流れる川の底の砂

駄文ブログです。ネトゲ/UO、漫画・雑誌の感想、日々の雑感などなど。 日記と呼べるほど更新されない可能性大。

感想:少年サンデー 21・22合併号

ふと気づけばGW直前。
速い、速いよ!


・表紙
今週の表紙+巻頭カラーは、『AKB48』のグラビアっした。


1枚目のキス画像がデスマスクみたいで怖いっす。
顔と髪だけ切り抜くってのはどうなのか。カメラに向かって目を閉じてるだけの普通の写真じゃだめだったん?




・特別ふろく
『AKB48「キスの味初体験写真」』。


こ、これは……っ。
写真相手に“キスの体験”とかいろいろやばい。
黒歴史を作ってやろうと悪巧みしてるとしか思えない。

って思ったけど、裏の説明書きを読むとそうじゃないようで。

つまり、技術的には去年やった“香り付き写真”と同じで、今回は“キスはイチゴの味がする”ってな都市伝説(?)に着想を得て、各メンバーの“キス味”の香りを写真に付けてみましたと。

要するに“香り付き写真”の第2弾と。




……そこから“キスの体験”に持っていく発想がやべぇえええ。


でも、ニュースサイトで取り上げられてたし、話題作りとしては成功だった……のか?


・正しいコドモの作り方!
巻頭カラー。


いろいろ混ぜてきたなーと。
どっかで見た要素がてんこ盛りっすよ。

いあ、それとも“未来を変えるために主人公の結婚相手を変えようとするお話”としては、どれもテンプレの範疇なのか。

どっちにしろ目新しさはないかなーと。
とはいえ、だからつまらないってわけではなく、それなりに楽しく読ませてもらったっす。

ええ、それなりに。

なんか惜しい気はするんすよ。
あとちょっとで、もっと面白くなりそうな。

つーか、ぶっちゃけ絵がもう一皮くらいむけてたら、他はいまのままでも十分楽しめた気がするっす。
どうも微妙なんすよね。どうにも特徴のない主要キャラ、素人っぽいデフォルメ絵、いまいちあかぬけないメインヒロイン……。

絵が、絵さえもうちょっと、あと一歩上手くてエロくて洗練されてたらっ、いい意味でバカバカしいエロコメになってたんじゃないかなぁ。

って、まだ第1話だった。まだ過去形で語るには早すぎるか。


あと、主人公とメインヒロインをくっつける理由が、“他のヒロインとの子供は世界を滅亡させるウイルスの元になるから”っていうのはどうなのか。
それが本当ならわざわざメインヒロインとくっつけなくても、主人公の子作り絶対阻止! でいいような。
さらに言うなら主人公滅殺で(略)

まぁ、ここらへんは待て! 次号なんだろうか。
『精神操作』できる誰かが存在するみたいだし。


・ハヤテのごとく!
ヒナギクがオバケの声を聞いたり聞かなかったり。


普通に幽霊いたよっ!>神父

そういや、いたなぁ。正真正銘ほんとうの幽霊が。
まぁ、考えてみればアテネ関連でさんざんファンタジー展開してたんだし、幽霊の1人や2人いても不思議じゃないか。

ってか、笑い声の主は神父で正解だったんだろーか。
ベタなオチだとまったく違ってたりしますよね……。

いあ、

違う幽霊だった!

で、ホラーオチにするのは無理がありますがが。
幽霊いるのは揺らがないのかよ、っていう。


あと、パジャマ姿でハヤテを訪ねるとはなにげに大胆だなーと>ヒナギク


・AREA D 異能領域
なんとなく面白くなってきた気がする。


「簡単さあ!
 この通用門から中に入ってもらうよ!
 3分おきに1人ずつ順番に!」

やっぱり、つーかなんつーか、タタラさんがはりつけにされてて笑ったっす。
やられ役すぎんだろ。

それでいて、鉄骨が一本も身体に刺さってないあたり、気絶させられただけだったりするのかな。

ってか、そうであって欲しい。
タタラさんにはこれからも何かあるたび、まっさきにやられる役として活躍して欲しいなぁ。


・神のみぞ知るセカイ
船上で歩美の再攻略っと。


『好き』じゃないけど、『愛してる』かー。

やっぱ一筋縄じゃクリアさせないっすねぇ。
実に桂馬らしいし読んでて楽しくもあるんすが、ちょっと歩美が歩み寄りすぎっつーか惚れた弱みを見せすぎな気がしないでもないっす。
そろそろ、だめ男に惹かれるだめ女に見えてきたっすよ……。

そこまで桂馬を信じ、こだわるようになった絆やイベントがあったかって言うと…………なかった気が……するん……だよなぁ……。
これが天理かハクアならまだ説得力はあったと思うんすよ。
天理は主人公の隠れた顔も知っている“幼なじみ”ヒロインだし、ハクアは桂馬のやり方をだいぶ理解してるだろうしで。


・電波教師
「無理だよ…
 零子はここから出られないもん」

「…出しますよ。
 あなたが望むなら、“絶対に”出しますよ」


理事長、かっけぇえええええっ。

あきらめた者に対する、微笑みながらの断言が熱いっす。
思わず私の目頭も熱くなったっすよ。


でもって、鑑が零子を成長させた今回のお話は面白かったんすが、前回に引き続き、舞台設定が……、危機設定がが……っ、無駄に壮大かつハッタリきかせすぎで見てて気恥ずかしいぃいいいいい。

もっと身の丈にあった(?)すごさ設定があると思うんだ。


・最後は? ストレート!!
『違う、渋谷のバッターなんて比較にならない』

おーう。渋谷シニアの格が一気に落ちた……。

が、上には上がいるって感じでこれはこれでいい……のかなぁ?
相手は睦月たちより年齢からして違う高校生なわけだし。

とはいえ、うーん。
試合のときはあれだけ持ち上げてただけに、いまいちすっきりしないかなぁと。
渋谷は高校生より上であるべきってんじゃなく、子供のケンカに親が出てくるよーな反則感が……。


・常住戦陣!! ムシブギョー
「叶(かなえ)の奴…
 このバカ面にいつも優しく子守り歌を歌ってやっておったな」


で、ラストページの柱にこの文章、


『この子守歌のフレーズ…対巨大カブト戦で無涯が唱えていたもの…!?』


ナイス・アシストっ>編集さん
柄にもなく仁兵衛父がここで歌うからにはなにかいわくがあるんだろうと、そこまでは想像できたんすが、いままで登場したかどーかはさっぱりで。
過去回を読み返せない雑誌派なんで大助かりっした。

まぁ、歌の意味はまったくわからないわけですがが。


・GAN☆KON 願★婚
「ご主人様 お呼びですかーーー!!?」

あ……ありのまま今起こったことを話すぜ!
人間が神に攻撃するのは禁止! 禁忌っ! 不遜っ!!
って前回言ってたのに、犬笛で呼びつけられた神が人間をご主人様と呼んでいた……。
な……何を言ってるのかわから(略)

マガミの扱いに笑ったっす。
三峰さん、ナチュラルにひどいっ。


でもって、

「私… 多賀守くんが好きなの」

三峰さんがイサナに宣戦布告したり。


それでイサナの赤い糸が太くなってしまうのはどーなのか。
取られかけて初めて気づく新太の大切さ、かー。
それはなんかこう、すげーだめっぽい。
取り合ったあげく、勝ち取った瞬間、あれ? なんで私、こんな男に入れあげてたんだろう……ってなりそうで怖い。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:週刊少年サンデー感想 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2012/04/27(金) 01:50:59|
  2. 少年サンデー感想
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://naseba.blog43.fc2.com/tb.php/1177-be2af5f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

岩田華怜がちゃんねらーに宣戦布告

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/05/06(日) 23:58:11.58 ID:zP9OjNMu0俺が長文コメントした瞬間速攻で記事消しやがった喧嘩売ってんな岩田華怜22:50 (編集) - Mobile - 一般公開公演終わりました
  1. 2012/05/07(月) 09:02:23 |
  2. AKBニュース速報

FC2Ad