流れる川の底の砂

駄文ブログです。ネトゲ/UO、漫画・雑誌の感想、日々の雑感などなど。 日記と呼べるほど更新されない可能性大。

感想:月刊コミックブレイド 12月号

びみょうに体調悪いっす。
体調悪いとテンション下がって困るっす。


・表紙
今月の表紙は『とらねこフォークロア』っした。


新連載があるときはその作品に表紙をあげたげてって言いたいところだけど、こう毎号毎号新連載があるとそういうわけにもいかんのか。

でも、『とらねこフォークロア』が現コミックブレイドの看板作品かって問われるとそれもまた……うーん。




・Drc2
巻頭カラー。

新連載。


えーと、もし『中二病』という病気が実際にあったら? ってな感じでしょうか>コンセプト

それはそれでありだとは思うんすが、なんか読んでて気持ちの良くないマンガだなーと。
いじめで不登校になった少年が妄想抱いて『中二病』になって、得意げに学校でてきたら正義のヒーローに“治療”されて、結果“治療”の副作用で小学生のころまで記憶が後退て!
踏んだり蹴ったりだよっ。

でもって、結局、ヒーローが救ったのはいじめっ子だけってなんだそれ。

そりゃ、少年はイタいし邪悪に染まっちゃってるけどさー。
それを救ってこそのヒーローだろうと。

って、まぁ、『NO.8』はヒーローじゃないんだろうけどさ。
少年の『中二病』に話を合わせただけで。

ただ、それを差し引いてもやっぱ『NO.8』をかっこいいとは思えなかったっす。
じゃあ、少年の方に感情移入なり共感できたのかっていうとそういうわけでもなく。
さらには、世界観っつーか真相の部分も思わせぶりなばっかで要領を得ず……。

なんつーか、こう、楽しみどころがわからないマンガっした……。


「三年も研究して… まだこんな「現実(カルテ)」を積み上げるだけかッ…!」

このマンガが“主人公の挫折から始まる物語”で、今回の話がその挫折のエピソードならまだ興味をもてそうなんすが、このお姉さんはどう見ても主人公って感じじゃないよなぁ。


・屍鋼
「テレパス能力者と アンチテレパス能力者」

おー。
テレパスのヒロインにアンチテレパスの主人公と。

普通(?)ヒロインがテレパスだと、心なんて読まれてもOK! ってな主人公になりそうなもんだけど、アンチテレパスかー。
ありそうでなかった気がするっすよ。


「えぇ 最高でしてよ お父様」

ライバルはお嬢さまっとー。


……そこはありきた(略)


あと、ラストにでてきた『戦神の軍馬(スレイプニル)』のエンブレムがかっこ悪いと思ったっす……。
正直、8本足を持て余してないか……?


・戦国妖狐
「やがて 我が生涯の全てを見通せるようになった」

最後の姿が例の鳥装束なのはツッコむところなのか?

ってか、見通した上で屋根から飛び降りたりしてたのか>殿様
あかん、この人は器がでかすぎる……っ。
誰も勝てそうにないっす。

でも、自分の首と家人200余名を引き換えにしようとしてるんですよねえ。
剣の腕はすごいし、人望もあるし、神様まで味方につけちゃってるしで他に打つ手はいくらでもありそうなもんすがが。
どうしてあえてその道を行くのか気になるですよ。


「思い出しました。
 私はあなたに何度も救われている」

千夜が記憶を取り戻したり。


そういや、こんなキャラだったなー。
これ、人格の整合性はとれるんだろうか。
統合するにはあまりに隔たりがあるよーな気が>記憶喪失前と後の人格

そして、月湖に対する態度はどう変化するのか……。


・素足のメテオライト
ふ、古いな>狩○英孝


それはさておき、時間がちょっと進んでカメ次も神様を得たり、みんなで神様返却活動したりしてるけど、基本あんま話は進んでないよーな。
やってることもいつもの喰星撃退だし。

それでもこの、絆が深まっていく感じはいいもんですなー。
青春やでえ。

で、ふと思ったんすが。

後輩ちゃんどこいった?
神様否定派ってことで活動には参加できなくても、有介大好きっ子のはずだしなにかしらアクションかけてきてもよさそうなもんだけど。

つーか、だーいぶ姿を見てないよーな気がが。
そのうち出番あるんだろーか。


『被事故のスペシャリストだ!!!
 ずっととれないコルセットがその証だ!!!』

こんなところで謎が明かされるとはっ。

ってか、事故にあいすぎだろ>カメ次
むしろよくコルセットだけで済んでるなっ。


・フカシギフィリア
センターカラー。


マンガのプールシーンで、ちゃんと水泳帽をかぶってるのって珍しい気がする>冒頭

でも、ちゃんと髪の毛おさめてなかったっ。

つーか、風鈴とかつけてたっ。
大丈夫なのか、それ。ちぎれたりしないのか。
まさかの防水仕様なのかーっ。


・宇宙炉心ムーモ
第7話。


あいかわらず、進んでるよーな進んでないよーな>話
それでも“読めて”しまうのがこれまたあいかわらずだなーと。


「絶対に間違えないロリコン検出方法……となると
 …永久に受精しない」

「紙やデータ…」


二次元だからこそ、本来受精しない存在でも受精するって考え方もある気がしないでもないっす。
つまり、(略)


それにしても、今回はついに部屋から一歩もでなかったな……>ムーモたち


・STEINS;GATE 比翼連理のスイーツはにー
紅莉栖はコーラ派っ>扉絵


ドクペは昔1回だけ飲んだことあるけど、薬くさい味っした。
つーか、その時点でキワモノ扱いされてたよーな>○十年前

ちなみに私はペプシ派です。


「あと1日しかないし 急がないとね!!」

あと1日で紅莉栖の夢見デレがアキバ中に放送されてしまうとー。


ちょ、ちょっと強引な気がが>展開
予定調和がすぎるっつーか。

でも、紅莉栖の脳内映像には期待してます。


あと、フロ上がりでもあの格好なのな>紅莉栖

すんげー蒸れそうだ……っ!

まぁ、あれですよな。
製作上いろいろ都合があるんだろうけど、できれば服装はシチュエーションに合わせて欲しいなと思います……。
ゲームやアニメは製作人数が多いとか素材を作るのがアレとかで無理っぽいけど、マンガならそこらへん小回りが利きそうなイメージがあるっすよ。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:雑誌(既刊~新創刊) - ジャンル:本・雑誌

  1. 2011/11/17(木) 01:48:28|
  2. 月刊コミックブレイド感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://naseba.blog43.fc2.com/tb.php/1064-9ae9996d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad