流れる川の底の砂

駄文ブログです。ネトゲ/UO、漫画・雑誌の感想、日々の雑感などなど。 日記と呼べるほど更新されない可能性大。

感想:少年サンデー 44号

どこからともなくキンモクセイの香りが漂う季節になってきたっすね~。

で、キンモクセイと言えばトイレのにおい……ってなネタが定番なわけですが、最近でもこのネタ通じるんだろーか?
いあ、最近のトイレの芳香剤ってあんまキンモクセイの香りは使われてないような気がして。
そうでもない?


・表紙
今週の表紙+巻頭カラーは、『吉木りさ』のグラビアっした。


うん、まぁなんだ。
最近のサンデーはグラビアの肌色率が高いなー。
前はもっと毒にも薬にもならないよーな、日常の1コマみたいな写真が多かった気がするですよ。

だから何ってわけでもないんすが、出版数低迷してるから肌色で読者を増(略)
そんなことで増えたら苦労はしない、か?




・最後は? ストレート!!
巻頭カラー。
ただし、扉ページだけっと。

その扉イラストはページを横に使用しての横長イラストっすか。
これは新鮮かもっす。

でも、白と黒しか使われてないっていう>ユニフォーム
各キャラの髪色もほとんど黒か茶色だし、なんつーかカラーページの無駄遣(略)


それはさておき。


「奴は次に来る球種がわかってるからな」

神無の川俣さん対策とはストレートを投げさせることだったと。


なるほど~。
誰かが言ってたこんな言葉を思いだすですよ。

“野球は心理戦”

バッターとピッチャー(+キャッチー)の、心の読み合いがうんたらかんたららしい。

というわけで、今回の心理戦面白かったです。
直接的な力と力のぶつかりあい、みたいな野球マンガもいいですが、こういう心と心のぶつかりあいもいいよねと。


あと、

「学園に買ってもらった、このダルビッシュ君のスライダーを」

そういや人数ぎりぎり、メンバー寄せ集めの急造チームだけど、別に貧乏でもなければ学園に邪険にされてるわけでもなかったっすね。
なんつーか、新しいな……。


・マギ
「じゃあな~~」

帰んのかよっ>ジュダル
今回は宣戦布告だけってことなのか。
ジュダルらしいけど、ちょい肩透かし食らった気分っす。


「おまえも武人として国のために。
 あんなに戦いたがってたじゃねーか!」

そういえばそんなこと言ってたなぁ>紅玉
でも、いまやすっかり乙女モードなわけで。
武人の道を求めたときには政略結婚が用意され、乙女モードになったときには武人の道が開かれて。
人生ままならんですなー。


「ですから姫君は……
 どうぞ“いつまでも”私の国にいてくださいね!」

にっこり笑顔のシンドバッドが怖いっす。
それ、絶対政治的思惑含んでるだろーと。

そう考えると、紅玉もとことん幸せに縁が遠そうだなぁ。


・BUYUDEN 武勇伝
「俺は今度の大会に出たらボクシングはやめるつもりだ」

小学生が自分の可能性に限界を感じて、早くも引退を決意とかっ>豹真
笑えるよーな笑えないよーな……。


「キッズ大会の組み合わせが届いたよ、見る?」

次回から試合編開始っと(?)

楽しみに思ってる自分に気づいたり。
やはりスポーツマンガは試合してなんぼですよな。


・神のみぞ知るセカイ
「ツキに頼るなんて… そんなの攻略じゃない!!
 正しい選択肢を選び続ける…… ただそれだけのことだ。
 リアルでもゲームでも何も変わりはしない」

桂馬、かっけーっ。
そして、あくまで“攻略”として見てるところがブレないなぁ。


「3日…?
 何が3日なんだ…!?」

おおっと、まさかの期限切りっすか。
いままで通り、ゆっくりまったり女神攻略を続けていくのかと思ってたっすよ。

しかも、3日ってまたえらい短いなぁ。

って、そもそもかのんの命もあと1週間(?)とか言われてましたっけ。
それを考えたら、これからの3日間が3ヶ月くらいの連載になることもある……のか?
そこまで引き延ばすタイプの作者じゃないか。

なんにしろ、ますます目が離せなくなってきたっすよー。
とりあえず、次回はハクアがでるみたいなんでその活躍に期待したいです。
名誉挽回がんばってくれーっ。


・BE BLUES!~青になれ~
ここにも乙女が1人っと。


「ハッハ… ドクター
 なにを言ってる?
 アンナはまだ子供だぞ」

サッカーに対してはあれだけの洞察力と分析力を持つおじいさんも、孫娘のこととなるとからきしなんすね。
意外っしたよ。

つーか、アンナはけっこう前から男を狩る女の目をしてるよね……。


・月光条例
「チルチルに新しい人生を」

現代に繋がった!

でも、現代の高勢露がわからんです。
単純にまだ出てないだけ?

それはさておき、この願いはなぁ。
うーん。病気の完治を願ってもいい気がするけどなぁ>センセイ
ちょっといたずらに自分を犠牲にしすぎな気がするですよ。
いわゆる、“まるで死にたがっているようだ”な印象を受けてしまってセンセイを肯定的な目で見られないっす。


・技の旅人
第2話、つーか後編っと。


後編ってことで、前回よりは説明セリフ少な目っした。
やってることはほとんど同じっすがが。

で、やっぱり面白いっちゃ面白いけど、世界観・キャラ・展開ともに目新しさはないかなぁと。


・ハヤテのごとく!
聞いてくれ! 泉がすごくバカだったことが判明したっ!

それは前からわか(略)

そんな話っした>今回


うん、まぁなんすかね。
自由っすね。すごく。
ほんと、次にどのネタ進めるのかまったく読めないです。

ってか、せめて主要ネタのどれかは進めて……くださ……い……。


「私、厳しいけどいい?」

笑顔が怖いっ>ヒナえもん
どうしてこんな妹がいながら、あんな姉ができあがってしまったのか……>桂先生


・はじめてのあく
「答えはこのオレ!!
 四ノ原カズ様の特製爆弾だ!!」

誰?

えっと……誰?


・鋼鉄の華っ柱
「獅子の子は生まれた時から獅子!
 誰にも媚びる必要はない、と」

媚びる必要はないけど、ケンカを売る必要もないと思うんだ。

真道に期待……すると卒なくなんとかしそうなんで、夏野にどうにかしてもらいたいなぁ。


・ポケットモンスターReBURST
『だが、オレは… 最強のBURST戦士!
 必ず耐えてみせる!!』

いあ、避けろよっ!>ハリル
あげく、キャロラの悲鳴に気をとられて、

「しまったぁぁぁぁ!!」

って……。
間抜けすぎるだろ……。


・最上の明医
国立公園にライオンのシマウマ狩りを見にきた義明たちっと。


実際、ライオンの狩りってどうなんすかねー。
生で見ると興奮するんすかね。
個人的にはグロくてドン引きしそうっす。
だって、生きたままシマウマががが。

ハッ! 義明たちは手術で内臓を見慣れ(略)
そういう問題でもないよね、たぶん。


・KING GOLF
「いっ…今の音で打球は大きくスライスして……!!
 右の林の中に入ったぞォ……っ!!!」

蒼甫、痛恨のミスっと>バッグ転倒


うーん。
勢いに乗りかけてたところを蒼甫のミスで……って展開は面白いし興味深いんすが、そのミスが特に理由のないケアレスミスってのがなぁ。
どうにも釈然としないし、こういうのもご都合主義だよなぁと。

できれば、起こるべくして起きたミスとして伏線張ってからやって欲しかったです。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:週刊少年サンデー感想 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2011/09/30(金) 00:53:35|
  2. 少年サンデー感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://naseba.blog43.fc2.com/tb.php/1042-c2bad612
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad