流れる川の底の砂

駄文ブログです。ネトゲ/UO、漫画・雑誌の感想、日々の雑感などなど。 日記と呼べるほど更新されない可能性大。

感想:少年ジャンプ 42号

土曜日発売なのに感想アップするのはいつも通りな不思(略)

つーか、自分でも一瞬先週号読んでるような感覚に陥ったのは秘密っす。


・ハイファイクラスタ
表紙+巻頭カラー。

新連載。


表紙イラストは『六攻特課』課長・貫寺晃作っした。


おっと、そっちなんだ?

新連載開始号の表紙なんだし、普通に考えれば主人公が表紙イラストを飾りますよね。

つまり、少年の方じゃなくておっさんの方が主人公ってことなのか。

……ぺーた+菜乃ねーちゃんってな王道少年マンガ表紙もちょっと見てみたかったかもっす。

いあ、おっさんも十分かっこよくて少年マンガらしいですがが。




それはさておき、本編っと。


話の流れは読み切り版とほぼ同じ?

でも、これはこれでありっすね。
内容知ってるから退屈するかと思ったけど、テンポがいいせいなのか意外と楽しめました。


「ろ… ロッコートッカっておい…!
 どんな無茶でも平然とやるって噂のラベル犯罪専門の超法規的警察組織…」

「あの「六攻特課」のことか!?」

「「貫寺晃作」っていやあ 確かそこの課長(トップ)だぞ…!?」


これくらいの説明的セリフ、第1話だし普通だと思う反面、『斬』を思い出してしまって過剰に笑いのツボが刺激されてしまう自分がいたり。
『斬』の罪は重い(ほめ言葉)。

ってか、モブキャラが説明的セリフをまくしたてる描写法に誰か名前をつけて欲しいっすわぁ。
名前に『斬』を絡めて。


「十五条平太
 ラベル違法取引幇助の準現行犯で十五時十九分-- 確保」

ラストでぺーたが逮捕されて以下次号~。


最後の最後で読み切り版から展開変更っと。
実質、次回からが本番っすかね。

ぺーたは『六攻特課』に入れられてしまうんだろうし、これから菜乃ねーちゃんに出番はあるんだろーか。
なんかスポーツマンガにおける空気ヒロインと同じ道をたどりそう。
試合に参加できないゆえにまったく出番がないっていう……。


・暗殺教室
死神の裏切りでビッチ先生がガレキの下敷きになったり。


「どーして助けないの 烏間先生!!」

みんないい子だなー。
自分を殺そうとした相手を許せるとか。

それだけに本当の地獄を見てきた奴に、「反吐が出る」とか「死ぬかもしれない実感が無いんだな」とか言われそう……。
実際、あんまり”死ぬかも”って思ってなさそうっすよね……>生徒たち
生徒たちの寛容さにちょいと感動を覚えつつもそんなこと思ってしまいました。

でも、この寛容さを素直に受け入れられるなら、ビッチ先生はまだまだ全然日の当たる世界に帰ってこられそうっすよ。


で、そんな風に1人の命を救ったりなんかしてるうちに、操作室では大勢の係員が死神に殺されて(?)たり。


ってか、操作室に人いたのか。

……。

…………。

………………。


『教唆術』使えよっっ。


そしたら、わざわざ操作室まで移動せんでも、水が流れこむルートから脱出するだけで殺せんせー殺せたのに。


あと、人気投票の結果、

『第1位 赤羽カルマ 432票 男性票81票 女性票331票』

あ、あれ? 一ケタ違わない……?>得票数
他のマンガの時もこんなもんだっけ。もっと多かったイメージっしたよ。

性別ごとの内訳は興味深いっすね。
実は女性読者多いんだなー>『暗殺教室』


・ワンピース
ドフラミンゴの過去が明かされたり。


うーん。これはドフラミンゴの言う通り、ドフラ父にけっこうな落ち度があると思う。
天竜人やめて一般人になるのはいいけど、ちゃんと準備してからにしろよと。
結果的に妻は病死、次男は兄の手にかかって死亡。
長男は弟殺しに父殺し。いまや大犯罪組織のボスっすよ。

いいことなさすぎるっ。

ドフラ父こそ生粋の天竜人だろうし、ヘンな夢見てしまったのかなぁ……。
切ない。


・ナルト
なるほどー。
真のラスボスはサスケっしたか。
そりゃ確かにマダラよりサスケの方が相応しいですわ。

すげー納得できたっす。

あとはプルプルカグヤさんみたいな間抜けな微笑ましいバトルにならないことを祈ろう。


・ブリーチ
ゾンビ使いのジジ退場っと。


”もう用なしだから死んでいいよ感”がすげー>ジジ
マユリのためのお膳立て役だったか。

あっさりしすぎて後出しジャンケンが始まるのかとも思ったけど、最終章はわりとみんなあっさり風味に退場していくからなー。
ほんとにこれで終わりっぽいっすね。

でも、

「君の敗けだヨ ゾンビ娘」

と女の子として逝けたんでジジ的にはよかったのかもしれない。

つーか、そこを間違う(?)とかマユリらしくないなぁ。
実は本当に女の子……なのか?


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:週刊少年ジャンプ感想 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2014/09/17(水) 01:58:10|
  2. 少年ジャンプ感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://naseba.blog43.fc2.com/tb.php/1676-97bb084e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad