流れる川の底の砂

駄文ブログです。ネトゲ/UO、漫画・雑誌の感想、日々の雑感などなど。 日記と呼べるほど更新されない可能性大。

感想:少年サンデー 48号

今日の日本シリーズ見終わって思ったこと。

そら、野球はルールが複雑すぎていまいち世界に広まらない、って言われるわぁ。


・ハヤテのごとく!
連載10周年おめでとーっ。

でも、絵柄は前の方が好きだなぁ。

さすがに10年前の方がよかったなんて言わないけどさ。
ここ最近の絵柄には正直、誰だお前? ぐらいの違和感を覚えるっす。特にハヤテ。

3年ぐらい前の絵柄に戻してくんないかなぁ。




・今際の国のアリス 特別編
『びじんとうひょう』開始っと。


よし!

わからないということがわかった!!



……いあ、ナレーションとキャラの掛け合いで丁寧に説明してくれたから、『るうる』は理解できたんすが、攻略法がさっぱりわからんす。
相手の『心理』じゃなく『合理』を読むってのもよーわからんす。
相手がどこまで『合理』を追求するのか、その『心理』を読み切ることが大切なんじゃないのか?

うーーむむ。駆け引きポイントが把握できない……。


あと、なにげに大門姐さんの肝の座りっぷりがすげーと思った。
数分~十数分後には悲惨な死に方してるかもしれないのにあの軽さ!
いまいち攻略法がわかんなくても、目の前で他の『ぷれいやぁ』が死んでもパニクったりしない!






闇金業で数多の修羅場をくぐり抜けてきたから平気、とかだったらイヤだなー。


・サイケまたしても
センタカラーで連載再開。
新章スタートっと。


で、結局、『シリーズ連載』ってなんなんすか。
章ごとに掲載しては休み、掲載しては休みを繰り返すってことっすか。
たぶんそれで合ってるとは思うんだけど、なじみのない用語なんでなんかもやもやするっす。
いっぺんきっちり説明して欲しいなー。

……と念のためググったら、

約 1,690,000 件 (0.24 秒)

めっさヒットしたっ。

あれ? 実は定着してる用語なのか?

でも、検索結果ながめてもやっぱりよくわからなかったっす……。
もやもやが、もやもやが募るっっ。


それはさておき。


ふと気づいたら『能力バトル』になってるところが実に『福地翼』らしいよなぁと。

いあ、前シリーズのラストですでにそんな雰囲気になってた気もするけど。
どんだけ『能力バトル』好きなんすか……福地先生…………。


『”分裂能力(ジェミニ)”!!!』

”池で溺れたら『その日の朝7時』に戻れる能力”と、次元がちがいすぎるっ。
しょぼすぎんだろ、物や身体を分裂して増やせるだけの能力って。
サイケの能力も本人が死んだら(池は除く)もう時間を逆行できないし、何より戻ろうとするたび死ぬほど苦しいってデメリットもあるけど、”2周目”プレイできるメリットが凄まじく大きいからなぁ。
情報収集に、状況のリセットに、ある意味の未来予知にと大活躍っすよ。

しかも、やろうと思えば何周でもできるっていうね。

こんな相手に物理攻撃能力でどう立ち向かえってんだ。


・氷球姫
「去年の全国大会でもこの2校は、優勝・準優勝のツートップだ……!」

実はそんなに強かったんすね>カンナカムイ

キャラの強さだけの色物高校だと思っててごめんなさい……っ。


それはさておき、テルプル騎士女のキーパー・霧江のキャラが変わってるよーな。
もっと冷静沈着な無表情キャラじゃなかったっけ。

それとも、今までそういうシーンがなかっただけで、強敵にゴールを脅かされると途端に冷静さを失ってしまう豆腐メンタルキャラなのか。

ふむ。それはそれでかわい(略)


・キリヲテリブレ
「全部… ボクのせいだ。超弩獣を世界に放つ事なったのも、クルミがあんな姿のままなのも…」









どうしよう。わりと本気で主人公のせ(略)

い、いあ、そもそも超弩獣を造ったのは父親だし、研究が上手くいけばどのみち世界に解き放たれただろうし、あのまま放置すればクルミは殺されてただろうから全部が全部主人公のせいってわけじゃない。
……じゃないんだけど、いま現在の状況そのものはだいたい主人公のせ(略)

いずれ誰かが引いた引き金でも実際に引いたヤツには引いたことの責任はあるかなーと。
少なくとも超弩獣で被害を被った人間からは恨まれるよなぁ。


あと、ラスト、脱走する実験体ズのガードがすげー硬くてなんか笑ったっす>どこからか手に入れた謎のシーツ
たぶん裸でカプセルの中ぷかぷかしてただろうに羞恥心高いな!

と一瞬思ったが、この子たちってクルミと同じく元はただの人間なのか?

そうなると逆にこの羞恥心の高さにもドラマがあるよーなないよーな。
いかんせん、情報が少なすぎるなー>実験体ズ
どういう経緯で実験体にされたのか、なったのか、知りたいっすわぁ。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:週刊少年サンデー感想 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2014/10/31(金) 02:02:34|
  2. 少年サンデー感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://naseba.blog43.fc2.com/tb.php/1695-875299c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad