流れる川の底の砂

駄文ブログです。ネトゲ/UO、漫画・雑誌の感想、日々の雑感などなど。 日記と呼べるほど更新されない可能性大。

感想:少年ジャンプ 37号

島田紳助、芸能界引退っと。

盛者必衰っすねぇ。
1つの時代が終わった……とまで言うのは大げさかもしれませんが、明日からの番組表は確実に変わったっすね。


・ブリーチ
『祝! 連載10周年達成巻頭カラー!!』ってことで、今週は『ブリーチ』が表紙+巻頭カラーっした。


ついに『ブリーチ』も10周年かー。
私が知ってるだけで『ワンピース』『ナルト』、あと当然『こち亀』も10年以上連載継続中と。

誰かがどこかで言ってた言葉を思い出すですよ。
“少年マンガなんだから読者が少年のうちに終わらせろよ”とかなんとか。

確かに中学生くらいから読み始めた読者はもう二十歳越えてしまってますよな。

マンガは3~4年連載、全5~10巻くらいがちょうどいいんじゃないかと個人的には思うっす。ちなみに根拠はありませんっ。

まぁ、週刊と月刊じゃまた変わりそうではありますが。




閑話休題。


「暫く見ぬ間に随分逞しく…
 なってないわ たわけ!!!」

「痛え!!!」


感動の再会はギャグでっと>一護&ルキア

個人的にはシリアスシーンよりギャグ/コメディシーンを評価してるんでこれはありっすね。
むしろこの肝心なシーンにギャグを持ってきてくれてありがとうと言いたいっす。

ただ、一連のギャグシーンを敵が黙って見てるのはちょっと……。
ベタでもいいから「茶番はもう終わりか?」とか言って入ってきてくれれば、なんとか納得するんすがそれもありませんし。


「馬鹿野郎
 ルキア一人じゃ… 無えよ!!」

と恋次、白哉などなどお馴染みの隊長・副隊長たちが登場っと。

お……おーう、隊長たちがそんな雁首揃えて。
これはもう完全に詰んだやん>銀城・月島
ただでさえ、完現術は死神の力より劣ってる感じがするのに、隊長3人相手にどうしろと。
『ワンピース』のホーディといい、最近のジャンプじゃいじめが流行ってるのか?

でもって、そんな心強すぎる味方たちに囲まれた後で、

「見せてやれ 一護!
 絶望では貴様の足は止められぬという事を!」

とかやられても、正直大人げないというか格好悪いっすよ>一護
なんか子供のケンカに両親どころか親戚縁者一同集まってきた、みたいな印象がが。

そして、何より格好悪いのは、

「…月島とやらの能力は浦原に聞いた」

これっす。

ほらぁっ! 浦原さんを信じていればっ!

と思ってしまうっすよ。これは。

また、ここまでの話って浦原さん信じても似たようなことできたと思うんすよね。
浦原さんを信じた上で、月島に斬られたチャドや織姫、妹たち友人たちを元に戻そうと奮闘するとか。

まぁ、ともかく、“疑う一護”じゃなく“信じる一護”を見たかったっすよ。
疑心暗鬼にハマっていく少年マンガの主人公はどうかと思うっす(ホラー除く)。


あと、巻末目次の作者コメントにこんなことが書かれてました。

『10周年。記念すべき号に、記念すべき回を載せることができました。
 もうちょっとの間、一護達をよろしくです』


“もうちょっとの間”、だとぅ。
それはつまり打ち切り決定……なのか?

うーん。どうなんだろう。
10年続いてきて、そのうちの数ヶ月が低調だったから打ち切り、ってのは厳しすぎると思うなぁ。
反面、お話的にはいつ終わっても不思議じゃないような気もするし。

とりあえず、次号からの動きに注目したいっす。
続いて欲しいかどうかは…………うーーーーん。

このまま終わって欲しくない、とは思うかなぁ。
終わるにしても惜しまれながら終わって欲しいなと。
そう思える程度には毎週楽しませてもらってきたと思うっす。


・ワンピース
麦わら海賊団+ジンベエVSホーディ海賊団が本格激突っと。


一方的な展開なのは望むところだし、戦力的にもそれが当然だとは思うんすが、それがずっととなると少々飽きがくるかなぁと。
敵も味方も大所帯すぎるだろ。

でも、あれか。
実はこれでもだいぶ端折ってるのか?
フランキー作の兵器でナギたちはひとまとめにされてたわけですし。

何人か完全な非戦闘要員でもいればいいんでしょうが、全員そこらの海賊船長よりよっぽど強いんですよねぇ>麦わら海賊団


あと、

「おい スルメ~ おれだよ
 のせてくれー!!
 お前一度ウチのペットになった 友達だろ!!」

ペットなのか、友達なのか>クラーケン

そして、名前が『スルメ』か。

つーか、ペットにするときわりとひどいことしてたよーな気ががが>ルフィ
ホーディからは『奴隷』呼ばわりだし、どっちにしろ過酷な環境っぽいなぁ……>クラーケン


あとあとっ、ホーディは何回面目潰されたら許してもらえ(略)


・ナルト
『…ダメだ!
 完全に操られてる…』

でも、結局やられてしまうと>長門
いままで自分の弱点ぺらぺらしゃべったりやる気見せない穢土転生キャラ見て、カブトなにやってんだって思ってたけど……操ってもあんま変わりな(略)

まぁ、あれですよな。
使いこなすには術とか身体能力とかちゃんと把握しておかなくてはいけないわけで、そりゃ操れるから即100%力発揮! とはいきませんわな。

それにしても、長門は退場かー。
イタチが自由になったんだから、イタチの幻術で長門もって思ったけど、あれシスイの幻術なんでしたっけ。
もう少しイタチ&長門コンビを見ていたかったなぁ。


あと、

「オレは師匠の所に戻って お前の物語を見ておくと…するよ…」

ときどきでいいから小南のこと、思い出してあげてください……。あ、弥彦のことも。

ってか、あいかわらずよくわからない死生観っすね。
“ナルトの物語を~”っての例え話っすよね?
死んだら死者たちに会えるわけじゃなく、ずっと眠りっ放しとかそんなの?>死後の世界


・トリコ
高さ約5千メートルの大山が流れてきましたよっと。


サニーの新技→トリコの新技ときて、今回は2人の合体技を披露と。

うーん。正直、似たような展開でいまいち盛り上がらないかなぁと。
厚さ1kmもある滝なんだし、すんなり通り抜けられたらつまらないっすが、ずっと必殺技祭りってのもなんだかなぁ。

それと、落ちてきた大山5千メートルて!
ちなみに富士山の高さは3776メートルだそうっす。

富士山以上の大山を人間2人が素手で砕くのかー。
すごすぎてちょっと実感がわかないっすよ。


・ST&RS -スターズ-
第7話。

前から6番目っと>掲載順位
軌道に乗った?
まだ気が早いかな。

つーか、急落した『magico マジコ』の例もあ(略)


それはさておき。


最近、読むのが楽しみになってきたっす>『ST&RS -スターズ-』
あいかわらず微妙な展開だと思うんすが、なんとなく先が気になるっす。知らず知らずに引き込まれてるってことなのか>自分
まぁ、来週からの新展開にも期待したいです。


「散らばった資材を積んで階段を作ります!!」

なるほど。試験の応用みたいなもんすか。

しかし、あれですな。
大穴から這い出るのに階段作ったり斜面を資材がすべり落ちたり、なんか想像してたのと違いますな>月面
宇宙空間っつっても重力が6分の1になったくらいでは、ジャンプで軽々脱出ってわけにはいかんのか。
そこらへん素人キャラを使って説明しといて欲しかった気がするですよ。

って、前も書いた気がするなぁ。この話。


「間に合った…!!」

深海の切れかけたバッテリーをめぐるのバッテリーと交換成功っと。


って、バッテリー交換なのか。
めぐるが変わりに階段支えるのかと思った。

つーか、めぐるに限らず深海以外のキャラが活躍するフラグなのかと>バッテリー切れかけ
一応、宙地が機転を利かせて活躍したっちゃしたけど……地味だなぁ。
おいしいところは白舟が持っていってしまったし>めぐる掘り出し


・鏡の国の針栖川
第6話。

ラブミラーの出自についてうんたらかんたら。


まだルール説明が続くのかぁー。
そろそろツライっすよ。
もっとドタバタしようよ。ラブコメしようよ。

……とか思ってたら、ラストでまさにそんなシーンがっ!>試着室で真桜と針栖川が入れ替わり

こういうの待ってましたっ!
次回の、『針栖川の歴史的言い訳』に期待期待期待っ。


・HUNGRY JOKER ハングリージョーカー
『第7回ジャンプ金未来杯 エントリーNo.5』。
作者は『田畠裕基(たばた ゆうき)』。

あらすじは、

21XX年、未知のウイルスで野生生物が爆発的進化を遂げ、人類を絶滅の危機に追いやっている世界。
周囲の大人たちが諦めと絶望を口にする中、アリスとモナ姉妹は心折られず暮らしていた。そんな2人の前にある日、奇妙な科学者の少年が現れて----

ってな、バトルアクションマンガ。


面白いような、そうでもないような。

うーんうーんうーん。

はっ!

話はテンプレだけど、絵の上手さと画面の読みやすさで面白いよーな気がしてるだけなのかも。
だから読んでて、読めるけどどこか退屈、と思ってしまうのかも。かもっ。

というわけで、絵は上手いけど話やキャラは可もなく不可もなくな感じっした。


・銀魂
真撰組に落ちこぼれボンボンが放りこまれてきましたよっと。


いつになく近藤さんが上司っぽい!

って思ったけど、いつも通りのひどい扱いだったっす。


・ぬらりひょんの孫
首無しに背後から斬りかかる毛倡妓っと。


実はニセモノの毛倡妓ってオチか!

と思ったら逆だった。
首無しがニセモノっすか。

ってか、首が浮いてない時点で気づけよと>自分


それはさておき、少し掲載順位上がってきた?>今回、後ろから7番目
バトル展開になると上がるってことなのかー。
みんなバトル好きなんだなぁ(?)


・magico マジコ
まぁ、バトルで順位を下げたマンガもありますがが。


で、今回からはまたラブったりコメったり。

面白いじゃないか……っ!

ってか、やっぱこっちの方がいいっすよ。ほんとこっちのがいいっすよ。
もうバトルのことは忘れて、ラブコメで順位を回復させていって欲しいっすよ。


「『クローゼット』と唱えると神着はバングル型になって収納されるはずだ!!!」


それはつまりっ。
着ている服が瞬時に収納されるということは……っ。


「ク… 『クローゼット』ーーツ!!!」


いつもの服に戻る……だと……。





えー。





・エニグマ
新キャラ出たり新ギミック出たり、電車編が本格開始っと。


『これは… まるでe-testと同じだ…!』

第2ラウンドっすか。

でも、しかし、うーーーーん。
ぶっちゃけもうこのマンガに対する集中力が切れてしまった感ががが>自分

学校編終了でだいぶ謎が解けた一方で新たに増えた謎っつーか、エニグマがどーのキリヲがどーのって話にはついていけないし、掲載順位も打ち切り圏内ってことでどうにもテンション上がらないっすよ。

新章開始もいいけど、ここいらでちょっと情報整理してくれないかなー。
このままじゃ話についていける気がしないっす。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:週刊少年ジャンプ感想 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2011/08/24(水) 01:57:42|
  2. 少年ジャンプ感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://naseba.blog43.fc2.com/tb.php/1026-95db8283
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad