流れる川の底の砂

駄文ブログです。ネトゲ/UO、漫画・雑誌の感想、日々の雑感などなど。 日記と呼べるほど更新されない可能性大。

感想:少年サンデー 48号

ついこないだまであんなに暑かったのに、いまは寒いっす。
暑いと寒いの間が一瞬で終わってしまったなー……。


・表紙
今週の表紙+巻頭カラーは、『渡辺麻友(わたなべ まゆ)』のグラビアっした。


1ページ目にグラビアのキャッチコピーが。

『恋はアルパカ!?
 いつもまゆゆのとなりにいるアルパカ。
 そんなアルパカにぼくもなりたい!!!』

ごめん、ちょっと言ってる意味がわか(略)

シュールすぎて笑ったっす。
なんでアルパカなんだ。なんでアルパカが隣にいること前提なんだ。

それとも、『渡辺麻友』と言えばアルパカ! くらいの定番ネタなのか?





念のためググったっす。
ほ、ほんとに“『渡辺麻友』と言えばアルパカ!”だった……。




・銀の匙
巻頭掲載。
カラーはなし。


「午後からヒマだし… 神社行く?
 ……二人で」

これは例の遊びに行く約束とは別腹なのか。
まぁ、別腹か。じゃなかったら切なすぎる。


で、神社に着いたら馬術部のみんなと鉢合わせしましたよっと。


これは恥ずかしい!
これは気まずい!

反面、ある意味公認カップルみたいになれたっちゃなれたか?
それがいいことか悪いことかはこれからしだいっすがが。

つーか、さくっとアキを誘うとは八軒もやるなーと。
ちゃんと『二人で』って言ってるし、ラブコメマンガにありがちなヘタレ主人公とは一味違うな!

……結果が八軒らしすぎるけれどっ。


「それでも諦めきれなかったんだ。
 どうしようもないよね、この気持ちはさ」

おーう。地味に突き刺さるセリフっす。
諦められたり、努力できないような夢は夢じゃないと。
困難が待っていようと抑えきれない気持ちで突き進んでしまうのが夢というもんだと。

それは確かにその通りかもしれないっすねぇ……(遠い目)。


・マギ
「ほお、虐げる?
 “本当にそうだったのかね”、ティトス?」


「外に出してほしいとも言わなかったはずだ。
 そうだろう!!?」


言う言わない以前に、区画の外へ続く大穴に投げ込まれちまってましたががが>マルガ
あれがなきゃ『虐げる』とまでは言えなかったかもっす。


でもって、『非魔導士(ゴイ)』は『支配欲』、『魔導士』は『知識欲』を持ってると言うけど、多くてより質の高い知識を集めるには支配者になるのがてっとり早いわけで、『魔導士』も容易に『支配欲』に堕ちていく気がするなーと。

ああ、でも支配することと支配欲が強いことは別か?
『魔導士』にとって支配はあくまで手段で目的にはならないと。

しかし、結局やってることは同じなんすよね。特定の種族を家畜のように扱うっていう。

そして、支配者階級になっても『理知的な世界』を構築してないし…………って、魔法による農業とか『魔導士』たちの世界では実現してる……のか?

うーん。まぁ、なんだろう。
『魔導士の国』と言うのなら『魔導士』だけで構築すればいいんじゃね、と。

とはいえ、どんな国にも家畜くらいいるわけで。
モガメットにとって、『魔導士』にとって、『非魔導士』が家畜なのならこれで普通なのか。

いあ、人間を家畜扱いすることは普通の国では普通ではな…………奴隷がいるんだった>普通の国

つまり…………、『魔導士の国』も『非魔導士の国』もたいして変わらない……ような……?


・最後は? ストレート!!
千刻シニアVS新城シニア戦開始っと。


わざとライナーを弾いてトリプルプレー達成っと。


それは、うーん。ありなのか?
たまたまそうなるのはもちろんありだろうけど、似たこと何度もやってれば故意だってバレるだろうし注意されないのかな。

とりあえず、選手宣誓にあったであろう“正々堂々プレーすることを誓います”って言葉からは外れてそうっすよ。

そして、そういうルールの網をすり抜けるようなグレー行為は競技そのものを衰退させる気がが。
なんでもルールに明記してたらルールブックが厚くなる一方だし、そこらへんは選手がフェアプレー精神を守らないとだめなんじゃないかなぁ。


・ケンイチ
「でも友人がケガをするのを黙って見ているのが武人だとはどうしても思えなくて…」

いあ、もう戦うのやめろよとしか>ケンイチ
スポーツとしての格闘技でもケガくらいするわと。


あと、しぐれが到着しても“師匠は弟子の戦いに手を出さない”んじゃなかったっけ?


・神のみぞ知るセカイ
「うららたちも… このご本みたいなことしませんこと?」

すべての謎は解けた!
10年後の舞島学園に『白鳥うらら』がいないのは、10代で子供(略)



……うららの将来がとてもとても心配です。
好奇心が強いのはいいけど、だめな方向で行動力がありすぎるだろう。


・おすもじっ!
「お…おお!! 鮨が…
 鮨が咲いた!!!」

すだち垂らすの自分でやるんだ?>彩香
自分で垂らして咲かせた状態で客に渡すなら、最初からそう盛りつければいいような。
ああいう遊び心溢れるギミックは客自身にやらせるべきではー。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:週刊少年サンデー感想 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2012/11/02(金) 02:07:23|
  2. 少年サンデー感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コメント

愛は偉大

こンんばんは。先週の感想ありがとうございます。とても嬉しかったですよ。父親との仲がどうなるか見ものですね。
今週の銀の匙は、愛が一杯でよかったです。
絵馬だけでなく、八軒と一緒に行けるからこそ、御影は感激してくれたと思います。
八軒や御影に、こんなに愛される駒場が羨ましいです。
やっぱり銀の匙の愛は、偉大です!
  1. 2012/11/04(日) 02:07:40 |
  2. URL |
  3. 愛鈴丸 #CTILFvdE
  4. [ 編集]

こんばんは!
こちらこそコメントもらえて感謝です。

八軒と御影、いい雰囲気でしたね~。

駒場は出番がきてこれから正念場ってとこですか。二人の願いが届けばいいんですが。
それにしても駒場がピッチャーマウンドに立つたびに、ああそういや駒場って投手だったなぁ……って思ってしまいます。
投手だってわかってるはずなのにどうしても打者のイメージが強くて(笑)
あの顔、あのガタイ、あの性格で投手なんですよねぇ、駒場。
  1. 2012/11/07(水) 00:14:47 |
  2. URL |
  3. 管理人 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://naseba.blog43.fc2.com/tb.php/1302-b0d9fb64
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad