流れる川の底の砂

駄文ブログです。ネトゲ/UO、漫画・雑誌の感想、日々の雑感などなど。 日記と呼べるほど更新されない可能性大。

感想:少年ジャンプ 1号

医者にいつもの薬をもらいに行ったら休みだったっす。
曜日的には開いてるはずなのに。

扉の張り紙から察するにどうも先生が病気療養中らしい。

これがリアル医者の不養生か……。


・表紙
今週の表紙は『HUNTER×HUNTER クラピカ追憶編』っした。


それより本編描い(略)




・トリコ
巻頭カラー。


『それでは予選1回戦!!
 「トライアスロンクッキング」の会場に移動しまーす!!』

お、おう……料理対決じゃないのか。

ああ、いあ、ミニゲームありの料理対決って感じっすか。
この世界の料理人は美食屋と組んで世界中を渡り歩いたりするわけだし、これはこれで“らしい”試合方法か。

しかし、第1種目が『スイム(水泳)』なのに、まともに水着着てるキャラがほとんどいないのが、実に『トリコ』らしいと思ったっす。

つーか、少年マンガで砂浜、水泳、水着と言えば……ねぇ?



ヒ、ヒロインはどこですか……?

おっと、ヒロイン・ポジションの小松はちゃんと水着になってた…………いらねぇ………………。


・暗殺教室
自律思考固定砲台さんに名前がつきましたよっと>“律”さん


人格が強化されてすっかり萌えキャラフレンドリーになった律さん、教室移動や体育には参加できるんだろーかとか思ってたんすが、

「今すぐ分解(オーバーホール)だ
 暗殺に不必要なものは全て取り去る」

それ以前の問題だった。
床に置かれてるんじゃなくて、床から生えてるっつーか床下にコード類が目一杯伸びてるんすね。
なるほど、確かに“固定砲台”だわー。

つまり、体育の時間は1人ぽつんと教室でお留守番してると。
さらに授業が終わってみんなが下校した後は1人で夜を過ごすと……。

切ない。

が、殺せんせーなら体育やりながら律さんの個人授業もこなせそうだなー。

そして、夜は夜で技術者連中にメンテナンスされてそうっすなー。

さみしい女の子なんておらへんかったんや!


……。

…………。

それはさておき。


「こいつがその威力を実証すれば…
 世界の戦争は一気に変わる
 賞金百億などついでに過ぎん」

軍需産業の(?)方たちでしたか。
戦闘機って一機百億円くらいするんでしたっけ。
そら、“ついで”って言われるわ……。

しかし、進化する自律兵器か……。完全に人類滅亡フラグが立ってる気がが。

まぁ、自律機械兵器の前にヌルヌル触手が人類滅亡どころか地球破壊を企ててるわけですががが。


・ワンピース
トラファルガー・ローVSヴェルゴ戦決着っと。


あー、能力者じゃなくて覇気使いなのか>ヴェルゴ

ってか、『武装色の覇気』ってどんなんでしたっけ……。


ググった。

うーん。
自然系に攻撃できたり、物を硬化させたりできる……とかそんなんすか。

どうも『覇気』には慣れないなぁ。『能力』じゃないけど『能力』みたいな力って、悪魔の実の『能力者』が存在する世界観にはしっくりこない気がするですよ。『能力』みたいなら『能力』で実現して欲しいと言いますか。

一方で、『能力者』に対する切り札になって、さらに悪魔の実みたいに数が限定的じゃなくて一応誰にでも使える可能性があるってところは、ヴァンパイアに対するヴァンパイア・ハンター、悪魔に対する悪魔狩り、みたいな感じで燃える設定なんすが、でもやっぱり作品の序盤から存在したならともかく登場したのがわりと最近ってのがなんかもやもやするっす…………。
一言で言うとご都合主(略)


それはさておき。


『お前のブッた斬り能力でもこいつの覇気は全てを防ぐ!!』

ローが『Room』を展開しておきながら、ヴェルゴに歯が立たなかったのは覇気で『能力』効果を無効化できるから、だったとー。

これは納得っす。
ローはチートキャラだと思ってたけど、なるほど『覇気』があればそうでもなかったんだなぁ。

でも、そうなるとあっさり精神を入れ替えられたサンジの立場は……。
事前に無効化すべき対象を知っておかないと、『覇気』が使えても意味がないってことなのか。


でもって、『覇気』があればどんな『能力』の攻撃や干渉も無効化できるかって言ったら、決してそうではなくって『覇気』より『能力』のレベル(?)が高ければちゃんと効果が発揮されると?>硬化したヴェルゴをブッた斬り

やっぱチートキャラじゃないですかぁあああああああああああああああああっ!!>ロー

ってか、『Room』の外の物もブッた斬ってるように見えるし、これは純粋な剣士としての力だったりするのかな?
ミホークも遠くの山をブッた斬ってましたし。

『能力』に加えて、剣士としても超一流とかやっぱチー(略)

しかし、直前に手から『ヒュルル』って渦を出してるしなぁ。ほんとのところはどうなんだろー。


あと、ヴェルゴが口元にいろいろくっつけてたのは『覇気』と関係あったんだろーか。
『武装色の覇気』に物をくっつける効果はなさそうだけど、うーん。


・HUNTER×HUNTER クラピカ追憶編
『「H×H劇場版」に連なる特別読切C(センター)カラー前編29P!!』。


実はわたくし、『HUNTER×HUNTER』は『キメラアント編』の中盤からしか読んでおりませんで。
正直、クラピカって誰? って状態っす。

でも、そんな私でも今回の読み切り(前編)は楽しめたっす。
児童向けの冒険小説みたいで面白かったっすよ。


・激辛! カレー王子
『創刊1周年記念出張版』。
作者は『加茂誠(かも まこと)』。


わずか3ページっすが、わりと面白かったっす。

しかし、『星のカービィ』やら『SFC(スーファミ)』やら実在の製品名に頼る笑いってのもすげーっすなぁ……。

実在の製品名って一種の時事ネタだからすぐに時代遅れになってしまう……って、すでに時代遅れだったっ>『SFC』
むしろ小さなお友達がスーパーファミコン知ってるのか心配になるっす……。


・新米婦警 キルコさん
第3話。


む、むむ。
遅ればせながらキルコさんのかわいさがわかってきた……気がする。
三白眼+グルグル目+きょぬーというヴィジュアルに加え、一生懸命だけど天然かつ物騒、と。
ふむー。


・ブリーチ
織姫やチャドが出てきたり、霊王宮に到着したり。


ここにきてギャグシーン満載かー。

つーか、この前からちょくちょく入ってたか。

で、ギャグシーン読むたび思うことは、やっぱこの作者のギャグシーンは面白ぇなーと。
『ブリーチ』の連載終わったらコメディマンガ描いてくれないかなー。

まぁ、途中からバトルマンガにな(略)


・ニセコイ
朝の占いコーナーに楽と小野寺さんが振り回されたり。


おー。小野寺さん回っすよ、奥さん!
小野寺さん、占いにメンタル揺さぶられすぎだろって気はしないでもないっすが、ドタバタっぷりが楽しかったっす。

でもって、

『ゴメン…! ゴメンナサイ 一条君…!
 ハンカチ嬉しいよ 嬉しかったよぉ~!!』

と廊下を激走する小野寺さんが、普段のイメージとはまた違っててかわいかったっすよ。


でも、クライマックスの貧血からの階段落ちはちょっと唐突すぎるよーな。
事前に体調が悪そうな描写でも入ってればまた印象違ったと思うんすが、それはそれでとってつけたような伏線って感じたりするのかなー。

ただ、この唐突さが『ニセコイ』らしいって思ってしまったのは秘密っす。
ほめて…………はないけど、だんだんクセになってきたのは確かっす。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:週刊少年ジャンプ感想 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2012/12/05(水) 02:06:32|
  2. 本の感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://naseba.blog43.fc2.com/tb.php/1327-2bddb0d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad