流れる川の底の砂

駄文ブログです。ネトゲ/UO、漫画・雑誌の感想、日々の雑感などなど。 日記と呼べるほど更新されない可能性大。

感想:少年ジャンプ 43号

花粉症かと思ったら風邪だった>クシャミ

道理で目も鼻もムズムズしないわけだわ。


・左門くんはサモナー
表紙+巻頭カラー。


ふむー。
面白かったが、やや火力不足な気がが。
お笑い密度が薄めと言いますか。

でもって、左門くんは最後までブレないのなー。
てっきり終盤で左門くんがヒロインに惚れてデレるか、左門くんのお姉さんあたりが出てきてガツンとやるのかと思ってたっす。「カタギに迷惑かけんじゃなーい」とか。

が、しかし、左門くんは最後まで左門くんであり、このマンガはそういう左門くんと彼に振り回されるヒロインのやり取りを楽しむマンガと。

うーんうーんうーん。

びみょー。

びみょーっすわ。

単純に左門くんのこと好きになれないし、その上、

『これは私が地獄に堕ちるまでの物語である!!』

っすからね。
それを額面通りに受け取るなら、なおさらびみょーな気分になりますわぁ。



やっぱさ、ギャグマンガで一番ひどい目にあうのは主人公(この場合は左門くん)であるべきじゃないかなぁって。
私はそう思います。




・ワンピース
「--あんたたづ!!
 この先この事件をきっかけに”大物達”から命を狙われるべ」

おっと、ルフィ、親分盃を飲まずと。
これはありっすね。
前回読んで、バルトロメオたちが”大物達”に対する”やられ役”要員にしか見えなかったからなぁ。

って、結局、子分にはなるんかい>バルトロメオたち
ルフィもピンチなら助けに行くって言ってるし、手順踏まなかっただけで世間的には親分・子分と同じっすね。

でも、

『この先 各個に成長を遂げ… いずれ歴史に名を残す--』

やられ役ってわけでもないと。

まぁ、やられて成長するのかもしれませんが。
『ワンピース』世界ではめったに死人が出ないですしね……。


「うおォ!!
 敵船団の頭上にガレキが!!!」

いつになったら本気出すんだ、この人>藤虎

前回まで後は引き金を引くだけ、みたいな雰囲気漂わせてたのに。

それともこれはあれか?
よくある「お前を倒すのはオレだ!」っていうお約束(略)

うーむ。
一応、

「--政府の尻拭いをしていただき
 --真にどうもありがとうござんした!!!」

ってことらしいけど、コロコロと気が変わりすぎやろ。


・僕のヒーローアカデミア
『ワン・フォー・オール』のオリジンが明かされたり。


「”個性”を奪える人間だぜ?
 なんでもアリさ」

そっこー、『ワン・フォー・オール』を奪われそうなんすががが。
対決したとき、それはどうやって阻止したんだろう>オールマイト

一瞬でも触れたら即奪取、とかではなく、案外奪取するのに手間がかかったりするのかなー。


・ものの歩
センターカラー。

前回は主人公がプロを目指すって言ったところで終わりっした。

で、今回は周囲のリアクションからと。


みんな優しいなー。
なんなら、プロなめんなと総スカン食らう展開かと思ってた。
そんな胃がキリキリするような展開が読み……たくはないなぁ。

気のいい連中でよかったっすよ。


主人公の驚異の潜在力は…………まぁ、これくらいやらないと、今からプロを目指せませんわな。
スポーツものの、天性のバネとかそういう生まれ持った才能に比べると、こっちは技術の話な気がする分ややご都合主義っぽく感じてしまいますが>主人公の棋力


・ブラッククローバー
黒幕かと思ってた魔女っぽいおばさん消えたぁああああああああああああああああ……ああ……ぁぁ……ぁ…………。

で、眼帯さんとのバトルに逆戻りと。

しかも、団長出てきちゃったよ。
めっさいい人で実力・人格申し分なしだけど、この圧倒的敵不足どうすんだ……。

ああ、いあ、ユノは気絶したし、ノエルたちは相性の悪い敵に足止めされてるしで、頭数的にはちょうどいい状態なのか、今。
あとはアスタ次第か。このまま戦闘離脱なのか、まだ戦うのか。

しかし、王都を攻めるのにたった二人で来たってのもなんか締まらないなぁ。


・背筋をピン!と ~鹿高競技ダンス部へようこそ~
『でも気づいたら忘れていた…!』

おー! おー!
主人公の手汗トラウマの娘かー!>ツインテールっ娘
かんっぺきに! 忘れてました。
主人公に関連する女の子キャラなんていたっけ? とか本気で思ってました。

同時に主人公の手汗のこともすっかり忘れてましたよ。
まさに主人公のセリフ通りに。

これは主人公への共感度高まりますわぁ。


でもって、ツインテールっ娘も一切悪気とかなくて、傷つけたことさえ知らないんだなーと。
たぶん、わたりさんを傷つけた男の子も金髪ちゃんに無言で蹴られまくったことしか覚えて(略)

まぁ、傷つけた方の記憶なんてそんなものかもしれませんなぁ。


・ニセコイ
万里花ママと楽が話をしたり。


ものすっごい格好してるなっ>万里花ママ

基本的に引きこもってるそうだし、人にも会わないならもっとラフな格好してればいいのに。
その格好はおよそ体が弱い人のするものじゃないと思うっすよ。
すっげー窮屈かつ重たそう。
無駄に体力削られそう。


「なぜあの子が幸せにならなければいけないの?」

なるほど。

それはそれとして、娘の幸せを考慮せずお家繁栄のため(?)、その一点だけを考えて選んだ相手がバツ一の社長て……。
頭首としての才能なさすぎやろ>万里花ママ

没落していくビジョンしか見えねぇっすよ。

でも、実際、家も娘も何もかも憎んでて、没落上等ッ! って思ってる可能性はあるかもっすねぇ。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:週刊少年ジャンプ感想 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2015/09/23(水) 02:53:08|
  2. 少年ジャンプ感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://naseba.blog43.fc2.com/tb.php/1831-5286a649
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad