流れる川の底の砂

駄文ブログです。ネトゲ/UO、漫画・雑誌の感想、日々の雑感などなど。 日記と呼べるほど更新されない可能性大。

感想:少年ジャンプ 6・7合併号

年が明けての『ジャンプ』1冊目っと~。

でも、今度の月曜は祝日なので早くも土曜に2冊目が発売……ってあれ? 6・7……合併号……だと……?
本気でたったいま気づいたっすよ。

そうかー。世の中はまだまだ正月運行なんだなー。
こちとらもう完全に通常運行っすよ。10月あたりの平日と変わんないっすよ。
ああ、季節感はいったいどこに。


・表紙
今週の表紙は連載主人公たちの集合イラストっした。

『ワンピース』がまさかの『歌舞伎化決定!!』ってことで、全員『歌舞伎』メイクで登場っす>連載主人公

で、

『ワンピース』の『歌舞伎』って誰得なんだ……。
『歌舞伎』は家族連れが気軽に見に行くようなもんでもないと思うし、従来の『歌舞伎』ファンに『ワンピース』が需要あるとも思えないし。

だからこそのコラボなんだろーか。
『ワンピース歌舞伎』で子供ファンを開拓してファンの若返りと青田買いを狙っているとか。

それだったらより子供受けのよさそうな『妖怪ウォッチ歌舞伎』とか『アナ雪歌舞(略)
……やばい、『アナ雪歌舞伎』ちょっと見てみた(略)




・暗殺教室
巻頭カラー。

浅野くんとカルマの難問一騎打ち。


なるほど、わからん。
この難問が作者によるでっち上げなのか、実在する難問なのか、それすらもわかんないすが、雰囲気は伝わりましたっ。

つーか、でっち上げでも実在難問でも作者すげーなーと。
でっち上げならハッタリがすごいし、実在難問なら話にぴったりな問題もってこられる知識とセンスがすごいっすよ。


あと、

『封印した
 これでもうA1(あいつ)は僕の領域に侵入できない』


……。

…………。

………………。

もしかして:中二びょ(略)


・トリコ
『猿武』修行完了!!


って、早っ。
修行終わるの早っ。

まぁ、『トリコ』らしいっすが。
そう考えると『食義』の修行はなぜあんなに長かったんだろう。
そのわりにすっかり忘れ(略)


あと、修行に利用するだけ利用しといて最後は食ってしまうとか、わりと鬼畜っすな……>『ビービーダンゴムシ』

そして、調理法が串に刺して焚き火で焼くだけて。
仮にも『美食屋』四天王がそれでいいのか。

これは確かに早く小松を治さないといけませんわ。


・ワンピース
「どうだ!? ヒラヒラとはためく大地!!」

そんなことできるんかっ。
厚さ何cm下じゃないとダメとか条件ないんすね>『ヒラヒラの実』
一気にチート化したなぁ。

とはいえ、自然系能力とちがって能力者本人もヒラヒラした大地の影響受けるよなぁ。
うーん、やっぱあんまチートでもないかも……。


「キャーー
 らしくない発言っ!
 グラディウス あたし達が揃って”厄介”な敵なんて…」

いたぁあああああああ>『ハクバ』

つーか、かませにかませにされるイデオさんっていったい。
悪い意味で伝説になりそうっすよ。


・学糾法定
第5話。

メガネ女子(ガリ勉タイプ)とマシュマロ女子(パワータイプ)の二人組が出てきたり。


だいぶ子供向け(?)の『小畑』絵にも慣れてきたっす。
小畑健はこの手の絵を描かせても上手いっすねぇ。

ただ、今回スポットライトがあたった女子二人組は、キャラデザと絵の完成度のギャップで笑いそうになるっすよ。

上手いけど!
すごいけど!

なんだろう。
普通の油絵画家が真面目にアンパンを描いてみた、とかそういう空気を感じる……。


・火ノ丸相撲
火ノ丸VS草介戦決着っと。


火ノ丸が草介を倒しかけるシーン見て、いままでも「それはもう無理だろ」ってくらい派手にふっ飛ばされたあとで踏み止まったりしてたんで、今回もそれかなって思ったんすよ。
完全に体が宙に浮いてしまってるように見えるけど、ここから体勢を立て直すのかなと>草介
そうなると、この先手の勝利目前ってシーンは火ノ丸の負けフラグだよなぁとか思ってたら、

『…それは皮肉にも強過ぎる勝利への執念が見せた 残酷な幻影…』

幻影オチかよ!

現代相撲マンガで幻影オチを見る日がくるとは思わなかったわぁ。

ああ、いあ、面白かったんでこれはこれで全然かまわないんすがが。

しかし、今後すべての勝負で”もしかしたらまた幻影かも”って可能性を作ってしまったのはよかったのか、悪かったのか……ううむ。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:週刊少年ジャンプ感想 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2015/01/07(水) 02:04:21|
  2. 少年ジャンプ感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コメント

はじめまして。ジャンプ感想サイト更新チェックからきました。
「ワンピース」をやるのは、普通の歌舞伎ではなく「スーパー歌舞伎」というものです。
「スーパー歌舞伎」は、高尚な伝統芸能になってしまった歌舞伎を、誰にでも面白い大衆娯楽にもどそうという創作歌舞伎です。
そのためにド派手なアクションと特殊効果、わかりやすいせりふが使われています。
私は「ワンピース」は、スーパー歌舞伎にぴったりの題材で、期待してます。
  1. 2015/01/07(水) 23:29:05 |
  2. URL |
  3. any0ne #-
  4. [ 編集]

はじめまして!
コメントありがとうございます!

>「ワンピース」をやるのは、普通の歌舞伎ではなく「スーパー歌舞伎」というものです。

なるほどなるほど。思いっきり普通の歌舞伎をイメージしてました(笑)
スーパー歌舞伎ですか。そういえば名前を聞いたことがあります。『ヤマトタケル』とかやってたような気が。
普通の歌舞伎ではやらないような題材でやるのがスーパー歌舞伎なのかと思ってましたが、もっと根本からしてちがうものなんですね。
確かに大衆娯楽化されてるなら『ワンピース』もありかもです。
その上で、歌舞伎は歌舞伎ってことで歌舞伎らしい『ワンピース』を見せてほしいですね。
  1. 2015/01/08(木) 20:35:34 |
  2. URL |
  3. 管理人 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://naseba.blog43.fc2.com/tb.php/1724-68d4438a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad