流れる川の底の砂

駄文ブログです。ネトゲ/UO、漫画・雑誌の感想、日々の雑感などなど。 日記と呼べるほど更新されない可能性大。

感想:月刊コミックブレイド 12月号

『月刊コミックブレイド』の感想をアップするたび思うっす。
もう月の半分が死んだのか、と(ほぼ毎月15日にアップ)。

……それどころか年の12分の11が死にかけだよ!


・表紙
今月の表紙は『ROBOTICS;NOTES』っした。


マンガとはちょっと絵柄が違うよーな>表紙イラスト
アニメ版?

そういや、アニメの方は一応録画の予約をしてたんだけど、なぜか失敗しててそのままリタイアしてしまったっす……。

ただ、録画できてても継続視聴はしなかったかもっす。
だって、あっと言う間にマンガ版を追い抜くよね……。
それってつまりマンガ版のネタバレとも言えるわけで、マンガ版から入った自分としてはやっぱマンガ版を大切にしたいなと。まじでまじで。




・うちの居候が世界を掌握している!
巻頭カラー。

新連載。
同名ライトノベルのコミック化作品っと。


ラノベが原作でこのタイトルだから、現代日本のふっつーの家庭に魔王が居候……とかいう話かと思ったら別にそんなことなかったぜ!


…………。


それはさておき。


正直、マンガとしてはちょいとアレな気ががが。
原作ファン、特にイラストが好きで原作を読んでるファンは納得するのかなー……って…………、そんなこと思いながら読んでたんすが、あれ? 意外と面白いかも。
話はベッタベタの王道だし、キャラクターもそんな強烈な個性はないんすが、ほのぼのとした面白さがあってよかったっすよ。
マンガとしてもところどころアマチュアっぽい荒さがありますが、読むのに困るほどではありませんしね。

って、漫画担当の『い~どぅ~』先生がバリバリのベテラン漫画家だったらどうしよう。

つーか、pixivでお気に入りに入れてる方だった……。


・あまんちゅ!
体力測定っと。


『モデル並の高い身長』

おお、てこって身長高かったのか。
ぴかりより頭1つ分くらい高いのか。
ま、まったく気づいてなかったっす。いままで並んで立ってるコマなんていくらでもあったはずなのになぁ。
案外、目がいかないもんすねぇ。


「てこってもしかして負けず嫌いでしょ?」

負けたくないから勝負しない、と。
ある意味頭がいいんだけど、若いうちからそんなことやってたらダメな子になってしまうでえ。

とりあえず、てこは自分で思ってるほどダメな子ではなさげっすね。
身体柔らかいし、俊敏だし!


・とぺっ!! LUCK★ROCK★GIRL
第2話。


面白い。

面白いんだが、洋楽ネタ全然わからないっす……。
うーん。もやもやするっすよ。


あと、ストーリーの進行上都合の悪いことは全部ギャグにして誤魔化すってのは上手いようなそうでもないような。
今回は笑って誤魔化されてしまいましたが、けっこうギリギリな気がするなぁ。もう少しでツッコミそうになったっていうか、わりと普通にツッコ(略)

"ギャグマンガだから"でどこまで現実との乖離を許容すべきなのか、難しいとこっすねぇ。


・戦国妖狐
『話も長くなってきたので これまでのあらすじ!!』

というわけで、冒頭に4ページのあらすじマンガが載ってたっす。


これはまた大胆なダイジェストですなー。
第1部が3コマて!

3コマて!!


そして、

『月湖(友人)』

っすかー。

(友人)っすかー。にやにや。


ところで。


真介は?

第2部でも千夜・月湖の保護者役(?)とけっこう出番があったのに一切触れられずとかー。
せつない。


それはさておき、本編。
たまの紹介文は、

『妖狐・たま 千本妖狐・迅火の義姉(あね)』

ってのは正確ではないよーな。
正確にはこうではっ!

『妖狐・たま 千本妖狐・迅火の義姉 兼 婚約者』

にやにや。

にやにや。


……しつこいか。

ま、ま、今回も面白うございました。
笑いあり笑いあり……笑いあり、ちょびっと涙もあって。
迅火たち4人の旅姿がっがっがっがががっ。ただただ懐かしい。

つーか、灼のことどうすんのさ>真介
出番なくしてる場合じゃないよ!


あと、幻術で夢の国を作るネズミの闇ってつまりアレのことか……。
タゴのシルエットも……。

怖いもの知らずだなっ>作者


・STEINS;GATE もっと比翼恋理のスイーツはにー
ゲーム編完結っと。


最終回かと思いきや、微妙にタイトルが変わってまだ続くだとうっ。

いあ、……うん、まぁ……うれしいさ。うれしいんだけどね。
素直に喜べないっていうか、そんな風に続けるくらい人気があるならちゃんとゲーム編を描ききろうよと。
キャラの顔見せが終わったと思ったらもうクライマックスで不完全燃焼もいいとこっすよ。起承転結でいったら、起転結な感じっしたよ。
セリフとかゲーム版・アニメ版でお馴染みの声優さんたちの声が聞こえてきそうなくらい再現度高いと思うし、絵柄は原作とはタッチが違うものの絶妙なデフォルメ具合が素晴らしいと思うっす。
お話も1話1話で見れば、いい意味でベタで楽しかったっす。

でも、でもなー。
打ち切りでやむなく短縮せざるを得なかったならともかく、計画通りでこのストーリー構成はないんじゃないかなぁ……。
メインディッシュだけないフルコース料理を食べさせられた気分っすよ……。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:雑誌(既刊〜新創刊) - ジャンル:本・雑誌

  1. 2012/11/17(土) 01:57:16|
  2. 月刊コミックブレイド感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://naseba.blog43.fc2.com/tb.php/1315-38f59259
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad