流れる川の底の砂

駄文ブログです。ネトゲ/UO、漫画・雑誌の感想、日々の雑感などなど。 日記と呼べるほど更新されない可能性大。

感想:少年サンデー 38号

たった1週出なかっただけなのに、ずいぶん久しぶりな気がするっすよ>『サンデー』


・表紙
今週の表紙+巻頭カラーは『能年玲奈(のうねん れな)』のグラビアっした。


『さて、能年はどこでしょう?』

グラビア1ページ目はスイカに埋もれた『能年玲奈』さんでした。


背景真っ暗なのが地味に怖いよっ。
一歩まちがえばホラーだよ、これ。


そして、最後のページは、

『秋になっても遊ぼうね。』

やや振り向き気味にこちらを見ている『能年玲奈』さんでした。


この目は明らかに『遊ぼうね』じゃないよ。
『二度と来んな』って目だよっ。




・ヘブンズランナー アキラ
巻頭カラー。


『アキラには友達なんていないです ガチャッ』

まさかの鬱展開?
ギャグを……、ギャグを下さい。


「買い出し行ってきまーす」


「全部 買われちゃってますね」


せめてスーパーに行こうよ。コンビニじゃなくてさ。
最近あった某オタクの祭典の最寄りコンビニがごとく特別臨戦態勢でもとってないかぎり、コンビニのキャパじゃあっと言う間に商品棚空っぽになるのは火を見るより明らかっすよ。

つーか、コンビニ高くてペットボトル飲料とか買う気がし(略)

貧乏性でごめん……。


・戦争劇場
連載2週目だけど、前回一挙2話掲載だったので今週は第3話。


で、第3話の戦争テーマは『カサブタをはがすか否か』っした。
全8ページ。


むむ。
意外と面白いかもっす。
このマンガは”心の中の天使と悪魔が戦うアレ”ってのがわかってても、今回のテーマ=オチはなにかな~って推測する面白さがありました。

でも、8ページはちょっと多いかな。
基本的に毎回オチまでの流れが固定されてるって意味でテイストが少し似てる『姉ログ』が6ページですし、こちらも同じく6ページくらいでちょうどいい気がするっすよ。
あっちはある程度ネタを膨らませて6ページで、こっちはさらに4コマライクなシンプル構造なんだし、いっそ4ページで! と一瞬思ったけど、さすがにそれは収まりきらないか。


あと、『カサブタ』逃げるのなー。
天使と悪魔の戦争パートからオチを見抜くのは、けっこう難しいかもしれないな……。


・ノゾ×キミ 2年生編
「「イイヨ★」の獲得競争が加熱して、さっきの写真みたいにすごいことになってるの!」

なんだっけ、承認欲求ってやつか。

そして、手っ取り早く人気を得るためエロに走る、と。

安易だ。安易だぞ、2人とも>神村・小山田

でも、よく考えたらプロのグラビアでもたいていエロ要素は入ってるか、むしろ全面に押し出してるわけで。

……エロは偉大だな。


あと、この2人に限らず、黒歴史の記録そのものだよなーと>『霧高@自撮りクラブ』


・BE BLUES! ~青になれ~
扉絵は浴衣姿の優希っした。


あれ? もしかして、小さくなった?>耳


『F(土手向こう)でたまたまボランチをやった時、味方が前に多数いれば、パスの選択肢が広がる--
 ごく当たり前の事に気づいた』

おお!
F組での経験が役に立ってるよ!>龍
もうF組の出番ないけどな!

……もはや完全に過去の存在だなぁ>F組
喰らいつくように努力してれば、この試合にだって出れていたかもしれないのになぁ……>九重


「一条が上がってる!!」

ボール回しまくって、自陣ゴールも守って、その上直接敵のゴールも脅かすと。


すごいけど、体力もすげー使いそうっす。
最後までスタミナもつのかな。


・常在戦陣!! ムシブギョー
一度は『蟲狩』に傾きかけた仁兵衛を長福丸が引き戻したり。


ほろりときたっす>長福丸の見せ場

でも、思いっきり感情論で笑ったっす。
仁兵衛の暴走対策とか『蟲狩』の話が全部本当なら、一時的にでも向こうに行くのが正解のはずなのに全部感情論でねじ伏せたよ!
具体策を持つ『蟲狩』に対して、長福丸は”お前ならできる!”、これっすよ。対策これだけっすよ!

だが、だからこそ熱かった!
いつだって心を動かすのは感情論ですよなー、たぶん。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:週刊少年サンデー感想 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2014/08/22(金) 02:03:14|
  2. 少年サンデー感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://naseba.blog43.fc2.com/tb.php/1661-0016491e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad