流れる川の底の砂

駄文ブログです。ネトゲ/UO、漫画・雑誌の感想、日々の雑感などなど。 日記と呼べるほど更新されない可能性大。

感想:少年ジャンプ 20号

Amazonから3DS本体が届いたっす。

さて、今晩中に液晶保護シートを貼れるかな。
ちなみにいま深夜1時です……。


・こち亀
表紙+巻頭カラー。

レモンと子犬の物語、の続編っと。


うーん。ベタだ>戦う子犬
それでいて、昭和ネタが入ってたり動画投稿とかの現代ネタも入ってたり。
よくも悪くもいつもの『こち亀』……いあ、金儲けオチじゃなかったから、たまにやる“いつもの、きれいな”『こち亀』だったなーと。




・ワンピース
サンジたちに引き続き、スモーカーとたしぎの中身も入れ替わったり。


やっぱ人格入れ替えネタの面白さは鉄板だなと。
そら、読み切りはもちろん連載ものでもよく使われたりするわけだ。
それぞれのキャラがいつも以上に濃く出てて面白かったっす。

でも、他人の身体でタバコ吸うのはどうなんって気も>サンジとスモーカー

ってか、そこは肉体が慣れてなくてせき込むお約束が見たかったなぁ。


あと、

「あァ あれは“屁”でござる!!」

おならでしゃべれるて!
“ドロン”の能力よりそっちの方が驚きっすよ!


・ナルト
カブトが回想始めたり。


『名は記号… 眼鏡は道具…
 最初から… ボクは何者でもなかった』

ごめん、ちょっとなに言ってるのかわかんないです。

えーと……、これは何? 記憶喪失の孤児を装って孤児院に潜入した……んじゃなくて、ともかく最初から何もなかったと。
親もないし家もないし、名前もなけりゃ眼鏡もなかったと。

で……、マザーや孤児院の人たちや子供たちに優しくされて、感謝をおぼえ、ちょこっと成長して…………うーん?
やっぱりカブトがなんでこの思い出を暗い表情で語るのかわからんす。
回想だけ見ると何もなかったけど、マザーがいろんなものをくれたよ! ってな話っすよね?

それか、たんにまだ続きがあるってだけなのか。


・WJ読者プレゼント
ここには毎回、その週のプレゼントをネタにした半ページ弱マンガが載ってて、今回はポッキーを1本取るとその他が全部飛び出すイタズラ(?)アイテム『ポッキーショック』を題材にしたマンガっした。


「田中君! ポッキーあげる!」

「え? うん ありがとう」

パッアアァォ!!(飛び散るポッキー)

「!?」

「アッハッハハ!! ビビってやんの 超ダッサ!!
 アッハッハッハッハ」


なにこれこわい。
オチのコマが引っ掛けられた少年のなんともいえない、傷ついたよーな表情に被さる笑い声って…………。

いあ、まじでなんだこれ。
なんでこれを読者プレゼントページに載せようと思った?

そういや、このページのマンガってわりとシュール路線だったっけ。
これもその一環なのか。


・トリコ
「お椀いっぱいに入った豆を5メートルの長さの箸で食べてもらいます」

繊細さ以前にすげーパワーいりそうな気がが。


・無刀ブラック
『SPRING SPECIAL!!
 春の4連ゴールデン読切シリーズ 4号連続 第3弾!!』。
作者は『野々上大二郎(ののうえ だいじろう)』。

あらすじは割愛。


とてもシンプルな設定紹介マンガっすね。

1回目はわりと楽しく読めたんすが、2回目はシンプルさとベタさが退屈でつらかったっす。
絵は上手いと思うし独特とまでは言わないけど、個性があるよーな気がするっす。

でも、他に見るべきものがないよーな。

見せたいものをシンプルに描くって、たぶん大切かつやろうとしたら案外難しかったりするんだろうけど、見せたいものがありきたりでは驚きがないっつーか見る意味がないっつーか。

いあ、意味がないは言いすぎだけどさ。


あと、個人的に一番面白かったのは、

「月に代わってお仕置きです」

だったり。

セーラームーン? セーラームーンなのかっ?


・ニセコイ
旅行と言えばお風呂イベントですよっと。


「…とにかく!
 ここは見逃してあげるからさっさと出て行きなさいよ!!」

おお、千棘が味方に。
この展開は新鮮かもっす。

ダブル・ヒロインだからこそできる業だなー。
味方はヒロイン、敵……もとい見つかったらアウトな相手もヒロインっつー。


とりあえず、ババ抜きシーンひっくるめて、くるくる変わるヒロインたちの表情が楽しいっすね、このマンガは。

冒頭のカギに関しては…………まぁーた引っ張りそうだなぁ。
いっそ第3、第4のカギ持ちが現れると楽しいんすが。



……ありそうでこわい。


・いぬまるだしっ
「お父さんとお母さんと焼肉を食べにいくんだーーっ」

お母さんいたんだ……。


・パジャマな彼女。
第8話。


前から3分の2のあたり>掲載順位
びみょーに下がってきた?


それはさておき、ラムネのあざとさに笑ったっす。

でも、なんだろう。
そのあとの妄想含めて、なんかこう、不慣れな印象を受けるっす。
エロコメを“それっぽさ”でやってるといいますか。
そういや、三角関係も“それっぽい”ことやってるだけで、どっかちぐはぐなような……。


「……え?」

『モノにはさわれたハズ--…』

つかんだはずの粗大ゴミが元の場所に置き去りになってましたよっと。


うおお、こえぇー。
軽くホラーだな。

でも、このギミック(?)は面白いなぁ。
まくら主観と現実のズレかー。

これはまくらの身に起きてる現象に俄然興味がわいてきたっすよ。

しかし、これ計祐と2人っきりのときに起きてたら、全部計祐の妄想でした☆ な鬱エン(略)


あと、普通に誘拐されてね?>先輩
もう警察呼ぶしかないレベル。


・ブリーチ
『パジャマな彼女。』の次>掲載順位


最終章なのにこの位置に掲載すんのかー。
容赦ねーなー>編集部

終わることが決定済みなんだから、位置固定でいいと思うけどなぁ。


それはさておき。


「あのお方たつが来たとなると敵の軍団ももはや壊滅したも同然っス…………!」

ネルがやたら3人娘を持ち上げたり。

で、一護が到着したら案の定壊滅してるっていうー。


まんまコントやないっすか!
ちょっと面白かったっす。

ってか、この虚捕縛部隊、手駒を増やすどころか連れてきた部下も減りまくってるよっ。
よくいままで部隊として活動してこられたなぁ。

そして、虚はこれ、むしろどうすれば手駒にしてもらえるんだ……?
本気で逆らってから、降伏を勧められたら即座に土下座、か……?

無理ゲーすぎる。


・magico マジコ
レイヴンがマスコット・ウサギを撃破したり。


掲載順位後ろの方でバトル路線、かー。

だ、大丈夫なのか。

しかも、四天王っぽいキャラも出てきて長引きそうって。
明るい材料が見当たらないんすがが。


・めだかボックス
『漆黒宴』開始っとー。


「変態はあと五人いる」

笑ったっす。
セリフ回しにインパクトありまくりっすなぁ。
さすがと言うべきなのか>西尾維新


・現存! 古代生物史 パッキー
タケル父がタイムマシンを作ったり。


覚醒しだしたっ>タケル父
こういう、小物代表みたいなキャラが連載重ねていくうちに大化けする展開好きっす。

でもって、毎回コンスタントにクォリティ高いと思うのに掲載順位低いなーと>『パッキー』

面白いと思うんだけどなぁ。


・ST&RS -スターズ-
第39話。
最終回。


終わりそうで終わらねぇえええ! と思ってたら、突然終わった……。

いあ、確かにいつ終わっても不思議じゃない雰囲気と掲載順位ではあったけれども!

まぁ、なんすね。
よくぞここまでもった、と言うべきっすよね。
湖底湖ウォークが終わるころにはすでに打ち切り決定! みたいな雰囲気があったのに、それを宇宙人との接触、共同作業、さらには宇宙人の母星に渡って、今度は主人公たちが遠くの星の誰かにメッセージを届ける……なんてとこまでやったんですから。

ほんとがんばった!

連載序盤こそ乗り切れなかったっすが、それ以降は楽しかったし好きでした。
一言言いたいことがあるとすれば、ファンタジーじゃなくてSFが読みたかった、ってとこかな。

おつかれさまでした!>作者さん


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:週刊少年ジャンプ感想 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2012/04/18(水) 01:44:01|
  2. 少年ジャンプ感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://naseba.blog43.fc2.com/tb.php/1171-379aa166
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad