流れる川の底の砂

駄文ブログです。ネトゲ/UO、漫画・雑誌の感想、日々の雑感などなど。 日記と呼べるほど更新されない可能性大。

UO:廃○回収キャンペーン

今日は超絶久しぶりにUOをやりました。
ええ、『ペルソナ4』をお休みして。

実は『ペルソナ4』のプレイ日記が下書き状態で2本ほど溜まってまして。
これを書き上げないうちに続きをプレイしてしまうと、おそらく次のプレイ日記の冒頭は……


いろいろありました。いろいろ。
さて、改めて現在の日付は……


って、ことになってる様がありありと目に浮かぶ。

そういう理由ともう一つ。UOの『クリーンナップブリタニア2008』が8月までらしいんで、終了する前にやっておこうかと。

もうね、某パラリシャン見て驚いたっすよ。
『クリーンナップブリタニア2008』の、その内容に。
AFとか地図とか、既存のアイテムをポイントに変換して、新たなアイテムをゲットしよう!
って、あんた。

最大面積の家を持ちながら、セキュアがいっぱいいっぱいの私のためにあるようなキャンペーンではないですかっ!

というわけで、久しぶりに厩舎から荷ゴ……じゃない荷カブトムシを呼び出して、せっせっとアイテムを運び続けてきましたよ。

セキュアから出せども出せども一向に減らない地図の山とか、これから先絶対に使うことはないであろう馬鹿モールや天国斧なんかのAF、貰っても仕方ないとわかってるのについつい全キャラ分貰ってしまう記念アイテム、そんなアイテムたちを荷カブトムシに積み込んでは受け付けNPCに投げつけてきました。

しかし、こういうキャンペーンでのUOの仕様ってどうして、いつもああなんでしょうね。

アイテムを1個1個ドロップして、その度ポイント・チケットをカバンにねじ込まれ、次はそのチケットを1枚1枚、ターゲットして引き渡さなければいけないって……。

私はキャンペーンがすっかり落ち着いたであろう今頃やってるからまだいいけど、これ、導入直後とかどんな状態だったんだろう。
プレイヤーたちの怨嗟の声が聞こえるようなんすがががが。

アイテムはまとめてドロップ、ポイントはアカウントごとに自動集計。
それでいいやないっすか。

まー、ちまちまアイテムをドロップするのも楽しかったですけどね。

おかげでだいぶ家のセキュアがすっきりした気がします。
アイテムのドロップとポイント・チケットの引渡しに思ったよりすげー時間がかかって、1本も『ペルソナ4』のプレイ日記を仕上げられなかったのは秘密です。

スポンサーサイト
  1. 2008/07/31(木) 00:57:52|
  2. UO
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

感想:少年ジャンプ 35号

今日も『ペルソナ4』はお休み。
そして、今日もうたた寝+ネット巡回。

『ペルソナ4』を我慢してる意味がなさすぎる。

でも、眠いんすよ。
もっと早く寝ればいいんだろうけど、ついつい午前1時過ぎ~1時30分くらいまで起きててしまう。

ここ何ヶ月か寝つきが悪いんで、そこから実際に眠るのは1時間以上後になるわけで。

だから、夕飯後眠くなるわけで。
そして、うたた寝するからますます寝つきが悪くなる。

悪循環だなぁ。


・ナルト
八尾の人柱力がラップを歌ってるんだと、最後になってやっとわかった。

「ばかやろうこのやろう」
この口調を最初見たとき、どんなキャラ付けだよって思ったっすよ。
ラップで韻を意識していたと。

うん。で、まぁ、それどんなキャラ付け?>ラップ

ラップ忍者か。
本当になんでもありだな、このマンガの世界観。

一方、ナルトの方は自来也でさえ完璧にはこなせなかった仙道に挑戦中と。
習得できたらできたで、ちょっとできすぎって気もしないでもない。

しかし、よく考えるとナルトって主人公のわりに結構しょぼくないすか?>戦闘力
ここいらで大幅パワーアップしてもらうのも悪くはないか?

亡き師匠を越えるって名目もあることだし。

【“感想:少年ジャンプ 35号”の続きを読む】

テーマ:週刊少年ジャンプ感想 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2008/07/30(水) 00:06:39|
  2. 雑誌感想(2009年以前分)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

感想:月刊コミックブレイド 8月号

今日は『ペルソナ4』をしませんでした。

その代わり、メシを食った後うたた寝して、2日ほどチェックしてなかったニコ動+サイト巡りをしました。

だ、だめすぎる>自分

結局、『コミックブレイド』の感想を描き始めたのは21時を過ぎてからだったよ……。


・邪眼探偵ネクロさんの事件簿
新連載。
日日日(原作)と木下さくら(作画)のタッグ作品っす。

いいすね。木下さくらに原作をつけたのはナイスだと思う。
だってこの人、絵は上手いけど話は意味不明でしかも未完ば(略)

で、まあ。絵と話の雰囲気も合っていて、面白かったっす。
ただ、主人公の妄想というか発想がいまいちエロコメってより、ただのエロって感じがして微妙かも。

・ももたま
真相はさっぱりわからんが、単純に理事長が悪いってわけでもないようで。

ラスト、霧島と理事長の、
「アンタの境遇を知ってしまったら 少し位 助けてやりたいと思うのが人間だ」
「…馬鹿だな 人間てのは
 …俺なんかの為に」
って会話がかっこよすぎる。
あの理事長が『俺なんか』っすよ。
何があったんだ、何が起きてるんだ。

次回も楽しみっす。

【“感想:月刊コミックブレイド 8月号”の続きを読む】

テーマ:マンガ - ジャンル:本・雑誌

  1. 2008/07/29(火) 00:57:19|
  2. 雑誌感想(2009年以前分)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雑記:0時のライン

今日は仕事でした。
帰ってから『月刊コミックブレイド 8月号』の感想を書くつもり……だったんすが、どうしよう。ちょっとだけと始めた『ペルソナ4』がえらい盛り上がりを迎えてしまった。
気がついたら午前1時っすよ。

しかも、まだ盛り上がりは続いてます。

でも、ブレイドの次号発売まであと3日だし、そろそろ感想をアップしておきたい。
さすがに次号が発売してからってのはアレですし。

いあ、先月号は発売日前日にアップした気がしますがががが。

それでも、たった1日されど1日。発売前と発売中、今号の感想と先月号の感想、そこには踏み越えちゃいけないラインがある気がしまして。

一方で『ペルソナ4』の続きも気になるし……。

うーん。どうしようかなぁ。

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

  1. 2008/07/28(月) 01:15:33|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

感想:少年サンデー 34号

お、なんだろう。『トラウマイスタ』が載ってないことを寂しく感じてる自分がいる。
スジャータさんのあのノリに、こんなにもハマっていたとは自分でもびっくりっす。


・金剛番長
切断されたケーブルが出た時点で、『ガルフォース』が脳裏をよぎ(略)

それはそうと、カブキ番長は今日一日トイレから出られないんじゃなかったっけ?
大丈夫なのか?
無事、富士の樹海を抜けられるのか?

『さらば金剛番長…!!
 さらば爆熱番長…!!』
星空に浮かぶ二人の姿。
次の展開が見え見えなだけに、身悶えするような恥ずかしさがあるなー。

でも、そのこっ恥ずかしさもこのマンガの面白さの一つなのかも。

・結界師
おおう、良守、なんであんな大事なことを誰にも言わない?>緋田郷でのこと

って、誰にも言ってませんでしたっけ?
いったんは手中に収めたあの天穴のデザインを誰かに教えてたよーな気がしたんすが、気のせいか……?

つーか、これこそ『もっと誰かを頼れ』って言われそうっすね>良守

それはさておき、氷浦蒼士。
夜城に続く被洗脳者第2弾っすか、やっぱ。

でも、朝に弱いのは変えられなかったと。ちょっと和んだ。

【“感想:少年サンデー 34号”の続きを読む】

テーマ:週刊少年サンデー感想 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2008/07/24(木) 22:55:08|
  2. 雑誌感想(2009年以前分)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雑記:ペルソナ4 プレイ日記 もう後戻りはできない

ゲーム内の日付が9月11日になりました>『ペルソナ4』

前回、戦闘がぬるいと書きましたが、ちょっと事情が変わってきたっす。
戦闘のルールはもちろん変わったりはしていませんが、敵の挙動に殺意を感じるようになった!
本気で殺しにかかってきてるよっ!

なんかね、主人公を狙い撃ちにしてくるんです。
3体でたら3体ともが主人公に『○○ダイン』を撃ってくるんです。たまたま、その属性を反射するペルソナをつけてたから助かったけど、つけてなかったら逝ってました。

1回目の遭遇のときは、偶然攻撃対象が重なっただけかなって思ったんです。
でも、2回目も3回目も奴らは主人公を集中攻撃してくる。
もう怖くてそのダンジョンを攻略する間、反射持ちのそのペルソナでずっと固定っすよ。

あとね、これは前のダンジョンでもそうだったのかも知れないけど、ボスが的確にこちらの弱点を突いてくるんす。
まるで弱点を突いて、追加行動するまでがこのボスの行動だ! と言わんばかりに毎回弱点を突いてくる。

その時はたまたま、『○○の壁』スキルを持ってたんでなんとかなりました。
やはりペルソナは満タン持っておくに限りますね!
シャッフルの時ペルソナ拾えないけど!

まぁ、殺意を持った敵ってのはいいもんです。
特にボス戦はそういう緊張感があった方がいいっすよね。

ただね。

弱点がないボスばっかりってどういうことよ?

それとも、実はハマ・ムド系が効くとか?
……まさか、ね。
その辺は消費SPがでかいんで、習得してなかったり。持ってても使わないんで。
一応、陽介がボス戦パーティにいるときは『テンタラフー』を試しているんすが、効いたことは一度もありません……。


■以下、ネタバレを含むプレイ日記

【“雑記:ペルソナ4 プレイ日記 もう後戻りはできない”の続きを読む】

テーマ:ペルソナ4 - ジャンル:ゲーム

  1. 2008/07/23(水) 23:52:22|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

感想:少年ジャンプ 34号

土曜日発売でも感想アップは火曜日の不思議。


・表紙
今号は40周年記念号だそうで、表示はそれ関係の文章がいっぱい。
イラストの方はシンプルに、『40周年トロフィー』を運ぶ4人のデフォルメ・キャラたちのみ。
その4人ってのが、一護、ナルト、ルフィ。そして、両さん。
つまりは、彼らがジャンプの顔、人気を支える代表作品ってことか。

……うん、まぁ、両さんは人気の高さより歴史の長さで選ばれたって気がしないでもない。

・ワンピース
やっぱルフィたちって海賊つーより冒険者っすね。そんでもってアウトロー。

レイリーの話は……よくそこで聞くのを我慢できるな>ロビン
大人だ。

そして、大将黄猿。
な、なんか顔が気持ち悪い。こういう顔のおっさん、いるよなーって感じっす。

【“感想:少年ジャンプ 34号”の続きを読む】

テーマ:週刊少年ジャンプ感想 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2008/07/22(火) 22:51:45|
  2. 雑誌感想(2009年以前分)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雑記:ペルソナ4 プレイ日記 これまでのあらすじ(嘘)

というわけで、現在夏休み真っ最中です!
『ペルソナ4』の話だがなっ!

プレイヤーの方はこの3連休でさえ、うち1日は仕事という現実の厳しさを味わってますよー。
いあ、休みなしって人もいるんでしょうけどね。ご愁傷様です。

閑話休題。
今回からゲーム内での日付を表記することにしました。
これまでは『■以下、ネタバレを含むプレイ日記』の方に記していたんすが、こっちに記した方が読み手の進行度に合わせてネタバレかどうか判断できるかなと。

で、現在ゲーム内の日付は8月6日っす。

詳しい内容は『■以下、ネタバレを~』に譲るとして、こっちでは戦闘についての感想なんぞ、ひとつ。


戦闘がですねー。
ぬるくなったなーと思えて仕方ないっす。

ここまで主人公が死んでゲームオーバーになった回数は、実にたったの5回っす。
雑魚戦闘では0回で、某ボスに5回連続で殺されたくらいっす。

別にゲームオーバーになりたいわけでもないし、もっとマゾくしろってわけでもないっす。

ただ、ぬるすぎる戦闘は作業っぽく感じませんか?
単純にやり応えがないと言いますか。

そして、このぬるさは敵の強さがどうこうっていうより、仕様の問題だと思うんすよ。

その仕様ってのが、これ。
『転ばせた敵を攻撃しても立ち上がらない』

前作『ペルソナ3』では転んだ敵を攻撃すると大ダメージを与えられる代わりに、その敵は起き上がりましたよね?

これが『ペルソナ4』だと、弱点を突いて転ばせた敵を攻撃すると、逆に気絶して行動不能にさせられるんす。
代わりに、転んだ敵は自分のターンが来たら起き上がって攻撃するようになりましたけどね。
『3』では、起き上がって終わり、だった気がします。

で、この違いがどういう結果を生むかといいますと。

前作『ペルソナ3』では弱点の違う敵が混在している場合、まず全体攻撃(魔法含む)で弱点を突き、次に単体系の攻撃で立っている敵を転ばせていく、って感じだったと思います。

これが『ペルソナ4』では、とりあえず弱点となる全体攻撃を放ち、行動回数が増えたらさっき放った弱点とは違う方の弱点を狙った全体攻撃を放てばOKです。

要するに弱点だけアナライズで確認すれば、あとは何も考えずに全体攻撃をぶちかませばそれでいい。

せっかく仲間も戦闘コマンドを選べるようになったんだから、『3』の転んでいる敵を攻撃すると立ち上がる、って仕様でよかったと思うなぁ。

■以下、ネタバレを含むプレイ日記

【“雑記:ペルソナ4 プレイ日記 これまでのあらすじ(嘘)”の続きを読む】

テーマ:ペルソナ4 - ジャンル:ゲーム

  1. 2008/07/20(日) 01:20:13|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

感想:少年サンデー 33号

『ペルソナ4』をしてたら、感想を書き始めるのが遅くなってしまった。
いあまー、最近は0時を越えるのが普通になってきてますがががが。


・表紙
今週は『あおい坂高校野球部』が表紙。

でもって、まさしくあおい坂高校野球部ナインが表紙を飾っているわけですが……、野球部員は10人いるわけで。
しかし、表紙にいるのは9人で。

哀れだな>長妻
奇しくも本編では、珍しく長妻が見せ場をもらっているというのがまた。

・あおい坂高校野球部
さて、長妻の活躍はこれでもう終わり?>捨て身の発破かけ

これがきっかけでみんなに認められるんだろうか。
それより、何か言いたげな女子マネージャーの方が気になります。
彼女は試合を通して変わったりするのかなー。

【“感想:少年サンデー 33号”の続きを読む】

テーマ:週刊少年サンデー感想 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2008/07/18(金) 00:34:07|
  2. 雑誌感想(2009年以前分)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

感想:少年ジャンプ 33号

今週のジャンプの裏表紙は『ペルソナ4』の広告っす。

主要キャラのイラストが載ってるんすが、ゲーム中のものとは結構雰囲気が違いますねー。
個人的にはゲーム中のイラストの方が好きかも。

って、これパッケージと同じイラストだった>広告
そういや、パッケージをじっくり見たことなかったなぁ。


・ブリーチ
「心とは何だ。
 その胸を引き裂けばその中に視えるのか?」
どさくさにまぎれてセクハラしようとしてるっ>ウルキオラ
しかし、間一髪、そこへ一護が!

って風に読んでしまったのは私だけだと信じたい。

いあ、織姫の悲しげな語り口とかすげーよかったっすよ?

でも、なぜだろう。織姫にちょっかいを出すウルキオラを見ると、茶化さずにはいられないのは……。

この2人もこのまま長い時間を過ごしていれば、いずれわかりあえそうな気がするんですけどね。
一護が到着した今、時間はもう残されていないんでしょうねぇ>ウルキオラと織姫

もうちょっと織姫とウルキオラ、2人の時間を見ていたかったような気もしまっす。

【“感想:少年ジャンプ 33号”の続きを読む】
  1. 2008/07/16(水) 00:33:57|
  2. 雑誌感想(2009年以前分)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雑記:ペルソナ4 プレイ日記 暴れる王と冷める愚者

まだまだプレイ中っす>『ペルソナ4』
今週末は土日ともに休みなんで、ゲーム漬けになる予定っす。


……という文章を金曜の夜に書いて、土日は本当に『ペルソナ4』漬けになってました。
どれくらいって、下書きしたプレイ日記の仕上げもしないくらいっす。

ふと気づけば、実際のプレイ進行度とプレイ日記でのプレイ進行度に大きな開きがががが。

まぁ、その開きは今度のプレイ日記でさっくり埋めるとして、今回は下書きした分のプレイ日記をアップするとしまっす。


■以下、ネタバレを含むプレイ日記

【“雑記:ペルソナ4 プレイ日記 暴れる王と冷める愚者”の続きを読む】

テーマ:ペルソナ4 - ジャンル:ゲーム

  1. 2008/07/15(火) 00:59:46|
  2. 雑誌感想(2009年以前分)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雑記:ペルソナ4 プレイ日記 この一撃に賭ける

目下プレイ中っす>『ペルソナ4』
いつまで続くかわかんないすが、プレイ日記でも。

続けてやってるうちに『ペルソナ3』との違いが見えてきました。
ダウンした敵を攻撃しても起き上がってこずに『気絶』させられるとか、まぁ、4は4であって3との相違点をうんぬん言っても仕方ないんすが、一つだけ3から4で変わった点で残念なことが。

それはペルソナの召喚アクション。

3ではピストルを模した召喚器で自分を撃ってたアレっす。
あれが4では開いた手をグッと握るとかそんな風になってます>主人公
主人公の召喚アクションは確かにその『拳を握る』なんすが、他のメンバーに至ってはどうやってるのか、今思い出せません。

うーん。自分のこめかみを撃つシーン、かっこよかったのになぁー>3の主人公
キャラごとに同じ『自分を撃つ』アクションでも個性があったし、3以降のペルソナ・シリーズの伝統になってもいいくらいだと思うんすが。


■以下、ネタバレを含むプレイ日記

【“雑記:ペルソナ4 プレイ日記 この一撃に賭ける”の続きを読む】

テーマ:ペルソナ4 - ジャンル:ゲーム

  1. 2008/07/13(日) 01:03:53|
  2. 雑誌感想(2009年以前分)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

感想:少年サンデー 32号

断酒し始めて1週間くらい?
絶不調だったお肌の調子も、だいぶマシになってきた気がしまっす。
まだ夜かゆくてなかなか寝付けなかったりするんすが、それでも峠は越えたかなーと。

呑みたいけど、呑みたいけどー、もう少し我慢してみよう。


・結界師
今週から新章がスタート。
っても話の中心はあいかわらず、神祐地狩りネタっす。

でも、おぼろげながら敵の姿が見えてきて、そろそろ大きく話が動き出しそうっすねー。

「あれが大首山の主だ」
デザインがなんか赤塚不二夫っぽくて、笑った>主
特に歯抜けな口のあたりがっ。おかげで死闘のはずなのに、緊張感が感じられなかったっすよ。

しかし、首のない巨人はよかったっす。ぞくっときた。

が、これ主と合体したら……あの緊張感のない頭がくっつくわけで……しかも、全裸って。
シュールな絵面になりそうだな。

敵のこと。
敵は結界師のようで。
そうかー、良守たち以外にも結界師って普通にいるんすね。
良守たちは間流結界術の使い手でしたっけ?
あの四角い結界は良守たちの先祖が作ったはずだから、敵の結界師はあれとは違う結界を使うのかなー。
ちょっと楽しみです。

【“感想:少年サンデー 32号”の続きを読む】

テーマ:週刊少年サンデー感想 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2008/07/10(木) 23:10:51|
  2. 雑誌感想(2009年以前分)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雑記:ペルソナ4購入、即プレイ

ペルソナ4ペルソナ4
(2008/07/10)
PlayStation2

商品詳細を見る

というわけで、『ペルソナ4』を買って来ました!
以前、『世界樹の迷宮2』を買ったのと同じ店で購入したら、購入特典の『しおり』を貰ったっす。
普段、しおりがなくって適当な紙を二つ折りにして代用してるからこれは嬉しいかも。
ちなみに『プレイ日記』を書く予定と言っておきながら、『世界樹の迷宮2』はいまだまともにやってません……。すまんす。

で、さっそく2時間ほどプレイしてみました。
結論から先に言うと、『ペルソナ4』面白いです。

『ペルソナ3』が好きだったからなおさらそう思えるのかもしれないけど、まんま『ペルソナ3』の別シナリオバージョンって感じ。
もちろん、キャラ・舞台・シナリオは全然違うので、あくまで基本的なシステム部分が『ペルソナ3』を踏襲してるっぽいってだけですけどね。

そんななので、『ペルソナ3』が好きだった人は素直に楽しめると思いまっす。

また、いまのところシナリオやらなんやら、『ペルソナ3』と繋がってる部分はないんで『ペルソナ3』をやったことのない人にもオススメっす。
ゲーム内容は簡単に言うと、『場所移動型エロゲ』+『自動生成ダンジョンRPG』?
現代の田舎街を舞台に、あちこち移動して色んな人と出会い、それぞれのお話(ルート)を進めて、進めるごとに主人公が強くなって、自動生成ダンジョンに仲間とともに潜るゲーム……っす。たぶん。
まぁ、詳しくは公式サイトかゲーム雑誌をどぞー。

■以下、ネタバレを含む感想。

【“雑記:ペルソナ4購入、即プレイ”の続きを読む】

テーマ:ペルソナ4 - ジャンル:ゲーム

  1. 2008/07/10(木) 01:04:20|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

感想:少年ジャンプ 32号

明日には『ペルソナ4』が売られてるかなー。
仕事帰りにゲーム屋に寄って、速攻プレイする予定っす。


・アイシールド21
ボールを取りこぼしたのも作戦のうちかと思ったっす>クリス・クロス
ヒル魔のいいカモだなー>自分

でもって、モン太の苦し紛れのプレーから一筋の光明が、と。

うーん。キャッチ地点2段変化ってそんなにすごいことなのか?

『アメフトは普通 プレー前からパスコースが綿密に決まっている』
防御チームは攻撃チームの作戦を予想してパスを阻止すると?
でも、どのみち防御側は正解のパスコースは知らないんだし、それが最初の予定から変化しても大差ない気がするんだけど、どーなんだろう。
運動能力が高くても投げられてからキャッチ地点を予測して、捕ったり邪魔したりするのは難しいことなんすかねー。

まー、やっとヒル魔が本領発揮するようで、次回からも楽しみです。

ところで、鷹ってマユゲなかったっけ?
もしかしたら目が落ち窪んでて目とマユゲの距離が限りなく狭いだけかもしれないが、パッとみマユゲないみたいで怖ぇーっす。
もっと普通に2枚目キャラだと思ってたのに。

【“感想:少年ジャンプ 32号”の続きを読む】

テーマ:週刊少年ジャンプ感想 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2008/07/09(水) 00:21:51|
  2. 雑誌感想(2009年以前分)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雑記:遺伝子の不思議

そういや、最近週末日記をつけてないなーと。

いあね、些細な日常ネタはわりとあったりするんすよ。
しかし、些細すぎたり身元を特定されそうだったりで、書く勇気がないというー。

身元特定ネタはともかく、些細すぎる日常ネタはブログ主がアイドルかなんかじゃないと需要がなさすぎる気がするんですよ。

『今日は○○な一日だった。友達とお茶して、最近公開された映画☓☓を見に行きました☆
 すごーくっ面白かったよ♪ オススメ』

というのをもうちょっと具体的に書いても、

ふーん。それで?

で終わりそうだなと。ブログ主に付加価値がない場合。
逆にブログ主がアイドルだったりすると、それこそ、2・3行で『○○見つけたよ』『今日は○○したよ。もう☓☓が△△でびっくり』とかでも、需要がある気がする。
その人の言葉、その人の書いた文章、その人の今日の1コマってだけでファン的には価値があるんじゃないかなーと。

一方で、私個人は他人の日常生活日記を読むのが好きだったりしまっす。
2・3行の事実報告じゃなくって、あくまで日記的なものっすが。

ああ、みんなそんな毎日を送ってるんだなーと。他人の生活を垣間見るのは面白いっす。

あと、世の中には何気ない日常もそのテキスト能力の高さで、面白おかしく書くことのできるブログ主が存在することも忘れちゃだめか。

と、まー、ながなが書いてきてなんなんすが、本ブログは右の『プロフィール』にもある通り日常生活の記録サイトでもあるので需要無視で日記を書きますよっと!

【“雑記:遺伝子の不思議”の続きを読む】

テーマ:どうでもいいこと。 - ジャンル:日記

  1. 2008/07/08(火) 01:04:59|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

感想:少年サンデー 31号

仕事してたら急に腰が痛くなってきた。
今は大丈夫っすが、なんだったんだろう?


・アーティスト アクロ
新連載。

絵が上手いなーと。ところどころどっかで見たような気がする絵柄ではありますが、上手いことに変わりはないっすよね。

反面、お話の方は可もなく不可もなくな感じ。
一言でいうと、ああ、また異能バトルか、と。

とはいえ、主人公始め登場人物のキャラは嫌いじゃないし、絵柄も好きだし、異能バトルもやり方次第だと思うんで、次回からどんどん盛り上がってくれることを期待してまっす。

・結界師
なんというラブコメ路線。
ころころかわる良守の表情がよかったっす。

そして、シュークリーム作りに失敗した時音。
なんでもそつなくこなすイメージだったのに、お菓子作りはダメなのか。なんか意外でした。

ところで読者から募集した妖を登場、即殺すってありなのか……?
出せばいいってもんじゃないと思うんすがががが。

【“感想:少年サンデー 31号”の続きを読む】

テーマ:週刊少年サンデー感想 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2008/07/04(金) 00:19:15|
  2. 雑誌感想(2009年以前分)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

感想:少年ジャンプ 31号

最近、お肌の調子が激悪っす。なんかもう脱皮しそう。

悪くなった原因は、うーん。これまで週末しか飲まなかった酒を、平日も飲むようになったことかなー?
そうはいっても毎日なんてことはなくて、2~3日に1回くらいだったんすが。

思い当たることがそれくらいしかないんで、ちょっと断酒してみるかー。


・表紙
連載4周年突破記念で『リボーン』が表紙+巻頭カラー。

表紙はリボーンのアップと小さくデフォルメのツナ。
リボーンかわええー。ツナはデフォメルつーかただ太ってるだけみたいに見える……。

・少年ジャンプ IN ジャンプ
表紙をめくったところに小冊子的なものがついてる。
中身はジャンプ連載陣(と増田こうすけ)によるギャグ読み切り。

つーか、いつもの原稿仕上げてその上読み切りまでって、どんだけ生産能力高いんだ。

個人的には『増田こうすけ』と『うすた京介』が面白かったっす。レベルたけー。

ただ、増田こうすけは読み始めると面白いんだけど、ネームが多くて読み始めるのにちょっと気力がいる気がする。

・リボーン
「2代目剣帝は見抜いてたぜ。
 あんたが わざと負けたことを!!」
2代目剣帝=スクアーロ。

スクアーロのこと大好きだな>山本
私もスクアーロ大好きっす。

幻騎士は剣抜くの早かったっすねー。
意外と手早く片がつくのかな。後がつかえてるんで、さくさく行くのはありがたいっす。
ユニさまのこととか気になるし。あと、ガンマVS獄寺戦の結末も。

【“感想:少年ジャンプ 31号”の続きを読む】

テーマ:週刊少年ジャンプ感想 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2008/07/02(水) 00:20:03|
  2. 雑誌感想(2009年以前分)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad