どこかにぶつけたわけでもなく、捻ったわけでもなく、ましてやたまにはスポーツでもとか思ったわけもなく、きっかけ不明の痛みでしたが、これで一安心っす。
たぶん。

今朝起きたとき、なんとなく良くなってる気がしたものの、痛みのせいで歩き方がヘンになり、最初は痛くなかった膝まで痛くなってきてるのは秘密だ!

明日痛みがぶり返すようなら、さすがに医者に行くべきかもしれないと思う今日この頃です。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

  1. 2007/08/08(水) 00:05:45|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

感想:少年ジャンプ 36・37合併号

来週のジャンプは合併号で休みっすね。
学生はとっくに夏休みで、世間一般の会社も来週の月曜日は夏期休暇の最中っぽいすね。

で、まぁ、うちの会社はと言えば、特に夏期休暇の類はないんですが……。
く、くやしくなんかないんだからねっ!

このツンデレ台詞も最近は聞かなくなりましたねぇ……。


・ブリーチ
織姫の腰をがっしと掴んで、肩に担ぐ一護。
織姫の弱点は脇腹ではない、と。
脇腹が弱い人っていますよねー。まぁ、自分のことなんですががが。

久しぶりのギャグシーンで、和んだっす。
その直後にグリムジョー再び。そんでもって、第3の敵による不意打ち。
つーか、『雑魚はどいてろ』というお約束。

しかし、このやられ方はむしろ延命フラグな気もする>グリムジョー
身体をまっぷたつにされたわけじゃないし、あのまま一護が説得したってグリムジョーが聞き入れるわけがないし、とりあえず休んどけと強制退場させたと。

・アイシールド21
小指が一瞬触れた箇所がアザに。
一度でも投げ遅れると死ぬ。

そんな大げさな。
まだ峨王は誰も殺してないっしょ。
いあ、別に失笑してるわけじゃないんすが、突っ込まずにはいられなかった。

キックオフ・リターン・タッチダウン、峨王が直接ボールをもってるわけじゃないんすね。
峨王が先行してランルートをこじ開け、ボールを持った選手が後に続くと。

ボールを持った選手に後ろからタックルすればいいのではー?
それをやらないのは、離れた場所からの追走では追いつけない、追いつける場所にいたら峨王に潰される、とかそういうことなんすかね。

【“感想:少年ジャンプ 36・37合併号”の続きを読む】

テーマ:週刊少年ジャンプ感想 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2007/08/07(火) 23:59:39|
  2. 雑誌感想(2009年以前分)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雑記:2007年度 第1次日本橋遠征

昨日というか金曜日、仕事の帰りに日本橋に行って来ました。
目的は買い物と液晶モニタの物色。

現在使っているCRTモニタ(17インチ)がいよいよ寿命を迎えそうなんです。
今年でもう8年は使ってて、1年くらい前から画面の端がチラついたりするようになりました。
それでも普段は普通に使えてたんすが、ついに画面の半分が変色する事態に。

一応、前から買い換えは検討してたんで欲しいモニタの目星はつけてます。
ナナオのL997か、NECのLCD2490WUXiのどちらかにしようかと思ってます。

んが、どちらも軽く10万円越えの代物、正直踏ん切りがつかないっす。
それというのも、実は予備のCRTモニタがあったりするのですよ。
予備というか、単に親がモニタ付きのPCを買い換えたときにお祓い箱になっただけなんすが。

だから実のところ、今のCRTモニタがダメになっても新しくモニタを買い換える必要はないけど、予備のモニタも17インチだし大きな液晶モニタへの憧れもあり。ううむ。

20インチ以上のモニタでも4万円とかでありますが、わたくし目が疲れやすいのでなるべく目に優しい液晶モニタを、と考えるとどうしても10万円越えクラスになってしまいます。
しかも、高いからイイとも言えないみたいで、なんというか高額商品の買い物は難しいっすねぇ。

で、日本橋で実機を見ようと出かけたのはいいが、L997がない。
LCD2490WUXiはかろうじて、ツクモにありました。
L997は発売してから結構、時間が経ってるし値段も高いので仕方がないのかなー。

とはいえ、実機を見ないとますます踏ん切りがつきませんよっと。

【“雑記:2007年度 第1次日本橋遠征”の続きを読む】

テーマ:日記 - ジャンル:日記

  1. 2007/08/05(日) 01:21:00|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

感想:少年サンデー 35号

歯医者に行ってきました。理由は「歯茎が痛いから」です。
痛いというほどの痛みじゃなくて、むず痒い程度なんすが。

結果、歯茎は見た目異常なし、虫歯らしい虫歯もなし。

下側だけ歯石掃除をして、続きは次回の講釈で。
と中途半端に帰されました。

いっぺんに済ませて欲しかった……。


・表紙
今号の表紙は、白いワンピースのナギが太もも丸出しでねそべって舌を出してるイラスト。
また、職場や学校で気まずくなる絵を描いてきたな!

・付録
妖が光るうちわ。
ホタルがごとく、そこかしこに光の玉が浮かび、昆虫型の妖を閉じ込めた結界が、ぼんやりと幻想的に光っている絵が描いてある。
良守と時音の2ショットで、のどかな夏の一夜って感じなんだけど、この一瞬後には“滅”って、“滅”って……。結界内の昆虫型妖たちが……。

烏森はある意味、妖の墓場だよなと。

・ハヤテのごとく!
冒頭のナギの力説に吹いた。
夏休みも残り1ヶ月を切りましたね、ケケケ。

見開きカラーで、伊澄が両手に花火を持っている。
そういうのは伊澄のキャラじゃないような。
そういうのは、あれだ。桂先生のキャラだよ!
桂先生ならさらに、頭に2本の花火をはちまきでくくりつけ、八つ墓村プレイをやってくれるに違いない。

本編。
ナギ13歳。はじめてのアルバイト、か。

考えてみれば、お金の尊さは13歳にはわからなくて当然か。
いあ、それともこずかいが足りなくて、とかあるからこの年代の方がわかるのか?

まー、とりあえず13歳が、たかだが3千円とか言っちゃだめだっ!
だめな大人になるよ。

【“感想:少年サンデー 35号”の続きを読む】

テーマ:雑誌 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2007/08/02(木) 23:21:51|
  2. 雑誌感想(2009年以前分)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

FC2Ad