流れる川の底の砂

駄文ブログです。ネトゲ/UO、漫画・雑誌の感想、日々の雑感などなど。 日記と呼べるほど更新されない可能性大。

感想:月刊コミックブレイド 8月号

今日は一日ずっと眠たくて、今夜こそ早く寝ようと心に決めて家に帰ると目が冴える不思議。


・スーパーダンガンロンパ2 七海千秋のさよなら絶望大冒険(クエスト)
表紙+巻頭カラー。


なんかこう、すげー目力っすなぁ>表紙イラスト

マンガ特有の描き方なのかと思ったら、アニメもこんな感じのようで。

つーか、原作であるゲームのグラフィックを忠実に再現してるってことなのか。
あんまり原作ゲームの情報仕入れてないからわからなかったっす。
ゲームは深く知ってしまうとネタバレ食らうから距離感が難しいんすよね。

まぁ、ラノベやアニメにも同じことが言えるわけですがが。

というわけで、原作付きのマンガって距離感が難しいよねと思う今日この頃っす。

ゲームやラノベをマンガ化して原作の売り上げって伸びるもんなのかなー。




・あまんちゅ!
てこたちが商店街でハロウィンイベントに参加したり。


ハロウィンもすっかり定着しましたねぇ。









……2次元では。


それはさておき。


まったくハロウィンらしさがないのは気のせいじゃない、よね?>コスプレ
やっぱハロウィンのコスプレは魔女とかオバケであるべきなのでは。

いあ、これはこれでかわいいけれども。
ぴかりはかろうじて吸血鬼コスみたいだけれどもっ。


『「○○くれないとイタズラするぞ!」とかならず言ってから借りてください』

なにげにハードル高ぇええええ>借り物競走
借りてくる際のセリフに一言も“借りる”って言葉が入ってないところがハードル高ぇええええええ。

正直、あとから苦情入りまくったと思う、このイベント……。


・キミと死体とボクの解答
ユウは子供のころから透明な死体に心を痛めていましたよっと。


あああ、これは痛い。痛い子供だわ>ユウ
透明な死体があるって騒いで警察沙汰を起こしたり、修学旅行を台無しにしたり。
いじめっ子の、

「注目を浴びたいだけの嘘吐きだよ お前は」

ってセリフが的を射すぎてて困るっす。

でも、それはユウのそれが虚言だった場合の話であって。
ほんとに見えてるんだから、いじめっ子のセリフは的外れなわけで。
だけどそれを証明する術はなかったわけで。

よくユウは透明な死体を生み出さずに生きてこられたなーと。
意外とメンタル強いのかもしれない。


あと、前にユウは喋のことを中学生だと勘違いしてましたが、

「牛!! 牛さんだよ!」


今回の喋を見てると誤解されても仕方ない気がしてきた……。
むしろヘタをすると小学(略)


・とべっ!! LUCK★ROCK★GIRL
ウソがバレてギャングな悪ガキたちに追われてるラッパーに出会ったり。


このマンガはあいかわらず、話はバカっぽいのにうんちくはガチっぽくてなんか悔しい(ほめてます)。


「和歌もいうなればラップでスよ」

おお、目からウロコかも。
若干騙されてるような気がしないでもないっす。

まぁ、今も昔も人は韻を踏むのが好きということで。

そして、韻とシャレは紙一重ということで。
そこらへんが日本語ラップがアレな理由なのかなぁ?


・戦国妖狐
泰山が土地神になったことで、真介と斬蔵が村の呪縛から解き放たれましたよっと。


「これで実家にかみさんとガキども紹介に行ける
 帰りに街の居酒屋寄って…あ 温泉もいいな…」

すっかり別人じゃないですかぁああああああ……ああああ……ぁぁぁぁ……ぁぁ…………>斬蔵





もし、いまの斬蔵をいまは亡き妹が見たらなんて言うのかな。

そして、いまの斬蔵はあのときの妹になんて言うのかなぁ……。

案外、悪いことにはならなさそうだよなぁ…………。


それはさておき。


「行こう 荒吹
 まだ飛べるよな?」

おっと、荒吹ってまだ健在だったのか。
月湖が荒吹の子供を持ってたからもうダメになってしまったのかと思ってたっす。

ま、ま、また真介・荒吹コンビが見られるのは嬉しい限りっすよ。


「あ あの黒月斎様が今度は華寅様に取り憑いて…」

これ、華寅の意識はどうなったんだろう。
服を着ることを拒否してた華寅がちゃんと服を着てるあたり、黒月斎が完全支配してしまったのか?

もしそうなら黒月斎すごすぎる……っ。本体ではないとはいえ、神の体を乗っ取るとかー。


あと、万象王があっさり『無の民』の手に落ちてたり。


お、おーう。昔はもっとすごい存在っぽかったのに……。
こんなにもちょろいとは。

びっくりっすよ。


・MARTYRIA マルチュリア <対訳:ツリー・オブ・スカイ、変貌しゆく世界の殉教者>
凛太郎対ZELDAっと。


うーん。世界観とか真相とか、わりと好きだし面白いとも思うんだけど、どうして“進みすぎた人類の科学”のシンボルとしてスカイツリーを選んでしまったのかなぁと。
なんかそれで多くのことが台無しになってしまった気がするですよ。
同じ塔でも現代科学では建造しえない、オーバーテクノロジーな塔にすべきだったんじゃないかなぁ……。


それはさておき、

「…… どこまでも ラブリーな男だ 君は」

ってセリフ回しや粉塵化するときの妙なポーズとハニワ顔とか、ZELDAいいキャラしてるなぁと。
素直にそう思ったっす。


ただ……、

ラストの擬音、“メルラッ メルラ”はちょっと笑いました。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:雑誌(既刊〜新創刊) - ジャンル:本・雑誌

  1. 2013/07/17(水) 00:58:23|
  2. 月刊コミックブレイド感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://naseba.blog43.fc2.com/tb.php/1453-6c04f528
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad