流れる川の底の砂

駄文ブログです。ネトゲ/UO、漫画・雑誌の感想、日々の雑感などなど。 日記と呼べるほど更新されない可能性大。

感想:少年ジャンプ 23号

久しぶりのジャンプ感想。

ってか、ブログの更新自体が久しぶりって話も。
ツイッターの転載除くと。


・恋染紅葉
表紙+巻頭カラー。


読み切りを経て、新連載っと。
確か読み切りを読んだときの感想は、“面白いけどベタだなー”だったと思うっす。

で、それの連載化ってことであんま期待してませんでした。
アイドル……もとい女優との恋っていうのもベタな上に『パジャマな彼女。』とかぶっちゃってますし。

が、

ごめんなさい。面白かったっす。
思わず謝りたくなるくらいに。

一目惚れした女の子が実は女優で~って流れはベタでも、一つ一つのイベントは新鮮味があったし主人公が友達に背中を押されて勇気を出すのも青春してていい感じっした。

ただ、ここからどう話を膨らませていくんだろうとは思ったり。
読み切りで描けたくらいの話だし、本筋だけ追っかければ3話で終わりそうな気がが。

うーん。そのために友達4人もいたりするんだろーか。

でも、いまいち脇役以上にはならなさそうなキャラたちなんすよねぇ>友達4人
それぞれ個性はあるけど、どれもベタな記号とい(略)




・トリコ
トリコが食の奥義修得目指して泡の道を歩き出したり。


展開速ぁあああ。

もう最終段階か。

いあ、これくらい速くないとダレるのが修業パートではありますが、反面速すぎてもありがたみがないっつーか説得力がないっつーか。
そもそも最初から強いトリコが修業して、一気にパワーアップってのもなんだかなぁって思ったり。
ただでさえインフレしがちなのにさらにインフレが加速しそうで心配っすよ。


それはさておき、終盤に出てきた骨っぽい怪鳥はあれっすか。
死んだことに気づいてない状態?

悪趣味だなー。

でも、それ以上にほぼ翼がないのに『バサバサ』って擬音が謎すぎるっすよ。


・ワンピース
「シンドは巨人族じゃないよ!!」

おーう。巨人族じゃなかったのか。
そりゃ巨人族の子供だったらネタとして普通すぎるか。

とはいえ、そうなるともはや詰んでるんじゃね、と>子供たち
この状態で家族の元に送り届けられても幸せは遠そうっすよ。

……と思ったけど、『能力者』のいる世界だからどうとでもなるか?
イワちゃんはホルホルの実の能力かなんかで、肉体に負荷をかけずに性別変えてたし。


あと、

「おい やっていいか!!?」

さすがすぎて笑ったっす>ルフィ
一応、仲間に聞くあたり容赦は見られますが、1人だったらきっと殴り飛ばしてた。
食える相手ならきっと食ってたっ。

そうじゃなくても、人間じゃなかったらきっとペットにしてたっ。

実に海賊だなぁ、ルフィは。


・ニセコイ
「ペアになった男女は必ず手を繋がなければならない!!!」

手を放すと急激に病気が進行して死……なんでもないです。


『来い…! 来い12番…!!』

来たよっ!
よもやなんの仕掛けもなしに狙いのくじを引くとは思ってなかったっす。
さくさく進行は嬉しいけど、やっぱ誰かの手回しネタが見たかったなぁ。
そういう要員も2人……クロード合わせれば3人ほどいるし、ってか多いな、陰謀工作得意なキャラっ。


あと、今回は楽の顔芸がちょっと不気味っした。
狙いのくじを引いたシーンとか、そのあとの小野寺さんとの会話シーンとか。
一瞬、誰かわからなかったっすよ。

ってか、主人公なんだしあんまキモく描くのはどーなんと。


・ハイキュー!!
「なあ! マネから1年に気の利いた一言ない!?」

「期待してる」

『トドメを刺してしまった』


普段無口で影も薄いけど、実はやり手で優秀なマネージャー……そんな気がしていたが、別にそんなことなかったぜ!


・magico マジコ
アニスが人型に変身しましたよっと。


え?

ええ?

えええーーーーっっ!!


つーか、ネコ耳じゃないんすね……。

もうちょっと原型とどめといて欲しかったっす。
アニスらしさ、ネコらしさ共に。

でもって、この前から時間切れが迫ってる、みたいなこと匂わせてたし、いつぞやアニスは生き物じゃないから魂操作(?)だかなんだかの魔法が効かなかった、なんて話があったから、これはアニスを存在させてる魔法儀式の効果が切れかけてるってことか! とかそんな気がしていたが、別にそんなことなかっ(略)


・SKET DANCE
引き続き、大阪編っと。


あかん、やっぱあかんっす。
どうしてもこのシリアスさが受け入れられない。
茶番っつーかギャグの前フリにしか見えないっす……。

前回も書いたと思うけど、なまじ伏線の張り方や回収の仕方がいつもと同じな分、よけいシリアスシーンとして見られない。いつも通り、笑う準備をしてしまうっすよ。


・パジャマな彼女。
下がってきたなぁ>掲載順位


うーん。あいかわらず、先輩のキャラが掴めないっす。
ここで告白するのはあり……な気もするし、事件のことを考えればなしな気もする。

計祐のこと好きになるのはね、以前からの関わりと興味、今回の事件で計祐に助けられたことを考えたらありだとは思うんす。
あのタイミングで助けにきて、さらには体を張ったんだし、心を動かされることもあるかもしれない。

でも、

でもなー。

道を歩いてたら拉致されてレイプされそうになったんすよ?
しかも、人気のない場所に連れ込まれるわ、服を切られるわで絶体絶命の状況まで追い込まれたんすよ?
あげく助けにきてくれた計祐は刺されるわ殴られるわで、骨折の大けがを負ってしまって。
そんなときに告白する気分になれるかなーと。

なんつーか、この展開ならもっとふさわしい事件や事件の規模があったんじゃないかなぁーと……。

あと、一方そのころ正ヒロインのまくらは独りで死の宣告を受けてました、っていう間の悪さがまた、ね。
対比として狙ってやってるんだろうとは思いますが、先輩の株をだだ下げるだけになってる気がしてならないっす。


・ぬらりひょんの孫
羽衣狐が復活したり。


うーーーーん。
人気低迷してるから復活させました、って風にしか受け取れねぇえええええ。

でもって、羽衣狐は晴明編のクライマックスで“ウボァ”とか醜態をさらした上に、黒セーラーの姿じゃない本当の(?)姿も明かしてしまってるわけで。
いまさら黒セーラー姿で再登場されても、初登場時の衝撃や魅力はもうない気がするですよ。
ぶっちゃけ、もう中身が麻呂眉+ヘンなケモ耳のおばさんってバレちゃっ(略)


・現存! 古代生物史 パッキー
最終回。


終わったぁああああああああ…………あぁぁぁ……ぁぁ……ぁ…………。

ここまでずっと面白かったし、毎回笑わせてもらってました。
絵も上手いと思うし、すっきりしてて見やすいと思います。
タケルがそうそうに登場しなくなったり迷走してる感もありましたが、登場キャラはみんな個性的だし好きっした。

おつかれさまでした!>作者さん
お早いお帰りを待ってます!


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:週刊少年ジャンプ感想 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2012/05/09(水) 01:53:53|
  2. 少年ジャンプ感想
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://naseba.blog43.fc2.com/tb.php/1183-398c2795
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【感想:少年ジャンプ 23号】

久しぶりのジャンプ感想。ってか、ブログの更新自体が久しぶりって話も。ツイッターの転載除くと。・恋染紅葉表紙+巻頭カラー。読み切りを経て、新連載っと。確か読み切りを読んだ...
  1. 2012/05/12(土) 05:55:54 |
  2. まとめwoネタ速neo

FC2Ad