FC2ブログ

流れる川の底の砂

駄文ブログです。ネトゲ/UO、漫画・雑誌の感想、日々の雑感などなど。 日記と呼べるほど更新されない可能性大。

感想:少年ジャンプ 25号

最近、朝駐車場にいくと鳥の爆撃をくらってることが多いです。

そこらへんで鳥なんて全然見かけないのに。

た、祟られてる?


・AKABOSHI -異聞水滸伝-
新連載。

どこかで聞いたような名前だと思ったら、作者の天野洋一って『OVER TIME』の人なんすね。
前作は野球マンガで今作は水滸伝とか引き出しの多い作者だなー。

などといいつつ、ネットでたまたまその事実を知るまでは『リボーン』の作者(天野明)と名字が被ってるせいだと思っていたのは秘密だ。

それにしても、最近出戻ってくる作者が多くないっすか?
『バクマン。』をどこまで真に受けていいのかはわかりませんが、それってあの激戦の連載会議を再びくぐり抜けたってことで。ただただすげーと思わされるばかりっすよ。

そして、そんな猛者たちがはかなく散っていくのがジャンプですよっと。
出戻って短期打ち切りって多いっすよね……。

あ、出戻りじゃなくても短期打ち切り多いか。
あげくに借金プレゼントっと。

切なくなってきた。

閑話休題。

うーん。可もなく不可もなくって感じっした。
絵は上手いし読みやすいんだけど、読んでて泣いたり熱くなったりしたかっていうと特にそんなことはなく。

主人公のキャラも個性的だとは思うものの、こんなやつ初めてだ! と思えるほど新鮮でもなければ、これからの一挙一投足が楽しみになるような期待感もなく。

でも、ギャグ部分は面白かったっす。序盤の主人公とヒロインのやりとりとかクライマックス直前の、「チクんのぉお!!?」とか。
ヒロインのナイスツッコミが楽しいっす。

あと、あれだ。
絵の上手さとギャグ混じりの展開見てたら、ちょっと『D.Gray-man』を思い出してしまったっすよ。
なんかノリにダブるものを感じたんすがどうでしょー?

「“替天”の名を語るのに必要なのは 正義じゃねー…
 “剣(ちから)”だ!!!」
鉄鍋じゃダメだと。

…………。
ところで、これ、『語る』じゃなくて『騙る』の間違いなのかなー。

仮にそうだとするともちろん力も必要だろうけど、正義がなけりゃ騙る意味がないような。

【“感想:少年ジャンプ 25号”の続きを読む】
スポンサーサイト



テーマ:週刊少年ジャンプ感想 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2009/05/20(水) 00:39:46|
  2. 雑誌感想(2009年以前分)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0