流れる川の底の砂

駄文ブログです。ネトゲ/UO、漫画・雑誌の感想、日々の雑感などなど。 日記と呼べるほど更新されない可能性大。

感想:少年ジャンプ 51号

今週はいろいろ立て込んでるので一行感想でお茶を濁しまっす(直球)


・バディストライク
表紙+巻頭カラー。

なんだろう、微妙にわかりづれーっす。
冒頭の、0対30で勝った方の選手が「マジでバットにかすりもしねーのなー」と言うシーンとか(2ページ後に意味がわかる)、クライマックスの勝負のルールとか(負けの条件がよーわからんかったっす)。
あと、強打者の北方が来るとわかってたど真ん中を空振りした理由とか。

でもって、元のキャッチャーをバカにするのはやはりいただけないかなーと>死神
確かに能力不足なんだろうけど、人格含めて全否定はちょっとなぁ。
最後、当のキャッチャーが尊敬(?)の眼差しで見てたから、むしろ本人が死神をフォローするのかと思ったけど、特になかったし。

結局、あの一打席勝負で証明されたのは元のキャッチャーがク◯だってことだよね……。




・暗殺教室
「対先生透過レーザーバリア 通称「地の盾」!!」

バリア!
バリアは男のロマンやでえ。

でも、一気にうさんくさくなったなって思ったのは秘密っす。
ロマンより先にどうやってドーム状に固定してるんだ? とか思っちゃう。歳はとりたくないもんだ。


あと、政府の連中は兵器にかっこいい通称つけたり、殺せんせーを『先生』と呼んでみたり、ノリノリっつーかなんだかんだで楽しんでるなーと。
そんだけ暗殺完遂に自信があるってことなのか。


・僕のヒーローアカデミア
実は秘策を練ってましたよっと>峰田

そういや、雄英に合格してる時点でこいつもエリートなんだよなぁ。


・背筋をピン!と ~鹿高競技ダンス部へようこそ~
まさにダンスバトル。

確かにこれは”競技”ダンスですわぁ。


・ブラッククローバー
合コン回。

わりと真面目にフィンラルが誰か思い出せないっす。
見た目も性格もモブっぽいが既出のキャラ、ってことで最初に出てきた青銅魔法の人かと思ったけど、空間魔法の使い手だって言うし、つーか青銅魔法の人途中で出てきたし……。

こんな人、『黒の暴牛』にいたっけ?

などと思ってたら、

『ゴードンは暗すぎて引かれるし つか怖いし』


『グレイはどれがグレイかわかんないし』


他にも知らん人けっこういたっ。
実はまだまだ掘り下げられてない暴牛メンバーいるんすね。
まったく気づいてなかったっすよ。


・ワールドトリガー
「目の前の目標から目を逸らして方向の違う努力に時間を費やすって言うなら それは単なる現実逃避よ」

耳に痛すぎる。
昔誰かが言ってた言葉を思い出しました。
曰く、

できることからコツコツとやっていきます

やるべきことからやれ

って。

いあ、あの言葉の正確な意味は、

(やるべきことのうち)できることからコツコツとやっていきます

だとは思いますけどね……。


とりあえず、木虎はいいツンデレだなぁ(結論)




思いの外、一行で収まらなかったっす。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:週刊少年ジャンプ感想 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2015/11/18(水) 01:58:15|
  2. 少年ジャンプ感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://naseba.blog43.fc2.com/tb.php/1850-a9976ab4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad