流れる川の底の砂

駄文ブログです。ネトゲ/UO、漫画・雑誌の感想、日々の雑感などなど。 日記と呼べるほど更新されない可能性大。

感想:少年サンデー 17号

この前つった足がまたつりそう。

早朝不意打ちでつるのはやめてください>足


・表紙
今週の表紙+巻頭カラーは『松井玲奈』のグラビアっした。


アニメ版『電波教師』の『純音』役で声優デビューらしい>『松井玲奈』

『電波教師』は人気作だからこそアニメ化されるんだろうけど、個人的には『サンデー』の中堅作品ってイメージっすよ。
そんな『電波教師』に話題作りのためのアイドルぶっ込み……か……。

だ、大丈夫か。
『サンデー』だぞ?
その中堅作品だぞ?
『電波教師』も『松井玲奈』も、どっちも大ケガしそ(略)

そういうのは非オタ向けの大人気劇場版アニメだけにしといた方がいいんじゃないかなぁ>声優以外の声優起用

話題になって新たなファンを得る前に、元からいるファンが離れてしまいそう。

その上、大した話題にもならず新たなファンも得られなさそう……。




・電波教師
巻頭掲載。

カラーはなし。


「強力な電磁石だよ。
 実は鉄とかの磁性体以外のもの、植物にカエル、人間…
 ”命ある全てのモノ”は反磁性って性質で磁力的に浮かすことができる」

マジすか!

てっきりカエルに磁石を飲ま(略)

つーか、人間を浮かすほどの磁力ってすさまじく体に悪そうっすね……。


・ハヤテのごとく!
『修学旅行・レベル5』開始にあたって、ギブアップボタンのついた腕輪が配られたり。


今となっては懐かしい、バトルロワイアル思い出したっす。
「みなさんにはいまから殺し合いをしてもらいまーす」


「そして、優勝したいなら…
 スキをついて… 『相手のボタンを押せ』って事だろ?」

あながち間違いでもなかったっ。

まぁ、あれっすね。
脱落してもさせられても特にペナルティはないところが、セレブやお金持ちが集う『白皇学院』らしいっすね。

負けたら金払えとかケチくさいことは言わんと。
懸けるのはプライド、あるいは名誉と。

おおう、お金持ちっぽい(?)。


『こうして、僕たちの修学旅行は始まった』

でも、あれなんでしょ?
あちこち脱線しまくって、一向に『修学旅行・レベル5』の本筋は進まないんでしょ?

……っていう負の信頼感が爆発してて今から気が重いっす>自分


・MAJOR 2nd メジャー セカンド
「だが、野球選手としては致命的に肩が弱い---」

よし、サッカー選手になろう!(暴論)

いあ、息子が主役の続編だし、父親と同じ投手ではなく野手/打者を目指す展開かなーって思ったんすが、肩が弱いのは野手としてもあかんすよね。
利き手の肘を壊したから逆手で、っていうような問題でもないし。

うーん。どうやってこの困難を乗り越えるんだ。

って、まさに作者の思う壺か。

でも、盛り上がってるかって言われると……ううーん。

正直びみょー。


・ヘブンズランナー アキラ
「私には… 母親はいない…」

おっと、母親いないのか>アキラ

そうなると、前に部長がアキラん家に電話したとき、「アキラに友だちなんていません!」とか言った人は誰だったんだろう。
口調的に女性っぽかったような記憶があるけど。



……姉?

…………。

………………。

アキラに顔がそっく(略)

見たいような見たくないよーな。


とりあえず、武将髭家の謎は深まるばかりっすねぇ。


あと、小笠原さん家は毎月の食費がすごいことになってそうだ。


・BE BLUES! ~青になれ~
センターカラー。


『龍が「自分らしさ」を出して勝ち取ったPK!!』

ふむー。
挑戦を捨てて、”自分らしさ”を出したのは正解だった……のか?

しかし、見ようによっては目先の成果につられて、より先にある大成果を捨てたって捉え方もできそうだしなぁ。

早くアンナじいさんの意見が聞きたいっすよ。
どう評価するんだろ。


あと、マコはこれ、後ろからタックルされなかったらシュートして外してた可能性もありそう。
”お前にテクニックはない”とか言われてたし。
パスもらってすげー驚いてるし。


・マギ
戦い終わってけだるい雰囲気になったり。


白龍、正気に返ったようだし、”怒り”が収まったのかと思ったらそうでもなかった。

そらそうか。
こんなこと、というにはあまりに大きな犠牲だったけど、これで終わり、とはならんわな。
それで収まるような”怒り”じゃ拍子抜けですわ。

さりとて、ジュダルがいないとなんか締りませんな。
互いが互いの増幅装置みたいなもんだったし、なんだかんだでいいコンビだったんだなぁ。

もちろんこれで退場ってこたぁないとは思うけど、ほんとに退場したとしてもそれはそれで面白そうではあるっすよ。
白龍が味わってるであろう喪失感や虚無感を読者もいっしょに味わえそうっす。

しかも、帰ってこないからずっと味わい続けなきゃいけないっていうね。

一方で怒りと憎しみに身を焦がし、一方で喪失感と虚無感にさいなまれる。
そんな感情を抱えながら戦い続ける。

ダークヒーローらしくなってきたっすね……>白龍


・リオンさん、迷惑です。
今回はコンピニで迷惑かけたり。


いかん。
迷惑レベルで言えば前回の”同級生を石化”の方がずっと高いと思うのに、今回のが見ててイヤな汗が出そうになるっす。

なんだろうなー。
迷惑のかけ方が生々しいせいかしら……。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:週刊少年サンデー感想 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2015/03/27(金) 02:13:23|
  2. 少年サンデー感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://naseba.blog43.fc2.com/tb.php/1762-e82bfda3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad