流れる川の底の砂

駄文ブログです。ネトゲ/UO、漫画・雑誌の感想、日々の雑感などなど。 日記と呼べるほど更新されない可能性大。

感想:少年サンデー 33号

台風が来ると涼しくなるとこだけはイイと思う。


・絶対可憐チルドレン
表紙+巻頭カラー。


連載10周年おめでとーーーーーーうっ!!


たしか連載開始前に読み切りか何かが載って、連載化を望む人はアンケート送って! みたいな企画(?)がありましたよね。
普段アンケートのたぐいは送らない自分もこの時ばかりは送りましたよ!

懐かしい。何もかもが懐かしい。

って、連載当初の絵柄ってこんなでしたっけ?>巻頭カラー
これは正直、その……ねえ?
記憶の中の絵柄は今と大して変わってないんだけどなー。

ここは、時流に合わせて絵柄を変化させる、さすがプロ! って賞賛するとこなんかしら。
実際、最近の絵柄は元の作者らしさを残しつつ、しっかり今風に進化してると思う。……と今の人間でもないおっさん読者が言ってみたり。

こうなると10年後に今の絵柄を見たらどうなるんだろーって思ってしまいますな。
今回の巻頭カラーを見たときと同じ衝撃が走るんだろーか。

10年後の”今風”ってどんなんなんだろなぁ。

……こんなに変わってたのか。気づかなかった、って言ってそう>自分




閑話休題。


パティたちの様子がおかしくなったのは、兵部がうっかり『結晶サンプル』を落っことしたせいでしたよっと。


うーーん。
なんか高校生編が始まってこっち、だんだん”作者の悪ふざけ”みたいな話が増えてきたような気ががが。

決してつまらないわけじゃあないんすが、どうもこう、中学生編で本編はきれいに終わって、今はその終わらない後日談をえんえんやってる感じがするといいますか、蛇足感がひしひしと。

『黒い幽霊』と戦うなら真面目に戦う、
真面目に戦わないんなら、『黒い幽霊』とケリをつけた世界でエスパーとノーマルのゆるゆる日常学園コメディをやる、とかでよかったんじゃないかなーと。

いあ、ゆるゆるじゃないラブコメでもいいけどさ。

ともかく今のノリは中途半端で盛り上がりに欠けると思うっすよ。


・マギ
「弟の命を守るためには… こうするより他に… なかっただけです…」

これは完全な裏切りだよなぁ>白瑛


そこまで白龍のことを思っていたとはなぁ。
もっと早くその思いを伝えるなり、態度や行動に表すなりしてたら、あるいは白龍を引き留められてたかもしれないのに。
もう手遅れっすよ。
白龍はとっくに白瑛のことを見限ってしまってるわけで。

ううむ。切ない。
白瑛と白龍、どっちのことを考えても切ないっすわ。
ああ、すれ違い姉弟……。


「バルバッドへ参りましょう。
 共にすべての戦いを終わらせるために!」

シンドバッドがいつになくやる気だ。
前回、こんなことして煌帝国と七海連合の全面戦争になったらどうするんだろう? とか思ったんすが、むしろそうなんすね。
全面戦争をおっ始めるつもりなんすね。

白龍とジュダルのごく個人的な感情による破滅戦争かと思ってたら、歴史に残る世界戦争の始まりだったとはー。

盛り上がってきたけど、白龍はメインキャラの座からザコ将軍の座に転がり落ちてしまったよーな。
これまた切ないっすわ。

ジュダル、アリババの帰還でどう流れが変わるのか、もしくは変わらないのか。
楽しみですわー。

とりあえず、白龍と白瑛の絆が元に戻るといいなー(遠い目)


・MAJOR 2nd メジャー セカンド
『その時に想像できるはずがなかった。
 それが光の言い残した台詞になるなんて』

今度は友だちが死ぬんかぁあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ……ぁぁぁぁぁぁぁ……ぁぁぁ…………ぁぁ………………。

ってわりと本気で思ったっす。


「佐藤は群馬に引っ越すことになったから、ドルフィンズはやめるそうだ」

引っ越しただけだった!

よかった。ほんとドキドキした。


「ママにはだいぶ嫌な顔されたけど……」

光ママは野球がお嫌いと。

光が今回、寿に野球を教わらなかったのもママへの遠慮からっすか。
離婚した父と母の間で板挟みっすか。

ぐうぅぅぅぅぅ。やめて、胃が痛くなるからやめてっ。

離婚した元夫婦に仲良くしろとか言っても意味ないけど、子供に気を遣わせるようなことはやめよーよ……。


・なのは洋菓子店のいい仕事
牧場にバターを買いに行ったり。


な、謎の母乳(人妻の)推し>タイム

どこ需要だ、それ。
母乳ケーキは食べたくねぇっす。

普通に考えるとねー。獣のミルクより人間のミルクの方が抵抗感薄そうなもんなんすけどねー。
赤ん坊の頃は普通に飲んでたわけですし。

でも、大人になると想像しただけで、うげげってなる不思議。

食べ物はやはり何より慣れが大事、か。


・天使とアクト!!
センターカラー。


むっちりした春坂なりの太ももに違和感を覚えたり。

でも、この子は本物の女の子でしたっけ。
どうも前作の國崎出雲が被って見えてしまうんすよね。
性格はだいぶ違うんだけどね。
外見は…………うん。……うん。


それはさておき、みんなでカレーを作ってたら最終的に闇鍋になったり。


「おい、むこうにキノコ生えてたぞ!」

「何でもいーからぶっこもーぜ!」


キノコはあかんっ。
死者が出るからあかんっ。

落ち目の声優事務所、真冬のキャンプで食中毒----

詰むだろ、ほんとに。


・トキワ来たれり!!
ハルカとマキナが影を操るソーサリアンに一蹴されたり>見開き


でも、その見開きページで一番衝撃的だったのはアリアが履いてるってことだったり。
履いてない子じゃなかったのか……。

いあ、その属性は持ちあわせてないからどっちでもいいんだけど、こんな何の関連もないような見開きで判明するとはなーと。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:週刊少年サンデー感想 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2015/07/17(金) 01:54:23|
  2. 少年サンデー感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コメント

十年の歩み

こんにちは。絶対可憐チルドレンが十年もやっているのは、名残深いですね。明石薫も含めて彼女たちの成長を描く漫画は珍しいですね。明石薫は本当に乙女になって可愛くなったと思います。無論それは、皆本が長年支えてくれたおかげだと感じました。
  1. 2015/07/17(金) 17:45:37 |
  2. URL |
  3. 竹丸 #CTILFvdE
  4. [ 編集]

こんばんは!

絶チルが十年も続くとは、連載が始まったあの頃には想像もつかなかったです。
というか、まさか十年も続いていたとは~。ここまでそんな長さを感じさせない面白さでしたよ。

薫はほんと乙女になりましたねえ。
対照的に皆本は外見含めてあんまり変わってない印象です。

作品の中では小学生編から高校生編まで6年くらい? たってるんですかね。
大人たちもそろそろ大きな変化があってもいいかなと思います。
誰か結婚したりとか……。
  1. 2015/07/19(日) 02:05:47 |
  2. URL |
  3. 管理人 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://naseba.blog43.fc2.com/tb.php/1810-6317b0d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad