流れる川の底の砂

駄文ブログです。ネトゲ/UO、漫画・雑誌の感想、日々の雑感などなど。 日記と呼べるほど更新されない可能性大。

感想:少年ジャンプ 1号

昨日の夜は急な腹痛に襲われてたいへんっした。
あまりの痛みにあぶら汗がどばーっと出て、風邪をひくかと思ったっす。

……。


・アイアンナイト
表紙+巻頭カラー。

読み切り版をへての新連載っと。


うーん。可もなく不可もなく。

目覚めてから街をさまよったり、すがるような気持ちで学校に行ったりするシーンを見て、こういうのもありだなとか思ったっす。
パニックものやホラーのにおいがしてちょっと新鮮っしたよ。
特に最後の希望として辿り着いた学校が荒れ果ててまっ暗、かつ人っ子1人いないってのがすげー不気味でよかったっす。

まぁ、結局は『ジャンプ』らしいバトルものに落ち着くわけですがが。

もうちょいじわじわじっくりと世界が崩壊し、主人公が異質な存在へと変貌していく様を見てたかったなー。

でも、それをやると「展開おっそ」って打ち切り食らうんだろうなー…………。




「わっ私がお嫁さんになってあげるから…!」

最初からベタ惚れやないっすか>ヒロイン
ちょろいってレベルじゃねーぞ!
主人公の方は『翼ちゃん』なんて呼んでてある意味他人行儀なのに、いきなりキスとかどうしたんだ。スタンド攻撃でも受けてるのか。

つーか、ここまでいくと死亡フラグっぽいなーとか思ってたら、ほんとに死亡フラグだった……。

いあ、まだ死んだとは限らないけどさ。


あと、このマンガ、地味に『HACHI ハチ』とかぶってるような気ががが。


・暗殺教室
「対先生弾に触れずに元の姿に戻るには… 生徒ごと爆裂しなきゃいけない寸法さ」

正面からいって勝てない敵には人質作戦! ってのは常套手段ではあるよなーと。

ただ、地球爆破するって言ってる相手にどこまで通じるかが問題ですよな……。


・食戟のソーマ
センターカラー。


「あいつ…何やってんだ?」

アンコウの“吊るし切り”をやる前に両手を合わせたり>田所


これはあれか。
食材に対しても“思いやり”の心を見せてるのか!

『創真くん 今日は…私に
 勇気だけ貸して下さい--!!』

別にそんなことなかったぜ!

あ、あれー? 田所の強さって料理に“思いやり”の心を込めることじゃなかったっけ。

……。

…………。

念のためググった。


『心遣い』だった。

『心遣い』と『思いやり』、似て非なるもの、か……。


それはさておき、難しいらしいアンコウの“吊るし切り”をやってのけてしまうのか>田所

もう落ちこぼれじゃないんだなぁ。
その成長を祝福すべきなんだろうが、なんか一抹の寂しさが。
ここはやっぱり四宮さえ認めた『思いやり』『心遣い』という武器を伸ばす方向で成長して欲しかったなー。


・ワールドトリガー
センターカラー。


作者、逆光とか夕焼けとかそういう色合い好きだなーとか思ってたら、

『本気とお遊びの境界(ボーダー)で戦う者たち--』

なるほどー。
明け方は夜と朝の境界、黄昏は昼と夜の境界、それら時間帯の境界とボーダー(境界)を掛けてるのか。
まったく気づかなかったっすよ。


「私はユーマの父ユーゴに造られた多目的型トリオン兵だ」

でもって、こっちもなるほどと。
レプリカってトリオン兵だったのか。
その発想はなかったっす。

つーか、トリオン兵って自我を持たせられるんすねぇ。
これは夢が広がるなぁ。


・ニセコイ
小野寺の店の真ん前に楽ん家のヤクザがケーキ屋開いたり。


どうしよう……面白い以外の感想がわいてこない…………。
コメディマンガとしてレベルが上がった故に感想が書けなくなるとは……。

何も書くことないなら書かなければいいじゃないって言われたら、まったくもってその通りなんすが、いち『古味直志』ファンとして一言くらい感想をですね……。

うーんうーんうーん。
他に思いつくことったら、いつもの、ヤクザの設定どこいったとか、千棘がいないと平和だn(略)

う、ううむ。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:週刊少年ジャンプ感想 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2013/12/04(水) 02:04:25|
  2. 少年ジャンプ感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://naseba.blog43.fc2.com/tb.php/1529-99d6f039
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad