流れる川の底の砂

駄文ブログです。ネトゲ/UO、漫画・雑誌の感想、日々の雑感などなど。 日記と呼べるほど更新されない可能性大。

感想:月刊コミックブレイド 7月号

よーーーーーーっやくっ、『月刊コミックブレイド 7月号(5月30日発売号)』の感想をアップ。
間違いなく今までのワースト記録達成っす>アップ日時

今回の感想アップ遅延は理由がはっきりしてまして。

それは、単純にもうコミックブレイド今月号が面白くなくって、感想を書く気にならなかったから、でっす。

……いざこうして書くと他人のせいにしてるよーですね……。
今日、改めて読み直すといつも通りだった気もしますし。

う、うーん。まぁ、娯楽の面白さは受け取り手の精神状態にも左右されるってことで、ひとつよろ。

そして、次号は驚きの明日発売。
ああ、続きがこんなにもすぐ読めるなんてシアワセだなぁ(棒読み)。


・戦国妖狐
たまがやっぱり一番大人だな、と。

「見事皆を護ってみせよ」
かっこよすぎる>たま

そして、迅火の人間嫌いの理由があれなんすかね?>世話役(?)の闇を人に殺された
意外とそのままつーか単純な理由なよーな。
その理由は人間くさい気がするけど、闇も人もそこらへんの心の動きは変わらないのかなー。
いあ、迅火が一番人間くさかったって、オチなのかと。

でも、正真正銘闇であるたまも相当人間くさいか>読みきりでのお話
そうすると、闇も人もあんまり内面は変わらないのかな。

あと、真介は今回も“カッコ悪よかった”っす。
かっこの悪さがかっこいいといいますか。

灼岩は記憶を取り戻して、自分の名前も思い出したはずだけど、次回からどうなるんだろう。
呼び名はあいかわらず灼岩で、その理由が自分はもう人ではないからこのまま闇としての名前で呼んでください、とかだったらもうね……。

【“感想:月刊コミックブレイド 7月号”の続きを読む】
スポンサーサイト

テーマ:感想 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2008/06/29(日) 23:31:53|
  2. 雑誌感想(2009年以前分)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

感想:少年サンデー 30号

職場のクーラーが効きすぎて、いまにも風邪を引きそうっす。
ここんところ毎日、今日こそ風邪引いたって思いながら帰ってます。ボスケテー。


・表紙
今週の表紙は新連載の『三ツ星のスペシャリテ』から主人公の中原三星。

……なんだけど、彼を見て『テニスの王子様』を連想したのは私だけじゃないと思う。

ってか、『テニスの王子様』っぽいなーって思ってたら、ネットでも同じことが言われてて噴いたっす。
やっぱ、そう見えるよね……。

・三ツ星のスペシャリテ
新連載。

パッと見やや絵が古いかなー、と思ったんすが、読んでるうちにこれはこれでいい気がしてきました。
別に萌え要素メインなマンガじゃないみたいですしね。

で、話の方も面白かったっす。

「料理人に二度目はナイ」
「料理人が日々数多く作る料理も、お客様にとっては唯一の皿」
ええ言葉やー。
まさに反論なしっすよ。
いいこと言うね>ギャバン
語尾がカタカナ交じりでちょっとセリフが読みづらいけど!

しかし、ポム・スフレってアレっすね。
最初に表面を揚げ固めてから膨らますって、それ破裂したりしないんすかね?
ジャガイモはそんなに柔軟性があるのかなー。
ちょいと本物を食べてみたい。

【“感想:少年サンデー 30号”の続きを読む】

テーマ:週刊少年サンデー感想 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2008/06/27(金) 00:44:20|
  2. 雑誌感想(2009年以前分)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

感想:少年ジャンプ 30号

私自身は幸い目撃してないんすが、親によるとベランダでGを目撃、殺害したとか。
今年に入って屋内で1回、ベランダで2回の目撃情報がっ。

どうしよう。今年の夏を越えられる自信がなくなってきたぜ。


・表紙
今週の表紙は『ダブルアーツ』
草原と青空をバックに、キリとエルレインが手を繋いでジャンプしてる絵。

カラーはわりと普通っすね>作者
普通のアナログ塗りって感じっす。
いあ、マンガ本編の方も普通っちゃ普通なんすがががが。

作者さん、『ダブルアーツ』が連載作品としては初めての若い方らしいんで、勝手にこうデジタルでバリバリカラーを描くのかなー、とか思ってました。すんません。

それはさておき、エルーのあのローブ(?)の下って黒タイツだったんだなーと。
べ、別に黒タイツが特別好きってわけじゃないんだからねっ。

個人的にはスパッ(略)

【“感想:少年ジャンプ 30号”の続きを読む】

テーマ:週刊少年ジャンプ感想 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2008/06/25(水) 00:20:31|
  2. 雑誌感想(2009年以前分)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雑記:2つ目のハードルをクリアー

現在、仲間内でゲームを製作中っす。
っても、まだ各々ゲーム作りをざっと一通り勉強しようってことで、各自で習作ゲームを作ってる段階です。
その習作ゲームの第2回締め切りが6月22日(日)の24時00分でした。

というわけで、締め切りを無事クリアー。
実に締め切りまで1時間30分も残しての習作ゲーム提出でしたっ!

……うん。まぁ、締め切りってのはその時間“まで”に提出しろってことであって、その時間“に”提出しろってことじゃないよね……。

でも、締め切りが迫れば迫るほど細かいアラが目に付いたりするわけですよ。
それらをちまちま修正してたら、あっという間に時間がががが。

で、結局、修正しきれずに「締め切りが迫ってるし」「習作であって本番じゃないし」「あとから修正したっていいんだし」、「もうこれでいいや」と提出提出提出。

ある程度の踏ん切りは必要だとは思うんすけどね。いろいろいいわけ並べて雑に仕上げるのはやっぱダメかなーと反省中。

作った習作はいわゆるビジュアル・ノベル……からイラストを引いたような作品っす。
いあ、立ち絵とか描けないので。

悩んだのが文章の表示量。
1行ごとにクリック待ちとかうざったすぎる。
自分で書いた文章&テストプレイというシチュなのも相まって、カチカチカチカチ、クリック連打っすよ。

かといって、1クリックで画面最終行まで一気に表示ってのもなんだかみたいな。
クリックしなければ画面が文章で埋まるまで1文字ごとに自動表示されていくんすが、読むスピードと表示されるスピードが違うから、読んでる視界の中でだらーっと文章がどんどん表示されていくのもなんか落ち着かない。

なんにしろ、これはサンプリング不足っすねぇ。研究不足というか。
普段ビジュアル・ノベルやらないんで、そこらへんのデフォルト仕様がわかんないっすよ。
参考にしようと思ってインストールした同人ゲームもまだやってないですし。
もしやってたら絶対締め切りに間に合わなかったんすよ……。

というわけで、今週は新たな締め切りもないし、ちと同人ゲームなり商業ゲームなりやってデフォルト仕様を学ぼうと思ってます。

その学び週間、第1日目を『ニコニコ動画』にたっぷり費やしたのは抜群に秘密ですよっと。

テーマ:ゲーム製作 関連 - ジャンル:ゲーム

  1. 2008/06/24(火) 00:39:04|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

感想:少年サンデー 29号

『吉里吉里』で作ってるゲームの仲間内締め切りが迫ってます。
一応、シナリオが完成してあとは『タグ打ち』
……と『BGM選び』『効果音選び』『CG作成』

今度の日曜日までにできるのか、それ?

と思いつつ、『できるできないじゃない。やるんだ』というどこかで誰かに聞いた言葉を胸に頑張ってます。

でも、また締め切り優先のやっつけ仕上げになりそー。
サイトで公開できる日は遠い……。


・巻頭折り込みページ(?)
表紙をめくったところにいつもついてる、べろーんと広げる3ツ折りのページのことね。

閑話休題。
『ハヤテカード 第5弾』ってことで、一部カードをイラスト付きで紹介。

『後藤圭二』の西沢さんが別人すぎて笑った。
あと、中央下の『pako』の西沢さんに至っては微塵も面影残ってねーっ。

この扱いがある意味西沢さんらしくて、笑わせてもらいました。
つーか、そんなに記号がないってことはないだろー>西沢さん

・トラウマイスタ
新連載記念で表紙+巻頭カラー。

面白かったです。
スジャータのキャラに大受けっすよ。真面目な顔して下ネタって。
間やタイミングも絶妙。

それでいて、終盤の『トラウマは逃げるためにあるのじゃなく、乗り越えるためにある』からの流れに、ぐっと来たり。

絵も上手いと思うし、時折入るデフォルメ描写が個人的につぼでした。

ただ、『鼻○ソバーガー』には素で引いた。そういうネタは不快だ。

【“感想:少年サンデー 29号”の続きを読む】
  1. 2008/06/19(木) 23:17:38|
  2. 雑誌感想(2009年以前分)
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

感想:少年ジャンプ 29号

昨日の12時ごろ、外でカラスが騒いでました。
えらい鳴き声を上げて、しかも飛び回ってるみたいなんです。

ええ、12時ごろの話です。

夜の。

カ、カラスって鳥目じゃないんすか?


・ワンピース
今週は連載500回突破記念で『ワンピース』が表紙+巻頭カラー。

巻頭見開きカラーでは例によって、ルフィ以下仲間が全員集合。
パッと見てチョッパーだけ見つからなくてどこにいるのかなーって思ったら、左端にいました。
チョッパーだけ手前配置なのね。
それにしても、この見開きカラーにブルックがいて嬉しい。『スリラーバーク編』でのカラーでは出番がなかったけど、いまはすっかり馴染んでるなぁ。

閑話休題。
以下本編の感想。

強ぇぇぇぇぇぇぇっ!>レイリー
一睨みで範囲+標的選択攻撃ってあんた。
強すぎてインフレうんぬんがどうでもよくなってきたっす。上には上がいる、っていうのもいいものかもしれない。レイリーはじいさんで、ルフィたちはまだ若いですしね。
さすが、二つの伝説のうちの一つってところっすか>レイリー

「オークションは終わりだ 金も盗んだし」
ギャンブルに負けて身売り→ギャンブルで負けた金は汚れた金では払わない! とかいうポリシーなのかと思ったら、盗みにきただけかっ。

それでいて、巨人やハチ、ルフィに対しては礼儀正しいっていうかフレンドリーっていうか、見た目含めてかっこいいじいさんだなぁ。

「あいつらの狙いの人魚を殺すのアマス!!」
他の二人に比べると、機転が利くな>シャルリア
喋り方はアレっすが。

でもって、
「…まー ルフィだから仕方ないわ!!」
この一言に、ナミたちの想いやらなんやらが全て集約されてるなーと。
ああ、信じあう仲間たちっていいなって思ったっす。

【“感想:少年ジャンプ 29号”の続きを読む】

テーマ:週刊少年ジャンプ感想 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2008/06/18(水) 00:24:06|
  2. 雑誌感想(2009年以前分)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

感想:少年サンデー 28号

以前買ったまま放置してた同人ゲーム『Omegaの視界』をついにインストール。
ゲーム自作の参考にしようかな、と。
ちょうどこのゲームも『吉里吉里』を使ってて、大いに参考になりそうっす。
不純な動機でプレイしてすみません。


・表紙
今週の表紙はタレントの『新垣結衣』
巻頭グラビアもあり。

こういうの見てると、サンデーのメイン読者は中学生(もしかしたら高校生も)くらいなのかなーと思えるっす。

ただ、毎回思うんだけど、サンデーのカメラマンってあんま上手くないよーな……。
そりゃ、サンデー専属じゃないだろうし、毎回同じカメラマンでもないんだろうけど、それでも毎回かわいくない写真ばっかなのはなんでなんだろう。なかにはいっそキモ(略)

被写体はわりと有名人ばっかなのに。

・絶対可憐チルドレン
皆本が子供になろうと、チルドレンたちに遊ばれる構図に変化なしと。
苦労人だな>皆本

「そして皆本ハーマイオニと名乗るんや!!」
『ハヤテのごとく!』にネタ笑った。
ネタが被って以来(?)、絶チルの作者とハヤテの作者は仲がいいなー。
こういう、同じ雑誌内でネタにしたりされたりは楽しいっすね。

そして、終盤、急きょ学校に通うこととなった皆本。
皆本はあまりの天才ぶりに登校拒否されたんでしたっけ、学校側に。

うーん、あれ? その話、アニメでは見た覚えがあるんすが、マンガではどうだったか思い出せないっす。
マンガでも登校拒否まであったかなーと。子供のころ浮いた存在だったとは言っていた気がします。

【“感想:少年サンデー 28号”の続きを読む】

テーマ:週刊少年サンデー感想 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2008/06/12(木) 22:51:54|
  2. 雑誌感想(2009年以前分)
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

感想:少年ジャンプ 28号

梅雨宣言した途端、降らなくなる不思議。


・ブリーチ
今週は『ブリーチ』が表紙+巻頭カラー。

料理が肉ばっかで笑った>巻頭カラー

そして、恋次が持ってるのはジュースっすか。
そういや、一護たちはまだ未成年でしたっけ。

あれ? でも恋次とルキアは死神。見かけと年齢が大きく違っていても不思議はないわけで。
……酒豪設定のルキアとか、意外とありえそうっすねー。恋次は下戸っぽい。

で、実は織姫が底なしと。
そんなイメージっす、自分の中では。

閑話休題。
なるほど、これで平子たちは仮面持ちとなったと。あとは虚の自分と戦えばOKでしたっけ。
だいぶ話がつながってきたなー。

愛染の完全催眠は敵にかけるのか、偽装したいものにかけるのか、どっちなんでしょうねー。
平子にかける場合、平子が副隊長として接している人物がまったくの別人なら、周囲がおかしいと思うよーな。
偽装したいものにかけるなら、完全催眠は周囲の人物すべてに及んで平子だけが騙されていたわけじゃなくなる。そうすると、今回愛染が平子にどうこう言ってるのは変な気がしてくる。

うーん。偽装したいものにかけるタイプで、その偽装に気づくチャンスが一番多い立場にあったのが平子ってことなのかなー。もし愛染が他の隊の副隊長になっていたら、偽装は見破られていたと。

謎だ。

【“感想:少年ジャンプ 28号”の続きを読む】

テーマ:週刊少年ジャンプ感想 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2008/06/10(火) 23:59:00|
  2. 雑誌感想(2009年以前分)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雑記:一つ目のハードルをクリア

自作ゲームの締め切り、無事クリアーしました!

全編5分くらいで終わる、まさに練習用作品=習作っすが、久しぶりに1本きちんと作品を作りあげたなーと。

って、きちんとでもなかったっす。
効果音はしっくりこなくて暫定だし、自分で描いたCGはラフに色をつけた適当絵っした。
どっちもとりあえず意図がわかればいいかーと、締め切りが迫ってることにかこつけて手を抜きました。

あれっすねー。
作ってるゲームが『吉里吉里』を使ってのノベルゲームなんすが、効果音くらいは自分で作れるようにならなきゃダメかなーと思った。

ネットを駆けめぐれば効果音を提供してくれているサイトはたくさんあって、実際いくつかはこれだっ! って感じでありがたく使わせてもらったんすが、やはり全部が全部そうはいかず、またそもそも求めてる音がなかったりとか。

録音機能のある携帯音楽プレイヤーとマイクがあれば、出来のよしあしはさておいて、効果音を自作できそうな気がするんすが、さて現実はそんなに甘くないのかなぁ。

つーか、この前買ったウォークマンに録音機能はありませんでした……。
その前に使ってたのにはついてるけど、それが壊れたから買い替えたわけで……。
現実は厳しいね。

で、現在は習作第2弾を制作中っす。
締め切りは6月22日。
とりあえず、もういっちょ頑張ってみます。

普通この流れなら習作をアップするとこっすが、やっつけなんでやめときまっす。

なんという日記記事っ!
まさに、

きょうは しゅうさくを かんせいさせました まる

みたいな。

まぁ、ほんとに日記ブログなんで勘弁して下さい。

そのうちアップするに値すると、少なくとも自分で思える仕上げができればアップしたいと思いまっす。
私でさえ存在を忘れがちな本家サイトの方にでも……ね。

テーマ:ゲーム製作 関連 - ジャンル:ゲーム

  1. 2008/06/09(月) 22:43:32|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

感想:少年サンデー 27号

というわけで、少年サンデーの感想をアップ。
例によって例のごとく、寝るまでが今日ですよっと。


・表紙
今週は『ハヤテのごとく!』が表紙。

これがアニメ塗りってやつかっ。
今回の表紙絵はちょっと繊細すぎるというか、全体的に線が細すぎていまいちだと思ったっす。

あとナギのスカートとか見てると、やっぱこの作者は服のしわを描くのが好きなんだろうなーとか思ってしまったっす。

・ハヤテのごとく!
あああ、ギャグは? ラブコメは?

ハヤテの過去にそんなもの、求めるほうが間違ってるのか。

とはいえ、ここまでガチでハヤテのろくでもない過去を描くとは思ってなかったっす。連載も長く続いてるし人気もあるし、たまには設定されたマンガのジャンルを超えて作者の描きたい話を……ってことなのかなー。
それとも、描きたいっていうより、描いておかないといけない話だったりするのかなぁ。

で、ついに出ました縦ロールお嬢様のお名前。
その名もっ!
『天王州アテネ』

……誰?

金持ちそうな名前ではあるっすが。現代のキャラと絡んでいるわけじゃないのかな。

彼女と出会って幼いハヤテは立ち直るみたいだけど、結局また破綻することが証明されてるわけで>ナギを誘拐しようとしたあの日

過酷な人生送ってるなぁ……ハヤテ……。

【“感想:少年サンデー 27号”の続きを読む】

テーマ:週刊少年サンデー感想 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2008/06/07(土) 00:37:10|
  2. 雑誌感想(2009年以前分)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雑記:去る者追わずに酔っ払う者

今日は会社の送別会でした。

つーわけで酔っ払っております。

『少年サンデー』の感想はまた明日にでもアップいたします。
自作ゲームの締め切りが週末に迫ってるので、ショートバージョンになってしまうかもっすが、悪しからずご了承ください。


  1. 2008/06/05(木) 23:34:16|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

感想:少年ジャンプ 27号

関西も梅雨に突入。

毎年、春を過ぎて暑い日が続くといよいよ夏かー、って梅雨のことを忘れてる私です。
いあ、もうほんとに毎年その存在を忘れてる気がする。


・どがしかでん!
新連載。バスケットボールが題材のスポーツマンガ。

主人公のヘタレっぷりとヒロインの暴走っぷりが面白かったっす。

ただ、第一印象は『アイシールド21』と『タカヤ』を足して2で割ったよーな、という感じ。

別につまんなくはないんすが、さっそく表紙にライバルっぽいキャラがいたりと、ベタな展開が繰り広げられそうでちょっと怖い。
少年向け雑誌なんだし王道を否定しちゃいけないんだろうけど、ここ最近のジャンプの新連載スポーツマンガはベタすぎてポシャってる気がするので。

あ、でも、このマンガはスポーツ+恋愛、つーかヒロインの濃さの2本立てが売りっぽいんで、ただのスポーツマンガにはならないのかな。

・ワンピース
めさめさ面白くなってきた。

ケイミーの奪回だけでも十分面白いってのに、その上レイリーの存在やらエースの公開処刑が確定とか。すげーわくわくしてきたっす。

トビウオ・ライダーズはあれっすね。
ルフィたちは触れないけど、人さらいで今ルフィたちが敵視している人身売買する側の人間なんすよね。
今までトビウオ・ライダーズにさらわれ売られて奴隷になったヤツも大勢いそうだし、そこら辺のことはもうずっと触れないつもりなのかなー。

チョッパーやフランキーが1番グローブまで送ってもらって、「ありがとう」なんて言ってるの見るとちょっと複雑な気分っす。

なにかしらの贖罪・反省イベントを期待したいなー>トビウオ・ライダーズ
じゃないとあの能天気さがときどき、イラッとくる。

【“感想:少年ジャンプ 27号”の続きを読む】

テーマ:週刊少年ジャンプ感想 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2008/06/03(火) 22:51:06|
  2. 雑誌感想(2009年以前分)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雑記;光と闇と怠惰がその塔を育てていく

というわけで、ふと気づいたら5月終了、6月開始とか。

はやー。
時の流れはやー。

私の体内カレンダーはまだ5月20日くらいなんすが、このズレをどう直せばいいんだ。

読みたい連載だけつまみ食いして、あとはそのまま積んでる月刊誌が増えてきました。
『世界樹の迷宮2』はプレイ日記を書こうと思いつつ、まずプレイの方が滞ってるし、7月には『ペルソナ4』が発売っすよ。つーか発売日の7月10日って来月やないっすか。
アマゾンやブックオフで買った単行本や小説、リプレイ本も地味に溜まってるし、積み本の塔がまた高く成長してきましたよ。

不思議ですねー。
時間はあるはずなのに、まったく有効に使えてない。
結局だらだらしすぎなんだよなー、と思ってたら友達がこう言った。

ゲームでも作らないか。

というわけで、現在ノベルゲーやアドベンチャーゲームを手軽に作れるという『吉里吉里』で鋭意製作中っす。
超簡単・簡潔な『習作』ノベルゲームを。

ま、ま、ま、最初からでかいことやろうとしても挫ける確率が高いし、こつこつと小さな一歩から、ね。

その小さな一歩でさえ、ひーこら言ってるよーな状態ですががが。

そんなわけでやっぱり、積み本は消化されずに上へ上へと成長していく日々でございます。

まぁ、だらだらしてるよりはマシだと信じたいです。

テーマ:どうでもいいこと。 - ジャンル:日記

  1. 2008/06/02(月) 21:50:06|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad