流れる川の底の砂

駄文ブログです。ネトゲ/UO、漫画・雑誌の感想、日々の雑感などなど。 日記と呼べるほど更新されない可能性大。

感想:少年ジャンプ 22・23合併号

たとえ1日遅れてもアップはやっぱり0時を過ぎてからっ。
寝るまでが今日なんだぜー。

……どうも昼間はやる気がわかんのですよ。


・表紙
今週の表紙は『GW丸秘ツアー!! Jヒーロー御一行様』ってことで、各マンガの主人公がリュックを背負って大集合っと。

とりあえず、リトじゃなくララが、ツナじゃなくリボーンが出てるのはなんでなんだろう……。

あと、よく見ると主人公たちの並びも掲載順と同様、人気順になってるっぽい?
ど、どこまでもシビアだな。

いあ、いぬまるくんや黒子は人気順ならもっと前列のはずだけど、基本、掲載順と同期してますよね、これ。

でもって、表紙が折りたたみ式になってて、広げると約3倍の大きさに。

表紙とつながったスペースにはデフォルメされた各連載のキャラたちが、裏にはなぜかすごろくが載ってます。

デフォルメ・キャラはこれ、各作者の描き下しなんすかね。
一部他人が描いてるっぽく見えるのは、その作者がデフォルメ・キャラを描き慣れてないだけなんだろーか。

・ワンピース
「ヴァカおっしゃい!!!
 この世界の頂点の戦(たた)キャブルよ!!!?」
『戦キャブル』ってなんぞや?
キャラ立てのための特殊口調で、セリフの意味がわからないのって初めてかもしれない。
まー、たいていは語尾だけの変化ですしね。

「イナズマは『チョキチョキの実』の『ハサミ人間』」
この前、どっかの扉のカギをだしたのは能力と関係なかったのか。
Mr.3はMr.3でロウでカギを作り出してたし、設備面は意外ともろいな>インペルダウン

つーか、Mr.3とバギーはどこに行ったんだろ。
そうそうたるメンバーが揃っちゃって、いまさら帰ってきても居場所がないような。

でも、2人とも能力者だし条件が揃えばあるいは。
ああいうすごくないキャラにこそ、おいしいところを持っていって欲しいなぁ。

あと、終盤いたずらに囚人を解放しないのがいいっすね。
脱獄ものといえば囚人解放→暴動発生→混乱に乗じて脱走ってのが黄金パターンで、実際序盤で囚人解放暴動発生までやってますが、『LEVEL6』の囚人は格が違うわけで。
インペルダウンから脱走できるかは別問題としても、安易に解き放てばストーリーの本筋とはまったく関係ないところで名もなきキャラたちのバッドエンドが量産されそうっすよ。

【“感想:少年ジャンプ 22・23合併号”の続きを読む】
スポンサーサイト

テーマ:週刊少年ジャンプ感想 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2009/04/30(木) 00:47:09|
  2. 雑誌感想(2009年以前分)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雑記:最近多いお知らせ

明日は祝日でお休みってんで、今晩は友達と飲みっすよ。
なので、ジャンプの感想はまた明日にでもアップいたします。

……と今日の夕方に書いて出かけるつもりが、友達風邪っぴきで飲みは延期に。

ならば、いつも通りジャンプの感想書けるはずなんですが、実際はだれまくりでいまだ書けておりませぬ。

いあー、いったんOFFになったスイッチはなかなかONにならんのですよ。

というわけで、やっぱり明日にでもアップしようかと思います。

もし、万が一感想読みに来てくれて空振りになった方がいたらごめんなさいっす。

テーマ:伝えたいこと - ジャンル:日記

  1. 2009/04/29(水) 00:27:02|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雑記:『Sound Horizon Live Tour 2009 - 第三次領土拡大遠征』に行ってきました。その3【超絶蛇足編】

ふと気づけば、あのライブから丸1週間以上たってるとか!
そればかりか、次の公演地だった名古屋でのライブも終わってしまってるとか!

めっきり時の流れに着いていけないわたくしです(挨拶)

完全に時期を逸した感がありますが、それでも書くよ!


まず、一言。

上着をもっていっ……さすがにそれはもういいか。

まぁ、上着一枚あるだけで待ち時間もライブ中も快適っした。


ライブ2日目に関しては、あれだ。

2日目の方が整理番号悪かったんすが、ホール内の位置取りは逆にこの日の方がよかったっす。
1日目がホール全体を3分割すると前から3分の2のあたりだったのに対し、この日は3分の1あたりに陣取れました。
前に行けた分カベ際だったんすが、前方に背の高い人が少なくてよく見えたっす。

それで思ったことが1つ。

間近で見られるっていいっすね!

サンホラライブに限らず、出演者の表情とかコスチュームとかあんなにはっきり見えたのは初めてっすよ。
これはちょっと価値観が変わったかもしれないです。

いままで出演者を近くで見ることに興味がなかったんですが、近くでこそ見られるもの感じられるものがある気がしてきた。

MCも歌も、表情や仕草、コスチュームとセットで見るとまた格別なものがあるっすね。

うーん。ファンクラブ入るべきなのか……。
ちと悩み中っす。

【“雑記:『Sound Horizon Live Tour 2009 - 第三次領土拡大遠征』に行ってきました。その3【超絶蛇足編】”の続きを読む】

テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽

  1. 2009/04/28(火) 01:43:46|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

感想:少年サンデー 21・22合併号

『FF11』の日課をこなすと、時間的にもうサンデーの感想を書くのが精一杯っすよ。

サンホラライブのこととか『FF11』のプレイ日記とか、書きたいことは他にもあるのに……って『FF11』やってから他のことしようとするのがおかしいのか。

家に帰ったら、まずとにかく『FF11』って生活がもう何ヶ月も続いております。


・境界のRINNE
高橋留美子の新連載。

簡単にあらすじを紹介すると、幽霊が見える女子高生と幽霊や悪霊を“有料”で成仏させてる男子のお話。

と書くとベタに思えるかもしれませんが、実際読んでもベタっした。

ただ、やはりそこはベテランというべきか、キャラが上手い面白い。
キャラのやりとりやコメディタッチな展開でいろいろ楽しませてもらいました。

一方で、
「火車烈断!」
なんていう必殺技シーンもあったりして、王道少年マンガだなーと。

というわけで、良くも悪くも超安定マンガってところなのかな。

ところで、この連載も10年くらい続くんだろーか。
できれば5年、いあ3年くらいでまとめて欲しいなー。
『犬夜叉』は終盤すごく盛り上がったりして、あれはあれで面白かったけど、さすがに10年は長すぎるだろうと……。

あと、そうそう少年サンデーで長期連載を終えた後は青年誌へ移ってしまうベテランが多い中、ちゃんと少年サンデーに帰ってきてくれたことが素直に嬉しいっす。

ありがとう。そして、おかえりなさい>作者

・メジャー
「今日できることを今日やらないやつは、明日になったってできやしねえって思うタチなんだよ」
耳に痛いセリフだな。

そして…………その通りだっ!
明日は0時を過ぎた時点で今日になるから、明日という日は永遠にこないのですっ。

というどこかで聞いた屁理屈はさておき、去年優勝したチームでも今年はさっぱり、なんてことも珍しくないから、いまこの瞬間の優勝できるチャンスを死にものぐるいで掴もうとする吾郎の姿勢ってのはあながち間違いでもないんじゃないかなーと思ったっすよ。

チャンスの神様は前髪しかないんだぜー。

【“感想:少年サンデー 21・22合併号”の続きを読む】

テーマ:週刊少年サンデー感想 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2009/04/24(金) 02:08:37|
  2. 雑誌感想(2009年以前分)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FF11:ついに ねんか゛んの ○○を てに いれたそ゛

ついに、ついに、ついに!
修業ルーン、出たぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっっ!!

すごい、修業はほんとにあったんだっ(パズー風に)

苦節ンヶ月、バージョンアップ前はほぼ毎日レベル1無双で『モンガー』に通い続けましたともっ。
いつの間にかマーブル14000個越えてたよっ!

それでも今日まで出ることはなく、バージョンアップでレベル1無双が下火になってからは第2営業部にソロで行ったり、駆除部1課にこれまたソロで行ったり。

今日も白魔道士ソロで駆除部1課に行って、メロンジュースをがぶがぶ飲みながらクリアー。
宝箱を開けて流れたメッセージは、マーブル1個を手に入れた、だけ。

いあ、まだだ! ルーンのドロップ報告は遅れてくるんだっ、と直接カバンの中を見たら見慣れないルーンが入ってる。
カーソル合わせたら、『修業ルーン』の文字がっ。

思わず、うおっとか小さく叫んでしまいましたよ。

それくらい出なかった。
つーか、修業に限らずルーン自体が出なかった。

でも、今日出たよ。修業出たよ。

【“FF11:ついに ねんか゛んの ○○を てに いれたそ゛”の続きを読む】

テーマ:FINALFANTASY XI - ジャンル:オンラインゲーム

  1. 2009/04/23(木) 00:57:43|
  2. FINAL FANTASY XI
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

感想:少年ジャンプ 21号

あ、ちゃんと『Sound Horizon』のライブから生還してます。

昨日は溜まったアニメ消化したり『FF11』したりしてて、ライブに関するエントリ書けなかったっすよ。
初日ほど長いエントリはもう書く予定ないっすが、もう二言三言なんか書くつもりっす。


・バクマン。
サイコーたちのマンガが連載されるか否かの重大発表の回記念で(?)巻頭カラー。
表紙の方は『ブリーチ』

結果は……

『疑探偵TRAP』連載決定~。

ここからは投稿者やマンガ家のタマゴの日常から、ジャンプ連載作家のデビューや実際の連載作業に焦点が移っていくのかな。

いあ、ほんとこのマンガ、ジャンプ連載を目指す若きマンガ家のタマゴを生み出すために描かれてる気がするなー。

閑話休題。

サイコーたちもこれでプロマンガ家ってことで、ここらでプロの厳しさを描いたりしないかな。
ジャンプの厳しさといえば、そう、打ち切り!

デビューするもアンケートが伸びず、あえなく10週打ち切りとか。
噂に伝え聞く話では、10週で打ち切りを食らうと仕事場の家賃やアシスタント代で数百万の借金ができるそうっすよー。あくまで噂っすが。
そこいらのネタもやってくれないかなー。

って、サイコーたちでやるのは無理があるか?
主人公だし高校生だし、マンガ家に憧れてる読者たちの夢がなくなるし、案外サイコー祖父がさくっと払ってくれそうだし。出世払いだ、成功して返せよとか言って。

そうなると、ここはあれか。
中井蒼樹コンビか。
中井さんは年の功で小金をため込んでそうだし、蒼樹嬢もしっかり者っぽいんで貯金ありそうだし。

ともかく、打ち切りネタをやって欲しいと思う今日この頃っすよ。

それはさておき、あいかわらず亜豆母の縦ロールがすげーと思った。

すごいインパクトっすよ。しかも、ストーリー上、特に意味はないという。

あと、今回もエイジがかわいかったっす。最初、黙ってじっとタイミングを見計らってるとことか。
ほんとエイジは萌えキャラだなー。

【“感想:少年ジャンプ 21号”の続きを読む】

テーマ:週刊少年ジャンプ感想 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2009/04/22(水) 01:40:19|
  2. 雑誌感想(2009年以前分)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雑記:『Sound Horizon Live Tour 2009 - 第三次領土拡大遠征』に行ってきました。その1【会場到着まで編】

いってきました、『Sound Horizon Live Tour 2009 - 第三次領土拡大遠征』大阪公演2日間の初日!

まず、一言。

寒かった!

いあ、気温が。

半袖+長袖で行ったんすが家を出たときは暑いくらいだったのに、向こうについて入場待ちしてたら風がびゅうびゅう吹いてて肌寒かったっす。

中に入ったら入ったで空調の風がけっこうひんやりしてて、これまた寒かったっす。

明日は上に一枚羽織っていこうと心に誓いましたよっと。

そうそう、今回は基本スタンディング(+一部座席もあり)とあって、何時に行けばいいのか迷ってる方も多いんじゃないでしょうか。

はい、迷ってた口です>私

【“雑記:『Sound Horizon Live Tour 2009 - 第三次領土拡大遠征』に行ってきました。その1【会場到着まで編】”の続きを読む】

テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽

  1. 2009/04/19(日) 15:17:24|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雑記:『Sound Horizon Live Tour 2009 - 第三次領土拡大遠征』に行ってきました。その2【ライブ感想編】

というわけで、やっとここからライブの感想。

【“雑記:『Sound Horizon Live Tour 2009 - 第三次領土拡大遠征』に行ってきました。その2【ライブ感想編】”の続きを読む】

テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽

  1. 2009/04/19(日) 15:16:26|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

感想:少年サンデー 20号

やっと完成。『FF11』控えめにして書き上げたよ。


・『名探偵コナン特製DVD10年後の異邦人(ストレンジャー) 応募者全員サービス!!!』
むむ。今度の誌上通販、もとい応募者全員サービスは『コナン』のオリジナルストーリーDVDだそうで。

どうも夢オチ風に10年後の世界へタイムスリップ! とかそんなネタをやるっぽいっす。
少年探偵団の面々が高校生として登場するとか、ちょっと面白そうだなぁ。
10年後の蘭もちゃんと出て、さらに新一と出会ったり出会わなかったりするみたいだし。

……阿笠博士は生きてるんだろーか。

・いつわりびと空
今週の表紙は『コナン』
巻頭カラーは『いつわりびと空』
巻頭見開きカラーは……なし。

え、なに? 予算の都合でカラーは広告的な記事に割かれてる?

でも、先週は見開き含めて巻頭カラー丸々6ページを『DEFENSE DEVIL』が使ってるしなぁ。
たまたまなのか。

とはいえ、連載開始時を除けばたぶん初の巻頭カラーだろうし、見開きカラーも見たかったなーと。"超絶大人気巻頭カラー"と銘打つならなおさらっすよ。

閑話休題。

「人魚ってなんですかー」
「半分人で半分魚の生きもんや」
と言われて、右半身が魚、左半身が人間の生きものを思い浮かべるぽち。

その発想はなかったぜ!

あと、薬馬がすっかりツッコミ役になってて笑った。
初登場のときはもっとツンキャラだった気がするのになー。
なんだかんだで空と打ち解けてきたってことなのか。

しかし、個人的にはその薬馬にこそツッコミたいことがっ。

船作るっていかだじゃないのかよっ。
生木でそんな立派な船作れるのかよっ。
帆はいざとなったら上着で代用、って無理だろっ。

はぁはぁ。
お粗末様でした。

【“感想:少年サンデー 20号”の続きを読む】

テーマ:週刊少年サンデー感想 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2009/04/17(金) 21:53:58|
  2. 雑誌感想(2009年以前分)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雑記:サンデー感想に関してのおしらせ

むむむ。諸事情により『少年サンデー』の感想は明日にでもアップします。


というかですね。

あかん。あかんですよ。
時間があったらあっただけ、『FF11』と関連サイトの巡回に費やしてしまう……。

加えて今日はテレビ見たり、チャットしたりで時間が絶望的に足りないっす。
本家サイトも放置中だし、そろそろ心を入れ替えないとあかんなー、と思ったのはこれで何度目だったか。
2009年がもう4月半ばってことがにわかに信じられないっす。
去年の後半から『FF11』しかしてないよ!




ってエントリを投稿してお茶を濁そうかと思ったら、ブログのサーバーが全落ちしてた…………。
自分のブログはもちろん友達のも他人さんのも、運営会社の公式サイトさえ見られないっす。


というわけで、いまこのエントリをアップ完了。

これから、ちきちき感想書きまっす。

テーマ:(* ̄ω ̄)c 報告。チョットネ。 - ジャンル:ブログ

  1. 2009/04/17(金) 16:34:03|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FF11:ビックリ○ンチョコの本体はどっちなのか

『モグサッチェル』『セキュリティトークン』きました!
今日、帰宅したらポストに入ってました。
ちなみに注文日は発売日の11時30分頃っした。

これでやっとメインキャラの荷物整理ができる!

カバン60個、金庫80個、ロッカー80個あるのに、なぜかすべてアイテムで埋め尽くされているというー>メインキャラ
クリスタルとか移動させて『せいとん』すれば空きが作れる余地があるのに、すべてぎっちぎちで移動できないのですよ。

それも『モグサッチェル』到着で万事解決っ!
さっそく、いま育て中の白魔装備とかギルドポイント用各種クリスタルと素材一式とか詰め込みまくりました。
ふぅ。

実のところ余計なアイテムは倉庫キャラに送ればいいだけなんですが、カバン+金庫+ロッカーとなまじ荷物が持てるもんだからついついなんでも放りこんでしまうんすよね。
モグハウスに行くだけでアイテムを出し入れできる快適さに慣れてしまうと、いちいちログイン・ログアウトしなきゃいけない倉庫キャラはおっくうなのです。

……『モグサッチェル』が埋まる日も近そうだな。





あ。




わぁい。『セキュリティトークン』到着でアカウント・ハックも怖くないぜー(棒読み)

テーマ:FINALFANTASY XI - ジャンル:オンラインゲーム

  1. 2009/04/16(木) 01:25:46|
  2. FINAL FANTASY XI
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

感想:少年ジャンプ 20号

『モグサッチェル』『セキュリティトークン』がこないっすよ。
毎日いまかいまかとポストを覗いてるのに。


・表紙
今週の表紙は『トリコ』

・ブリーチ
でも、巻頭カラーは『ブリーチ』っと。

巻頭見開きカラーは、水着に真っ白なコートを羽織った松本・織姫・ネル・ルキアたち。

1人だけ仲間外れがいるよーな。
松本たちがビキニさらしてる中、ルキアだけ背中を向けてるのが切ないなっ。

ところで、ネルってどうなったんだっけ…………。

閑話休題。

作者曰く、今回は、
『イメージしてた映像に、近いものが描けた気がしています。
 久しぶりに凄く感想が聞きたい回です』
とのこと(目次の作者コメントより)。

というわけで、以下感想。

うーん。いろいろ釈然としないっす。

『…腕も脚も体も再生しつつあるが見せかけだけだ
 奴が吹き飛ばした内蔵まで戻ることはない』
ウルキオラって普段から胸に穴が開いてませんでしたっけ?
それなのに内臓どうこう言われても。

加えて、腕や脚は再生できるのに内臓だけ再生できない理屈もよーわからんです。

『今の一撃で終わらなければ そこで死んでいたのは俺だ』
なんで一護の角を斬っただけで勝った気になってるん?>ウルキオラ

「だったら 俺の左腕と左脚を斬れ」
「勝負をつけるなら 今のてめえと同じ状態にならなきゃ対等じゃねえだろ…!」
そもそも織姫を助けることが目的であって、勝負うんぬんは目的外なんじゃないかなーと。
いつの間にバトることが目的になってしまったんだ。

「…………ここまでか 殺せ」
「…断る
 こんな勝ち方があるかよ!!!」
ウルキオラをライバルとして認めたからこそ、ってのはわかるんだけど、なんかこう、うーん。
そんなこと言う間柄だっけ? と。

そんな友情芽生えたりするのはもちろん、勝負がどうこういえるライバルとしてだって、虚化するまではまったく歯が立たなかったわけで。

勝利が目前に見えたこんな状況で勝ち方どーのとか言われても。

そりゃあ、じゃあ遠慮なくって殺してもイヤだけどさー。
歯が立たないときは勝利にこだわってたのに、勝利が見えた途端、勝負にこだわりを見せるのはなんか違うと思うんだ。

あと、織姫がまったく例の再生能力を使わないのはなんで?
一護にも、石田にも、ウルキオラにも。

自分を酷い目にあわせたあの2人娘さえ治してみせたやないっすか。
なんで今回は治すそぶりさえ見せないんすか。

あのときの信条を貫くならウルキオラを治すべきなんでは?

そうしたら、また戦いになるってわかってるから治さないのか。

うーん。再生能力を封じられてるとかなかったっすよね?
この前、一護のこと治そうとしてましたし。

というわけで、ラストの、
「…最後まで… 思い通りにならん奴だ……
 …ようやくお前達に 少し興味が出てきたところだったんだがな」

「…俺が怖いか 女」
「こわくないよ」
ってな、ウルキオラが一護と織姫に想いを向けてみせたのもなんだかなーと。

一護の角を斬ったのが織姫を救うためだったんなら、また違ったと思うんすけどね。
その時点でウルキオラに変化の兆しが見えてたのなら。

【“感想:少年ジャンプ 20号”の続きを読む】

テーマ:週刊少年ジャンプ感想 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2009/04/15(水) 02:22:27|
  2. 雑誌感想(2009年以前分)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FF11:食わず嫌い?

今日は『FF11』のバージョンアップ日でした。

一言だけ。


『モンガー』めっさすいてて笑ったっ。
サーチで中、覗いたら0人て!


さらにもう一言。
11時台に『モンガー』行ったらいつも程度には人がいました。
それでもトレード1発で中に入れたけどなっ。

うーん。『モンガー』楽しいのになぁ。

テーマ:FINALFANTASY XI - ジャンル:オンラインゲーム

  1. 2009/04/10(金) 01:40:26|
  2. FINAL FANTASY XI
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

感想:少年サンデー 19号

今日は『FF11』のバージョンアップがありました。
心おきなくバージョンアップされた『FF11』を楽しむために、ほんとは昨日のうちにアップするつもりだったんだけど、結局いつもと同じに>サンデー感想

むー。良くも悪くも発売日翌日に感想を書くことが習慣化してるっすよ。


・DEFENSE DEVIL
新連載。原作・作画ともに韓国出身の方っす。

うーん。微妙。

間違いなく絵は上手いし話もわかりやすいんだけど、全体的にベタすぎてパッとしない感じっす。
展開に驚きがないといいますかー、ページ数のわりに話がなくてちょいと退屈っした。

主人公とパートナー兼マスコットのかけあいもいまいちテンポが悪くて、退屈さに拍車をかけてたと思うっす。

あと、セリフ回しがなんか日本語的に微妙な部分がけっこうなかったっすか?
たとえば、
「ヒマがあるならこのドクロ拭いてくださいよ!」
『拭いて』よりそこは『磨いて』じゃないかなーと。
同じく、
「それが大量に立ち上(あ)がっているんだ」
『立ち上(あ)がって』→『立ち上(のぼ)って』かなーと。

などなど、別に間違いじゃないんだろうし、結局は趣味の問題なのかもしれませんが、個人的にはしっくりこなかったっす。

「ついに戻った!
 魔界の大悪魔…クカバラに!」
ベタにベルゼブブとか有名な大悪魔になったりはしないんだ?

って、『クカバラ』が有名な悪魔だったり、その別名だったりしたらごめんなさい。

ところで、クカバラに剥かれてしまった死神メイヤはどうなったんしょ?
死亡? それとも、たんに全裸になっただけ?

……いま、脳裏にセクハラ主人公というフレーズが浮かびましたよっと。

いあ、ついぽろりとセクハラ発言するクカバラに笑ったけど。
つーか、パンティなんて単語ひさしぶりに聞いたよっ。

というわけで、第1話は正直あんまり面白くなかったっす。
トムの罪状の真実が強引に感じましたしね。

でも、同じく第1話はパッとしなかった『はじめてのあく』の例もありますし、これから面白くなるんだと期待しときます。

あ。あと、クライマックス直前の、身をていしてクカバラをかばったトムのシーンはぐっときたっすよ。
トムのセリフ、「信じてくれて、ホント ありがとう… クカバ…ラ…」もよかったっす。

『信じること』がテーマの1つになってるみたいだし、そこらへんは特に期待してまっす。

疑うことは簡単で信じることは難しく、それゆえドラマになりますよねえ。

【“感想:少年サンデー 19号”の続きを読む】

テーマ:週刊少年サンデー感想 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2009/04/10(金) 01:30:06|
  2. 雑誌感想(2009年以前分)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FF11:遊園地と繁華街は混んでる方がいい

昨日は『スクウェア・エニックス セキュリティトークン』の発売日っした。

カバンが2倍になる的なアイテム『モグサッチェル』が特典でついてくるとなれば、これはもう買うしか!

いあ、それが発表される前から一応買おうかなーとは思ってましたけどね。アカハック怖いですし。

でも、特典アイテムどんなかなーと期待してたのも本当だったり。
前はアイテム課金は邪道だとか思ってたのに、いつの間にか有料アイテムに期待してる自分がいますよっと。
こういう、あくまでアイテムは“おまけ”な販売形態だと自分にいいわけできますしね……。

閑話休題。

というわけで、仕事から帰ってそうそうに夕飯を済ませ、いざ『FF11』公式サイトへ!

さっそく購入! しようと思ったら、購入ページが見つからない。

POLのトップにもないし、公式サイトにもない。

公式サイトで関連情報が更新されてたんでそれを見たり、某巨大掲示板サイトの関連スレを読んだりしつつ、公式サイトをくまなく見てたら上の方になにやら『プレイオンライン~』なんとかと書かれてるボタンを発見。

ここかっ!

と押してみたら、ログインを要求され、なんやかんやしてるうちに『スクウェア・エニックス アカウント』を取得してました……。

【“FF11:遊園地と繁華街は混んでる方がいい”の続きを読む】

テーマ:FINALFANTASY XI - ジャンル:オンラインゲーム

  1. 2009/04/09(木) 02:08:01|
  2. FINAL FANTASY XI
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

感想:少年ジャンプ 19号

さすがにだいぶ暖かくなってきたっすね。最近、上着を1枚減らしました。

でも、コタツと半纏はまだまだ現役。
ないと微妙に肌寒いのです。


・表紙
今週の表紙+巻頭カラーは特に何かの記念でもないけど『ナルト』っした。

イラストは任務の途中っぽいナルト、カカシ、サクラの3人。
サスケは出番なしと。
いまの状況を考えれば、この3人といっしょに表紙を飾ることはできないのか。

それを言ったらカカシも現在……げふんげふん……なはずだし、在りし日の1コマってことで、サスケ含めた4人全員の姿を見たかった気もするですよ。

・とじこみ付録
表紙をめくったところに、『「NARUTO」10thクロニクル・ブック』なる小冊子がついてます。

なんでも、『これを読めば これまでのストーリーが全てわかる!!』らしいです。

なんて親切なんだ!

と思いつつ、初期の『ナルト』はすんげー面白かったとよく聞くし、いまこれを読んでしまうのはもったいない気がして読んでないっす。
読めば引き返せない、超絶ネタばれ本ですよね、これ>クロニクル・ブック

とりあえず、切り離して保管しときますかー。
いつかマンガ喫茶で『ナルト』の既刊、全巻読破したあと読むために。

……えーと、連載が完結するまでには読みに行(略)

【“感想:少年ジャンプ 19号”の続きを読む】

テーマ:週刊少年ジャンプ感想 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2009/04/08(水) 01:40:31|
  2. 雑誌感想(2009年以前分)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雑記:記憶の底から

むう。
あいかわらず『FF11』の日々を送っております。

それならそれで“『FF11』プレイ日記”を書くのがこのブログの趣旨なんすが、どうもね、よしこんな風に書こうと脳内でざっと文章に起こし、それで書いたつもりになって終わりってな毎日っすよー。

ちなみに私はこれを『脳内更新』と呼んでおります。

で、毎日『FF11』やって毎日『脳内更新』して、いざ本物の、現実のこのブログを開いたら『ジャンプ感想』と『サンデー感想』の更新しかされてなくて驚くと。

って前にも同じこと書いたなぁ。

まぁ、誰に対していいわけしてるのか自分でもわからないので、とりあえず思い出せる範囲で『脳内更新』を『現実更新』に変えてみるとしまっす。

・ながら読書
3月下旬から最近まで、『FF11』やりながら積ん読状態の雑誌を消化してました。
『カンパニエ』の発生待ちのときとか壁叩きのさなかとか、あと『ビシージ』のMP回復待ちのときとかに。

まずは5冊ほどたまった『ジャンプSQ』から。

『ジャンプSQ』はいつもコンビニで買ってるんで、そのまま職場に持ち込み、昼休みとかに読んでまして。
購読してる月刊誌の中ではけっこう読んでる方なんすが、やっぱり1回連載を読み飛ばすと最新号を買っても、まずは先月号のその連載を読んでからとなって、どんどん“読める”連載が減っていくんすよね。

最終的には半分くらいになってました、最新号買って読める連載。
我ながら読み飛ばしすぎ。

短期集中連載だと毎号買ってるのに第1話から最終第3話までまるまる読んでなかったりして、ある意味一気にラストまで読めてお得っしたよ>『血界戦線 -魔封街結社-』

ただ、『血界戦線 -魔封街結社-』は連載するにあたってのプレ・ストーリーってにおいがぷんぷんして、正直あんま面白くなかったっす。
話はあってないような感じでしたし、世界観というか街の設定はわかったけど、謎だらけなのがよくわかりましたと。
でもって、一番残念だったのがキャラの掘り下げが顔見せ程度だったこと。
もちっとキャラと話を絡めて欲しかったなーと。

この作者の描くキャラが好きなだけに、残念っしたよ。

で、『ジャンプSQ』を読み終わったあとは『月刊コミックREX』を消化消化。
かつては買ったその日にだいたい読了してたREXですが、『FF11』の魔力の前に(略)

でも、やっぱ読めばちゃんと面白いっす。
特に『学園天国パラドキシア』が毎号安定して面白かったっす。

あと、もともと好きな作者でひいき目だけど、『エスペリダス・オード』とかも。
ただ、こっちはちょっと読み応えという点でボリューム不足な気も。
もっと読みたい、もっと話を進めて欲しいっす。

【“雑記:記憶の底から”の続きを読む】

テーマ:どうでもいい報告 - ジャンル:日記

  1. 2009/04/07(火) 01:02:18|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

感想:少年サンデー 18号

週末になると酒を飲みたくなるけど、がまんがまん。


・表紙
今週の表紙はアニメ化記念で『ハヤテのごとく!』と『クロスゲーム』のコラボ・イラスト。
『ハヤテ~』は第2期、『クロスゲーム』は初のアニメ化と。

コラボといっても、構図を合わせてハヤテとナギ、コウと青葉が並んで立ってるだけなんすが、それでも絵柄が全然違うわりには違和感ないっすねー。

それにしても、『クロスゲーム』がアニメ化ってお話どうするんだろ。
たいして進んでなくないっすか?

たまに青葉のこと気にしたりしつつ、ずーっと野球ばっかやってるだけの話のよーな。

まぁ、アニメ版『絶対可憐チルドレン』もあの予知の結末がでないままちゃんと放送終了したし、『クロスゲーム』も甲子園出場決定(するんだよね?)して終わりになるのかな。
恋の行方は第2期に期待せよっ、って感じで。

・『ハヤテのごとく!』1位の人カード
「優勝した奴は…!!
 脱ぐ!!」
というナギの宣言通り、巻頭綴じ込み付録は『ハヤテ~』の第2期キャラクター人気投票で第1位になったキャラが脱いでるカード。




栄えある犠牲者……もとい1位は、我らが生徒会長『桂ヒナギク』でしたー。
『着替え』てなカードタイトル(?)通り、裸ニーソなヒナギクが制服を抱えて体を隠してます。

うーん。確かに脱いでる。脱いでるけど。

これはこの前の西沢さんの方がより脱いでるよーな。

しかも、今回巻頭カラーでアーたんがちょっとお色気放ってて、そっちの方がインパクトあるっていうかそれは趣味の問題ですかすみません。

でもまー、企画としては面白かったっす。
個人的には、言い出した張本人=ナギが1位になるっていうベタな展開が見たかったかなっ。

【“感想:少年サンデー 18号”の続きを読む】

テーマ:週刊少年サンデー感想 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2009/04/03(金) 02:04:40|
  2. 雑誌感想(2009年以前分)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

感想:少年ジャンプ 18号

禁酒始めました。
とりあえず、今週から来月いっぱいまで続けるつもり。

前のときと違ってお肌の調子は悪くないんすけどね。

腹が、ね。腹が。腹がー。


以上、お酒は高カロリーなんだぜーというお話でした。


・表紙
今週は『ONE PIECE WEB』オープン記念で『ワンピース』が表紙+巻頭カラー。

表紙イラストはお花見するルフィたち。
ブルックはアフロが桜色になってます。

あー、こういうおじいちゃんいそう、とか思ったっす。派手に髪の毛染めてるおじいちゃん。
派手にすると逆に老けて見える不思議をかいま見たっす。

・ワンピース
一方、巻頭見開きカラーは鍋をつつくルフィたち。

毎度のことながら食ってばっかだな、この連中。

で、ゾロがビールとおぼしき液体をジョッキに注いでる。

実はルフィたちの年齢知らないんすが、なにげにみんな20歳越えてるんすか?

って、ちょうど今週の『いぬまるだしっ』でナミは『10代』という情報が。

そういや、ナミは飲んでないっすね。

つーか、飲んでるのはゾロとウソップだけ?
ロビンは余裕で20歳越えてるはずだし、フランキーもあれで10代ってこたぁないだろうし、ジョッキが見えてないのは構図とかそういう問題か。

でも、あれだ。
ルフィの年齢だけは想像しにくいなーと。
性格と行動から考えれば10代っぽいけど、前に20歳越えてるって聞いたような気もします。

じゃあ、何歳なら納得できるんだと言われれば…………、何歳でも納得できないかも。
女ヶ島でのこととかー蛇姫のこととかー、後先考えない性格とかー、でもルフィだからって言われれば納得できるお約束。

閑話休題。

本編1コマ目でナミ登場。
あれ? 今回は『インペルダウン編』はお休みで仲間の方の話をやるのか、と思ったらボン・クレーが変身してただけだった。

久しぶりにみるとナミは美人だなーとか思いました。まる。

それにしてもボン・クレー、いくらでも本物の女に変身できるのになんでいつも素の自分なんだ?

そこらへんやっぱ、ボン・クレーは口でオカマオカマ言ってるだけにしか思えない。キミ、ほんとにオカマなのかと。

いあ、ボン・クレーのことは好きだし、いいキャラしてると思いますけどね。そこだけがしっくりこないっすよ。

そして、“イワさん”こと『エンポリオ・イワンコフ』が登場。

これまた強烈なインパクト。
口調といい、観衆とセットになった口癖といい、例によって例のごとく露骨なまでのキャラ付けなんだけど……、それがまたいいなぁーと。
こうもよく1回出ただけで覚えられるような濃いキャラ、次々繰り出せるもんだー。
すげーぜ>作者

しかし、1つだけ疑問が。
イワさんを仇と狙うあの乱入者は一体どこから来たんだろう?

よしんば偶然『インペルダウン5.5番地』を見つけたんだとしても、檻から出てるのはおかしいし武器もってるし。
最初から『インペルダウン5.5番地』の住人だったら、このとき初めてイワさんのこと知ったってのも腑に落ちない。

うーん。謎だ。

【“感想:少年ジャンプ 18号”の続きを読む】

テーマ:週刊少年ジャンプ感想 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2009/04/01(水) 01:58:32|
  2. 雑誌感想(2009年以前分)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

FC2Ad