流れる川の底の砂

駄文ブログです。ネトゲ/UO、漫画・雑誌の感想、日々の雑感などなど。 日記と呼べるほど更新されない可能性大。

感想:少年ジャンプ 11号

コンビニで『柿の種 辛さ5倍[期間限定]』ってのが売ってたので買ってみたっす。

ふむー。
最初の一粒二粒こそ、おっ! 辛いなって思ったけど、一瞬で慣れますね……。
すぐに普通の柿の種食べてるのと変わらなくなりました。

つーか、ピーナッツがすげー多くて柿の種そのものを堪能できないせいもあるかもです。
体感で半分くらいピーナッツ。
じっくり辛さを味わいたいのに柿の種が出てこなーい。

個人的には8:2、なんなら9:1くらいの割り合いでもいいっすわぁ>柿の種:ピーナッツ

というわけで、期待したほどのものではなかったかなぁと。
もともと柿の種自体が美味しいんでハズレってわけでもないけどさ。


・カガミガミ
表紙+巻頭カラー。


表紙イラストの半端ないアニメっぽさに、『ジャンプ』らしからぬ新連載が始まったなーって思ったら、連載三度目の『岩代俊明』のマンガだった……。

岩代先生、こんな絵も描けるんすね。
表紙イラストだけ見たら児童向けの明るい冒険活劇アニメみたいっす。



でもって、表紙めくった巻頭カラー。

『100年後… この世界でまだ生き残っている 誰かに』

世界滅んでんじゃねぇーかっっ。
ちっとも明るくないよ……わたしの ほ゛うけんは おわってしまってるよ……。


で、語ってるのがヒロインっぽいんで、もしかして100年後も生きてるの? すげーおばあちゃんなの? と思いきや、

『この魂にかけて ある勇敢なる一人の式神つかいの物語を贈ろう』

魂になってるぅうう……!

いあー、新連載の始まりが世界崩壊・主人公死亡(推定)・ヒロイン(魂)ってすげーっすね。すげーっすわぁ……。

ってか、崩壊した世界は作者の前作『PSYREN-サイレン-』の未来世界(だっけ)を彷彿とさせますが、さすがにあれと繋がってるってことはないか。
作者がただの崩壊世界好きなだけなのか。


ま、ま、面白かったっす>第1話

ギャグ多め、エロ少々、バトルもあって変身もあって、主人公はギャップキャラでと盛りだくさん。

そして、ヒロインは明るい天然キャラ。
自らボケていくタイプ。

このキャラは期待が持てますわ。主人公その他と掛け合いしてるだけで面白そう。


ただ、あれだ。
100年後の世界があれってことは、最終的に主人公は負けてしまうってことなのか。
第1話にしてネタバレ全開なのか。
あそこに至る過程がすっぽり抜けてるんでまだなんとも言えないけど、できれば崩壊する未来は伏せておいて欲しかったなぁ。
これから起きて起きて起きまくるであろう主人公のバトルが色褪せそうっすよ。
どうせ最後は負けてしまうんでしょって。


あと、なんかちょっと読みづらくなったような?>作者のマンガ
冒頭の公園での惨殺シーンとか、倒れた警官と敵の式神に出くわすシーン、羅正丸のバトルシーンや敵の式神が非常階段をバラすシーン。
なーーーーんか読みづらい、わかりづらかったっす。
1コマ2コマ抜けてるような、ちゃんと繋がってないような感覚に襲われましたっす。


・暗殺教室
理事長デレる。


「脱いだ直後の私の皮は… 手榴弾の爆風位なら防げます」

ですよねー。
だいたい殺せんせーが生徒たちに生爆死を見せるわけないですし。

むしろ理事長もそれを読んでて怯まず問題集を開ける、とかやりそうなもんだけど、素直に驚いてますね。
理事長の出番はもう終わったってことなのか。

うーん。理事長の過去にしろ、今回のことにしろ、ちょいと拍子抜けだったなーと。
最後にはデレるにしてももう少し踏ん張って欲しかった気がします>理事長

理事長がこれまでやってきたことに対して、変化のためのエネルギーが足りないように感じましたっす。
え? それで変わったの? ええっ、それでまた変わるの? って。


・僕のヒーローアカデミア
ハチマキを取られた出久が次回から本気だす。


ラスト、個性を発動させた出久が轟に掴みかかってますが、けっこう怖いな、この絵面。

出久の個性って要するに単純なパワー系っすよね。
生身の人間相手に使ったら、粘土を引きちぎるように相手の体が(略)

相手も頑丈なパワー系じゃないと、意外に使いづらそうっすよ>『ワン・フォー・オール』
特に出久は個性にまだ慣れてませんしね。


・トリコ
トリコたちグルメ四天王がよってたかって猿王をボコったり。


羽交い締めにした猿王に腹パン、そしてこのセリフ、

「くらえ 猿王!!!
 これが「猿武」の… ”奥義”だぜ!!!」

完全にイジメやでえ。


今回から『トリコ』を読み始めた読者がいたらどう映ってるんだうろなー、って想像してちょっと噴きました。

謎の猿を四人がかりでボコボコにして、押さえつけたと思ったら股間のアレをもぎとろうとしたり。
観客がそれ見て、「あっ まだ早いっ!!」とか身を乗り出して叫んだり。


カオスだ。


でも、これが『トリコ』なんすよね。

いい感じにイカれてて面白いっすわぁ。


・カラダ探し
センターカラー。
読み切り。


全滅エンド。
32ページの読み切りで、何の解決もなく全滅して終わり。

『もう----
 訳分かんねぇよー…』

こっちがな!


あー、いあ、これが宣伝マンガだってことはわかったか……。

ただ、まぁ、これ……宣伝になってる……か……?
読み切りじゃなくて、”第1話だけ出張掲載!”でよかったんじゃないかなー。
それならまだ理解できたと思うっす。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:週刊少年ジャンプ感想 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2015/02/11(水) 02:17:56|
  2. 少年ジャンプ感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://naseba.blog43.fc2.com/tb.php/1740-d35572e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad