流れる川の底の砂

駄文ブログです。ネトゲ/UO、漫画・雑誌の感想、日々の雑感などなど。 日記と呼べるほど更新されない可能性大。

感想:少年サンデー 17号

結局、今日はまともに『FF11』できなかったっす。
昨日発売、今日解禁の拡張パックは昨日きちんと導入したつもりだったんだけどなぁ。

ままならん世の中っすよー(おおげさ)


・ハヤテのごとく!
表紙+巻頭カラー。


連載400回おめでとうございます!
400回やって特に話が進んでないってすげ(略)

いあ、進んでるのかもしれないけど、じゃあここまでどんな話でどんな真相が明かされた? って聞かれると………………あ、あれー? って。

でも、なんだかんだで面白いっす。リアルで噴きだした回もあったし、心惹かれる絵が載った回もありました。
これからも『サンデー』に笑いと職場や教室に持ち込みづらい表紙を提供し続けてもらいたいっす。




それはさておき。


「とにかく脱ぐのはこいつだーー!!」

というわけで、巻頭カラーでヒナギクが涙目半裸を披露~。


うん、そんな気はしてた。
ヒナギクなんだろうなーって。

つーか、前もヒナギクは似たような目にあってませんでしたっけ。
その記憶が正しければヒナギク人気がずっと継続してる証拠なわけで。すげーっすねぇ、ヒナギク。
本編でそんな出番多いわけでもないのに。

しかし、この巻頭見開きカラーのヒナギクの涙目半裸はちょっと罪悪感がが。
笑顔…………はいろいろ考えてさらなる罪悪感があるので、うーんうーんうーん。びっくりしてる表情とかどうだろうと思う今日この頃っす。


「何が同人誌対決だ!!
 その後の話を映画やアニメで散々やってるんだから…!!
 結果なんて分かってるだろ!?」

お、お、お……その発想はなかった。

ってか、よく考えたらわたくし映画もアニメも見てn(略)
まぁ、さすがにルカとハヤテの結婚が実現するとは思ってなかったんで、これはこれでありっすね>本編でネタバレ


「400回記念!!
 三千院ナギのまんがをみんなで読んでみようのコーナー!!!」

途中からナギのマンガを掲載っと。


こ、これはー!



意外と絵が上手い。

ってか、そこらへんどう解釈したらいいのか迷うっす。
ナギのマンガを載せるったって『サンデー』の誌面である以上、ほんとに子供のラクガキみたいなマンガを載せるわけにはいかないから“補正”がかかってこの上手さなのか、それともナギはほんとにこの程度には描けるってことなのか。

もし“補正”なしならセンスがアレなだけでもう十分上手いよなーと。

でも、絵の上手さを除けばキャラたちが同じセリフばっか繰り返してて、なんかこう悪夢的な怖さがあったっすよ。最初は笑ってたけど、だんだん怖くなってきたっすよ。


・マギ
小舟での会談終了~。レームは撤退することになりましたよっと。


おっと、シェヘラザードさまの若かりし頃のお姿がっ。
笑ってるような困ってるような、なんとも言えない表情がかわええっす。今とはずいぶん印象が違いますね。
姿だけで言えばいまの方が若いっつーか幼いんすが、実年齢が若かった分この頃の方が活発な性格だったんだろうなー。

って、シェヘラザードさまは現在268歳でしたっけ。

で、

「もう200年も前の話よ」

68歳であの姿、あの性格か!
何歳から今の落ち着いた性格になったのか俄然興味がわいてきたですよ。


「もう寿命なの…
 “私たち”は……………………」

シェヘラザードさま本体の寿命がもうじき尽きようとしてますよっと。


本体が死ねばティトスも死ぬと。

おーう。これはあれだな。
ティトスのことよりマルガのことを思ってしまうっす。
だって両親に先立たれるわ、病弱だわ、大穴に放り込まれて死にかけるわ、で、やっと巡り会えた肉親以上の同居人がいま風前の灯火て!!
幸せになれるルートがまったく見えねぇええええええええ。
むしろマルガの不幸の運命力かなんかがティトスの、そしてシェヘラザードさまの寿命を削ってんじゃないかと疑いたくなるぐらいの不幸っぷりっすよ。

それだけにティトスには、生き延びてマルガを幸せにしてあげて欲しいなー。なー。


・超推脳 KEI ~摩訶不思議事件ファイル~
センターカラー。

新連載。


うーん。正直、このマンガを『サンデー』で連載する意味がわからんす。
探偵マンガ・推理マンガは『名探偵コナン』で十分やないっすか。なんでこんなだだ被りのマンガを新しく連載させるのか。
そりゃいろいろ『コナン』と違う要素はあるけどさ。推理マンガは1つあれば………………、そういや『サンデー』って一時期、野球マンガが3つくらい同時に連載され……てた……よう……な…………。

無茶しやがって。


それはさておき。


ジャンルの被りを除くと、可もなく不可もなくって感じっすね。
少なくとも、来週が待ちきれねぇええええええ! ってタイプのマンガではないかな……と。


・常住戦陣!! ムシブギョー
「脱皮!!」

『…好機。今まで脱皮中に動いた奴はいない…!
 この隙に、一気に片づける!』


ものすげー違和感がが。
これ、もし邪魔が入ってなかったらほんとに片づいてたのかなーと。
もし片づいてたら十傑蟲たち間抜けすぎるし、逆に罠なら大岡が命拾いしたってな描写がないしで、すげーもやもやするっすよ。


「ん----!!
 やっぱこっちの方がしっくりするのう…」

それは言っちゃだめなような。
蟲の姿って幸村(?)に与えられたものなんじゃないのん?
主からの賜り物にケチをつけるようなことを言うのはどうなのかー。

つーか、よく考えたらこいつらもとは人間なんすよね。
それが人間形態の方が強いって、つまり……、それは…………蟲の……姿に……なんの……利点もないって……こと……な……ん……じゃあ…………。

おぅ……幸村、立場ねぇなぁ……。


あと、

「まず1人…」

由利に斬られたものの、うやむやのうちに平然としてる恋川に笑ったっす。
全然「まず1人…」じゃないよ!

それかあれか。
恋川は人一倍頑丈なのか?
たくさんの傷跡はこんな風にしてついたものなのか?
斬られたけど、わりと平気! って。

それもどうなんだ。


・BE BLUES!~青になれ~
ついに龍の出番がきましたよっと。


桜庭相手に強くて速いパスを決めまくる展開か!

って思ったら、桜庭と交代かよっ。
龍の理想のサッカースタイル、そのお披露目はまだ先……のようなそうでもないような。レノン次第っすか。

桜庭の方はだいぶボロを出したけど、まだ優希がこき下ろすレベルまでは披露してないっすよね。
現状、技術はすごいけどメンタルが弱い1年生って感じ。


・最後は? ストレート!!
VS宿河原。試合開始っと。


大河出番ねぇええええええ。
第一打席の結果がどうなるかはともかく、心意気くらいは聞いておきたいなー。
チーム唯一の野球の白服なんだしさ。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:週刊少年サンデー感想 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2013/03/29(金) 02:25:10|
  2. 少年サンデー感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://naseba.blog43.fc2.com/tb.php/1396-78a2297d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad