流れる川の底の砂

駄文ブログです。ネトゲ/UO、漫画・雑誌の感想、日々の雑感などなど。 日記と呼べるほど更新されない可能性大。

感想:少年サンデー 42号

そろそろ半袖の出番も終わりかな。


・湯神くんには友達がいない
表紙+巻頭カラー。


そっかー。前に『湯神くんには友達がいない』が載ってから1ヶ月たったかー。
表紙+巻頭カラーとはなかなか人気あるんだなぁ。
月イチ連載あなどりがたし。

……って、なんで今号の表紙+巻頭カラーがこのマンガっ?

いあ、読み切りと連載当初こそ湯神のキャラに苦手意識があったものの、ここ最近は面白さがわかってきたといいますか、いっそ掲載されるのが楽しみなくらいなんですが、今号は……今号は12年間連載されたあのマンガが最終回を迎える号っすよ?
ほら、表紙の上端にも、

『12年の歴史に幕--
 ここに堂々最終回!!!!!』

って書かれ…………堂々としてねぇええええええええええええええええええ。
集合写真の撮影日に休んだ人みたいになってるよっ>ケンイチと美羽

こ、今号の表紙+巻頭カラーは『ケンイチ』一択だったんじゃないかなぁ。




ま、ま、『湯神くんには~』に罪はない。

そういや、タイトル打っててふと思ったことが。
もしかして『湯神くん』って”歪んでる”から『湯神(ゆがみ)くん』なのかな。
歪み→ゆがみ→湯神、と。

……外れてたらただの悪口すぎる。

ただ、ひねくれてることだけは確かな気がしますわー。歪んでるまでいくかはさておいて。


閑話休題。


本編の方は湯神がもう一度落語したり、文化祭終了したりっと。


なんだかんだで打たれ強いな>湯神

そして、意外と知り合いが多い。

つーか、コミュ障でもないし、実んところ友達がいないわけでもない。
単に友達と呼びたくないだけというか、友達の概念のハードルが高いだけといいますか。
そこらへん毎回もやもやするっすよ。面白いけど。面白いけれども……っ。


・境界のRINNE
アゲハ姉がりんね父からプロポーズされなかったんで自分からしたり。


りんね父はりんね祖母の息子で、りんねの父親っと。

あれ? りんね母って出てきたっけ?
りんねが父の結婚について何も言わないってことは、りんね父は現在独身でりんね母はすでにお亡くなりになってる……のか?

お亡くなりになっててもこの世界観じゃあんまり悲しくないっすがが。
なんなら転生して身近にいる可能性もありますし。


・戦争劇場
今回のお題は『友達を待たせるかどうか』っした。


「う、うん… でも地下道は遠回りだし…
 くるみちゃんを待たせちゃうと思って…」

世の中にはスマホという物があってだな。

って、スマホ・ケータイは持ってないタイプの女子高生なのか?>るり

それとも、連絡つこうがつくまいがともかく待たせたくないのか。
そこまで待たせることを嫌う理由がわからんす。
単純に道徳として約束を破るのはよくないってことなのか。

でも、こんな些細な約束を守るためにびしょ濡れでやってきたら、正直引きますわ。
もっと他に守るべき大切なことがあるだろうと。
常識とか。


・史上最強の弟子 ケンイチ
最終回!

完全なる後日談!


本当にあれがラストバトルだったんだなぁ>前回まで
まるで実感がわかないですわ。
だから今回の最終回もまったくもって実感ががが。

いろいろ不完全燃焼な設定や伏線があったと思うし、もっともっと続いて欲しかったっすよ。


『その後、私は達人への崖を転がり落ち、多くの冒険をするのだが…』

ここ、ちょっとわかりにくかったっす。
結局、ケンイチは達人になれなかったってこと?
それとも、なったってこと?

ううむ。”転がり落ち”って表現見るとネガティブなイメージだしなれなかったのかなって思うし、”多くの冒険をする”って表現見るとなれたのかなって思う……。

最後の最後で謎を残していかれましたわ。


それはさておき!

長期連載おつかれさまでした!>作者さん
『ケンイチ』は間違いなく『サンデー』の看板作品の一つだったと思います。
次の連載もそうなることを祈ってますよー!


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:週刊少年サンデー感想 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2014/09/19(金) 02:02:43|
  2. 少年サンデー感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://naseba.blog43.fc2.com/tb.php/1677-6705149d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad