流れる川の底の砂

駄文ブログです。ネトゲ/UO、漫画・雑誌の感想、日々の雑感などなど。 日記と呼べるほど更新されない可能性大。

感想:少年ジャンプ 01号

ついに1周回って『01号』ですよっと。

とはいえ、さすがにまだ年末気分にはならないっすね。
もうちょい引きつけて(?)から『01号』にしてくれればいいのに。

つーか、年明け初めて出すジャンプを『01号』にしてくれたら、号数が50代に迫るほど年の終わりを感じて追い詰められた気分になっていいのに。



……いいか、それ?


・バクマン。
表紙+巻頭カラー。


巻頭カラーで『第2回“マンガ”人気投票結果発表!!!』。


要するに作中作品の人気投票と。
それは別にいいんすが、

『「亜城木夢叶の原点」(26歳・男)』
『「ジャンプマンガでは貴重な本格推理マンガ」(22歳・男)』


などなど各タイトルの下についてる1行コメントはいったい?
人気投票に応募した読者のなりきりコメントなのか、編集者が考えたものなのか。
どっちにしろちょっと悪ノリがすぎると思ったっす。

つーか、この架空マンガ人気投票自体が悪ノ(略)




それはさておき、本編。


『亜豆と俺……
 そしてシュージン自身のためにも「REVERSI」を傑作にしてくれ!!』

例によって“読者のため”が入ってないのがこの2人らしすぎるっ。
ここまでくるといっそ清々しいなぁ。

とはいえ、あまりにもエイジやらアンケートやら結婚やらの、読者以外の方を向きすぎてる気もするなぁ。

あー、アンケート→読者受け→読者のために、とも言えなくはない……のか?
面白い作品にこそ読者は人気アンケートを入れるわけだし。

そう考えれば、アンケートを気にする=読者のために面白い作品を描こうとしてると言えるか。

だが、しかしアンケートとっててもアニメ化できないなら、自ら連載切ったりするしなぁ……うーん。


・ワンピース
『魚人島編』もまとめに入ってきたっすね。

ここまでホーディさんや幹部たちのしょぼさ、そして度を超した打たれ強さっぷりに、正直、『魚人島編』いまいちだなー、盛り上がらねぇなぁと思ってた自分っすが……、

「とうとう目醒めたのじゃもん
 世界をも滅ぼしうる力が…!!!」


『直るかな』

『直るといいね』

『約束の時までに』


ここにきて、評価が変わりました!
上のシーン読んでてテンション上がったっす。

いいっすね! 世界観を感じさせる思わせぶりなセリフの数々っ。
別に何か具体的に世界の秘密や先の展開が明かされたわけでもないのに、むやみに盛り上がるっすよ!
『歴史の本文』に『空白の100年』……、『ワンピース』の世界観にはわくわくさせられるっす!


それはさておき。


ホーディさんやバンダー・デッケンが王子たちの手で拘束されたり。


どいつもこいつも元気すぎるだろ……。
ほんとならホーディさんもバンダー・デッケンも必要なのは鎖じゃなくて、棺桶だろう。

でもって、王子たちも確かホーディさんの『撃ち水』だかなんだに撃ち抜かれてたよね。
ほんとならベッドで絶対安静だよね……。

そんなケタ外れに元気で頑丈なやつらに見守られながら、ルフィは輸血が必要とかね……なんかもう……なんかもう何言っていいのかわかんないっす。

ってか、ここにきてタイガーフィッシャー事件(?)の再現とか出来過ぎだろうと。
ちょっと心が動かなかったです。


あと、

「なァ ジンベエ……
 おれの仲間になれよ!!」

やめてっ。
これ以上、敵の幹部を増やさないでっ。
バトルシーンを長引かせないでっ。

……ってわりと本気で思ったっす。


・トリコ
「オレも本気でやるか
 この世の… すべての食材に 感謝を込めて…
 いただきます」

おっと、久しぶりに見た気がする>『いただきます』

しかし、『すべての食材に』ってのもなにげに傲慢だよなーと。
彼ら、あるいはそれらは食われるために存在してるわけではないはずで。
『食材』よばわりするのもどうなのか。

そこは“すべての命に”あたりでよかったんじゃないかなーと。
それはそれですべての命をいただくつもりか!? ってなって、傲慢に映るか?

まぁ、他者の命を奪って食らうこと自体が傲慢うんたらかんたら。


「あら 蒸すのねー
 いいわね」

少なっ。『般若パンダ』の可食部位少なっ。
あれだけの巨体で蒸籠12段ぽっちか。

ってか、おいしく料理しようとするから食べる部分が減るんであって、トリコがいつもやってる丸焼き、残すのは骨だけってのはある意味、『いただきます』の理念に叶ってると言えるのか?
まさに食べ尽くし、まさに感謝と誠意に溢れてると言いますか。


・まんたま
という名の『銀魂』。

『金時編』完結っと。


「男の子の剣はね
 パンツにおさめるもんじゃないの」

くっそ。
のっけから引用するのもはばかれるほどの下ネタに噴きました。
やっぱ、『銀魂』はシリアスパートよりギャグパートの方が面白いわぁ。


・ぬらりひょんの孫
センターカラー。


こんな前の方なのひさしぶりな気がする>掲載順位

しかし、それもセンターカラー補正な(略)


まぁ、なんすね。
盛り上がらないっすね。
東京のど真ん中(?)で“ゲーム”してるはずなのに、いつの間にかただの個別バトルになってるし、そのバトルシーンもなんだか最近は絵が見づらいばかりで迫力がない気がするっす。
加えて、これと言った面白いギミックや駆け引きもないですし。

清継くんは指先から血が出るほどキーボード打ってるけど、具体的に何やってるのかいまいちわからないし、カナはまた空気ヒロインに戻(略)


・ヘンテコ忍者いもがくれチンゲンサイ 出張版
『最強ジャンプ』の宣伝マンガ。
作者は『小栗かずまた』。


鼻が生理的に受け付けねぇええええ>チンゲンサイ
なんでブツブツつけたん!?


あ、それを気にしなければ面白かったっす。


・ニセコイ
クラスのみんなにデートのことがバレてたり。


考えてみれば、ヤクザの息子相手にみんなフレンドリーだよなぁと。
楽がヤクザの息子なのは有名っぽいし>第1話

ええ子たちやでえ。


それはさておき、小野寺さんが例のカギを楽の目の前で落としたり。

これは話が大きく動くのかな?>次回

そろそろ動いて欲しいかな。
ちょっとマンネリ化してきた気がするっすよ……。

まだ顔芸っつーか絵の上手さで楽しめてるっすがが>自分
キャラ問わずデフォルメきいた表情がかわええです。


・鏡の国の針栖川
センターカラー。


掲載順位は真ん中やや前方。

しかし、それはセンターカラー補(略)

いあ、ほんとにそんなものあるのかどうかわかんないっすが。


「里見と同じように お前の事が好きだ!!
 気になって仕方がない」


「私もあんたが好き」


えー。
それは人としてどうなんだ。

ってか、針栖川の好感度が一気に下がったっす。
堂々と二股宣言て!

それを受け入れる咲もどうなんだ。

だって、このあと真桜とも両想いにならなきゃ鏡の呪いは解けないわけで。
じゃあなんすか。針栖川と咲とで力を合わせて、真桜と両想いを目指すぞと。二股を3人合意で完成させるぞと。

なんか……それは……すげー気持ち悪いっす。
二股がどうっていうより、真桜に片想いする男(針栖川)と真桜の親友(咲)が真桜のあずかり知らぬところで両想いになったあげく、その輪の中に真桜を入れようと画策してるって構図が気持ち悪い……。

いあ、まだそこまで話は進んでないけど、少なくともそういう流れになることを針栖川は理解してるはず。

咲も親友(真桜)とお前両方好きだと言われて、ありがとうって返すのはどうかと思う。
言われた瞬間、恋が冷めてもおかしくないレベルっすよ。
何言ってんの? 引くわー。まじ引くわーって。


・SKET DANCE
SKET団に入部希望者がやってきたり。


3分で考えたようなキャラきたっ>入部希望の3人

しかも、

「そしてこの部を乗っ取ります」

超展開だし。

期待したいけど、生徒会の新キャラ事情(キリとかキリとかキリとか)を考えるとすっげー不安になるっすよ……。


・HUNTER×HUNTER
ゴトーが退場したり。


ああっ、いい人だったのに>ゴトー

これは死んだと解釈していいんすかね。
ラストシーン、首ちょんぱじゃなくて頭を前に倒してるだけに見えるけど、首から大量出血じゃ……同じことか……?

うーん。できれば誰も死んで欲しくなかったなぁ。
それはすなわちゴンのために誰かが死んだってことになってしまうわけですし。

って、前回の時点で不運な一般ドライバーが死んでる気もしますがが。


「もしも世界中でアルカの事 大好きなのが お兄ちゃんだけだったら…
 悲しいか?」

「へ えへへへへへへへ
 笑いが止まんないくらい嬉しい」


なんというシスコンっ、ブラコンっ。
この上、もしアルカが男の娘で兄妹じゃなくて兄弟だったとしたら……っっ。

ヘ、ヘンタ(略)

でも、アルカって一人称が『あたし』なんすね。
ますますわからなくなったっす。なんで『弟』、なんで『坊ちゃん』?


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:週刊少年ジャンプ感想 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2011/12/07(水) 01:56:26|
  2. 少年ジャンプ感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://naseba.blog43.fc2.com/tb.php/1070-a8c3210a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad