流れる川の底の砂

駄文ブログです。ネトゲ/UO、漫画・雑誌の感想、日々の雑感などなど。 日記と呼べるほど更新されない可能性大。

感想:少年サンデー 21号

来週にはイベントが始まるってのに資源がカッツカツっすわぁ>『艦これ』

イベントまだないと思って大型回しすぎたっす。まるゆの量産狙ってる場合じゃなかったっす。

しかも、まるゆが4人できたところで大型やめたから保有数も圧迫されまくってるっていうね。


・銀の匙
表紙+特別ピンナップ(折込ポスター)。


ついに連載再開~。

お帰りなさいませ~>荒川先生


で、本編の方は例によって例のごとく、何事もなかったかのように、まるで先週載ってたかのように始まって終わるんすね。

って、『特別ピンナップ』の裏があらすじになってた。ざっくりとした、ほんとにざっくりとしたあらすじに。
最新13巻が6月に出るマンガを約2ページ分、5ステップで振り返ろうという考えがすげー。

が、紙面も限られてるし再開を機に読んでみようかな? って新規読者も少ないだろうし、そもそも読むなら1巻から読むだろうし、既存読者の記憶を呼び覚ますのが目的ならこの割り切りもありっちゃあり……なの……か……?

つーか、全体の話のあらすじじゃなくて、八軒と御影の関係に絞ったあらすじなのな。
そこは農業高校酪農科入学から八軒が起業に至るまで、に絞るべきだった気がしないでもないっすよ。このマンガの核は恋愛要素じゃないと思うし。




それはさておき!


インターハイで八軒華麗に失権っと。


……え? 実質これで終了なんすか?>インターハイ

おーう。きびしー。
インターハイきびしー。
北海道からわざわざ出てきて、開始数十秒(?)で終了とか。しかも、個人としての終了ではなく、チームとしての終了とか。
マンガ内じゃギャグとして描かれてるけど、実際はトラウマもんっすよ。


そんなこんなでさくっとインターハイ・パートは終わって、『メインディッシュの金華豚調査(八軒談)』パートに移ったり。

あ、あっさりしてるなー。
このマンガらしい気もしますが、もうちょっと掘り下げてくれてもいいのよ?>インターハイその他

そして、金華豚は北海道で飼えないことがわかり、おみやげ買って今回は終わりと。

……。

…………。

みじかっ。
休載明けなのにみじかっ。

あまりに面白くて短く感じただけなのか?


(ページカウント中)


18ページでした。
だいたい週刊連載は1週18ページなんでしたっけ。
じゃあ、特別短くはないと。

ただし、増ページもしてないと。

うーん。連載再開回なんだし、もっとどーんと読みたかったなぁ。ページ数的にもお話的にも。

つーか、八軒たちがもう3年生ってのがね。
まったく実感ないっすわ。いまさらだけど。
正直、3年分のイベントが思い出せない。

あ、卒業直前じゃないから2年と数カ月分、か。
それでもなぁ。やっぱ、そんなに何かあったかなぁと。
うーーん。
郊外マラソン……豚丼……馬術部……文化祭……ピザ……ベーコン……豚丼2周目……御影との仲……駒場……兄との再会……兄結婚……父との衝突……雪解けの予感……起業……ボヤ騒ぎ……。…………。………………。

意外といろいろあったな……。


・MAJOR 2nd メジャー セカンド
「監督もスニーカーでやらせてたオレが悪かったって言ってくれたし」

滑ったとかじゃなく、どう見ても自分で自分の足にひっかかっただけっすよね……>転倒
説得力のない慰めは本人を余計みじめにさせるだけやでえ。


それにしても、佐藤ジュニアはほんとに野球初心者っぽいすね。
前回の大吾に対するフォローを見て、もしかしたら大吾のための”仕込み”なのかなって思ったんすが、ふっつーに天才でふっつーに人を思いやれるイケメンでしたか。

本気で大吾の立つ瀬がないな……。
もう、

「あの佐藤寿也の息子のおかげで、ボクきれいさっぱり野球にあきらめがついたよ」

このセリフ通り野球引退でいい気がしてきた!

ボクシングでも始めればいいんじゃないカナ。
斬新なヒロインと出会えるかもしれないよ……?


・だがしかし
今回のお題は『あんずボー』っした。


「もう一つ買って入れておきますか?」


「明日また来たらすぐ、そのまま凍ったあんずボーを食べられるんですよ!」


「こ、こ----の商売上手ゥー!!」


いあ、最初から”凍らせたあんずボー”も商品として置いとけばよくね?
3時間以上凍らせたらカッチカチになって食べられなくなるってわけでもなさそうだし。


・なのは洋菓子店のいい仕事
『なのは洋菓子店』の100年のライバル『和菓子しらかわ』登場~。
そこのヒロイン姉妹も登場~。


で、ヒロインと主人公がトイレの外と内でラブコメっぽい会話をしたり。

スイーツマンガで、メインヒロイン初登場回で下ネタぶっこみっすよ!

でも、嫌悪感抱かせないのはさすがっつーかなんつーか。
絵柄の力は偉大だなぁ。


「なのはのガキが来てます!!」

「タイム君?」


あれ? 前回のラストで大夢は”生き返った”とか言ってませんでしたっけ。
墓もちゃんとあって。

しかし、このヒロイン姉妹は大夢に会ってもノーリアクションと。
死んだことを知らないのか、記憶が改ざんされてるのか。
墓があるってことは葬式もしたんだろうし、死んだことを知らないってことはないよなぁ。

ふむー。


それはそれとして、ライバルの方が『和菓子屋』なんすね。
なんか新鮮っしたよ。
『洋菓子店』と『和菓子屋』がライバル関係なら、主人公サイドが『和菓子屋』になりそうなもんなのに。
なんでって、世間一般から見たら『和菓子屋』の方がマイナーかつ商売力弱めで、逆境からスタートしがちな主人公向きかなぁって……。


・トキワ来たれり!!
りいん爆誕。
爆誕直前に敵の攻撃を受けたために、ちょっとキャラが変わったり。


りいんがボクっ娘に。

いいじゃないですか!
高貴で神秘な電脳りいんもよいキャラでしたが、ボクっ娘りいんも活発な感じがしていいキャラっすよ!

でもって、ここまで口調と性格が変わったのに、電脳りいんと生体りいんがしっかり同じキャラとして認識できてるのは、爆誕時にたっぷりかつがっつりと裸体を(略)

……まぁ、りいんの一番の特徴って言ったら……ねえ?


・マギ
アリババを救う手立て見つからず。
それどころか、いずれ肉体的にも死亡することが判明したり。


というような絶望的状況なわけですが。

アラジンの泣き顔がかわいすぎて、アリババのことが頭に入ってこな(略)


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:週刊少年サンデー感想 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2015/04/24(金) 01:59:47|
  2. 少年サンデー感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://naseba.blog43.fc2.com/tb.php/1776-f3bbc5c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad