流れる川の底の砂

駄文ブログです。ネトゲ/UO、漫画・雑誌の感想、日々の雑感などなど。 日記と呼べるほど更新されない可能性大。

感想:少年ジャンプ 2号

12月だというのにまったく年末って気がしないっす。

すさまじく平常心の通常運行っすわぁ。


・ニセコイ
表紙+巻頭カラー。


よく見たら銀色なんすね>表紙背景

金色は特別料金が発生してコストが上がるとか聞いたことありますが、銀色もそうなんだろーか。
もしそうなら『ニセコイ』も特別なコストをかけてもらえるくらい認められたってことっすか。
実際、『ジャンプ』の看板作品の一つ……かどうかはわかんないけど、中堅作品の一つではありますよね。きっと。

というわけで、


連載3周年突破、おめでとーーーーーうぅううううううううううううううううううううううううううっ!!


個人的にはもう5年くらいやってるような感覚っしたよ。
まだ3年なんだなぁ。




でもって、本編は修学旅行編開始っと。


実はちゃんとマンガ内時間が進むタイプの世界観でしたか。
あんま気にしたことなかったっすよ。
そういや、小野寺さんの妹・春が入学してきてたな。
そのうちまた進級とともに新キャラが増えたりするんだろうか。
でも、鍵持ちキャラはノーサンキューな。


「結局ほとんどいつものメンバーになっちゃったね~」

楽だけ別の班になったり。


男女比無視かっ。
なんて豪快な班決めなんだ。
これ集じゃなかったら、針のむしろだったろ……>女5男1

そして、楽の班は全員男。

しかも、特に見知った顔なし。
男キャラの顔なんて覚えてないよ!

ってか、基本ハーレムマンガだからなぁ。男女問わず固定されたモブキャラがいたかどうかすら思い出せないっすよ。
同級生たちモブキャラに関して思い出せるのは、いかにもアシスタントが描い(略)

その場その場の即興キャラじゃなくて、ちゃんと設定とかあるんすかね……>アシさん担当のモブキャラたち


・食戟のソーマ
『獲りにいく! 遠月一年最強の座!!』

おお。

おお!

実は決勝戦だというのにいまいちテンション上がらなかったんすよね。
なぜって、この前の創真VS美作戦での”負けたら料理人辞める”って条件が強烈すぎて。

決勝戦では負けたからどうこうってのはないですし、なんだか緊張感がないなーと。

でも、『遠月一年最強の座』か。
そう言われると、この勝負での勝利はすげー価値がある気がしてきた!

が!

よく考えたら、えりなはこの選抜自体に参加してないわけで。
それで『遠月一年最強の座』って……違わなくない?
えりなは十傑のうちの1人だから、いわゆる殿堂入りでランキングの外の存在なのかもしれないけど……うーん。やっぱテンション上がらんなぁ。


・僕のヒーローアカデミア
「かつてはオリンピックがスポーツの祭典と呼ばれ全国が熱狂した
 今は知っての通り規模も人口も縮小し形骸化した…」

そりゃヒーローがこんだけいたらなぁ。
通常の競技の記録なんて……ねぇ?

とはいえ、

「そして日本に於いて今『かつてのオリンピック』に代わるのが 雄英体育祭だ!!」

ってのもちょいと違和感がが。

体育祭と銘打ちながら校外からの参加自由! 年齢制限無し! ってのならわかるけど、どうもそうではなく参加者はきっちり雄英高校在籍者のみのようで。
それで『オリンピック』の代わりってのはどうなのか。
いくらなんでも小規模すぎないっすか。

それか、あくまで日本限定の話であって、日本以外の世界規模ではまだまだ『オリンピック』は健在、なのかなぁ。
それもちょっと考えにくいよなぁ。

つーか、大多数の人間が『個性』を持ってるならそれに対応した新しい『オリンピック』を作ればよかったのに。


・学糾法定
第2話。

バラバラにされてたのは別のスズキでしたよっと。


あー。自分も一度はその線を考えたんすよ。殺されたのは別の魚で、スズキ君は生きてるんじゃないかって。

しかし、わざわざ『星模様』なんていう不自然極まりない特徴をつけてあったんで、これをもって個体すり替えの疑惑は打ち止めにせよって作者のメッセージなのかなーと。
よもやマジックで偽装が可能とは微塵も思わなかったっすわぁ。

まぁ、なんつーか。推理マンガは難しいっすね。
何が難しいってどこまでが”マンガだから気にするな”で、どこからが”不自然”なのか、その見極めが。

今回に関しては他にも、

その程度の醤油を入れただけで水槽全体が濁ったりはしないだろ、とか

魚をプールに放して生きていけるのか? とか

プールの中の魚をよく捕まえられたな! とか

そもそも、てんとの頭の水玉は何なのさ!? とか

いろいろあるですよ。
まぁ、てんとの水玉は前回からの疑問っすががが。


・スポーティング・ソルト
女子サッカー選手の氷華が剣道部の主将に襲われたり。


木刀で殴りかかるってただの通り魔じゃないですかぁああああああああああああああ……ああ……ぁぁ……ぁ…………。

しかも、名乗ってるし。
剣道部は廃部、本人は退学で終わりっすよ。

何がしたいんだ>主将


つーか、確かに派手だしインパクトもあったが、このマンガ的ハッタリの利かせ方はどーなのか。
激しく間違ってる気がしてならない。
思えばこのマンガは第1話からしてハッタリがおかし(略)

ともかく今回の話を読んで感じたことは、

あ、打ち切りが近いん(略)


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:週刊少年ジャンプ感想 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2014/12/10(水) 02:02:59|
  2. 少年ジャンプ感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://naseba.blog43.fc2.com/tb.php/1712-af7b526a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad