流れる川の底の砂

駄文ブログです。ネトゲ/UO、漫画・雑誌の感想、日々の雑感などなど。 日記と呼べるほど更新されない可能性大。

感想:少年サンデー 13号

むう。時間はあるのに集中力がない。


・ハヤテのごとく!
表紙+巻頭カラー。


6週ぶりに連載再開っと。

でも、内容はあいかわらず。
あいかわらず本筋進まない。進める気がみじんもない(っぽい)。

でも、これはこれで面白いのもあいかわらずっと。

というわけで、お帰りなさい~っ。
結局、なんのための休載だったんだろ……。


あと、ナギ始めみんな、のどと頭と関節が痛いって、それ風邪じゃなくてインフルエンザじゃね?





……全滅オチ、か…………。




・常住戦陣!! ムシブギョー
センターカラー。


カラーで見ると意外と白くないっすね>蟲奉行
白を基調としてるのは確かだけど、着物に水色のストライプが入ってたり帯が青かったり、はたまた袖に黄色の模様があったりと思ってたよりカラフルっした。
モノクロの本編だと白一色って感じなのになー。

あと、胸の傷がないのはわざとなんだろーか。
カラーページ特別仕様っつーか。


それはさておき。


おーう……、豹変した仁兵衛の正体明かされないのか。
うーん。いま一番知りたいのはそこなんで、まずはそこを明らかにしてから話を進めて欲しかったなーと。

つーか、この調子だと来週どころかもっとずっと引っ張りそうな雰囲気もあるよーなないよーな。
ヘタしたら正体に迫るのが長期目標になりそうっすよ。

うーーーーん。それだけは止めて欲しいなぁ。
ただでさえ、突拍子もない“覚醒”なんだし、根拠と発動のルールを明確にしてくれないとこれからピンチがピンチでなくなってしまいそうっす。
バトルマンガでそれはつまらないと思うっすよ。

でもって、仁兵衛が蟲奉行から離れてしまったのもなんだかなぁと。
蟲奉行と仁兵衛のいちゃいちゃ心の交流がよかったのに、来週からそれが見られなくなるのかと思うとテンション下がります。
そもそもキャラ変わってしまいましたしね>仁兵衛
いくら強くなっても、キャラの変わった主人公の活躍なんて見たくなーい。


・アナグルモール
「しかたない、聞き込みをするか。
 気配消し(インビジブル)解除」

すごすぎて笑ったっす。
この度胸、この順応力。
何者なんだよ、お前っ(※)
※ストーカーです


・GAN☆KON 願★婚
みんなで学校の七不思議に挑んだり。


「ちなみにこの学校では花子さんを見た人は「首をへし折られる」らしいわ」

パワー系すぎる……っ>花子さん

しかし、首をへし折られるのもイヤだけど、トイレの水で壁に叩きつけられるのも十分イヤだなー。

って、別に○器から噴出した水じゃないのか。○器脇の水道管から噴出したのか。
それでもやっぱイヤだな、うん。トイレの水には違いないし。


「ていうか、お前 メスだったの?」

「どこをどう見てもオスに決まってるだろ」


マガミ、実は女の子なんではー? とちょろっと考えたこと、私にもありました。
イサナとお風呂に入ってたし、ベタさを残しつつ意外性もあるよーな気がするし、ハーレム展開(略)

でも、男の子だったと。男の子で確定と。

だが、しかし!

「この服は椿のお古でどうしても着ろっていうから…」

だからこそできる男の娘とかっ。
その発想はなかったっ。


・最後は? ストレート!!
投手・睦月VS打者・御角のそっくりさん対決はフォアボールっと。


まぁ、投球以外にフォーム修正のために投げ込んだりしてれば、そりゃ体力も尽きるわなーと>睦月
元から体力のある方じゃないだろうし。

ただ、これで幕切れってのもあっけないし、どうかもう一波乱…………つーか神無の反撃計画はー?(しつこい)
御角登板前はともかくとして、3点の反撃も白服すげーってだけで神無さんの知略が全然発揮されてないよーな気ががが。
自分でさんざんハードル上げてきたんだから、チームの知恵袋としてその力を見せつけて欲しいっすよ。


あと、

「それより、後の3人をキッチリ抑えたのが大きい」

いいとこなさすぎる……>白服以外のメンバー
野球への情熱と経験値は彼らの方が高いはずなのに。

切ない。


・神のみぞ知るセカイ
のっけから栞を主人公にフルキャスト(?)で西部劇っと。


ここからどう世界の危機に、歩美の攻略に繋げていくんだっ!?

……と思ってたら、番外編だった。
そういや、前回そんな予告出てましたね……。

懐かしい顔も見られてこれはこれで面白かったけど、やっぱ本編の続きが気になるっすよ!


・絶対可憐チルドレン
「超能力妨害装置(ECM)の効いた状態で仕掛けられ、ヤブ医者のサイコメトリーに気づかれなかった能力だ!」

おー、伏線だったのか>ECM中の超能力攻撃
これは1本とられましたっす。ぶっちゃけ、ECM中だっていうのを忘(略)

つーか、『黒い幽霊』、完全に賢木と不二子の上をいってるなぁ。


・アラタ カンガタリ
半裸でセッションっと~>アラタたち


いかん、前回に引き続き楽しいっす>ギャグとシリアス(?)の融合
作者の新境地を見た思いっすよ。

ただ、

「鞘アラタ!
 こんなのは音楽じゃないわ。
 「心のない音」に力なんてない!
 倒して!! あいつらを!!」

サラスのこれはちょっといただけないかなーと。
やっぱ愛は一途であって欲しいっすよ。
変わり果てた恋人は倒すことこそが愛、ってのもありだとは思いますが、いまいちそういう想いなのかどうか描かれてないですし。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:週刊少年サンデー感想 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2012/03/02(金) 01:45:23|
  2. 少年サンデー感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://naseba.blog43.fc2.com/tb.php/1134-f3219bc9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad