流れる川の底の砂

駄文ブログです。ネトゲ/UO、漫画・雑誌の感想、日々の雑感などなど。 日記と呼べるほど更新されない可能性大。

感想:少年サンデー 28号

今週末こそどっかの名所に紫陽花を見に行くか。

と去年の今頃も思ってたなぁ。


・表紙
今週の表紙+巻頭グラビアは『広瀬すず』っした。


名前も顔もまったく見覚えががが。

どうしよう。
キレイな犬歯っすね、くらいしか感想が浮かばねぇ(表紙を見ながら)




・BE BLUES! ~青になれ~
巻頭カラー。


巻頭見開きカラーは、

『小学生から始まり、中学、そして高校--
 時を経て龍がつないだ仲間たち……ここに集合!!』

ってな、新旧キャラの顔イラスト集っした。


並びに法則なし?
右と左で子供時代と現在が対応してる! ってわけでもなさそうだし。

とりあえず、ナベケンとメガネ女子マネはこれ、姉弟説ありえるんじゃね? って思ったっす。

つーか、前から思ってたけど、このマンガ、キャラの描き分けが(略)


それはさておき。


ナベケン大活躍っと。

もう完全に前任GKの出番ないな。
あのとき、自転車のおばちゃんにひかれてさえなければ……。

と言いたいとこだけど、この活躍っぷりを見てるとふっつーにレギュラー交代されてただろうなぁ。
ああ、慈悲なき実力世界……。


でもって、


「迷いが消えて、自信がみなぎっておる!」


『スランプを脱した、迷いのない龍のシュート!』


龍がカウンターで一気にシュートまでもっていったり。


あれそういう扱いなのか>前の試合
迷ってたんじゃなく、試行錯誤してたんだと思ってた。
ましてやスランプって認識はなかったっすわ。

チームメイトの、”まず今持ってる自分の武器を活かすべき”ってアドバイスは正しかったわけかー。


・天使とアクト!!
(いかんいかん仕事中に… 何をボーッとしていたんだ、わたしは)

考え事と求められてる演技が偶然合致して高評価を得たり>春坂なり


これは少し微妙なのでは。
なりは実力でこのレベルの評価が得られるキャラなんじゃあ?
仕事中にボーッとするのもプロらしからぬ行為ですし、ちょっと、なりの格が落ちた気がするですよ。


あと、

「切ないですよね セシル……
 王子に恋人がいると知りながら…」


『「…私が引く理由なんてどこにもないわ」』


『「眼前に広がる茨の道だって、臆する事なく進んでいける。
 この愛のためならば…」』


いあ、ただの悪女ストーカーですよね?>セシル
王子は婚約者のこと本気で愛してるっぽいし。


・MAJOR 2nd メジャー セカンド
扉ページをめくって1コマ目、大吾の姉が片足を上げて靴を履いてたり。


……。

…………。

………………。

あれっ? お姉ちゃん、エロ要員卒業しちゃった?


閑話休題。


「大吾くん、これといって目指すポジションないんだったら、キャッチャー目指せばいいじゃん!!」

見える、見えるぞぉおおおおっ。
盗塁されまくってる大吾の姿がぁああああああっ。

てか、やはり肩が弱いってわりと致命的なんじゃ。

それか、内野の範囲なら大丈夫な程度の弱さなのかなー。


・ハヤテのごとく!
「いやぁああーーーーーーーーー!!
 虫いやぁーーーーーーーーー!!」

蜘蛛は虫じゃないらしいよ!

やったね、愛歌さん、これで平気だねっ!(棒読み)


「これ以上チンタラこの危険な旅をやっている場合じゃないんですよ」

もしかして読者に不評だった?>修学旅行編

いつになく、がっつりと連続で同じ話をやってるのに……。

個人的には面白いと思うっす。
なにより毎回ちゃんと話が繋がってるのがよいです(そこかよ)


・アンペア
第2話。

友達できたと思ったら、罰ゲームでした!
  ↓
本当の罰ゲームを見せてやる!
  ↓
デコピン!!
  ↓
ふっ飛んで柵にハマる


いあ、一部ウソだけど。

ともかく、なんだ。
デコピン好きだなーと>原作者

でも、完全ギャグならともかく、デコピンで人がふっ飛んで大ケガしないのは世界観的にどーなんと。
一応、

「衝撃が少なくなるよう加減したから」

とは言ってるけどさ。


ただ、

「本当なんだって!
 デコピンでふっ飛ばされてはさまったんだって!」

「何言ってんの あの子…」

「こわっ!」

『我が学校に新たな電波が誕生したのだった』


ってオチは上手いと思ったし、面白かったっす。

んが、しかし。

電波2号ちゃんはこれから先、出番があるんだろーか。
来週から”必ずあいつの正体を暴いてやる!”ってキャラになったら、今回のオチは笑って済ませられるんすが、それがなかったら微妙にこう、なんかダークだなぁと。
要するに、いじめられっ子が一人生まれただけっすからね……。
因果応報って言うんなら、グループの他の子たちも何らかの罰を受けるべきだし。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:週刊少年サンデー感想 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2015/06/12(金) 02:12:58|
  2. 少年サンデー感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

コメント

殺し合いの果てに

今際の国アリス・チシヤは人の命も感情ですら興味なかったのに、身を張って守るシーンは印象的でした・・・。
チシヤがはじめて他人の為に命をかけたかも知れません・・。
アリスの言葉にも影響を与えたかも知れませんが・・・!
  1. 2015/06/21(日) 15:27:10 |
  2. URL |
  3. 愛鈴丸 #CTILFvdE
  4. [ 編集]

この前の感想で、田辺イエロウ先生の作品・バードメンですが、荒川先生並みにキャラクター可愛いですよね。
こちらも月一になってしまっているのが悲しいですが・・。
なんだか月一連載が多くなっているのが印象的です。
  1. 2015/06/21(日) 15:34:14 |
  2. URL |
  3. 愛鈴丸 #CTILFvdE
  4. [ 編集]

月イチ連載多いですよね。
ローテーションで毎週なにかしらの月イチ連載が載ってんじゃないかって勢いです(笑)

さらにサンデーにはシリーズ連載というのもあるんですよね。
定義はよくわかりませんが、まとまった話ごとに載る不定期連載ってところでしょうか。

他にも目次に毎週『今週の~~は休載します』と書かれてる作品とかありますし、なんだか週刊少年サンデーの週刊離れを感じます(笑)
  1. 2015/06/23(火) 01:12:03 |
  2. URL |
  3. 管理人 #-
  4. [ 編集]

チシヤは変わったがゆえに(ウサギをかばって)命を落とすってのが皮肉というか、悲劇的というか。とても印象深かったです。

……案外生き残るかもしれませんが、仲間になるとお約束的にヘタレそうですし、このまま美しく散って欲しいです。
  1. 2015/06/23(火) 01:45:49 |
  2. URL |
  3. 管理人 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://naseba.blog43.fc2.com/tb.php/1796-99957961
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad