流れる川の底の砂

駄文ブログです。ネトゲ/UO、漫画・雑誌の感想、日々の雑感などなど。 日記と呼べるほど更新されない可能性大。

感想:少年ジャンプ 2号

風邪が治りきらず、ってか喉の腫れだけ悪化してる気がするし、短めにさくさく書き進めるよ!>感想

って思ったときに限って、わりと長めに書いてしまう不思議。


・ワンピース
表紙+巻頭カラー。


生きてたぁああああああーっ!>ヴェルゴ

そっかー。あの絵面で生きてるのか。
景気良く上半身と下半身を泣き別れさせても、次週では明日の朝食についてぼやいたりしてるのかー。
そんな気はしてたけど、さすが『ワンピース』と言わざるを得ないっす。

そして、

「この部屋はやがて吹き飛ぶ
 じゃあな…… “海賊ヴェルゴ”」

と言って立ち去るのか、ロー。それでいいのか、ロー。


「お前は“ジョーカー”の“過去”を知らない」

とか未出の情報をほのめかしてきたんだし、頭だけでも連れていけばいいのに。

なにより、トドメを刺さずに部屋を後にするってもうこれ逆死亡フラグ……っつーか生存フラグじゃないっすか。
スモーカーにしたってヴェルゴ放置で帰っちゃっていいのかと。
部下たちの誤解の手前、死体や生きてる頭を持って帰るのはダメとしてもトドメを刺すくらいの冷徹さを持ってるキャラだと思ってたっすよ。

それかあれか?
ローが倒したんだし、他人が獲った獲物にゃ手は出さないってなスモーカーの流儀なのか。

まぁ、ともかくローがトドメを刺さない理由がわかんないし、釈然としなかったっすよ。

いあ、『ワンピース』だからって言われたらめさめさ腑に落ち(略)




それはさておき、一方ルフィサイドはっと。


「あいつがおれ達を裏切る様な男なら…!!
 いくらか楽だったかもな!!」

ウソップの、ルフィに対する絶対の信頼にぐっときたっす。
形もなければ保証もない、そんな“信頼”をこうも容易く、かたく信じられる。ええっすね。王道っすよ!


でもって、ルフィの方はシーザーの裏切り行為に、無言で『ざわっ…』と怒りの表情。

普段死んだ魚みたいな目をしている(失礼)ルフィの顔の造形そのままに、この怒りの表情……っ。
これが表現力、マンガ力ってやつかと。感服したっすよ!


そして、ルフィの怒りから上記のウソップのシーンへと繋がって、ルフィが通路を激走!
シーザーに怒りの一撃を------


決めないのかよっ!


え、えー……。一撃シーン、次回回しって。

でも、見開きの擬音は『ドン!!』なのにちょっと笑ったっす。
殴っても殴らなくても『ドン!!』なのな。
実に『ワンピース』だなぁ。

って、この『ドン!!』は“バーン!!”とかそういう場面展開専用の擬音であって、打撃音のときはまったく別の擬音だったりしたっけ?

……と思って前号でシーザーが殴られたシーンを読み返したら、普通に『ドン!!』でした。
まぁ、別の擬音のときももちろんあるんだろうけど、『ドン!!』の汎用性高すぎだろう、『ワンピース』と。


あと、シーザーはあれっすね。
『シノクニ』を肉体に取り込めるなら、10秒だけ換気口を開放、入ってきた『シノクニ』を全吸収ってやれば部下に被害ださずに済んだのに。

いまさら部下の100人やそこらそばにいたって戦力にならないし、性根が腐ってるのがシーザーってキャラなんだろうけど、この頭の弱さでどーにもシーザーを憎み切れないっすよ。
やってることは間違いなくゲスで鬼畜なんだけどなぁ。

なんつーか、“狂った”科学者なんじゃなくて、“アホな”科学者ってところに愛嬌みたいなものを感じてしまうんだろーか……。


あとあと、シーザーを信じ切ってた部下たちについて。
彼ら、元海賊っすよね。いろんなところでいろんな悪行をなしてきたんすよね。
それが裏切られて涙するってのは、かわいそうってより情けないって思ってしまったっす……。
弱ってたところを助けられたとはいえ、そこは、ウソと暴力と血にまみれたその道は、いつかの自分が通った道なんじゃないのかなーと。

それか彼らはみんな、義に溢れた任侠心の高い海賊だったのか……。


・ナルト
「行くぞ皆!!!
 最終決戦だァ!!! 散!!!」

おお。

おおお。

燃えるなぁ。

そして、“最終決戦”の文字に感慨を覚えるっすよ。
忍の総力が集っての“最終決戦”!
熱い! 燃える!

しかも、連載引き延ばし上等の『ジャンプ』での“最終決戦”っすからねぇ。
実は『ナルト』読者歴そんなに長くないわたくしでも感じ入るものがあるですよ。

まぁ、やってることは、

目くらまし
 ↓ 
煙幕
 ↓
落とし穴
 ↓
石灰投入
 ↓
水を加えて、
 ↓
かき混ぜながら、
 ↓
かわかす

っていう、子供向け科学実験教室みた(略)


・暗殺教室
クラスメートの前原くんがC組の彼女に恥をかかされましたよっと。


“微妙な美人”っぷりがすげーと思ったっす>C組の彼女
整ってるし、かわいくないわけじゃないんだけど、問答無用の美人ってわけでもない。
この微妙さ。

素晴らしいと思いますっ。


・トリコ
スイム完了っと。


おっと、料理人の『フルコースメニュー』はちゃんと料理で構成されてるんすね。
何を言ってるんだお前は? って感じっすが、美食屋のそれは大半が食材m(略)

なんか安心したっすよ。


そういや、小松に『フルコースメニュー』ってありましたっけ?

うーん。まったく記憶にないっす。
とりあえず、ペンギンの唾液入り料理は絶対入ってそうだなぁ……。


・ニセコイ
新キャラ登場。ビーハイブの殺し屋ポーラ・マッコイさんですよっと。


ここで新キャラ登場かー。
なんか完全に虚をつかれたっす。
前回ってそんな、次から新展開! みたいな雰囲気漂わせてましたっけ。
確か、前回は……前回のお話は…………えーと……ほら…………その……………………。
まったく思い出せ(略)

(※小野寺さんと楽の一話完結で、占いのお話でした)


それはさておき、新キャラかわいいっすね。

でも、できれば既存キャラで話を回して欲しかったなーと。
これ以上、“約束の相手”候補が増えてもアレですし。
普通の恋人候補はお呼びじゃないし。
ハーレムの席はもう十分埋まってると思うんすよ。


あと、ツグミとポーラが過去の任務話をするシーンにもやもやしたり。

任務……。

任務かー。

ツグミはいままで何人○したのかなー……。
誘拐した相手はどうなったのかなー……。

そりゃさ。
わかってるんすよ。これはギャグコメディでラブコメマンガだって。
だからそういうツッコミは野暮だし、実際そんなに気になるわけでもないんすが………………びっみょーに、ほんと微妙に、心にトゲが刺さってるよーな……もやっとした感覚が……ときたま……あるかなぁって…………。


あとあと、

「ポーラって呼ぶなぁ!!」

そこは“マッコイって呼ぶなぁ!!”じゃない?
『ポーラ』って普通にかわいい名前だと思うっすよ。

って、あぁ、

『カッコ良くないから嫌なの!!』

か。

ふむー。カッコよくもあると思うけどなぁ>『ポーラ』
いかにも外人って感じがして。


・ブリーチ
一護その他が温泉につかったり。


まさに、“ツッコミがおっつかねぇんだよっ!”状態っしたね。
楽しかったっす。


「あいつと四楓院夜一の“遊び場”に 妙な温泉がなかったか?」

おおーーーーっ。
あった、あった、あった気がする!

そんな古いネタがこんなところに繋がるなんて、すげー! すげー! すげー後付くさ(略)

ってか、あっちの温泉には『血の池地獄』はなかったような?

だとしたら1カ所につかってればいいだけな分、浦原の温泉の方が優れてるん……じゃ…………。

うーむ。
回復力の上限が違ったりする、とか?


・HUNGRY JOKER ハングリージョーカー
第5話。

新キャラが登場したり、新展開があったり。


だんだん面白くなってきたよーな。

……。

…………。

………………。

つーか、要するにこのマンガ、バトルがないと面白(略)

キャラのやりとりが好きっす。ええ、好きっす。


・HUNTER×HUNTER クラピカ追想編
後編っと。


まぁ、なんだ。
順当な話っした。

でも、ラスト2ページだけえらい凄惨なのなー……。
一応、映画告知ページとかアニメ版のコーナーで(?)クラピカは復讐の旅をしてるとかなんとか読んだことはあった気がするので、この結末自体に驚きはないんすが、具体的な村人たちの最期が、最期が、最期ががが。


で、今回の読み切りの感想をまとめると以下な感じっす。

前編→児童向け冒険小説。
後編→少年マンガ。
後編ラスト2ページ→鬱マンガ……。


・食戟のソーマ
第3話。


「なんか… ダメ だったわ…」

面白い、面白いっすよ!>『食戟のソーマ』
普通にお嬢様を完敗させ、入学試験クリア! かと思いきや、完敗させたゆえに落とされるとか!

いい意味で予想を裏切られたっす。
そういうのいいっすよね。テンプレでカッチリ固めてくる新連載が多い中、驚きを与えてくれると面白ぇえええってなるっすよ。

さらには絵のクォリティも高いし、いあ、ほんと面白かったっす!


・クロス・マネジ
第13話。

休日、ヒロインと2人で買い出しに出かけたり。


ラブもあるんよ、と。

それでいて、ちゃんとラクロスもやってるんよ、と。

でも、掲載順位は後ろから2番目なんよ……と…………。


う、うーん。けっこう、面白いと思うんだけどなぁ。
連載開始時の主人公の葛藤があんなに続かなければ、あるいは…………結果論だけどさ。

まぁ、ともかく、最近はきっちり“部活学園マンガ”してて面白いと思うっす。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:週刊少年ジャンプ感想 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2012/12/12(水) 02:07:27|
  2. 本の感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://naseba.blog43.fc2.com/tb.php/1332-288117e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad