流れる川の底の砂

駄文ブログです。ネトゲ/UO、漫画・雑誌の感想、日々の雑感などなど。 日記と呼べるほど更新されない可能性大。

感想:少年サンデー 45号

この一週間で2回、ネコをひきかけたっす。

あかん。
その至近距離からの飛び出しは絶対にあかんっ。

次こそひいてしまいそうで本当に怖いっす。


・暁の暴君(タイラント)
表紙+巻頭カラー。

新連載。


ヤンキーマンガかと思ってた……っ。

いあ、予告カット見て勝手に思い込んでただけっすががが。

実際は柔道マンガと。

ふむー。
面白いよーな、そうでもないよーな。ううむ。


とりあえず、メイドさんはそろそろ古い気がするなぁ。
まぁ、『サンデー』の別のマンガにもメイドさん出てるけどさ。
ちょっと使い古された演出って感じてしまうっすよ。




・トキワ来たれり!!
みんなと訓練したり>トキワ


どんどん『史上最強の弟子ケンイチ』に近づいてってるよーな。

状況的には今、戦闘訓練を行うのはむしろ自然な流れだとは思うんだけど、どうしても既視感が……。


・だがしかし
今回のお題は『チーズあられ』。
そして、サヤがメインの回っした。


心なしか今回のサヤは大人っぽい印象。
いつもは中学生っぽいけど、今回は高校生っぽい。
相手役がココノツ父でデフォルメ顔が少ないせいか。
それとも、単純にいつもより頭身が高いのか。

ってか、ココノツたちって確か高校生なんすよね。
まったくそうは見えないけど。


あと、今回のサヤはほぼツッコミなしっしたね。

そんなこともできるのか>サヤ
根っからのツッコミ体質なのかと思ってた。


・BE BLUES! ~青になれ~
黒部先生、顧問やめるってよ(同ネタ多数ある予感)


で、後任にアンナ祖父を指名と。

それはちょっとチートすぎないか?
仮にも世界を舞台に戦ってきたお人っすよ。
他の高校が教師を監督・コーチにしている中、ご老体とはいえプロを投入するのは大人げないよーな。

それか、強豪校ともなれば専門専任の監督・コーチは当たり前なのかなー。


それはさておき、アンナ祖父がこっちのコーチになるならF組はどうなるんだろ?

あっちも継続するってわけにはいかないだろうし、”見捨てられた”とか思わなければいいんだけど……。

できればF組はこれを機に、部活に復帰して欲しいなぁ。

そして、アンナ祖父の一番弟子としてその実力を見せつけて欲しい。

でも、そうなると黒部サッカーが否定されることになるから微妙か。


・常在戦陣!! ムシブギョー
逆転できる最後の望みは蟲奉行を殺すことっと。


おー。

おー。

おー。

緊迫してきたぁあああああああ。

仁兵衛のキャラ的に、ぴしゃりと「それはできません!」と断るかと思ったけど、

「”全て無駄死に”となり下がる」

とか言われたら、そら迷いも生じるか。
そこには父の死も含まれてるもんなぁ。


でもって、仁兵衛がやって来たときの、蟲奉行様の驚いた顔と戸惑い混じりの微笑み、仁兵衛の意図に気づいたときの優しい笑顔、これは胸に来ますわぁ。

”斬られてもよい”とか、”斬ってもよい”を飛び越えて、”さあ斬ってくれ”って感じのその笑顔がね、もうね。もうね。

優しすぎるだろ、蟲奉行様。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:週刊少年サンデー感想 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2015/10/09(金) 02:11:00|
  2. 少年サンデー感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://naseba.blog43.fc2.com/tb.php/1837-4edc1957
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad