流れる川の底の砂

駄文ブログです。ネトゲ/UO、漫画・雑誌の感想、日々の雑感などなど。 日記と呼べるほど更新されない可能性大。

感想:月刊コミックブレイド 10月号

今月の『コミックブレイド』はいつになく薄いっすね。

ネタでもなんでもなく、本屋で見つけるのに時間がかかったっす。『コミックブレイド』=持つのもだるいほど分厚いってイメージだったんで、目に入ったはずなのにスルーしてました……。

でも、実は先月号もなかなかの薄さだったのか。
来月以降もこの薄さを維持して欲しいなぁ。個人的にはもう少し薄くてもいいくらいです。


・表紙
今月の表紙は、『Princess Lucia』と『スーパーダンガンロンパ2 七海千秋のさよなら絶望大冒険(クエスト)』のコラボっした。


ちがうマンガのヒロインが並んで立ってるってのに、意外と違和感ないっすね>表紙イラスト
頭身が同じだからか?

反面、ルシアの顔に違和感があったり。
こんなロリ顔だったっけ?


そして、前号の『3大フィナーレ』に続き、今号は『2大フィナーレ』の文字がっっ。

あかん。やっぱ笑ってしまうっ。
どういう意図を込めてるんだ、ほんとに。




・Princess Lucia
巻頭カラー。

ユタとルシア+魔獣2人で南の島に遊びにきたり。


「人間が剥がしたら意味無いでしょ!
 安くないのよソレ…!!」

クールキャラのように見えて、けっこう庶民的だなー>カマエルさん
表情も豊かだし、わりとしゃべるし……って、あれ? クールキャラでもないような。

つーか、

「それにカマエルはずっと幽閉されていたから知らないのよ
 今あの島には…」

ドジッ子キャラ?


・あまんちゅ!
姉ちゃん先輩と弟くん先輩が巫女と御輿の担ぎ手として祭りに参加してたり。


『姉ちゃん先輩はいつも気遣ってくれる
 いつでも気付かないくらいさりげなく』

『大人なんだな--って思う』


大人はむやみに暴力をふるわないと思うの。

そして、理不尽な暴力に黙って耐えるのは優しさじゃないし、大人でもないと思うの>弟くん先輩

いあまぁ、それはネタにマジレスが過ぎるにしても、なーーんか姉ちゃん先輩の暴力シーンには毎回もやもやさせられるっすよ。
基本、日常に潜むささやかな“いいこと”や感動を探すマンガだけに余計そう感じるのかもしれないです。


・京洛れぎおん
最終回。


前回、あんだけ無茶で強引な展開させたのは、この最終回できれいな幕引きをするためなんだろうなー……、

とか思ってたら!


ものすごい打ち切りエンドだった……っ。


ほんとに打ち切りなんだろうし、そりゃしかたないのかもしれないが、これだったら“千鳥たちの物語はまだまだ続く!”エンドでもよかったんじゃないかなーと。元よりそんな細かい話があったわけでもないと思いますし。

正直、『京洛れぎおん』ってどんな話だった? って聞かれたら、

“主人公とヒロインが近づいては離れて絆を深めていく話。
 ただし、ヒロインは女子小学生(低学年)!”

ぐらいの答えしか用意できないっすよ>自分

実際はもっと謎や深い設定もあったんだろうけど、少なくとも私はパッと思い出せるそれらはないっす……。

でも、私はその“なんでもなさ”が好きだったし、面白かったっすよ。


というわけで。


おつかれさまでした!>作者さん
次の連載は毎号掲載でお願いします。まじでまじで。


・キミと死体とボクの解答
引き続き、2人同時に心の死体を生んだカップルのお話っと。


びみょーに話がわからなくなってきた。

で、

念のため前回の話を読み返してみたんだけど、やっぱいまいちこう、釈然としないといいますか。

でも、前回の話を読んだ後にもう一回今回の話を読んだら、やっと理解できた気がするっす。

ってか、バス停前で薫とモメてたの実じゃないんすね。
ラストに出てくるメガネの男なんすね。

でもって、これが“他愛ないすれ違い”の始まりと(たぶん)。

実視点で遠目になってるんだろうけど、説明セリフもないしで、ちょっとわかりづらかったっすよ>バス停前のシーン


それはさておき、前半はユウと喋の無力っぷりが新鮮でした。
心の死体っていうファンタジー設定はあるけど、必殺技や能力はない世界とでもいいますか、ふだん少年マンガばっか読んでる身としてはこういう一撃必殺な解決手段を持たない主人公たちは新鮮っすね。
次回、2人がどう問題を解決するのか楽しみっす。

まぁ、世界の命運がかかってるわけでもないんで、“解決できませんでした”もありなんだよなぁ。


・蜘蛛は標本の上
『コミックブレイドマンガ大賞NEXT 8月期 入選作品』。
作者は『いたたま』。


恋愛マンガと思わせて、実はホラーと。


なんか読んでて昭和の少女マンガを思い出したっす。別に古くさいってわけじゃなく、主人公のなよなよした感じとか間の取り方とかがそれっぽいなーと。

面白かったかどうかで言えば、可もなく不可もなくっす。
ラストに驚きは感じたけど、それが面白かったかと言えばうーん、と。


あと、ヒロインだけちゃんと人間に見えて主人公が衝撃を受けるシーンはちょいとシュールっした。

たとえ話じゃないのかよ! と>人を野菜と思え

このシーンで一気にリアリティや説得力が落ちてしまったと思うっす。
だって、人が野菜に見える自己暗示ってそれもう魔法のレベルっすよ。
それとも、

「必ず君にかけられた魔法を解いてあげるから
 ね?」

本当に『魔法』なのか?

いあ、まさかね……。


・戦国妖狐
ムドと道錬の出会いが語られたり。


ムドと道錬、相性よすぎるっ。
2人のいきいきした表情と流れるような弟子入りに笑いっぱなしっすよ!

でもって、そこに千夜を加えた3人の3人ともが神雲と戦いたがっててまた笑ったり。
千夜にとっては父親だし、道錬にとっては昔なじみ、ムドにとっては強敵だもんなー。そら戦いたいよな。

でも、

「おれが」「おれだ」「わしが」

子供かっ>3人


そして、そして!

「あれは… 岩の闇の…里か?」


お。

おお。

おおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!

しゃ、灼岩ーーーーっ!!

久しぶりに灼岩の姿ががっ!
現状、ただのまんじゅうみたいな岩だけど、こうなった経緯を知ってる者にとっては…………灼岩ーーーーーーーーーーーーっ!!


いあー、毎回毎回面白いっすわぁ>『戦国妖狐』


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:雑誌(既刊〜新創刊) - ジャンル:本・雑誌

  1. 2013/09/16(月) 03:18:22|
  2. 月刊コミックブレイド感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://naseba.blog43.fc2.com/tb.php/1483-5b036da6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad