流れる川の底の砂

駄文ブログです。ネトゲ/UO、漫画・雑誌の感想、日々の雑感などなど。 日記と呼べるほど更新されない可能性大。

感想:少年ジャンプ 29号

明日からやっと梅雨らしい天気になるらしい。

それはそれで気が重いっすわぁ。
ああ、ないものねだり。


・トリコ
『連載5周年突破記念!!』で、表紙+巻頭カラー。


もう5周年かー。
まだ3年ぐらいかと思ってたっす。

しかし、5年ったら連載開始のとき小6だった読者はもう高校生っすか。
早い子だったら『ジャンプ』自体卒業してたりとか……。

で、思い出すのはどっかの誰かが言ってた言葉、

“少年マンガなんだから読者が少年のうちに終わらせてやれよ”

とかなんとか。
確か『ワンピース』だったかなー。連載10周年を突破したときのことだったと思うっす。
深く共感したのを覚えてまっす。

それを考えると3年くらいがちょうどいいのかなー>連載

しかし、おっさん読者には3年なんてあっというm(略)




・食戟のソーマ
田所・創真組VS四宮戦完全決着っと。


「はい… これで同票
 即ち引き分けですねっ」

最後の一票は日向子が入れるんだろーなーとは思ってたけど、まさかの500円玉てっ。
笑ったっす。


「ちくしょうっ…」

『あの場において幸平創真ただ一人が 本気で勝つつもりでいた…』


田所が去ってから己への怒りを露わにするとか、男前っすわ>創真
前回、(一時的に)負けが決定したとき、

「田所… わりーな
 力に… なれなかった」

と田所に笑顔を向けた創真を見て、負けたのに笑顔はなんか違わなくね? とか一瞬思ったんすが、よく考えれば悔しがっても怒っても田所を責めることになるわけで。

前回、今回と自分の感情を押し殺し、まず田所への気遣いを見せた創真はほんとかっこいいっす。


あと、

「やっぱり… 恵ちゃんは最高です…!」

「ああ…やはり僕達の見る目は正しかったようだね」


日向子はともかくあんたは田所に票を入れてない……よね?>ドナート梧桐田

どう見る目が正しかったんだ……。


・ナルト
「まさか…もう一度口寄せ三竦(すく)みが見られるとは思わなかったな!」

ああ、なるほど。ヘビ→カエル→ナメクジ→ヘビ……の三竦みだからこの組み合わせなのか。

しかし、

ヒロインがナメクジ担当かよっ>サクラ

ものすげーなぁ。

そして、分裂シーンがこれまた……。
ぞわぞわっと。

回復役って意味ではヒロインらしいんだけどなぁ。


あと、

「オヤジは今手打ちのゴタゴタじゃけんオレが来たで!!」

意外と自由度高いんすね>口寄せの術
呼ばれたら問答無用で飛ばされるようなイメージっしたよ。


・ブリーチ
一護が自分の真の斬魄刀『斬月』を手に入れましたよっと。


「ま… 待ってくれ 斬月!!
 俺はまだ………」

一筋の涙を流して“残月”は塵と消え、一振りの斬魄刀だけが残されて…………、

「一護 お前が今迄遣ってきたのは」


まだしゃべるんかよっ。
ちょっとツボに入ったっす。

なんでいったん消えたふりした?>“斬月”

直前までかっこいいシーンだったのにぃ。


・無刀ブラック
第5話。


「あの野郎… 肩の関節を外して間合いを伸ばしてやがる…!!!」

第5話にして早くも色物の敵っすなー。

つーか、そういうマンガってことなのか?
一癖も二癖もある敵が次から次へっていう。

主人公が武器持ち相手に無手で戦う色物スタイルだから、勝手に敵は正統派なのかと思ってたっす。
実際見せられれば、色物VS色物のこっちの方が少年マンガらしいっすね!

というわけで、なかなか面白うございました。


ところで、そろそろヒロインの方は……?

いあ、ヒロイン・ポジションの少年ならすでにいるけどさ>継春

まさかこのまま第2の『トリコ』になっちゃう? なっちゃうの?


・ニセコイ
ずっと小野寺(妹)のターン!


……ほんと、ずっと小野寺(妹)メインっすなぁ。
まぁ、かわいいし面白いからいいけど。

ただ、

「私は自分への怒りのあまり こんなペンダント 粉々にして海へ投げ捨てます!!!」

自分の怒りを他人の物にぶつけるのは感心せんなー。
ペンダント=王子様の象徴って考えれば、怒りをぶつけて壊すってのも理解できなくはないんだけど、拾ったから自分の物って言ってるようでもあり、やっぱ……ううむ。


「…あら 春じゃないの
 あなた 同じ高校だったの」

さみしいっ。
これはさみしいっ。
姉の友達とはいえ、後輩になるんだから教えとこうよっ。

つーか、小野寺(妹)が初登場した回でも小野寺さん(姉の方)が、「春 なんでこんなところに」とかなんとか驚いてたけど、あれは2年の校舎になんでいるの、とかそういう意味だったんだよね?



……そうだよね?


あと、出現、即崩れ落ちる足場については…………、

ああ、『ニセコイ』だなぁと……。


・ワールドトリガー
ユーマの親父さんの「3つの教え」、

『自分でどうにかできないものには近づくな』

これ、目からウロコっした。
少年マンガ的ではないけど、そこがまたいい。

いまやってるボーダー内の派閥争いとその駆け引きとかも、微妙にヒネリがきいてて面白いっす。

が、『ジャンプ』読者に受けるのかなーって心配もあったり。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:週刊少年ジャンプ感想 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2013/06/19(水) 02:00:00|
  2. 少年ジャンプ感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://naseba.blog43.fc2.com/tb.php/1438-8dec155a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad