流れる川の底の砂

駄文ブログです。ネトゲ/UO、漫画・雑誌の感想、日々の雑感などなど。 日記と呼べるほど更新されない可能性大。

感想:少年ジャンプ 28号

『ファイアーエムブレムif』の発売日が迫ってきたり。
どのバージョン買うかなぁ。


・トリコ
表紙+巻頭カラー。


連載7周年突破おめでとーーーーうっ!


表紙イラストは原点回帰でトリコと小松ってことっすか。

でも、小松の鼻が原点回帰してな(略)




それはさておき、本編っと。


「そこで他のエリアへは少数精鋭で向かってもらう」

というわけで、2人組が4組できたり。


ふむー。
『トリコ』って実はこんなにキャラいたんだなーと。
個別エピソードのあったキャラ、なんかの大会で参加者として登場しただけのキャラなどなど。

で、

タイランって誰(略)

ほ、他のメンバーは覚えてるんすがが。
背景にいるだけのキャラでも見覚えのあるキャラはちらほらと。


うーん。
クッキングフェス編で見たような……?>タイラン

……ググった。
ライブベアラーの友人で『毒料理』の専門家らしい。

しかも、クッキングフェス編にしか出てないのかと思ったら、それ以外でもわりと出てた……。

お、覚えてないっすわぁ。


・暗殺教室
殺せんせー救済派と暗殺派に生徒が割れたり。


すぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅげっーーーーーーーーーーいまさらなんだけど、

「暗殺者と標的が私達の絆」

だから、

「殺さなくちゃいけないと思う」

という理屈がよくわからんす……。

うーーんうーーんうーーーーん。

いっしょにいる理由を突き詰めると『暗殺者とその標的』だからと。
それは『生徒と教師』の関係より上位にあると。

だから、両者を結びつけた根本理由を全うするために暗殺を遂行しなくてはならないと。
暗殺計画がなければ両者は出会うこともなかったのだから、と。

だが、渚たち殺せんせー救済派にとってはもう『生徒と教師』の関係性の方が上位にきちゃってると。
だから、暗殺せずに恩師を救いたいと。

なるほどー(自己完結)


まぁ、別にどっちもがんばればいいんじゃね? っていま思ったっす。
互いに足は引っ張らないって約束交わして。
それぞれ目的に向かって全力を尽くして、どっちかが達成したら終了ってことで。


つーか、真相が明かされて暗殺の必要性は低くなった気がしてならないっすよ。
この前も書いたけど、最悪リミット直前まで暗殺できなかったとしても、殺せんせーが自分から地球の外に飛び去ってくれそうじゃない?

地球爆破が殺せんせーの意志じゃないって判明したことで、いまは生徒の意志よりむしろ殺せんせーの『生徒含めた地球生命全員を殺す意志と覚悟』が問われてる気がする。

ってか、その覚悟を問いたいっす。

本気で生徒たち殺す覚悟あるん?>殺せんせー

その覚悟が確かめられないと、なんかこう、お話として締まらない気がするですよ。
何がどうなっても悪いことにはならねぇやぁってな。






別に”殺せんせーに地球の重力を振り切る力はありません”でもいいけど、……あるよね? 絶対。


・ワンピース
ルフィ復活っと。


「やめなさい!!
 レベッカは巻き込まないで!!」

無策っすか、ヴィオラさん。
ドフラミンゴに一騎打ちを挑んだのに無策なんすか……っ。

いあ、勝てるから挑む、勝てないなら挑まないってんじゃあケジメにならんけどさぁ。

でも、目からビームとかないんすか。
適当な技名叫んだら出ないんすか。
たぶん出るから叫んでみ(略)

ググったら、ちゃんと物理攻撃技あるやないですか……>『ギロギロの実』
つ、使おうよ。


それはさておき、レベッカの危機を救うのはルフィなのか>ラスト

そこはお父さんが助けてやって欲しかったような。

主人公がヒロインのピンチを救うのは正しいけどさ。
レベッカも「助けてルーシ~~~~~!!!」って叫んでるし。

それでも、空気も読まずにキュロスが出てきて欲しかったなぁ。
それくらいの因縁とか絆とかあると思うんすよ>キュロスとレベッカとドフラミンゴ


あと、ラストのシーン、よく見たらローがルフィとヴィオラを入れ替えてるんすね。
最初気づかなかったっす。
ルフィの素早さなら余裕で割って入れそうだし。


・僕のヒーローアカデミア
それぞれコードネームを発表したり。


「これが僕のヒーロー名です」

『デク』


ただの悪口じゃねーかっ。

しかも、短すぎて語呂も悪いし。

これは呼ぶ方が気まずい思いしちゃうタイプの名前なんでは。


・カガミガミ
『どこかに 弱点だってあるはずだ!!』

おっと、こんなところ(目の前)に生身の術者がぁ?

それとも、あっちも式神と合体なり内蔵されるタイプなのか。
なんかトーンかかってるし>バトル中の登場コマ

とか思ってたら、

「愛の名探偵キック!!!
 ウエイトレスバージョン」

マコさん普通に蹴ってた。


てか、なんだこのノリ。

この後ろの方の掲載順で、

この巻きが入ってるっぽい展開で、

なんだこのノリは……。

いっそ投げやりさを感じる。

個人的には好きだけど。
ふふってなったけど。

ほんとに投げやりにはなってないと思うけど、迷走とはまた違う何かを感じるっすよ……。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:週刊少年ジャンプ感想 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2015/06/10(水) 02:10:35|
  2. 少年ジャンプ感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://naseba.blog43.fc2.com/tb.php/1795-b3f427f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad