流れる川の底の砂

駄文ブログです。ネトゲ/UO、漫画・雑誌の感想、日々の雑感などなど。 日記と呼べるほど更新されない可能性大。

感想:少年ジャンプ 29号

台風、あっという間に過ぎ去ったっす。


・べるぜバブ
表紙+巻頭カラー。


いっときはアニメが終わりマンガでは巻き展開と、風前の灯火かと思われた『べるぜバブ』が表紙+巻頭カラーっすよ、奥さん!

バトルなんかいらんかったんや!
コメディとギャグにほんのりラブを差し込むだけでよかったんやっ!

……いあ、わりと本気でそう思うっす。
ここ最近の復調もお笑いマンガとしての人気だと思いますし。




閑話休題。


巻頭見開きカラーは、壁を背にスーツ姿の男鹿たちが立ってるイラストっした。


男鹿+ベル坊+ヒルダ+古市のレギュラーメンバーに、東邦神姫の4人……かと思ったら東条がいなかった。

なんでそんな半端な人選?
ラミア入れたら東条入れるスペースがなくなったのか?







東条………………。


つーか、ラミアちっちゃっ!
こんなに小さかったっけ?
男鹿たちのヘソあたりまでしか身長ないっすよ。その身長から言ったら小学1年生くらいっすか。
個人的には小6くらいのイメージだったっす。
そりゃ古市もロリ市とか言われるわー(言われてない)。


それはさておき。


「そろそろわしの出番か…」

大魔王が登場したり。


あれ? もしかして大魔王ってけっこう若い?>巻頭カラー1P目
なんか勝手におじいちゃんだと思ってたっす。
考えてみればベル坊の父親なんだし、まだそんな年寄りでもないのか。

それにしても大魔王が登場するたび、『銀魂』を思い出してしまうなー。
他のキャラではそんなこと思わないんすが、大魔王だけセリフ回しが『銀魂』風な気がしてしゃあないっす。


あと……、









ラミア何しにきた?>学園潜入シーン
一緒にきてる描写以降、まったく出番なして。

ベル坊連れて潜入するならラミアも連れていってやって!
あ、アランドロンは待機でいいです。


・トリコ
「あ… あれは…
 GTロボ…!!」

あー。あったなぁ……。
すっかりその存在を忘れてました。

でもって、中身はすごいけど本人は来てないってことで、大竹のしょぼさが表されてるよーな、そうでもないよーな。

つーか、なんでGTロボで来てるんだろ……>スタージュン


「お前は“料理”で… オレは“力”で…
 オレたちが正しいってことを 思い知らせてやろうぜ…!!」

「トリコさん…」

「仲間だからこそ…!! 倒すんだ!!」


なんか笑ったっす。
ちょっといいこと言ったと思ったら、結論がそれかと。
めさめさ武闘派だなっ。

つーか、よく考えたら「オレは“力”で」「正しさを思い知らせる」って時点で別にいいこと言ってな(略)

いあ、バトルマンガの主人公らしくはありますが。
一歩間違えれば悪役だよなと。


・ニセコイ
「ま なんとかなるたぁ思うが時間はかかる」

ペンダントの修理には時間がかかりますよっと。

でもって、ラストでは小野寺さんが写真を拾い上げて、楽のことを誤解しましたよっと。


引き延ば(略)

……まぁ、近づいては遠ざかるのがラブコメってもんやね。

反面、楽と千棘の近づかなさっぷりはどーなんだと思ったり。
確かに千棘の方は楽を意識し始めてるけどさ。楽の方はもうほんとに小野寺さん一筋っすよね。
たまに千棘にどきっとしたりしてるけど、たんに女の子らしい一面見つけたとか、あいつにもかわいいところがあるんだなとかそんなレベルで。
いわば友達の新たな一面見つけたよ! ってな感じで、恋心へは発展しそうにないっすよ。

その上、もし千棘が“約束”の女の子だった場合でも、“いま好きなのは小野寺”と結論出してるし。
およそ三角関係にはほど遠いっすなぁ。
別にラブコメだからって三角関係やる必要はないけどさ。
別にダブルヒロインだからって三角関係やる必要はな--

そこはやれよ。

現状、千棘いらないよーな気がするっす。
楽と小野寺さんが両想いなのに、近づいたり遠ざかったりしてるだけでマンガになりそうな気がするっす。

つーか、思ったより楽と千棘の距離が縮まらねぇええええって頭抱えてそうな気がする……>作者


・こがねいろ
『3話連続集中連載第3話』。

最終話っと。


えーと、このマンガの次に載ってるのが『黒子のバスケ』でして。
今回、『黒子のバスケ』はセンターカラーだったんすよ。
だもんで、普通に読んでるだけであと何ページ残ってるかだいたいわかったんすよ>今回の『こがねいろ』

で、頭から読んで……読んで……、主人公がずっと受験勉強してて、さらに読んで……読んで……読み続けて、中盤でもやっぱり受験勉強がんばってて、読んで……読んで……読んでて不安になってきましたよ。
どんどん近づいてくるカラーページに。どんどん減っていく残りページに。

そして……、ついに……ラストページを読み終わって…………、


最後まで勉強してるだけだったっっ!!!


ある意味、斬新だけれどもっ。
夢への第一歩は大学に入るとこから、そのためには勉強あるのみ! ってリアリティあるけどっ。

うーん。これはどうなのかなぁ。

主人公の悪友でスポーツ推薦が決まってたサッカー少年が突然の事故で推薦どころかサッカーできない身体になりましたとか、
悪友の幼なじみでしっかり者の女の子が経済的な理由で受験できなくなりましたとか、
前回1人だけ登場しなかった中学生の妹が家庭を支えるために援交してましたとか、
受験当日、試験会場に向かう主人公のケータイが鳴って知らされたのはヒロイン危篤のお知らせでしたとか、
いつも笑顔で気さくさに定評のあるヒロインには実は“笑わずにはやってられない”事情がありましたとか、

そんなそんなそんな、ベタかつケータイ小説に登場しそうな非日常イベントを使わずに、高校生の日常を描ききった! っちゃあ描ききったのかもしれないけどさぁ…………。

ってか、日常で起きうる範囲での起伏はつけてあったけどさぁ>巨勢スポ推取り消し、受験前日に大雪+ヒロインと再会

しかし、しかしなぁ。
あまりにも地味っつーかなんつーか。
最後までずっと受験勉強してるとは思ってもみなかったっすよ。3話連続の最終話で。

そして、ヒロインはずっと笑顔で明るくて、目標に向かって邁進中で、特に挫折するわけでもなくって、再び元気で明るい笑顔をひっさげ主人公と再会して……。
そこまで行くと、なんか薄っぺらに感じてしまったっす。
最初から最後までずっと同じ一面しか見せてないわけで。

ってか、笑顔で夢に邁進中ってな一面しかないわけで。

また、ヒロインが、すでに大学に在籍中とか夢である通訳の仕事を一部実現させてるとか、具体的に主人公より一歩先を進んでるわけでもないのに、ひたすらヒロインに憧れる主人公に違和感を覚えたっす。
夢の達成度から言ったら大してかわんなくない? キミら……。
まぁ、ヒロインはかなり英語力あるみたいっすがが。

でも、それだけじゃ足りないから大学入って勉強したい、と努力中なんすよね。


あと、ラストシーンはあれか。
晴れてるってことは、受験前日のエピソードから日がたって全員大学に合格、東京で再会してるシーンってことか。

それはいいけど、そこのモノローグがまた地味だなぁと。

『こがねいろに… 輝くキミに…!』

と、タイトルに繋がる言葉で締めてて、個人的にそういう演出は大好きなんすが……なんすが……、いまいちぴんとこなかったっす……。
そもそも“こがねいろ”ってのがなんだかなぁと。
“輝いてる”人間の輝きって“こがねいろ”なのかなーと。
金粉ショ(略)


ま、ま、なんだろう。
最終話もつまらなかったってことはないっす。十分、面白かったと思う。
ただ、第1話第2話の方が面白かったし、期待してたものとは違ったかなーと。

もちっとドラマティックな展開が見たかったっすよ、ただただ素直に。単純に。


・パジャマな彼女。
レイプ未遂と傷害事件で警察沙汰になっても!
海辺の町で嵐の晩に行方不明になっても!

平然と旅行を続ける計祐たち、まじパネェっす。

ってか、ケガはもういいのか?>計祐

そして、これだけいろいろあってマスコミはおろかマネージャーもやってこない先輩は本当に芸能人と言えるのかっ、のかっ。

……現状、ただの美人な上級s(略)

と言いつつ、実んところそこらへんあんま気になってない自分がいるっす。
事件からかれこれ1か月くらい(?)たってるから、ケガも治ってるしほとぼりもさめてるのかなーと。

いあ、マンガ内時間じゃまだ数日だと思うけどね……。
現実時間ではけっこう日がたってるし、キャラたちの平常っぷりを見てたら、うっかり事件ケガその他のこと忘れてたと言いますかー。


あと、入浴シーンでタオル持ってるにも関わらず、男キャラのごとく腰に巻くだけって新しいと思ったっす>女子3キャラ


あとあと、微妙に巻き展開入ってる?
謎の幽霊少女(まくらではない方)も全然出てこないし、まくらが眠り続けてる謎も進展しないっつーか放り投げてるように見えてきたっす。

それとも、エロシーンでテコ入れ(?)してるうちはまだまだ大丈夫なんだろーか。
まだテコ入れする余地があるってことで。


・magico マジコ
アニスに「おかえり」って言ったり。


なんだかんだで最終回に向かって盛り上がってると思うんすがどうでしょー。
主人公であるシオンがちゃんとラスボスと互角に渡り合えてるのも気持ちいいですし、アニスとシオンたちがいっそう絆を強くして元の関係に戻ったのも嬉しいっす。

でも、あれっす。
アニスおかえりのシーンは、けっこう長々と喋ってたんだし、ラスボスはベタでも“茶番はもういいのか?”くらい言ってから入ってきて欲しかった気も。

じゃないと、ただのえらい気の利く兄ちゃんじゃね?


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:週刊少年ジャンプ感想 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2012/06/20(水) 02:14:25|
  2. 少年ジャンプ感想
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://naseba.blog43.fc2.com/tb.php/1220-641b2930
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【感想:少年ジャンプ 29号】

台風、あっという間に過ぎ去ったっす。・べるぜバブ表紙+巻頭カラー。いっときはアニメが終わりマンガでは巻き展開と、風前の灯火かと思われた『べるぜバブ』が表紙+巻頭カラーっ...
  1. 2012/06/21(木) 02:53:52 |
  2. まとめwoネタ速neo

FC2Ad