流れる川の底の砂

駄文ブログです。ネトゲ/UO、漫画・雑誌の感想、日々の雑感などなど。 日記と呼べるほど更新されない可能性大。

感想:少年サンデー 33号

なでしこジャパン、決勝進出おめでとーっ!


・表紙
今週の表紙+巻頭カラーは『篠崎愛』のグラビアっした。


なんだか腰がないみたいに見えるっす……>1枚目
腰のくびれがってんじゃなく、胸→腹→下半身となるところを胸→下半身みたいな。

裾は入れろ、とは言わないっすが、どうにかならなかったのか……>服装


・BUYUDEN 武勇伝
「いや…… でも俺達6年生で一応受験あるし…」

中学受験かー。
ブルジョワだなー。

……ってイメージが貧困か>自分

とりあえず、子供で受験生っておよそボクシングに向いてないよなーと思う。
ものすごい勢いで覚えたこと忘れていきそうだ。





・マギ
イサアク復活っと。


やっぱあれで終わりってことはないっすよね。
あれで終わったら後味が悪すぎっすよ。あの殺し方じゃ。

しかし、

『フワァ…
 ガキ ガキン』

って、ロボットみたいだなっ>イサアク
思えば手も足もちょうど間接の所で切断されてるし、むしろ自分で切り離したんじゃないだろうなって疑念が。

ってか、アリババなんでそんなところ切断しようって思ったんだ……>前回
剣を振るタイプの剣術ならまだしもアリババのは突くタイプなんだし、普通胴体か首あたりを狙いそうなもんすがが。


あと、

「鎧と地面との間を強力な磁力で反発させて、超人的な加速を生むの…」

アラビアファンタジー(?)で『磁力』とか持ち出されると違和感が半端ないっす。
この時代、この文化レベルで『磁力』なんて発見されてるのかよ、と。

って、『磁力』が古代から活用されてたらごめんなさい。


・ケンイチ
『空中三角飛び!!』

えっと、これは……その、まさか……?
まさか、なにもない空中を蹴って三角飛び……してたり……する……?

って、

『宙を蹴って跳び蹴りの軌道を変えた!!?』

そのものずばりな解説セリフきてたっ。

こ、これはついに一線越えた感があるっすね。物理法則、なにそれおいしいの? と。

いあ、これまでも刀で戦車の装甲斬ったりしてたし、今回だって戦いながらビルの屋上に上がったりとかなりの無茶をしてるんだけど…………あれ? とっくの昔に殴り飛ばしてた?>物理法則

それならまぁ、いいか。










……いいのか? 本当に?

まぁ、あれっす。
どっかで“できること”と“できないこと”をはっきりさせないと、収拾がつかなくなりそう。

あー、でもそれをはっきりさせちゃうと、マンガ的な驚きが期待できなくなってしまうのかなぁ。
うーん。


・BE BLUES!~青になれ~
龍のフリーキックで逆転勝利っと。


「車イスじゃなかったら私だって……」

車イスじゃなきゃ、優希より早く龍に抱きついてた?>アンナ

いあ、それただのミーハー女なんじゃあ。
優希はずっと龍を支えてきたから抱きつく理由があるけどさ。アンナには特にないよーな。
龍が活躍してかっこよかったってだけなよーな。

もし抱きついてたら、その場の全員、“誰?”ってなっ(略)


・最後は? ストレート!!
「さっきっていつだよ?」

「…梶谷くんが2球目のボールを選んで…
 ニヤってしたとき…」


恐ろしく具体的だけど、まったくわからんわっ。
笑ったっす。


あと、ミキは意外と睦月のキャラ把握してないんすね>『むっくん 怒ってますわ---っ!』

それでいて、この尽くしっぷり……。
ミキの将来がちょっと不安です。


・ポケットモンスターReBURST
センターカラー。

ウェートレスなミルトが新鮮っすね。


『おまえに本当の覚悟ができていればの話だ……!』

ゼクロム、どんな無理難題ふっかけてくるのかと思ったら、

めさめさ正論吐いてきたっ。

つーか、普通にイイ奴だよっ。

警告も忠告も的確すぎるだろ、と。
必要な全ての情報を与えた上で選択を迫るとか親切だなぁ。


でもって、終盤、レンドがGG七戦騎の1人に狙撃されましたよっと。


びっくりする衝撃シーンのはずなのに、ものごっつい通常コマでふいた。

つーか、そのことにびっくりしたっす。

扱いひでぇなっ!>レンド
主人公の師匠で恩人みたいなものなのに。

もしかしたらラストで七戦騎登場まで入れたからページが足りなかったのかもしんないっすが、そこは素直にレンドが狙撃されて以下次号!! でよかった気ががが。


・最上の明医
「人命も大事だが、それよりも重要なコトもある」

医者がそれを言っちゃあいけないよーな。
医者は人命第一って言っとこうよ。

つーか、これも一種のトリアージなんすかね?
教えて指示することは簡単だけど、それでは人が育たず結局助かる人数が減ってしまう、ってな。

でも、でもなぁ。
命は1人に1つずつなわけで。
教材にされる方はたまったもんではないっすよ。

まぁ、難しいところですなぁ。


・月光条例
『高勢露は、オレを最大の恨みをこめてニラんでいた』

怖ぇぇぇっ>ツユ

ってか、思ってたキャラと全然違ったっす。
無表情・無感情どころか激情のひとっすか。

でも、これはこれでいいキャラっすね。
センセイに邪険にされてもすがりつくような目で見つめたかと思えば、月光は最大の恨みでニラむとか。

ツユがどんな事情を抱えてるのか気になるですよ。


・神のみぞ知るセカイ
「わ、わたし… みねるば!!」

栞についてる幼女な女神はミネルバっすか。
ミネルバといえばギリシャ神話のアテナでしたっけ。

こりゃまた神話ガン無視ですなぁ。
まぁ、いまさら言うことでもないか。


「角付きの連中は気に入らないよ!!
 駆け魂の仲間みたいなくせして!!」

角付きの角って一種の勲章みたいなもので装飾品かと思ってたんすが、実はほんとに生えてるのか?


「ヴィンテージのことで… お伝えしたいことがあります!!」

ハクアは優等生だなぁ。
この優等生っぷりがどう転がるのか。
裏目に出ないといいなぁ。
フィオーレのときは非常にアレでしたし……。


・ARAGO
「リオさん!! 撃って!!!」


『狼が銃を---…』


狼といえば童話で猟師に撃たれまくりなイメージっすが、その狼がショットガン(?)を撃つとー。

素直に面白かったっす。

ただ、ショットガン効くのかよっと思わなくもないっす……>黒騎士


「ジョーさんが乗ってきたバイクが…一人でに--」

ベガーが自ら前輪となって登場と。


これはなかなか燃えるっす。
ヘタレで雑魚な脇役もやるときはやる、かっこいいです。

『ARAGO』はここにきてやっとエンジンがかかってきたっつーか、ピースがハマりだした気がするっすよ。
このまま最終回まで走り抜いて欲しいです。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:週刊少年サンデー感想 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2011/07/15(金) 01:41:14|
  2. 少年サンデー感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://naseba.blog43.fc2.com/tb.php/1007-98a40171
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad