流れる川の底の砂

駄文ブログです。ネトゲ/UO、漫画・雑誌の感想、日々の雑感などなど。 日記と呼べるほど更新されない可能性大。

感想:少年サンデー 15号

今日は時間がおしてるので、手短にさくさくいかせてもらいまっす。


・神のみぞ知るセカイ
表紙+巻頭カラー。


いつもいつもいつも『神のみぞ知るセカイ』と『ハヤテのごとく!』が表紙の号は、職場に持っていくのが気まずくなる表紙イラストっすなー。








それがイヤ、とは誰も言ってないんだぜー。




閑話休題。


本編はうらら編完結っと。


グダりながらなんだかんだでキスして終わりかと思ったら、じーさんがうららの心のスキマを埋めたぁああああああ。

いあー、面白かったっす。
うららが大人になりたがってた理由が“おじいさまのため”だったのもよかったし、じーさんがやっとこさうららに向き合い共に生きていこうってシーンもぐっときたっす。

で、桂馬は何をしたのかって言うと、

「私のせいでうららに悪魔がついたと…」

「ま、その通りだろうな。
 でも安心しろ。
 あの母親の形をした悪魔に、うららは負けない。
 後は、じーさんがうららを連れ戻してくるんだ!!」


上から目線でじーさんに命令とかしましたよっと!
年上に対してこの態度、この言葉遣い。横柄にもほどがある、……あるんだけど、それが頼もしく見えてしまうのが桂馬ってキャラだなーと。
さすがエンディングが見えてる男はちがうでえ。


あと、

「結界を破ってみる!!」
    ↓
「お兄ちゃん、穴開けたよ!!」


優秀すぎんだろっ>ドクロウ
エルシィとは大ちが(略)


でも、

「急いでエルシィを呼んでこよう!!」

エルシィにしかできないこともあるんすよ。
まぁ、駆け魂隊なら誰でも(略)

……この勾留した駆け魂って未来もとい現代に持ち帰れるんだろーか。せめてエルシィには手柄の1つでも……ねえ?


・マジカル☆スター かのん100%
スピンオフは魔法少女ものって決まりでもあるのか?

いあ、それがイヤ、とは誰も言って(略)

ただ、フロにリボンつけたまま入るのはいただけないっす。『神のみぞ知るセカイ』では旅に出れば浴衣を着、フロに入れば髪を下ろす、とキャラ記号にこだわらずシチュエーション優先だったのにいったいどうしてしまったんだ。

ってか、かのんってリボン外したら髪型変わるんだろーか。


・マギ
「その様子じゃ、俺に加勢しに来てくれたわけじゃないんだろ?」

気持ち良いくらい思いっきり恩を仇で返したなー>アリババ
完っ全に船に乗せてやって損したなー>ムー


・最後は? ストレート!!
千代田シニアを撃破っと。


でも、なぜかオチは、

「デレデレすんなっ!」

宿河原オチっていう。

つーか、そうかー。宿河原はリア充じゃったか。
宿河原の方はどう思ってるのかわかりませんが、女の子の方はそりゃ気がなければわざわざ試合観戦に付き合わないか。偵察の必要性があるなら他のメンバーも1人くらい来てるだろうし。

で、そのチームメイトの女の子に加えて若菜にも懐かれ(?)て、リア充対決は宿河原の圧勝………………って、睦月にはミキがいたんだった。さらに血のつながらない姉と同居してるだとっ!?

うん、まぁ、なんだ。
観戦に大和しか付き合ってくれなかった御角の完全敗北ってことで。世界王者なのにな……。


・常住戦陣!! ムシブギョー
おおう、穴山小介はほんとにあれで終わりなのか。
昆虫としては超メジャーかつ好感度も高そうな『バッタ』の蟲人なのにあれで終わりなのか。
一応、脱皮したらそれまでのダメージは全回復してた気がするんで、まだ出てくる可能性はあると思うけど……どの面……下げて……出てくるんだって……話です……よなぁ…………。


「…うん。
 うん! だよね!」

天間の笑顔がかわいすぎて新しい自分に目覚めそうだ(2回目)


「…さて、おさらいをしましょう」

相手は蟲人なんていうどんな能力持ってても不思議じゃない連中なのに、こんなところで不用意に秘密の作戦をぺらぺらおさらいしちゃうのは“大×”じゃないかなぁ>大岡

もちろん、クライマックスに向けて必要な行程なんだろうけど、大岡のキャラにふさわしくないと思うっすよ。心の中で独り言のように確認するとか他にやりようはあったんじゃないかなーと。


・ケンイチ
リミが禁断の技『静動轟一』を発動させたり。


うーん。バーサーカーがすっかり雑魚になっちゃってるよーな気ががが。
よそ見しまくりなケンイチを全然倒せないのはヤバイだろう。
バーサーカーはもっとこう、一撃もらっただけで終わってしまうような、そんなレベルの強さを持ってて欲しかったっすよ。


・最上の明医
今回はセンターカラー!

……なんだけど、扉ページは通常通りのモノクロで本編ラスト2ページがカラーっした。


とりあえず、カラーで一番、目をひいたのが“釈の驚きの黒さ”だったのは秘密っす。

松崎しげるとかそんなレベルじゃねぇええええええ。


・おすもじっ!
「ねぇねぇ! 皆で一緒に「新作鮨」作ろうよ!
 3人で協力して、「さわらび(うち)」にしかない、京都ならではの新ネタのお鮨を!!」

な、なんで3人……?
そこは彩香も呼んであげよーよ。
天然と呼ぶにはあまりに罪作りっすよ>司

まーた包丁持参で彩香がくるよー。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:週刊少年サンデー感想 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2013/03/15(金) 02:14:24|
  2. 少年サンデー感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://naseba.blog43.fc2.com/tb.php/1387-824253a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad