流れる川の底の砂

駄文ブログです。ネトゲ/UO、漫画・雑誌の感想、日々の雑感などなど。 日記と呼べるほど更新されない可能性大。

感想:少年サンデー 23号

最近、朝の二度寝を辞めました。
その分、早く寝ようと思いつつ……今日も2時就寝っていう。


・表紙
今週の表紙+巻頭カラーは、『前田敦子』のグラビアっした。


あかん。
似てるかどうか関係なく、条件反射でダウンタウン浜田を思いだしてしまう。




・特別ふろく
『AKB48「キスの味初体験写真」』。


あー……。
そういや、3号連続企画だったっけ。
すっかり忘れてたっす。

でも、ちまたではもう話題にもなってないわけで。
1週限りの企画でよかったんじゃないかなぁ……。


・常住戦陣!! ムシブギョー
扉ページのみの巻頭カラー。


扉のカラーイラストは仁兵衛親子っすか。
本編とリンクしてて実に正しいカラーページの使い方だとは思うんだけど、だけど…………、本編をさらりとスルーして蟲奉行さまを描いて欲しかったなぁ。
あの人、白いやんってツッコミはなしの方向で。
ぜ、前回出たときは思ったより色がついてたよっ!>コスチューム


それはさておき。


うーん。本編の仁兵衛親子が人間離れしまくってて、いまいちこう、ついていけんです。
このマンガ、ここまでインフレっつーか、ファンタジーでしたっけ?

……あー、いあ、ファンタジーだったか。朝の修練で仁兵衛はいつも刀や身体に岩をくくりつけてるし。
無涯は超巨大なカブトムシを超巨大な刀(?)でぶった斬ってたし。

でも、無涯はね。それでもいい気はするんすよ。
作中でも別格の存在だし。

しかし、仁兵衛は、

蟲奉行所の同心でもヤツは最弱!

……みたい存在やないっすか。
覚醒・暴走したときを除けば。
その仁兵衛でこの強さ、この無茶さってのはなんだかなぁと。
剣術ひとつで人間がここまで強くなれる世界なら、巨大蟲も大した脅威じゃない気がするっす。
リアリティを追求しろとは言わないけど、もうちょっと強さに裏付けや説得力が欲しいなぁ。
ぶっちゃけいまのノリだと、刀を振って技名叫べばどんな奇跡も起こせそうっすよ……。


・正しいコドモの作り方!
第2話。


「その男な、タカネキョウコの本来の結婚相手なんだわ」

おーう。
聞きたくなかったっす。
これはある種のネトラレだし、なによりこれで主人公の正当性が失われた気がするんすよ。
主人公がヒロインを口説き落として結婚を目指す、その正当性が。
一言で言うとあれっす。
人の恋路を邪魔する奴は馬に蹴られて死んじまえっていう。

人類存亡の問題は主人公1人の問題で済ませることができると思うんすよ。
つまり、主人公が人類全体の犠牲となって、子供を持つことを諦めればいいんす。
そこにヒロインまで巻き込むことはない。
主人公がヒロインのことを好きならなおのこと身を引くべきっすよ。

ってか、やっぱあれだ。
未来人たちがなんで主人公を抹殺しようとしないのか理解できないっす。

そして、災厄起こしたい派はなんで真っ先にヒロインを抹殺しようとしないのか。
ヒロインを抹殺したら少なくとも負けはなくなると思うんすが。

いあ、まーヒロインと主人公の間に子供ができたって別に主人公の中の殺人ウイルス活性化遺伝子が消えてなくなるわけじゃないんだけどさー…………って、あれ? やっぱ主人公とヒロインくっつける意味なくね?
いますぐ主人公を抹殺すべきじゃね?

うーーーーん。もやもやするっす。
だいたい、前回の事件に対するいいわけもひどくないっすか?
事件、つまり、理科室の床に裸の女の子が倒れてて、そばに主人公と転校生が立ってるところをヒロインが目撃っていうあれです。
で、転校生がしたいいわけが、

『校内案内してもらってたら倒れてて…
 早く保健室に連れてってあげてくれ』

って!
早く行くのは警察だよっ!
そのいいわけで納得してしまうのは本当にひどいと思うっす。

でもって、一番ひどいのがこのマンガは作画と原作の2人体制ってことだよなーと。
原作がついてて、なんで設定もイベントもこんなに穴だらけなんだ……。
実はすべて伏線だったんだよ!
ってパターンだったとしても、それならそれでちゃんと作中で誰かが疑問を感じるとかしないといけないんじゃないかなぁ。


それはさておき、

「あたしにしとくって選択肢も、…あるんじゃない?」

『…マ… 精神操作(マインドコントロール)--…』


軽くホラーで笑ったっす。
エロっつーかホラーだよ、これ。
周囲の女の子たちが次々と、かつ唐突に狂っていくっていう。

でも、そのホラーっぽさは面白いと思ったっす。


・おすもじっ!
司の完敗っと。


おおお。
司の負けかー。

確かに彩香の方が後攻だったり、『「さわらび」の鮨が負けるわけない!』ってセリフに一抹の不安を感じてはいましたが……、それでもここまでの完全敗北とは予想してなかったっすよ。

これはやっぱり、師匠が生きてるか死んでしまってるかの差なのかなぁ>彩香と司

とはいえ、いまさら“僕はおじいちゃんのすべてを教えてもらったわけじゃない”“おじいちゃん自身がにぎった鮨はもっとすごい”なんていいわけもできんよなぁ>司
司の負けでおじいちゃんの鮨も完全敗北っすよ。

ってか、おじいちゃんの名誉をかけた戦いで負けるかー。
だからこそ新鮮ではありましたが、反面、対決である以上勝つか負けるかの展開しかないわけで。
2つしかないなら勝って欲しかったなぁ。
この敗北は後味が悪すぎるっすよ。


あと、『大志万』はそう遠くない将来、潰れると思うっす。
父親から店を受け継いだ彩香が殺人か殺人未遂を起こして。

いあ、わりと本気でそう思うっす。


・GAN☆KON 願★婚
『代行者の皆さんに狙っていただくのは、心。
 つまりは精神攻撃です』

えらいルール変わったなぁ。
とりあえず、三峰さんがすげー得意そうだ>精神攻撃


あと、前から思ってたけど、『第二回戦(セカンドステージ)』って領地1コしかない神様にとっては大迷惑だよなぁと。
やっとの思いで開催帰還を生き抜いたのに、装いも新たにバトル継続って消滅の危機が伸びただけっすよ。


・コナン
山小屋に立て籠もったら、逆に閉じ込められて火を放たれましたよっと。


で、灰原がとっておきの薬で大人化→斧を装備可能に、と。

おおう。なにげに熱いっす。
熱い展開っす。
灰原は正体を隠さなきゃいけない立場だし、でもピンチだしと。
そのジレンマの中で選び取った選択は大人の姿に戻ること。

そこに変身ヒーローに通じる熱さを感じたっすよ。


・最後は? ストレート!!
そうか! その手があったか!
扉イラストで登場させるという方法がっ!

というわけで、今週の扉イラストは眼鏡をかけた神無っした。
本編で出番ないだろうし、こういう心遣いはありがたい……ってか本編にも普通に出てた>神無


あと、三白眼に眼鏡って似合わないことがよくわかったっす。
眼に特徴があるとこに眼鏡を重ねると個性を殺し合うことになるんだなー。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:週刊少年サンデー感想 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2012/05/11(金) 01:40:14|
  2. 少年サンデー感想
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://naseba.blog43.fc2.com/tb.php/1184-fc9cbec9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【感想:少年サンデー 23号】

最近、朝の二度寝を辞めました。その分、早く寝ようと思いつつ……今日も2時就寝っていう。・表紙今週の表紙+巻頭カラーは、『前田敦子』のグラビアっした。あかん。似てるかどう...
  1. 2012/05/12(土) 05:16:59 |
  2. まとめwoネタ速neo

FC2Ad