流れる川の底の砂

駄文ブログです。ネトゲ/UO、漫画・雑誌の感想、日々の雑感などなど。 日記と呼べるほど更新されない可能性大。

感想:少年ジャンプ 26号

5月ももうすぐ終わり。

6月になったら本気だす……。


・火ノ丸相撲
表紙+巻頭カラー。

読み切り版を経ての新連載っと。


むむ。冒頭の電車のシーンとか面白かったし、クライマックスの、

「じゃあ来なけりゃワシは横綱になれたんかい?
 ここで部長を見捨てる様な奴が はたして横綱になれるかね」

とか、ぐっときたりもしたんすが……どうにも読み切り版のダイジェストって印象が拭い切れないっす。

つーか、部長心折れるの早っ。
その気になった次のページでもう「…潮時かな…」って!

敵のボスもやられるの早っ!
回想シーンから復帰したらすでに勝負ついてた!

読み切り版の内容そんなはっきり覚えてるわけじゃないけど、あっちの方がもっと熱くて盛り上がってた気がするっすよ。

反面、今回は読み切り版でだいたいの流れ知ってたし、その分驚きや感動が薄れてしまうのは仕方がないわけで、つまり次回からが本番! もっと盛り上がる……といいなぁ。
いまリアル角界には日本人横綱がいないし、このマンガの人気がキッカケで相撲が盛り上がって入門希望者が(略)
なんてことあればいいなーとわりと本気で思うっすよ。すよすよ。




・食戟のソーマ
恵のラーメン実食っと。


「どうぞ…!」


「ううーむ…
 仕上がりも美しい見事な淡麗スープ…」


またあんたかっ>じじい

2週続けてラーメンすするじじい鑑賞か。

いあ、前回との対比のためにも同じキャラが食わなきゃいかんのか。


『強敵を恐れず真っ向から
 旨味のガチンコ勝負を挑みおった!!』

なるほど。前回のセンターカラーはこう繋がるのか>恵(女番長版)イラスト

と感心しつつ、1週ズレてることにもやっとしたり。


ジョジョ風見開きバトルイメージについてはノーコメントで。
実はあんまジョジョ読んだことな(略)


・ワンピース
ドフラミンゴ討伐を目指してかつての敵が一丸となったりならなかったり。


ふと気づくとローがツッコミ役になってたり。

うん、まぁこのメンツじゃな。一番の常識人・苦労人っぽいローがツッコミ役になるわなと。
最後の方はツッコミ切れなかったのか黙ってしまってるけど。

というか、誰かローの拘束といてやれよっ。


・暗殺教室
E組対A組棒倒し勝負、いざ開戦っと。


『自軍の棒をなんと自ら半分倒して… 棒の重みでガッチリ固めた!!』

こ、これはっ。



び、びみょー…………。

人数からして不利な状況にどんな奇策で立ち向かうのかと思ったら、これはそのなんだ。
現実的に可能なのか?>棒の重みで固める

棒倒しの棒ってそんな重いイメージないし地面に接続されてるわけじゃないから、こんな風に傾けたら簡単にこてんと倒れてしまいそうな気ががが。


・ニセコイ
小野寺さんが進路のことで悩んだり。


「もっと色んな人に相談してみたら?」

これはあれか。
”○○の場合”って感じでテンポよくそのキャラらしいギャグコメントが披露されるパターンか。
大好物だ! その展開!

と期待して読み進めたら3人だけだった>相談

くっ。万里花の場合を読みたかった。
あと、なにげに集はいいこと言いそう。へらへら茶化して最後に一言さらっと。

それにしても、相談した相手が殺し屋とギャングの娘とヤクザの息子ってすげーな。
明るい進路が見えな(略)

いあ、親の職業は関係ないか。偏見はよくないっすね。



ツグミは……ツグミは孤児で物心ついた時には殺し屋に(略)
進路相談するのは酷かもしれん……とか思ってたらものすごい高度な分析とプレゼンテーション始めて噴いたっす。

地味に有能だなぁ>ツグミ


・i・ショウジョ
第6章第1話。


最後尾!>掲載順位


しかし、新連載は『火ノ丸相撲』だけのようで。

まだなんとか大丈夫、か?
7月4日にコミックス発売らしいからこれの売上しだいかなー(ステマ)
わたくし普段、雑誌で読んだマンガのコミックスは買わないんだけど、これは買おうかな(ステマ)


それはさておき、今度のアプリは透明人間化っと。


でも、服は消えないタイプ。

イヤな予感しかしねぇ……っ。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:週刊少年ジャンプ感想 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2014/05/28(水) 02:21:11|
  2. 少年ジャンプ感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://naseba.blog43.fc2.com/tb.php/1615-6483c037
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad