流れる川の底の砂

駄文ブログです。ネトゲ/UO、漫画・雑誌の感想、日々の雑感などなど。 日記と呼べるほど更新されない可能性大。

感想:少年ジャンプ 30号

というわけで、ついにガラケーからスマホにかえました!
みんな大好きiPhone5っす。ミーハーですみません。

ぶっちゃけ一番維持費が安かったっていうそれだけの理由なんですがが。


・斉木楠雄のΨ難
『祝!!連Ψ1周年!!』記念で、表紙+巻頭カラー。


表紙は楠雄たちがクラッカーから飛び出してるイラストっした。

で、左下にも同じイラストが小さく載ってるのはなんで?

って思ったら、これ無限ループになってるのか。
楠雄がもってるクラッカーから小さな楠雄たちが飛び出して、その小さな楠雄のもってるクラッカーから(略)と。

でも、実質2回、右上のでかい親指いれても3回しかループしてないって、これ企画倒(略)


それはさておき、表紙では微笑、巻頭カラーでは小さく口を開けてたりと無表情じゃない楠雄は珍しいような。
ちょっと新鮮っしたよ。

……と思ったんだけど、あらためて本編読んでみるとけっこう表情変わってた>楠雄
おお……我ながら観察眼ねぇなぁ。




でもって、その本編は沖縄修学旅行編っと。


今回も楠雄は世話焼きっした。
あくまで正体を隠し、見返りも求めない楠雄さんマジいいヤツっす。

でも、中二病ノートはノータッチ。

中二病と高橋には厳しいなー>楠雄


・暗殺教室
「だからカルマ! テメーが俺を操ってみろや」

全力で考えるのやめたぁあああああああっ>寺坂

潔いけど……潔いけど、だからってかっこよくはないかなぁ。


そして、

「さぁ兄さん
 どっちが強いか改めて決めよう」

こっちもなんだかなぁと。
今回の殺せんせー弱体化計画をイトナが考案したんならともかく、すべて保護者のシロにお膳立てしてもらっといてそのセリフ言うのはもう単純にマヌケっすよ。

きみの言う強さってなんだ、と。
有能な保護者に恵まれることなのか?


・トリコ
引き続き、トリコVSスタージュンっと。


両者正面切っての壮絶な打ち合いっすなぁ。
こういう血みどろのバトルは主人公も敵も大人である『トリコ』ならではっすね。
主要キャラが少年少女のマンガじゃこんなバトルはなかなか……って、『ブリーチ』でひよ里が上半身と下半身(略)

……いあ、あれはもうバトルの演出の問題とは違うか……。バトルとは別のジャンルの演出か……。


・黒子のバスケ
双子完全撃破で、帝光が全中二連覇達成っと。


双子の意味特になかったっ!

まぁ、双子だからって入れ替わりのトリックプレーとか、あうんの呼吸の合体技とかしなきゃいけないわけじゃないけどさ。
ちょいと拍子抜けっしたよ。


・ナルト
大蛇丸たちの手助けで五影復活っと。


後ろから2ページ目、

「我々も急ぐとしよう!!」


これ、なんで綱手は下半身しかないんでしょう?
本気で意味がわからんす……。

うーんうーんうーん。

あ、よく見たら綱手の足の間に手が見えてる。

つまり、前屈みになってるだけと。

こ、この体勢にどんな意味が?
ここから始まる術とかあるんだろーか。

とりあえず、見せ場なのに尻が喋ってるようにしか見(略)


・ヨーロッパ特派員の体験レポート漫画!!
『ジャンプ45周年企画!!』。
作画は『伊達恒大(だて つねひろ)』。


少年読者5人がヨーロッパでサッカー見たり、マンガの翻訳してる会社に行ったりした様子を全5ページでマンガ化っと。


いあ、少ないわ!>ページ数
5ページて!
5人の少年がヨーロッパ行って5ページて!

案の定、空気みたいな内容ににに。


あと、メガネ率高いな!>3/5メガネ


・ニセコイ
楽のことが気になるツグミをポーラが応援っと。


顔芸およびデフォルメ絵をたんのーしたっす。

でも、ヒロインキャラにほうれい線をつけるのはいかがなもんか。その顔芸はうれしくないかなぁと。


あとはポーラが楽に惚れないことを祈りつつ、次回を待ちたいと思います。
楽のハーレムはすでに満員御礼っすよ。


・知恵熱!! タビットさん
読み切り。
作者は『仲間りょう』。


例の浮世絵マンガの方っすね。

えーと、これは……面白いのは面白いんだけど……なんか……『うすた京介』と『増田こうすけ』を足して2で割ったような…………。

ともかく、この前の浮世絵マンガの方がインパクトもオリジナリティも上かなーと。


あと、ネームが多めで微妙に疲れたっす。
あくまで微妙に。


・SKET DANCE
スイッチが喋った!
4ページ目で喋った!

もっと引っ張って今回のラストくらいで喋るのかと思ってたんで、ちょっと驚いたっす。

しかし、前回からの引きがあって今回って考えれば十分に引っ張ってるのか?

それはそれとして、ぐっときたっす。
ついに、ついにスイッチがねぇ……感慨深いっす。

そして、それはいよいよ最終回が見えてきたってことで。

それなのに掲載順位が後ろから3番目ってのがね、泣けるわぁ。

こういうところシビアっすなぁ>『ジャンプ』
打ち切りじゃなくって円満終了っぽいし、有終の美補正で真ん中らへんに載せてあげればいいのに。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:週刊少年ジャンプ感想 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2013/06/26(水) 02:01:01|
  2. 少年ジャンプ感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://naseba.blog43.fc2.com/tb.php/1442-89081da0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad