流れる川の底の砂

駄文ブログです。ネトゲ/UO、漫画・雑誌の感想、日々の雑感などなど。 日記と呼べるほど更新されない可能性大。

感想:少年ジャンプ 40号

9月も暑いんだろーなーとか思ってたら、すっかり肌寒い日々にっ。


・食戟のソーマ
表紙+巻頭カラー。


『食戟のソーマ』が表紙+巻頭カラーですってよ、奥さん!
『ジャンプ』の新連載はそのほとんどが定着できずに早々と退場するわけで、そんな中すっかり安定軌道に乗った感があるっすなー。
まぁ、人気アンケート次第ではここから容赦なく落ちていくのもまた『ジャンプ』なわけですがが……っ。
ときたま作者コメントで見かける、『連載表彰式』なるものを初めて目にしたときは、「連載してること自体を表彰ってなんだそりゃ」とか思ったものっすが、いあ、これはほんと表彰されるべきもんですわ……。




閑話休題。


巻頭カラー(1ページ目)は、『いざ、決戦!』ってことで合戦がモチーフのイラストっした。

創真は鎧兜に軍配団扇と大将風、肉魅は露出度高いサムライか? これ。二本差しだし。

で、倉瀬さんは……どう見ても足軽(と書いてザコと読む)じゃないですかぁあああああああああぁぁぁぁぁ。

まぁ、ほんとにそういうポジションか。
いまやってるのも高カロリーの唐揚げをひたすら試食するって、ある意味討ち死に確定な役割だし。


でもって、巻頭カラー(見開き)の方は遠月学園の面々っと。

あいかわらず、創真は悪そうな顔してんなー。

つーか、みんな悪そうな顔しt(略)

今度戦う敵チームですって言われたら信じてしまいそうっすよ(田所さん除く)。


『もず屋の背後に十傑の影…』

おっと、番外編みたいな話なのかと思ったら、ちゃんと本筋とも繋がってるとか。

そつがないなー。

でも、その本筋の次の展開がトーナメントバトルっぽいのが正直、不安しか感じな(略)


あと、

『第七席 一色慧』

この人、裸エプロン先輩か!
最初まったく気づかなかったっす。
この前、創真が言ってた、一色先輩がまともに服を着てるところを見たことないとかなんとかは今回の伏線だったとー。

ほんと、そつがないなぁ。


・ワンピース
チンジャオの“恨み”が明かされたり、ルフィの一撃でまた“錐(きり)”が生えてきたり。


どこからツッコんでいいのかわからないが、めっさ面白かったっす>“錐”再生

まさに、「えええええ~~~~っ!!!」だよ!
そら目玉も飛び出るわ>観客

そして、最終的にハッピーエンドにおさまりそうなところがまた妙におかしかったっす>チンジャオ


あと、実はガープってあんなに強かったんだなーと。
全盛期のチンジャオはいま以上に強かったんだろうし。


・ナルト
影分身+瞬身の術でみんなを結界の外に脱出させたり。


なるほどー、そういうことか。

しかし、あれっすね。
大ピンチを切り抜けた直後にこまごまと技術的なことを解説されるのも、なんかこう、居心地悪いっすね……。

でも、解説されないと何が起きたのかわかりにくいし……ううむ。


「ワシが作った術だ! ワシの術だ!」

『穢土転生』だけじゃなく、『影分身』も二代目作だったのか。
二代目は政治家っつーか火影としてはロクデナシってイメージっしたが、忍としては優秀……………………『穢土転生』はロクデモない術だよなぁ……。
いろんな意味で。


・ワールドトリガー
センターカラー。


逆光気味の塗りがかっこええっす>センターカラー

でも、真ん中でどんと構えてるユーマは本編に一切でてこないっていうね……!


「「風刃」とおれのサイドエフェクトは相性が良すぎるんだ 悪いな」

考えてみれば、ちょっと先の“未来”を見ながら戦うってめさめさ器用だな。
“未来”がどんな風に見えてるのか、頭の中にイメージが浮かぶのか、視界に現れるのか、そのあたりの詳細はわかりませんが目の前の“現在”を見つつ、“未来”も見てさらにそれを戦闘に活かすとか口で言うほど簡単じゃないっすよね……。
その上、今回は敵が複数だし。

さすが実力派エリートやでえ。


・トリコ
ちょっと時間を戻しての頂上決戦っと>会長VS三虎


『ランペイジ[魔獣類] 捕獲レベル388』

またまた出たよ、人型っぽいモンスター。
愛嬌のある笑顔が怖えっす。



で、



こいつ、食べられるの?



つーか、



食べるの?



いまは食べてる場合じゃないだろうけど、捕獲レベルがあるってことは食べられるってことなのかな……。

この世界の人間怖えー……。


・俺コイ!! ~Boys Side~
センターカラー。


なにこれ。














いあ、











なにこれ…………。











『別冊マーガレット』連載の『俺物語!!』とのコラボ企画らしー。
女の子キャラ視点のコラボマンガが『別冊マーガレット』に載るらしー(9月13日発売号)。

なにそれ……。



面白かったけどさ。
とりあえず、

「…あれ? オレのケータイ…
 あっ! あんなとこにひっかかってるよ」

この部分のアイデアはきっと『古味直志』に違いな(略)


・怪奇コンビネイション
『真夏のJ(ジャンプ) 異才新人読切 3連弾!!』の『第2弾!!』。
作者は『望月(もちづき)』。


笑いあり、涙ありで面白かったっす!

ただ、絵が、絵が、絵がっがっがっ。
正直、「え? 読み切りなのに締め切り間に合わなかったの?」って誤解してしまうような、下書きっぽいコマがチラホラと。
よくよく見ればちゃんとペン入れしてあるんだけど、下書きのままとあんまりかわんないっていうか……ううむ。

面白いんだけどなー。
絵がこうじゃなかったら、もっと面白くなってた気がするですよ。


・ニセコイ
引き続き、記憶喪失編っと。


おーう。なんか最近『ニセコイ』が普通に面白いっすよ。

いいことなんだけど、例の“5秒で考えたような”展開がないのは寂しいなーと。
続けていけば売りになるような気がするんすよね、"5秒で考えたような"展開。
まじでまじで。


それはさておき、

「このペンダントを見てると 何か思い出せそうな…」

それに触れちゃいかーん。
どうせ真相を明かす気なんてないんだろうし、もうそのペンダントはいいじゃない。最終回まで封印しとこうよ。

……ハッ、"5秒で考えたような"展開のチャンs(略)


でもなー。メインのネタ(?)で何度も狼少年的なことをやるのはなぁ。
誠意がないっつーか、期待感が削がれるっつーかなんつーか。
さすがに問題ある気がするなぁ。
少しずつでも真相に近づいていくんならいいけど、現状何か明かされるたびトンデモなことになってるような……。カギが3本あるとかさ。
謎が深まって盛り上がるんじゃなくて、真相に対する期待感がじわじわと……ね。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:週刊少年ジャンプ感想 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2013/09/04(水) 02:01:43|
  2. 少年ジャンプ感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://naseba.blog43.fc2.com/tb.php/1476-e6b80a6d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad