流れる川の底の砂

駄文ブログです。ネトゲ/UO、漫画・雑誌の感想、日々の雑感などなど。 日記と呼べるほど更新されない可能性大。

感想:少年ジャンプ 10号

むむっ。
今年も去年同様“ずっと同じではいられない”ことが出てきたかもっす。

って、たんに勤務地がちょこっと変わるかもってだけの話なんすがが。


・恋するエジソン
表紙+巻頭カラー。

新連載。

『メルヘン王子グリム』の『渡邉築(わたなべ きずく)』が帰ってきましたよっと。


面白かったっす。
第1話としての“わくわく”や“特別さ”はまったく感じられなかったけど、面白かったっす。

いあ、連載第1話って大事件が起きて主人公が旅立ったり、いちいちアップやコマをぶち抜いてレギュラーキャラが登場するもんやないっすか。
そういうのが……あんまり……なかっ……たなーと…………。

新連載なのにまるで第10話を読んでるかのようっした。どうやらレギュラーキャラらしい寮生たちもごくごく自然に登場して、はや主人公たちと馴染んでるし。

一応、スピカの『ネジ』と発明はクローズアップされてたけど、このあっさりした取り上げ方は第1話のそれじゃないだろうと。
第3話くらいの、みんなわかってると思うけど一応説明しとくね、くらいのそれだろうと。

でも、面白かったからそれはそれでいいか。
このまま平常運転を続けて欲しいっすよ。




あと、

寮長「お前ら また勝手にオレの部屋で遊んでんのか!!」

スピカ「寮長!!」

寮長「そんなことよりみんなこれ知ってるか!?
   今すげえんだな!」


じゃあ、なんで怒鳴ったっ>「そんなことより」

すげー面白かったっす。


・ナルト
大蛇丸の『穢土転生』で先代の火影たち4人が復活しましたよっと。


おお、『ナルト』終盤は『穢土転生』尽くしっすなぁ。

死んだキャラが安易に蘇るのは興ざめっすが、『穢土転生』はそこらへんバランスがとれてる気がするっす。
確かに蘇ったけど、腐った死体以上生身以下だし、自由意志はあるけど絶対的支配も受けてて。
なにより本人も残された者たちもこれが仮初めの復活であって、ずっとこのままではいられない、いてはいけないことをわかってる、ってのがすげー切なくていいなぁと。

しかも、使うのが敵側だから蘇ってもことごとく敵の手先っすからね。その悲壮さがまたいいっす。

まぁ、これまで蘇った連中はわりと自由かつ奔放に振る舞ってて、ある種楽しそうでさえありましたがが。


・ワンピース
扉絵1コママンガ、

『カリブーの新世界でケヒヒヒヒ
 Vol.19「謎の軍隊、ババーが追い払う」』


ババーが一番の謎だ!

意外すぎる展開で面白かったっす。
ほんとに何者なんだ、あの婆さん。

そして、ふと気づけば19話もやってたのか>カリブー編

とりあえず、コリブーと部下たちがどうなったのか気になるっす。
99.9%生き(略)


それはさておき。


ドフラミンゴ間に合わずっと。


間に合ってバトルになるのも正直めんど(略)

しかし、ルフィたちと接触なしってのもちょいと拍子抜けっすなー。
お互いどんな反応するのか見てみたかっ…………バトルしか思い浮かばないわぁ。

でもって、ローとは電伝虫でやりとりありっと。

ド、ドフラミンゴ……、最初に出てきたときハァハァ息を切らしててなんかかっこ悪いなーって思ってたら……、ローとのやりとりはもっとかっこ悪かった…………。
怒鳴るばかりでまったく主導権とれないし、ローに図星かかれて顔色変わってしまうし。

その上、カイドウには逆らえないみたいで、取引相手としても対等とは言えないと。

もっと筋金入りの悪党かと思ってたっすよ。


あと、

「ベビー5とバッファローの体はどこにある?」

結局、ありかを言わずじまいっしたね>ロー

よく考えたらローは錦えもんをバラバラにしたまま放置してたような……。
ルフィたちが通りかからなきゃ死んでたよなぁ。

つまり、この2人も…………。

ってか、ベビー5は爆弾に変身して自爆すれば、一カ所に集まってきそうな気もしないでもないっす。
うようよとしか動けないなら途中で動物に(略)


・ブリーチ
過去の卯の花隊長との殺し合いで、剣八は無意識に手加減することを覚えてしまっていたとー。


おー。

おおー。

おおおー。

ヘンに筋が通ってる分、よけい後付くさ(略)
妙にネームが多いのも、ねえ?


・食戟のソーマ
第9話。えりなが食戟に勝ってちゃんこ鍋研究会の建物をぶっ潰したり。


むう。
びっみょーに……退屈に…………なって……きた……かも…………。

なんつーか、アニメで例えるなら前半15分をえんえん見せられてるよーな感じがするっす。
何かが起きる! もうすぐ起きる! CM明けに新展開が!

でも、全然CM明けない、後半いかないっていう。

ここまで主人公の実力証明とか学園の雰囲気をさわりだけ、あるいはやっと今回で『バトルルール』の解説とか、とにかく前フリばっかで肝心の本編が始まってないよーな。
そろそろ、ほんと、そろそろ主人公と敵の熱いバトルを見………………たくはないような。

別に料理マンガでまでバトルせんでもなぁっていう。
料理マンガに対決はつきものだし、読めば読んだで面白いとは思うけど、待望するのもなんか違うかなーって。

しかも、従来の料理マンガのバトルよりも『ジャンプ』らしいバトルになるっぽいしなー。
バトルを織り込んだ新連載が次々討ち死にしていった様が思い出されてしようがないっすよ。


・ニセコイ
引き続き、千棘ママ来日編っと。


これはあれか。
『こち亀』の中川パートとか麗子パートのノリで楽しめばいいのか>千棘ママの社長ライフ

しかし、うーん……あかん。やってることはギャグそのもののはずなのに、なんでかストレスしか感じないっす。
たぶん前回、今回といわば“バネ”を押し縮める回で、クライマックス~エンディングにびょーんっと盛大に気持ちよく解放させるための“溜め”で……このストレスは作者の意図通りで…………千棘ママの悪印象も……想定通りで…………。

正直、今回の終盤で解放されることを期待してたっす。
また1週ガマンしなきゃいけないのか……。

ってか、ストレスの一番の原因は千棘ママのキャラよりそんな千棘ママに飲まれてばっかの楽のふがいなさにあると思うんだけど…………それも“バネ”を押し縮め(略)

ああ、ストレスがっがっがっ。


・クロス・マネジ
ギャルなゴーリーと2人で特訓っと。


ハーレムエンドが見えてきた。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:週刊少年ジャンプ感想 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2013/02/06(水) 02:21:13|
  2. 少年ジャンプ感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://naseba.blog43.fc2.com/tb.php/1366-1a6b1ce2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad