流れる川の底の砂

駄文ブログです。ネトゲ/UO、漫画・雑誌の感想、日々の雑感などなど。 日記と呼べるほど更新されない可能性大。

感想:月刊コミックブレイド 11月号

ネトゲに打ち込む日々。

でも、ちょっといい感じにむなしくなってきたかもです。


・屍鋼
表紙+巻頭カラー。

新連載。


うーん。可もなく不可もなく。
つーか、“序章”すぎて今回だけではなんとも言えない感じっす。
第1話なんだし、もう一歩踏み込んだところまでお話を進めて欲しかったっす。





・STEINS;GATE 比翼恋理のスイーツはにー
「未来ガジェット12号機… 「だーりんのばかぁ」!!!」

これ、ダル命名なのか。
本編でのダルのネーミングセンスとは違う気がするですよ。Ver.とかついてないし。

そして、このマンガ思いっきしゲームやアニメを知らない読者を置き去りにしているよーな。

が、その思い切りがなければ『STEINS;GATE』の外伝なんか描けないか。
私自身はゲームもやったし、アニメも見たんで面白く読ませてもらってまっす。


序盤の紅莉栖の寝顔がかわいいです。
寝ながら微笑みを浮かべるとかどんな夢を見てたのか。
寝起きデレなんていう高等テクニック(?)を暴発させてるし。
ここらへんの種明かしが楽しみっす。


あと、

「間違ってもスイッチは押すなよ!?」

驚いてスイッチ押すとかあるあ……ねーよっ。


・とらねこフォークロア
「--っていうかミヤちゃん 髪型変わってるし--!!?」

おだんご頭(?)にチェンジっと。

最初、掴まれやすいようにそうしたのかと思ったんすが、逆なんすね。
ポニーテールや長髪はオカルト現象の被害に遭うかもしれないから、自衛策をとったと。

うーん。根性なしだなー。
オカルト好きなら自らエサになってオカルト体験しようぜぇー。

でもって、おだんご頭はおだんご頭ですげー掴みやすそうな気がするのは自分だけでしょうか……。
まぁ、掴む側の手の大きさと両手か片手かにもよるけどさ。


・バガタウェイ
「永遠に続くものはないけれど--
 きっと 一生ものの絆はあるんだって」

ぐっときてしまいました。
何年も会ってなくても、いざ顔を合わせれば昨日も会ってたみたいに会話できるのは本当だよーとおっさんである自分が言ってみるっ。

ただ、そのハグっつーか谷間への押しつけは必要なのか……? と思ったり>キャプテンとイチ先輩
このマンガはちょくちょく狙ってるようなシーンや要素(コスプレとか)を入れてくるけど、正直作風にあってない気がするですよ。


・戦国妖狐
千夜が自分の中の闇たちと対話したり、殿様がネタバレ言ったり。


おお、真介が……真介がほめられてるっ。株が急騰してるっ。
剣の修行もちゃんとしてたとか。夢の中で。
違う、幽界の中で!
夢の中でやるのは通信空手よりひどい。

荒吹も正式に真介のものになったし、今回はある意味真介回ですなー。


・バベルハイムの商人
センターカラー。

新連載。


これまた可もなく不可もなくかなぁと。
決してつまらないわけではないんですが、どこかで読んだ感がばりばりと。
もちろんパクリってんじゃなく、こういうジャンルのマンガってあるよねと。

でもって、最後に主人公がセリフで起きたことの解説をしちゃうのがちょっとなんだかなぁと思ってしまいました。
このジャンルのマンガではありがちな展開なのかもっすがが。


・素足のメテオライト
『今こそ我が弓 人の為となる時
 狙うのは盗まれたバッグの紐!!!』


『この矢が外れたら私は全てを失う』


いあいあいあいあいあいあいあっ。
撃った時点で失うからっ!
殺人未遂だからっ!

ってか、なんでそんな活用法を思いついてしまうんだっ。
父の書術→人に元気を与える
母の華術→人を癒す

……のなら、弓術で人を魅せるべきじゃね。じゃね。
実際、スポーツって人に見せることが興業として成り立ってるくらいだしさ。弓術も極めれば見た人に感動を与えたりできるんでは。

ただ。

結局、この子はどんな場面でも神様に祈ってしまいそうな気はするなぁ…………。
スポーツだろうがひったくり犯相手だろうが、『この矢が外れたら私は全てを失う』の恐怖は同じだろうし。


あと、前回あたりから(?)気になってるんすが、喰星を倒すために神の力を使ったら無限ループになったりしないのかなー?
つまり、

神の力を使う→喰星出現→神の力で倒す→喰星出現→神の力で倒す→喰星出現→以下ループ

ってな風に。
喰星は常に1体しか存在せず、破壊直後は神の力に反応しない、とかそんなの?


・フカシギフィリア
「…お嬢さま また今月も警察上層部から“依頼”が…」

あーっ!!
なるほど、警察の偉いさんとコネがあるのか>ミーシャ
それで『潰し屋』のことは見逃されてると。

この情報は第1話で出して欲しかったなぁ~。
そしたら、ずっともやもやもやもやもやもやしなくてすんだのに……。

まぁ、それを知っても結局、『潰し屋』がおままごとなのは変わらないと思うっすがが。
むしろ、おままごと度が増えたかなと。


・レイン
サフィールがレインとの一騎打ちで散ったり。


逝ってしまいましたか……>サフィール&ルディック
もしかしたら生存エンドもあるかもと思ったんすが、まぁそれは美しくないですわな。
今回の合戦でも自分たちについてくることを選んだ名もなき兵士たちを死なせているわけだし、華々しく散るのが妥当っつーか正当ですわな…………。


・瑠璃垣夜子の遺言
第5話。


面白いし、作者・このマンガともども好きなんですが…………無理っす。隔月連載でこの話は無理っす。
あのとき誰がどうしたとか、そんなミステリー展開覚えていられるわけがないっ。


・宇宙炉心ムーモ
コタツでまったりしたり。


あいかわらずマイペース、ひたすらマイペース。

……なんだけど、なんだか読めてしまう……。
くやしいっ、でも面白い。ビク(略)

いあ、しかしほんとにこのマンガはいつになったら話が進むんだろう。
ムーモたちの勇姿を見られたらそれで満足しちゃうんだけどさ。
ハッ! そんな考えをもってたら踏ま(略)


あと、ラストの正座の上に石がズンッは普通に両脚骨折してしまいそうです……。


・CRY EYE
第8話。


面白いよーな、そうでもないよーな。

わかりにくさと絵のアレさで素直に面白いとは言いにくいっす。
ちゃんと理解できたら面白そうなんすが、正直状況がよーわからんです……。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:雑誌(既刊~新創刊) - ジャンル:本・雑誌

  1. 2011/10/16(日) 00:56:38|
  2. 月刊コミックブレイド感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://naseba.blog43.fc2.com/tb.php/1050-8f9cae38
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad