流れる川の底の砂

駄文ブログです。ネトゲ/UO、漫画・雑誌の感想、日々の雑感などなど。 日記と呼べるほど更新されない可能性大。

感想:少年サンデー 9号

今日もやっぱり『FF11』

この感想を書きつつ、『ビシージ』の発生を監視監視監視。

で、やっと起きた『ビシージ』に参加してたら、思ったより時間が……!

というわけで、今日は『モンガー』するのはやめとこう。

偉……くはないな、うん。


・いつわりびと空
新連載。

いろいろ読んでて引っかかる部分はあったものの、読み終わってみればすげー面白かったっす。

終盤にいくほど盛り上がっていって、クライマックスもちゃんとあって、終盤でほろりと泣けて……完成度高すぎで読み切りっぽいのは笑っていいのか悪いのかー。

で、引っかかる部分ってのはセリフの中の単語っすね。
舞台は時代劇風なのに、各種用語だけはやけに現代的だなーと。

まぁ、この辺は世界観がわかってるくるにつれ、しっくりくるようになるのかな。

あと、妙にグロいところも引っかかったっす。
絵柄のおかげでそんなめさめさグロいわけでもないんだけど、殺人シーンはあんなグロ方向で攻める必要あるのかなーと。

裏世界つーか悪人たちの話になるみたいだから、悪人を悪人たらしめるためには必要ってことなんすかね?

というわけで、きれいに終わりすぎて続きが気にならないんだけど、一応ここでは次回も期待といっておこう。

そうそう、関西弁の主人公ってのも珍しく感じたっすよ。おまけに糸目でバンダナ着用。
それぞれ脇役としては定番っすが、主人公ってのが珍しいなーと。

あと、表紙のたぬきはでないんだ?>今回

あのたぬきはどっかで見たことがある気がするんだけど、読み切りあったのかな>このマンガ

まったく覚えてないっす。

【“感想:少年サンデー 9号”の続きを読む】
スポンサーサイト

テーマ:週刊少年サンデー感想 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2009/01/30(金) 01:45:35|
  2. 雑誌感想(2009年以前分)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

感想:少年ジャンプ 9号

ジャンプの感想を書きつつ、裏で『FF11』を立ち上げ『ビシージ』への参加を狙う。

そんな毎日でございます。


・表紙と巻頭カラー
今週の表紙は『バクマン。』

でも、巻頭カラーは『アイシールド21』
あいかわらず、この表紙と巻頭カラーが別作品ってパターンに違和感を感じまくりっすよー。

そして、巻頭カラーの塗りが渋すぎてちょっと笑った。

なんだろ、少し劇画が入ってるというか、昔の映画の看板みたいな。
間違いなく上手いんだけど、およそ少年マンガっぽくない塗りだと思ったっす。

・アイシールド21
前半はミリタリア戦、後半はドイツ戦。しかも、どっちも今回で試合終了。

展開の早さにびびったっす。
特にミリタリア戦なんて試合終了とわからないままページをめくったら、ドイツ戦になってて何事かと思ったっすよ。

今回の2試合は要するに日本チームのすごさ紹介ってことみたいっすが、あの適当な試合シーンはどうなのかなー。
あんなのするくらいだったら、本命のアメリカ戦ですごさ紹介しつつ戦ってくれた方がよかった。

って、いつもの序盤の敵チーム無敵展開→日本の凄さが伝えられない→しょうがないんで、今回やっときました、とかだったらどうしよう。

いい加減、序盤無敵→終盤理由なく弱体って展開はやめにして欲しいなぁ……。

アメリカ戦は最強対最強で、追いつ追われつのいい試合を期待したいっす。

「超スピードで一瞬バックしやがった…!」
やっぱ納得できないな、この技。
慣性があるんだし、そんな急速バックとかどうなのよ。

つーか、ものすごい勢いで足を痛めそうだ。

【“感想:少年ジャンプ 9号”の続きを読む】

テーマ:週刊少年ジャンプ感想 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2009/01/28(水) 02:16:10|
  2. 雑誌感想(2009年以前分)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

感想:少年サンデー 8号

雨が続きますねー。

おかげでバイク通勤ができません。ちょっと前まで体調を崩してたこともあって、ついつい車で出勤してしまうっす。
軟弱でごめんよ。


・はじめてのあく
巻頭カラー。
表紙の方は例によって謎のグラビア・アイドル。

だんだん面白くなってきたっす。
キョーコのカバンの中を亜空間に改造! って一連の流れに笑ったっす。
カバンの中からジローが覗いてる絵面とか、そのカバンを窓から投げ捨てるキョーコとか、階下のコンクリ床でドクドク血を流すカバンとか、面白かったっす。

要するにこのマンガはあれだ。
コメディじゃなくてギャグなんだなーと。亜空間がありなわけですし。
絵から受ける印象のせいかコメディだと思ってたっすよ。

いあ、まー扉絵に“悪コメディー”とか書いてあるけれどっ!

ジャンルの定義は人それぞれということで、ひとつ。

というわけで、次回からもテンポのいい無茶なギャグで笑わせて欲しいっす。

【“感想:少年サンデー 8号”の続きを読む】

テーマ:週刊少年サンデー感想 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2009/01/23(金) 01:30:00|
  2. 雑誌感想(2009年以前分)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雑記:さいふのHPが真っ赤になりました

というわけで、元気になった月曜の仕事帰り行ってきました、日本橋。

戦利品は以下の通り。

・同人誌
原田屋『勇者遭難 勇者無職 vol.2』
One Night Stand『ADVENT CIRNO#0 冬のはじまり』

・コミックス
やまむらはじめ『神様ドォルズ』第4巻
若木民喜『神のみぞ知るセカイ』第3巻
桂遊生丸『Roman』第2巻

・DSのゲーム
アトラス『女神異聞録 デビルサバイバー』

・その他
涼元 悠一『ノベルゲームのシナリオ作成技法』

【“雑記:さいふのHPが真っ赤になりました”の続きを読む】

テーマ:どうでもいい報告 - ジャンル:日記

  1. 2009/01/22(木) 02:10:39|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

感想:少年ジャンプ 8号

昨日は仕事帰りに日本橋へ行ってきたっすよ。
まー、その話はまた明日にでも。

もはや日記でもなんでもねーなー>このブログ


・銀魂
5周年記念で表紙+巻頭カラー。

『銀魂』ってまだ5周年だったんすねー。てっきりもう8周年くらいいってるもんだと思ってました。

ジャンプを読み出したのが3年か4年前くらいなんで、その頃は新参者だったのかー。
いまやすっかり看板作品の1つっすね。ほろり。

そういや、いっとき打ち切り騒動ってなかったですか?
ネットでファンたちが連載継続を願って、署名活動をやっていたよーな。

あのときの運動があるから今回の5周年があるわけで。歴史の影にドラマありですなー。ほろり。

閑話休題。

(マ…マズイ…! こんなカード一枚も持ってないぞォォ!!)
この時点で新八の負けでよくない?
売れてないグッズを押さえていてこそ、真のファンというものではー。

というか、要するに手持ちのカードなしでのカードバトルをやらせたかったんだろうけど、その理由が『カードの存在を知らなかった』ってのは新八のキャラを崩壊させてる気がするっすよ。

単純に、持ってるけど違うカード持って来てた! とかで、よかったんじゃ。

【“感想:少年ジャンプ 8号”の続きを読む】

テーマ:週刊少年ジャンプ感想 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2009/01/21(水) 01:40:26|
  2. 雑誌感想(2009年以前分)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雑記:峠を越したら峠だった

この週末は体調が悪かったっす。

せっかく日本橋に行ったりレベル上げしたりしようと思ってたのに、金曜の朝起きたらなんだか寒気が。
休日だった土曜日なんか、起きたら17時っしたよ。

いあ、朝に一回起きたんですけどね>土曜日
それでちゃんと朝ご飯食べて、でもなんか寒気がするし気力も湧かなかったので、ちょいと横になって目醒めたら夕方17時だった、という休日にありがちなオチが待っておりました。

で、それだけ寝てもまだ体調が悪く、もう仕方ないんで布団にくるまり溜まったアニメを見てました。

今期始まった中では、『RIDEBACK』『鋼殻のレギオス』『宇宙をかける少女』あたりが面白いっすね。

『RIDEBACK』は冒頭見たとき、しょぼ……もとい今風でない作画だなーと思ったものの、少女+バイクっていう題材ながらマニアックに走るでなく、取っつきやすい感じで面白かったっす。

『鋼殻のレギオス』は無表情クールな少女が悪態をつくインパクトにやられました。よくある無表情キャラ、でも毒舌、ってパターンではないように見えたっすが、本当のところは知らない。
あと、ファンタジー(?)+SF+学園ものってところが好きっす。制服のデザインもかっこよかったです。

『宇宙をかける少女』はまぁ、サンライズの萌え系ってことで。
主人公始め登場人物たちのキャラが立っててよかったっす。
あと、これもSF学園要素ありってことで好みであります。



で、この体調不良、原因ははっきりしてまして。
金曜の明け方、寒さに目を覚ましたらベッドから布団がずるーりと落ちかけていた、というー。

その日の仕事は、普段使わないよう心がけてた電気ストーブの前に張り付いてましたよ。
そりゃもう作業は最低限にしてストーブにびったりと。

おかげで夜にはなんとなく良くなったんすが、フロに入ったら逆戻りっした……。

つーか、次の日もその次の日も夜にはだいたいよくなってるんすが、ことごとくフロに入って逆戻りに。

じゃあ、入らなきゃいいじゃない、って自分でも思うんすが、ほらやっぱり日本人ですから1日の終わりにフロは欠かせないわけで。
せめてよーく温まってから出ようと、最後に熱いシャワーを浴びてのぼせてみたり。

そして、出たら部屋が寒くて体温急降下、ああ今日も負けたなとか予感してみたり。

そんな一進一退の週末を送っておりました。

テーマ:どうでもいい報告 - ジャンル:日記

  1. 2009/01/20(火) 01:51:15|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

感想:少年サンデー 7号

とりあえず、『FF11』
家に帰ったら『FF11』 夕食前のちょっと空いた時間に『FF11』
夕食後のまったりした時間に『FF11』 フロに入るまで『FF11』

またこんなにネトゲにハマる日が来るとはなぁ。
我ながら思ってなかったです。


・結界師
表紙+巻頭カラー。

あ、あれ? 死闘は?

見開きカラーやモノクロ1ページ目に、死闘突入とか死闘開始とか書いてあるのに、いざ蓋を開けたら終わっちゃってますよ?

これは『VS扇一郎』なんていうレベルじゃなく、もっと大きなスケールでの死闘が始まったって意味なのか>アオリ文

それはさておき、後から考えれば今回の展開も想像できたと思うんすが、いあー、もうすっかり扇一郎との死闘が始まるのだと信じて疑ってなかったっす。

でもまー、前回書いた通り正守は扇一郎に1回勝ってるわけだし、この展開もありかなーと思いました。

『扇一郎、お前だけはーー 俺がーー』
正守の胸に去来する、仲間の棺、黒い箱、志々尾限の姿。

って、限の死にまで関わってたんすか>扇一郎
そんな前から始まってたとは思ってなかったっす>裏会騒乱

「簡単に背後を取られといて息巻くの、カッコ悪いですよ」
絶界があるから大丈夫! ですよね?

夜城のとき、良守は見えない術を消していたし、不意打ちには強そうだ>絶界

しかし、強力な攻撃は消しきれなかったりするんでしょうか?
たとえば、今回七郎が放ったお屋敷一瞬破壊技とか。

イメージ的には絶対無敵であって欲しいけど、今回正守はけっこうな時間出しっぱなしだし、それじゃあ戦闘のバランスが悪すぎるって気も。

結界師は絶界を維持しつつ、結界も出し放題なわけで。
無敵バリアを張りつつ、攻撃し放題はマズいよなぁと。
どこのラスボスだよ! と言われそう。

【“感想:少年サンデー 7号”の続きを読む】

テーマ:週刊少年サンデー感想 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2009/01/16(金) 01:53:59|
  2. 雑誌感想(2009年以前分)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FF11:キミは朝日を見たか

やっちまいました。
やっちまいましたよ。

翌日、仕事だってのに朝の4時半まで『FF11』やっちまいました。

とはいえ、そこはこの週末でのお話。仕事とはいっても待機がメインの休日出勤です。
普段から休日出勤前は2時寝は当然、時には3時寝もあったりして、めさめさやっちまったってわけではないんですが…………やっぱ翌朝6時45分起床なのに、4時半就寝はまずいよね、と。

最初は2時に寝るつもりだったんです。
それがレベル上げに誘われたのが0時20分とかで、あんまり早く抜けるのもどうかなーと。
いあ、コメントに『2時か2時半には抜けます』って書いてはいたんですが。

それも最初は『1時半か2時には抜けます』って書いてあったのはもちろん秘密です。

つーか、そもそも0時過ぎた時点でパーティ希望を取り下げるべきだったわけで。
ソロでまたーりと2時くらいまでクエストなり、金策なりして遊んでもよかったはずですし。

それがだらだらと参加希望を出し続け、誘われたら誘われたで、あとちょっとあとちょっとだけを繰り返しついに4時半の時刻を見た、と。

むぅ。いけない傾向だなぁ。

あ、でも、おかげで戦士でレベルキャップ60をカンストしましたー。
パーティに参加したとき58レベルか59だったのに、えんえんえんえんワジャームの鳥を狩り続け、ざくざくと経験値が入りました。

詩人さんが釣り役で奔走してくれて、あまり途切れることがなかったです。
でもって、その詩人さんが周辺各鳥のPOPタイミングまで覚えてて、ちょっと笑ったっす。地味にすげーな。

あと、休日中にまだ書いてない『FF11』ネタを箇条書きでいいから書いておこうと下書きしまして。

そしたら、すんげー量になってふいたっす。

我ながら溜めすぎ。



……反省。

テーマ:FINALFANTASY XI - ジャンル:オンラインゲーム

  1. 2009/01/14(水) 00:11:44|
  2. FINAL FANTASY XI
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

感想:少年サンデー 6号

次号は来週の水曜発売>サンデー
次号は“再”来週の月曜発売>ジャンプ

上手くできてるなー。
一緒に休まれたら、その1週間一体何を読んで過ごせばいいのか。

おや? こんなところに月刊誌の未読タワーが……。


・はじめてのあく
新連載。作者は『こわしや我聞』の藤木俊。

う、うーん。微妙。

最初読んだときはつまらなかったんすよ。
2回目読んだときはそこそこ楽しめたんすよ。

なので、微妙ってことでー。

絵はすげー上手いと思う。
もともとこの作者のマンガは好きで、作者のブログもたまに覗いてたっす>自分

しかし、うーん。そのひいき目で見ても、面白れぇっ! とは言えないなぁ。

要するにこれ、特撮ものに出てくるような『悪の組織』を茶化すマンガっすよね。
そのわりにノリが悪くないっすか? 茶化し具合が全然足りないっつーか。
もっとガンガンツッコミ入れていきましょうよ! よくある『悪の組織』に。

でもって、キャラもまたこう、惹かれるものがあんまり……。
ヒロインは頭ぼさぼさすぎるし、主人公はいまいちぱっとしないし、姉さんは「裏切ったらいつでも殺れるよーに」発言が普通に不快だし。

あ、でも、後半の『主人公のマントはすごいけど、本人はすごくない』ってシーンは初めて読んだ時点で笑ったっす。


あと、主人公サイドが『悪の組織』ってのも微妙なんすよねえー。
どんなに間抜けで結果が出せなくても、本人は本気で邪悪で害意を持ってるわけでー、非っ常に応援しづらいっす。

ってまー、このあたりはノリや雰囲気次第でどうとでもなるのかもしんないっすが。

というわけで、作者には頑張って欲しいし応援もしてるけど、このマンガには期待感があんま湧かないってのが正直なとこっす。

【“感想:少年サンデー 6号”の続きを読む】

テーマ:週刊少年サンデー感想 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2009/01/09(金) 01:58:03|
  2. 雑誌感想(2009年以前分)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

感想:少年ジャンプ 6・7合併号

今日は今日とて『FF11』三昧。


・ナルト
『連載10周年YEAR突入だってばよ』記念で巻頭カラー。
表紙の方は各連載主人公たちの集合絵。

で、2009年に入って初めて発売されたジャンプの巻頭マンガが、ペン入れ間に合ってないとかー。

しかも、内容的にも木ノ葉の里壊滅、満を持してのナルトの登場、ペインとの対決の始まり、と見せ場満載の回だったわけで。

新年早々やっちまった感が漂ってるなぁ>『ナルト』

でも、あれだ。今号の発売日は1月5日(月)。
印刷所も年末年始は休むんだろうし、ジャンプの印刷は去年に終わってたりするんすかね?

そうすると締め切りはさらにその前なわけでー。

普段の締め切りなら間に合ったんだ! 年末進行が悪いんだ!

って感じだったのかもしれないっすね。

まぁ、落としたりもっとぐちゃぐちゃのラフ描きじゃなかっただけマシと思うべきなのか。

とりあえず、個人的にはこれが『ナルト』では初めての未完成回なんで、作者に同情するっすよ。2009年はイヤな意味で思い出に残りそうっすね……>作者さん

閑話休題。
破壊された木ノ葉の里に、仙人ナルト颯爽と登場。
いきなりペインの1体を撃破っと。

そこでカエル仙人が一言、
(…ナルトちゃんは先代を超えたようじゃ)
えーーーっ。
こんな納得のいかないパワーアップは初めてだ!

一応修行はしてたけどさぁ。あんなんで強くなれるんだったら、いままでなんで弱かったんだよと。
そんな感じっすよ。

あとカエル化は仙術の失敗の目印なのに、なんで目のカエル化だけはセーフつーかノーカウントなんだろ?
見た目的にもあれはちょっとどうかと思う。かっこ悪いっすよ。

【“感想:少年ジャンプ 6・7合併号”の続きを読む】

テーマ:週刊少年ジャンプ感想 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2009/01/07(水) 02:08:16|
  2. 雑誌感想(2009年以前分)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FF11:これまでのあらすじ in 2008年12月 その1

ああ、もう放置すぎる。
『FF11』に没頭しすぎて、その『FF11』プレイ日記が書けないというジレンマ。
書きたいネタが溜まっていく一方ですよ。

えーと、前回の『FF11』プレイ日記が12月初旬のことだったかな?
とりあえず、あれからあったことをつらつらと書いていきます。思いっきり、はしょって行くんで、もはやプレイ日記というよりメモだと思って下さいまし。

あ、前半は去年の12月18日(!)に書いた下書きが見つかったので、ある程度細かいかもしれないです。


・カンパニエOPS
過去世界で溜まりに溜まった受領チケットをこなすこなすこなす。

ひたすら物資補給ばっかです。トレードするNPCもそんなに遠くないし、クエストアイテムは銅鉱とか亜鉛鉱なんかの鉱物なんでお手軽っす。倉庫キャラにオークションで買って送らせれば、現代世界に戻る必要もありませんし。

とはいえ、銅鉱はともかく亜鉛鉱はけっこう高いんですよね。1個700Gもする。

なので、メインキャラを現代世界に戻して、つるはし片手にツェールンに潜ってきました。
つるはしが思いのほか高かったのは秘密だっ!
……つるはしを自作できないと掘りに行く意味ないっすね。
やたら壊れるし、壊れた上に何も掘れなかったりしますし。

ちなみに、ツェールンにはうちのメインキャラ1人しかいませんでした。
おかげで掘り放題っすよー。

で、鉄鉱やら銅鉱やらをゲット。

鉄鉱って1個700Gで売れるんすねー。意外とおいしいかもしれないです。つるはしの値段を考えなければなっ。

【“FF11:これまでのあらすじ in 2008年12月 その1”の続きを読む】

テーマ:FINALFANTASY XI - ジャンル:オンラインゲーム

  1. 2009/01/06(火) 02:09:02|
  2. FINAL FANTASY XI
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雑記:謹賀新年

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。


せっかくの長期休暇だというのに、何の予定もこなせてないっす。
休みに入る前はあれしよう、これしようと計画を立ててたんすがががががが。
こなせているのは『FF11』のクエストのみ……。

今日がちょうど折り返し地点、せめてお正月+サイト3周年の記念絵は完成させたいとこっす。

テーマ:謹賀新年 - ジャンル:日記

  1. 2009/01/01(木) 02:09:39|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

FC2Ad